りあくと!(海外のアニメ反応まとめblog)

生まれたばかりのブログです。温かく見守ってくださいね。

2016年08月

DAYS第9話「お前の声が届くトコまですぐ押し上げてやる」海外の反応

(以下はMyAnimeListからの引用です)

スクリーンショット (243)

不明
聖蹟と桜高の試合だ。両チームとも見せ場があってよかった。聖蹟からは風間と水樹、一方桜高は成神がスキルをいくらか見せた。だけど成神はまだこの試合で全力を出しているとは思えない。
水樹にとっては、普段どおりに攻めの姿勢を見せているが、この特別な試合になおいっそう集中しているようだ。メッセージに関する場面もおもしろい。ここまではかなりワクワクするエピソードだね。

不明
成神は興味深いプレイヤーのようだね。この太刀打ちできないような強敵タイプがわたしは好きだな、なぜならそういう存在を前にして、主人公は勝つための方法を考え出すものだからだ。

不明
かなり緊迫した試合だな。成神は全然真剣でなく遊んでるように見えるがとても熟練していておもしろいね。

不明
試合が始まったがぎっしり詰まってるね。水樹はつくしに何かを教えるために身をもって示し、なんとか先制点を得た。
桜高がどのように反応するのか楽しみだ。双方のGKもはずさないな、特に桜高のやつは。

スクリーンショット (249)

不明
試合は今だ観るに堪えないが、描写はいいね。

不明
成神は避けて通り抜けるのがとてもうまいな!

スクリーンショット (230)

不明
試合の描き方はあまりいいとは言えないが、でも楽しんで観てるよ。水樹はスキルの見せ場がたくさんあったし、同様につくしに貴重なレッスンを教えた。成神は次週さらに何ができるのか、それが観られるのだろう。

スクリーンショット (242)

不明
私が間違っているのかもしれないが、水樹が得点を決めたときオフサイドにいたと思う XD
このシリーズにおいてだれもルールを気にかけていないけれども。

不明
成神はメッシを、水樹はロナルドをわたしに連想させる xD

不明
成神はメッシというよりもアグエロのようだ。4人にマークされてもボールを取られないとはわけがわからないよ。彼はU-19代表でプレーすべきである。

スクリーンショット (233)

不明
まず始めに、水樹は7だ。それはわたしの番号だ!
それはともかく、終りの方で、柄本は本当に重要な事を理解している。
回想シーンは最初気に入らなかったが、それは本当に何かだった、それによって全然予期せぬ感情を覚える助けとなった。

不明
実際風間はモンスターだな・・・だけど相手チームはまだカードのすべてを見せていないようだ。

不明
激しい試合だ、そしてあのオーバーヘッドキック(bicycle kick)は素晴らしかった。

スクリーンショット (241)

不明
ついにほんとの試合がアニメ化された。どのようにこの回を適応させていくのかと待っていたけれども、どうもがっかりしてしまった。静止画が多すぎるし、多くの会話や回想シーン、これらがなんというか試合の迫力を失わせている。以前マンガでこのパートを読んだときはおもしろかったけど、アニメの描き方には幾分どうなのよという感じだった。

スクリーンショット (239)

いずれにせよ、水樹がボールを欲しがるシーンは笑ったよ。彼の真面目な顔はいつでも私を笑わせてくれるね。彼はとてもかわいい。アニメかもしくは試合の流れが次回には改善されてほしい・・・MAPPA、君ならできる!!!


スクリーンショット (247)

 (つくしは水樹のメッセージをしっかり受け止めたようです。)

チア男子!!第7話「歪み」海外の反応

(以下はMyAnimeListからの引用です)

スクリーンショット (208)

不明
男の子たちの旅はトレーニングとともに続くが、新メンバーの間でいくらか張り詰めた競り合いがある。わたしが思うに、尚史はまじめすぎる。彼のようなやつに言い負かされるのは嫌だな。
あのアフロのやつが一番わたしの注意を引いたな。だけどまじめに、晴希のチームがうまくいくよう願っている。クリスマス会は・・・尚史にムードをぶち壊されるまでは陽気であった。尚史はもう少し態度を改めることを願うよ。

不明
尚史にはいらいらさせられるが、たくさんのメンバーがいる今ある程度の摩擦は起こるのだろうと思う。チェンもメンバーになるとはおもしろいね。そうなることをいくらか予想はしてたけども。

