りあくと!(海外のアニメ反応まとめblog)

生まれたばかりのブログです。温かく見守ってくださいね。

チア男子!!

チア男子!!第11話「ビタースイート・バレンタイン」海外の反応

(以下はMyAnimeListからの引用です)

30bf5dfa-s

不明
笑 バレンタインの贈り物か。
やる気のための良いプレゼントとなると思う。 まだ1話残されているけれど、今回は他の回よりもくつろいでたね。もっと晴子の試合に焦点を当ててくれたらよかったのにと思うけども。女よりも男として生まれたかったという晴子は理解できるとおもう、彼女にとって柔道は人生においてもっとも大事なもののひとつであるのだから。

不明
千裕がトンのガールフレンドであるとは、1億年間考えてみたこともなかった。裏切られた気分でショックだ。予想していなかったかなりの急展開である :O
チーム全体にとってのキャラの成長はここにきて見ててよかった。
ハルは姉と仲直りできたね :D

不明
この「暴露」には信じられない。ハルと千裕は一緒でとてもかわいかったのに、だがしかし、あの太った子とかわい娘ちゃんのdoujinをつくる必要があるな・・・。あまりにひどかったのでこの回の残りに集中することができなかった。

不明

649f33fc

カズはハルとくっつけられないよ、彼にはサクがいるんだから、なのでついにハルにはだれもいなくなった :P

不明
なんてことだ。 ハルにガーフレンドができるのを我々は見るのだろうと思ってたのに、だが違った!彼女はトンのガールフレンドだった。なんという転換だ。かわいそうなハル。わたしはもうただハル x カズに執着するとしよう。

不明
ほろ苦いバレンタインは誤ったタイトルだ、しょっぱい(salty)バレンタインと呼ぶべきだ、そう感じたので。とてもショックだ、わたしのチヒロxハルの船が一瞬にして沈んだからだ。
次回は希望をもってすばらしいチアがわたしを励ましてくれるだろう。

不明
オーマイガー。我々は完全に釣られていたのか?
だがこれが意味するのは、ハルとカズは大体ひとつのものであるということだな。

不明
ほんとうにショックだ。ハルと女の子がもっと親密になってくれたら嬉しかったのに。このふたりのほうがお似合いだよ。わたしはこのアニメのあらゆる種類のBLに反対である。ハルとカズは親友だけどそれ以上でも以下でもない。

不明
佐久間がカズのためにチョコをつくったという事実を我々は感謝できるのだろうか?思うに彼は男が好きなのかもしれない。

不明
OMG!
とてもおもしろい!
激しく笑ったよ!
だけど・・・OMG!WTF!?
とても裏切られた気分だ!
もう・・・マジで!?
いや・・・メインキャラクターのための可能性としてのガールフレンドじゃないの?
こりゃ舐めとるわ。
このシリーズを救いうるのは(声優を除いて)ロマンスだったのでは・・・しかし破壊されてしまった。
だがくそっ・・・なぜだ?! -.-

不明
筋書のねじれオブザイヤーだね、こう来るとは思わなかった。
強くなれ、ハル。
溝口は長らく最もおもしろくすばらしいキャラクターのひとりであったが、あまり登場シーンがなかった、しかし彼こそ真のMVPであると思う。

不明
我々そして他のキャラたちがどれほどにミスリードされていたか、このことは乗り越えることができない・・・笑。それでもハルとチヒロはお似合いだと思うけど、一方私の友達たちはハルとカズをカップリングしていた。それにしても。
それでも、他のキャラたちに小さな良い発展があった、みんなに焦点があてられていてよかった。姉弟の会話はとてもリアルだった。お互いにほんとうに近づけたようだけども。ハルの問題が解決されて嬉しい :)

不明
衝撃的な暴露がハルを打ち壊した xD まあしかし少なくとも、これで心配せずにハルxカズのカップリングがたっぷりできるというものだ。

不明

6xngqTx

トンがケーキについて語るとすぐに、わたしは何が起ころうとしているのかを理解した。

不明
ハルと同じ気持ちだよ、こんなことするなんて残酷だ。
今までずっと彼女が「彼氏はあなたと同じチームにいるのよ!」って言わなかったことが信じがたい。
このような長期に渡った仕込まれた展開は予想していなかった。

不明
ハルと姉ちゃんが仲直りしてくれて嬉しい。姉を応援するハルの姿はとてもぐっとくるものがあった。

79fe464b

(コメント内容がほぼ一色でしたね)

 

チア男子!!第10話「君に伝えたかったこと」海外の反応

(以下はMyAnimeListからの引用です)

スクリーンショット (307)

