(以下はMyAnimeListからの引用です)

スクリーンショット (324)

不明
負けたことを受け入れるのは常に容易であるとは限らない・・・
かなり震えるエピソードだった。今回かなりおもしろいと思ったことは、千加子のかつての夢が語られたことだった。風間の過去もまた垣間見ることができた。 彼らはすぐに敗北を乗り越えて、再びチームを作り直すだろう。

不明
このエピソードでわたしが一番気に入ったのは、風間はチームに対してほんとに情熱的であることだ。

不明
とても驚異的だ、みんな泣き虫だね xD

不明
とてもエモーショナルな回だね。
柄本と風間は涙が流れるに任せた。
そしてフラグが立とうとしている(Let the ship sail)

QdMRBTz

不明
↑わたしはふたりを激しくカップリングしている。この関係は実際機能しているし、生方の支配的な性格は良い躍動感をもたらしているので。

不明
今までで一番のエピソードだが、残念ながらあるべきだったインパクトに欠けているので、このショーにわたしが抱いていた好意はすべて失われた。
だからここから離れようと思う。2クール目をわたしは見ない、多分よりよくなるとは予想してるけどもね。

不明
柄本をチームから叩き出してくれ。ミスするなんて全然オーケーじゃないぞ。信じられない。
この主人公がいなければ良いアニメになっただろうに。

不明

スクリーンショット (331)

悲しいエピソードだね、なんということだ、つくしがミスするとは。得点してほしいと願っていたけど、ミスするだろうとわかってもいた。
風間が崩れ落ちるところは最も感動的だった、人生で初めて彼は真に所属し、失いたくない場所を見つけたのである。ボードを消しながらの風間のあのシーンはとてもよくできていた、ほんとうに悲しい :(
つくしのシーンはどうかというと、かなり普通の激励(pep talk)だったがよくできていた。つくしが自分を責めるのはいつものことだし、千加子が彼を励ましに来たのはよかった :)
水樹がほんとうのMVPだね、彼はチームのみんなを励まそうと奔走していた。なんという偉大なキャプテンだ。

不明
典型的なスポーツ少年だな、すべての主人公が小野田君のようになれるわけではないと思う。

不明
典型的なスポーツアニメの最初のシーズンの敗退だね。
3人の馬鹿者どもに対する生方の処刑プランはよかった :D

不明

スクリーンショット (333)

負けは予想されてたけど、しかしその負けにひどく打ちのめされる彼らを見るのはつらいね。風間と柄本は最も影響を受けているようだ。だが少なくとも彼らはより強くなって戻ってくるだろう。

不明
風間が泣いたことには驚いたね。つくしよりもずっと力強く心を揺さぶられた、だが正直に言えば、先週よりももっと予想されてたことである。憂鬱な回にちょっぴりのコメディーを与えるためのCパートはとても良かった。素晴らしい1クールの締めくくりである。

不明
シュートをはずしたのはほんとにがっかりだ :/ 今回はそれにもかかわらず悪くなかったよ、典型的な「試合に負けた後の余波」回だね。

不明
個人的にわたしはこのショーを軽く見ていて、数話見た後、3流アニメだと思っていたが、だがそうではなかった。確かに予算は少なそうだしアニメも低クオリティだが、だが控えめに言わせてもらうなら、この達成と方向性は1流のものだと思う。

不明
うまくこの回はアニメ化できていたと思う。マンガではもっと心が締め付けられるように感じたけれども。来るべきトレーニングキャンプが楽しみだな、大きな話となるだろうからだ。

不明
くそっ、なんでゴール前でフルパワーで蹴るんだよ!?押し出すだけでボールの動く方向は変えれるし正確さも増すのに。
ふつうならわたしはこの種のシーンには感動するんだが、だが全然悲しくない、どれほどの気持ちかわかるけども。
うん、最後の数分のシーンは好きだな、柄本が生方の肩で眠っているシーン、あの3人組が見つけてそして生方が彼らを打ち倒すイメージをするシーン。この数分がこの回をほんとうに救っている。評価としてはまあオーケーかな。

スクリーンショット (327)


>DAYS 6【Blu-ray】 [ 吉永拓斗 ]

価格:5,654円
(2017/4/7 23:18時点)
感想(0件)


(追記:DAYSの反応まとめは申し訳ありませんが1クール分のみとさせてください…)