不明
尚史は真面目すぎるでしょ!クリスマスムードがぶち壊されたのは残念だ。

スクリーンショット (227)

不明
尚史は真面目過ぎるけど、なぜ彼がそうしたのかわからなくもない。タケルはその代わりにリラックスしすぎなんだよな。タケルがすべてのスタンツができるなら、尚史は彼に衝突しなかっただろう。だけどもしだれかができないでそしてのんびりした練習をしたがるなら、それは予選まで数週間しかない時においてチームを後退させるだろう。まあ、クリスマスパーティーで彼らの衝突は終わったのだろうと思う。次回はみんなチアリーディング部としてバランスの取れた態度が取れるだろう。だけど尚史の人を見下した態度はチームスポーツにとって良くないことでもある・・・彼は謙虚なのでひどい奴ではないが、それでも要点を伝えようとするときは友好的に教えるべきである。人に怒鳴ることでは、何も変えられないだろう。

不明
実際思うんだが、尚史はSparksのレベルに達するためにベストを尽くしている偉いやつだよ。私は彼が好きだね。

不明
彼らのしていることに対して、尚史が唯一正しい態度だと思われる。彼はもっとうまくなって、トーナメントに進んで、チャンピオンになりたがっている。一方他のみんなは言い訳を見つけるだけである。たぶん「Breakers」はおおよそ楽しいけれど、楽しむためには、みんなもっと努力してほんとに熱心に練習する必要がある。今のところ、彼らのチームは他所と比べて何者でもない。

不明
尚史はあまりに裁きたがるしすべてについて意見したがる! 彼が話してる場面は省略したい気分だ。

スクリーンショット (223)

不明
尚史は冷静になる必要がある。彼のチアに対する真面目な態度はわからなくもない。しかし、何かに対してみんなが同じ熱意を持つことはないだろう、大抵はそんなものである。あなたのようであることをみんなに期待することはできない。多くの人は楽しみたくてするものである。もちろんスパークスのような訓練体制ではないが、努力していないわけではない。まず第一に、新米チームとスパークスのような強豪チームを比べるのは間違いである。それぞれのメンバーは全く異なる人々なのであり、チームに対する考えも献身の度合いも異なる。ある程度は尚史に同情するけどね、あなたが真剣に何かをしてる時に、他方でそれほど努力してない人が、チームとしての努力を侮ることは、いらいらさせられるものだから。

不明
たとえチームを成功させたくても、たくさんの努力を押し付けても、チームから反対のフィードバックを尚史は得ている。チームはもっと練習に集中する必要があるが、彼はやりすぎだね。今後どう発展していくのか見物だな。

不明

スクリーンショット (221)

オージーザス、翔は今週もひどい服装だったな。xD
尚史は落ち着け。ブロッコリーとサクは謝ったからいいね。だけどまたケンカで終わってしまった・・・しっかりしてくれ。
溝口の女装(cross dressing 異性装)。彼は真に守られ愛される存在である。xD

スクリーンショット (225)

不明
緊張がより高まったな、次回は、ハルが尚史に辞めないよう説得できることを願うよ。

不明
次週には問題を解決してほしいね。

不明
わたしは尚史が理解できるが、彼は少し頭を冷やすべきだ。そして他のみんなはもう少し真剣にやるべきだと思うね。

不明
尚史(に焦点をあてた)回か・・・ 彼にはこのように振る舞わせてしまうような過去があるのかもしれないと思う。

不明
実際態度を改める必要があるのはブロッコリーだよ。全くすまないと思ってなさそうだからね。尚史はコーチに意見を伝えるべきだと思う。

不明

スクリーンショット (216)

わたしが間違っているのかもしれないが、ブロッコリーはショタの後にわざと倒立から倒れたように思われる。わたしにはわからないんだけど、とてもたくさんのブロッコリーショタシーンがある。ふくれっつらもかわいい。


(今回は尚史に賛否のコメントが集中した感じですね。そして理由はわかりませんがタケルはどうやらサクを気に掛けているようです。) 

DAYS第8話「ハマればアイツは弾丸になる」海外の反応

(以下はMyAnimeListからの引用です)

スクリーンショット (201)

