(以下はAnimeSuki Forumからの引用です)

スクリーンショット (86)

ハルキウ州ウクライナ27歳
OPは艦のあるガルパンのように見える。
この終わりの転換は予想していなかった。何なんだろう?より一層興味が出てきたよ。


地球のどこか
なるほど、これはかわいいことをするだけのかわいい女の子たちの典型的な日常の一片では確かにない。
ガルパンと同じような雰囲気だが海軍をテーマとしている。アニプレックスはプロモーションでこの作品をたっぷりと宣伝してたのでいい物がやってくることを期待している。いまのところ、なかなかいいと思うし、俺の最初の期待を超えていた。海上戦闘もあったし、このエピソードを見るまで予想していなかった何かがある。主役の娘は艦長に昇進したけど、それも予想していなかった。
あの猫が眠っているように見えるのは俺だけかな?(笑)
このショーを楽しみにしているよ。


不明
初回はかなりよかった。確かにガルパンを思い出させるけど、賭け金はより高い。
第2話が待ち遠しい。


スクリーンショット (89)

カナダ
ええと・・これは一体全体なんなんだ?
初回を観た後で困惑させられるとは思っていなかった。
多くのことを君たちは早くも予想するだろう。負け組艦の艦長になる元気なメインキャラ。副長は良い成績にもかかわらず通り越されて、厳しい時を過ごすだろう、そして風変わりな艦長に対処しなければならない。


スクリーンショット (90)

不明
戦車の代わりに艦をつかった、ガルパンのもっとシリアスなバージョンだね。このエピソードでは筋書について多くのことはわからなかった。だから我々は次の回を待たなければならない。
このショーがどれほどシリアスになるのかはわからない。だれか死ぬのだろうか?それともちょうどストライクウィッチーズくらいのシリアスとなるのだろうか?主人公は殺すために撃つのだろうか?それとも敵艦を止めるためだけのダミーの弾を撃ち続けるのだろうか?
Harekaze destroyer...ググってみたけどクローゼットの名前のHarukazeしかなかった。
明乃は艦長としてかなり有能だ。全体的に、良い初回であった。


不明
教室ではクルーは30人だったけど、ED(OP?)では32人だった。うーん・・・


不明
↑実際、教室では31人だね。艦橋要員の追加メンバーがOPに映っているが、まだ物語に登場していない(黒い制服を着たブロンドの髪の娘だ)。初回に発生した状況は次回以降に解決されることを俺は期待している、それで追加メンバーが正式に導入されるだろう。


不明
↑それはありそうもないと思う。この状況はおそらくシーズン全体を通した筋立てだ。彼女たちが逃げている間に追加メンバーと出会うのだろう。彼女は外国人で異なる制服を着ているから、彼らの学校の生徒ではないことは明らかだ。


24歳
はいふりは本当に俺の期待を転がした。ミケ艦長は穂乃果を思い起こさせる、彼女がおそらく乗組員全体の結束を手伝うのだろう。そして炊飯器のシーンには笑ったよ。花陽が悲しむかもしれない。


不明
↑幸いなことに、その時花陽は艦橋の中でとても忙しかった。


サンタバーバラ カリフォルニア州
このシーズンの終わり:
ミケともえかは海上で最後の艦同士のバトルとなるだろう。
もしこうならなければ、俺はがっかりするだろう、あるいは少なくとも彼女らは共通の敵と戦うために戦力を合流させるだろう。
3話まで見た後で視聴をやめるかどうかまだわからない。この作品は次のガルパンとなりうるかもしれない。あるいはもし日常系でいくのなら、無駄な可能性となるのだろう、そしてわずかなアクションを見るだけとなるだろう。前者となることを本当に願うよ。