不明
風間は体調でも悪いのかな・・ そして彼が試合を急転させるのだろう。

不明
断然ベストエピソードだ。強度があって、つくしと母親のシーンもよかった。彼女は車椅子で父親は亡くなっている・・・これはとても悲しい。

不明
つくしの母はとてもかわいらしいね。試合への盛り上がりはかなりうまくいっている。ぜひ試合に勝ってインターハイにたどり着いてほしい。

不明
良い盛り上がりエピソードである。わたしはつくしの母が好きだな。ライバル校のあの小さい奴との新しい友情はほんとにかわいいね。だけど風間はどうしたんだろうなあと思う。

不明

スクリーンショット (198)

3本の矢vs4つの柱か・・・ふうむ
わたしは風間が好きだ(彼をセンパイと呼べない・・・私より2歳年下だから・・・)
彼女がつくしの母であるということを理解するのにしばらく時間を要したよ、とてもかわいいね c:
ガラス玉が弾丸になる・・・

不明

スクリーンショット (202)

つくしと母の関係がいいね、彼女はかわいいし、二人のやり取りを見て幾分心温まった。 つくしがきちんと休めるようにチームがメールを送ったのはとても良いし、またその事が、つくしがどれだけ成長したかということを母に示すことでもあった。
スタジアムの外でのスタンドオフ(膠着状態)はおかしかった xD
成神を応援するつくしにも 笑

スクリーンショット (204)

円陣はとてもよかった、水樹がつくしにアレをやらせるとは予期していなかった。
試合に向けてワクワクするね!以前のような数プレイだけ見せるのではなくて、詳細に試合を描いてほしいね。

不明

スクリーンショット (205)

柄本と握手した時の風間の表情はすこし心配だな。 風間が試合に勝つためのチャンスをダメにしないことを願うよ。

不明 
「寝るな」「立つな」「脱ぐな!」には笑ったw xD
つくしのチームは魅力的だ。みんな彼にメールを送ってる :) 彼は愛されている。
君下センパイはおもしろいな、彼が好きだよ。理由がなくてもとても攻撃的である。

不明
風間はとてもワクワクしてるようだし、単独プレーをしようとするだろう。(そして)彼は柄本と交代させられるだろう。これがわたしの考えていることだ。 最後まで得点できずに聖蹟は負けるだろう。みんな次回はさらに一生懸命練習して、そしてリベンジをするというのがこのシリーズの台本であろう。

不明
↑次回どうなるかについては同意見だ。柄本が輝くチャンスを得ることを願っているよ。

不明
↑↑もしそんな台本ならば、わたしはすぐに視聴をやめるつもりである。

不明
脳しんとうを起こしたつくしをプレイさせるつもりなのか?-_-u

不明
柄本の母とメールのシーンは見ていて幸せな気持ちになった、今にも泣きそうだったよ 笑
良いエピソードだった、次回が楽しみだ。
 
スクリーンショット (207)
 

チア男子!!第6話「RE.START」海外の反応

(以下はMyAnimeListからの引用です)

スクリーンショット (183)

不明
かなりゆっくりなエピソードだね。ぎこちない動きでトレーニングをする合間にも多少のブロマンスがあったけれども。
夢のための目標ができたけど・・・
ブレイカーズのフルタイムコーチである高城は、チームを強くするためには良い選択であるようだ(すこし厳しいけれどね)
晴希はチームの刺激剤だな。彼の言葉や身振りのやり方が好きだよ。

不明
いきなり他のメンバーすべて参加か・・とてもたくさんのキャラクターだ・・最初この事態を飲み込むのが大変だったけど、 キャラの成長と比べてテンポはよかった。

不明
カズを地面に投げ飛ばすとは、ハルはひどい奴だな!

不明
あの中国人には笑ったx)カズとハルの表情は大変貴重なものであった。

スクリーンショット (182)

不明
あの中国人はおもしろいね、彼は今後もっと重要となるのだろうかなあ。

不明
とてもたくさんの新メンバーがデビューした!今やコーチもいる!

不明
オーケー、 残りの少年たちがすべて一度に参加した・・これは予想していなかった、徐々に紹介されるだろうと思っていた。だけどこれで多くの人が興味持てれば意味はあるね。
みんな異なる見た目や性格であることがいいね、彼らについてもっと知りたくなるよ。しかし思うに、彼らがきちんと成長するためには我々は少なくとも2クールを必要とするだろう・・・エピソード数ってまだ確かめられてないよね?(※おそらく全12話です)
これから何が起こるのか、ほんとに興味深いね。

Cp_9E_RWgAAFkA4

ピンク髪の女子みたいな子はほんとにカズが好きであるようだ。愛らしくて、わたしはこの子が好きだな。

Cp_9b_eXYAAvHfa

しかしほんと小さいな、一年生に見えるね・・・小学生の。

不明
翔、どんな雑誌を読んだら君のようなファッションセンスになるんだい、君の着ている物が日毎に奇妙になっていくよ。
ハルはコーチがノートに書いたことをただやってるね、カズを打ち負かせ!笑

スクリーンショット (186)

メンバー全員とてもかわいいし、熱心に訓練してるね!
可哀想な翔、彼が参加したくないのも不思議ではない:( 彼がこの障害を克服するよう願うよ。 

不明

スクリーンショット (187)

ついに我々は翔の過去を知り、そしてなぜチームに参加したがらないかがわかった。 トラウマから逃げるというのは確かに理解できる、もし事故が起こったら私だって自分が信じられなくなるだろう。だけどサクラは翔を責めなかったし、彼女のベースとして翔となら何でもできると信じ続けていた。

スクリーンショット (195)

たとえチアに戻らなかったとしても、信じてくれることは翔には少しは助けとなったと思う。ハルが翔の抱える困難を切り抜けているように見えて私はうれしい。ハルがどのように高所恐怖症を克服できたか、翔はそこに手がかりを見たのだと思う。
ハルについて言うと、彼はいいセンパイだね、新メンバー全員に話しかけている:)

スクリーンショット (185)

柔道投げにしても、親友であるカズだけは、ハルが言わんとしていることを理解しているし、あのように突然投げられても怒ったりしないだろう。受身の例えは、落ち方を学ばねばならないということも意味していて、わたしは好きだ。成功に到るには、失敗を受け止めねばならない。

スクリーンショット (191)

高城コーチはとてもいいね、彼らは下手だけど練習すればドリームズも越えられると言っているよ。現実的だが前向きだ。彼女がチームに加わってくれてうれしいね!

不明
新メンバーのことをもうすこし知りたいね、そしてサクの人柄は広げられているので、彼は単なるゲイキャラクター以上の存在でなければならない。

不明
たくさんの新キャラクターはひどいことになりえたし、その多くは除外されえただろう、だけどなんとかうまく処理されたね。だれも大きな発展はなかったけど、素晴らしい彼らの性格や一般的なことを見るには十分なものが与えられた。台本が進んでいるし、一緒に奮闘するべきゴールがあるのはいいね、翔の裏話も良い追加である。

不明
チア男子のエピソードは週に一度のキャンディだね!XD
一度にたくさんのキャラだけど、うまくなされていると思うよ。次回も待ち遠しい!!・・・これが終わる時わたしはとても悲しくなるだろう・・・

不明
わたしはこのシリーズの喜劇と気楽さが好きであるのと同じ程度に、キャラ達の成長と恐怖の克服をほんとうに見たいね。より多くの人数とひとりのコーチによってどんな種類の演技が見られるのかワクワクするよ。
来週翔がどんな理不尽な服を着るのか楽しみだね!:3

不明
このショーは予期せぬほど素晴らしくなり続けている。

不明
すべてのキャラが徐々に紹介されるものだと予想してたけど、でも今は全員一緒にいる時の雰囲気が好きだよ。名前をすべて覚えているわけじゃないが、彼らをひとりひとり垣間見ることはできた。

スクリーンショット (194)

 (ハルの言葉(と投げ技)によって翔も再び真剣にチアと向かい合う決心がついたようです。新メンバーの大量加入も概ね好意的に受け止められているようです。)

DAYS第7話「せめて少しでも恩返しがしたい」海外の反応

(以下はMyAnimeListからの引用です)

スクリーンショット (171)

不明
風間がよりアクティヴな役割を引き受けているのはいいね。また、いくつかの理由から、あのシャツを着た千加子を真面目に受け取ることができなかったよ。笑 全体的に良いエピソードだ、チームが向上していくのが見られるのは常に良いことである。水樹はめちゃくちゃイケてるじゃないか。

不明
ジャージを引っ張ったあの3人にファウルがないとは・・・。アニメが現実的である必要はないと知ってはいるけども、しっかりしてほしい。 むちゃくちゃだ。
柄本はよくやったよ、ケガが十分に治っているわけではない水樹もね。

不明
ええい柄本め、サッカーはな、時にはダーティにプレイしなきゃならんのだよ、泣くことはできない、フィールドでは戦争が始まっているのだ。たとえ審判が眠っている時でもだ。
水樹は獣だ、ゲームに入って数分で、ゲームを変えてしまった、まだケガを負っているのに。 
あのチビの子(成神)が桜高の得点王だとは、クレイジーだね。 

不明
ついに我々は水樹のサッカーを見ることができる、そしてもちろん彼はすごくビーストである。

cf729k3
 
不明
風間が楽しんでいるようで何よりだ。千加子は電柱かXD
試合はかなり早く進んでるけど、願わくは桜高との試合では詳細に描いてほしい。
ファウルに対してなぜ審判はカードを与えないのかな、いくつかは明らかにイエローだろう。
つくしはダイビングヘディングで得点するだろうと実際思った、だけど彼は相手チームを消耗させたのだ、グッジョブつくし。
水樹はかなりクールだね、ただ自分のやり方でプレイするだけで彼はモンスターとなる。スピード、強さ、そして高さ、彼はすべて持っている。
桜高の得点王は興味深い、成神もクールな奴のようだね。

不明
審判なしで試合するべきだったんだ、そうすればだれも違いなんてわからなかっただろう。しっかりしろ審判、仕事をしろ。
あいつ(成神)が得点王だとは予想できなかった。彼がプレイする時おもしろくなるに違いない。

不明

スクリーンショット (179)

有明チームはカードを受けないために審判たちにいくら支払ったんだ??
黒子のバスケでも同じようなチームがいて、見るのをやめてしまったよ。

不明
水樹、彼がこのエピソードを持ち上げる。

不明
オーマイガー、水樹先輩はとてもクールだった。5/5

スクリーンショット (181)

不明
有明がイエローカードを1枚も受けないのはおかしいでしょ・・・審判たちは解雇されるべきだ。ファウルプレイが好きなチームが登場する他のアニメや漫画を今まで見てきたけど、しっかりしてほしい、あのように水樹のシャツをつかむのは、隠されてさえいなかった。

61f7d366-s

不明
スポーツアニメを悩ませるこのような露骨に邪悪なチームは必要なかったよな。

不明
あれは歩いててぶつかっても嫌じゃない電柱である。

スクリーンショット (174)

不明
オーケー、わたしはこのアニメが好きだが、私自身ひとりのサッカープレーヤー として言うと、あのゲームは非現実的だった。たくさんのイエローとレッドカードが引かれただろうに。

不明
笑 彼らがプレイしているのは、アメリカンフットボールじゃなくて、普通のフットボールであるということを、彼らに伝えるのをだれかが忘れたんだと思うよ。

不明
水樹が柄本の貢献を指摘したのはよかったね、見せられたもので推測するより他に方法はないけれども。 
大きな試合ではこのようなわざとらしさがないことを願うよ。

不明
トイレにいた桜高の子は最初女の子だと思ったよ・・・笑

スクリーンショット (178)

不明
断然ワーストエピソードだね。あからさまなファウルをうまくやってのけるチームというのは時々あるものだが、しかし柄本へのあの蹴りは100%ペナルティでしょ!審判は無視できないよね、何だあの審判は、ただ試合の始めと終わりに笛を吹くだけなのか?

スクリーンショット (180)

休日にトレーニングするのも全く馬鹿げている。ハードワークを強調したいのはわかるけどさ、もっとちゃんと調べてください。プロだって毎日はフィジカルトレーニングしないし、ランニングに費やす時間を、基礎技術を磨くために費やしたほうがいい。

不明
つくしはまだ走り回る以上の何かをするチャンスを得ていないな・・・だれかが彼を訓練することでその問題を対処するべき時なのか?ボールやパスを扱えないことはサッカー選手として少し(LITTLE)不便である。
次回は楽しみだ、つくしの母ちゃんが特集されるからな、彼女は楽しいキャラクターであるようだ。

a4181b31-s

(今回はファウルに関してかなり多くの不満のコメントが見られました。つくしに対するコメントも厳しくなってきましたが、前回で学んだパスを欲しがるということと、以前水樹から学んだシュートを決めるという気持ちは表れており、着実に成長しているのではないでしょうか。)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