不明
サンタの帽子って 笑
いつものごとくスローペースなエピソードだが、 ある程度キャラの成長があった、晴希とその姉の問題も残っているが。このショーは最後のパフォーマンスに向かっているのだと思う。短い回想シーンはあまり気持ちの良いものではなかった。だが真面目に言って、彼らが得ているすべてのサポートをもって、ブレイカーズが来るべきコンテストを突破することを願うよ。

不明
過去と他の問題にも良い影響を及ぼしている・・・スローペースだが少なくとも前進はしている・・・残り2話か。

不明
予選のパフォーマンスが省略されるとはまいったね。盛り上がりが台無しだ。

不明
↑同感だ・・・実際の演技を見せる時間がないチアショーなのか?これは何なんだ。

不明

スクリーンショット (318)

翔とさくらの再会はよかったね :)

不明
残り2話とは思いたくない!このショーが終わってほしくない!これはとても・・・スイートだ!
翔 x さくらは見ていて確かにいいものだ。
ハルがお姉ちゃんとすぐに仲直りすることを望むよ、見てて気が滅入るしイライラする、わたしは彼よりもうまくやれないだろうけれども。
パフォーマンが省かれたのは悲しいが、せめて最終回で目を見張るような生き生きしたパフォーマンスが見られることを望むよ。
オー、そしてハルはすぐに彼女ができそうだね。

不明
パフォーマンスを見せなかったのは気に入らないな。ただの予選であることはわかってるし本戦にビックパフォーマンスを取っておきたかったのかもしれないが、予選に向けてハラハラドキドキを積み立てていったのに文字通り一片も見せなかった。マジ点数を7点から6点に下げたわ。

不明
↑わたしも最初がっかりしたが、同時に、製作側としてはたくさんのキャラの成長を扱わなければならなかったし、終りの前に事を明確にしたかったのだろう。そしてわたしが思うには、彼らとしては、ハルが失敗してチームの足枷となるのを見せることで我々を動揺させたくなかったのだろう。彼らはそれを見せるべきだったのに、だが残念ながらこれはたった12話のアニメなのだ・・・

不明
さくらが負ったケガに関心があるのはわたしだけかな?2~3年経過してるのかな。いまだにリハビリをしているとは、よほど重傷だったに違いない。

スクリーンショット (320)
 
(翔の問題も一応解決され、残るはハルだけのようです。) 

チア男子!!第9話「太陽の涙」海外の反応

(以下はMyAnimeListからの引用です)

スクリーンショット (269)

不明
カズマ回だったね・・・
ちょっと変わった回だけど、チームメイト内に飛び交う噂話よりも、一馬の家族の話だった。だが少なくとも、チームメイトたちは一馬の元気がないことを心配していることを示している。

不明
次週は恋愛部分にいくらか発展があるのかな?ハルとチヒロがくっつくのは始まりからわかっていた。予測できたことだがまあいいや。

不明 
とても刺激の与えられるエピソードだ。チームがキャプテンを励ましている :D

不明
このエピソードは大好きだよ!
2クール目をわたしはほんとうに望んでいる。

不明
ほんとに12話だけなの?ということは残り3話ということを意味する!?いやだああああ

不明
尚史はぎゃあぎゃあ言わない時は実際いいやつだよ。

不明
前半の互いの勘違いを見るのはとてもおもしろかった。

不明

スクリーンショット (279)

カズのパートはほんとに感情に訴えるものがある、わたしもこの夏にわたしの祖母と同じことを経験したので(彼女はわたしを覚えているけれども)、だからカズがどんなことを感じてるのかわかるよ、自分の感情に飲み込まれてしまうんだ。だけどカズがチームメイトに励ましてもらったことはとても嬉しいことだ。

不明
くそっ!カズとハルが泣いている うわあああ
ブレイカーズがカズのばあちゃんのためにチアをする。
おおお 次回はハルとチヒロだ。

不明
一馬はおばあちゃんのためにチアリーディングをしたかったんだね。

不明

スクリーンショット (284)

あなたが大好きなだれかが、あなたの記憶を失っているのを見るのはほんとに悲しいね。可哀想なカズ。いつの日かアルツハイマーの治療法が見つかることを祈るよ。
笑 残り3話で、突如としてロマンスを詰め込むつもりなのかい?

不明
とても素晴らしくより真面目なエピソードだった!つまり・・・多くの人がこの話には共感できると思う。
大会へ向けてワクワクしてるよ :D!

不明
カズにハルはガールフレンドできるよって言われた時のハルの赤面はかわいすぎるよ

不明

スクリーンショット (270)

総一郎の妹がめっちゃかわえええ!彼はシスコンだな。
可哀想なカズ。おばあちゃんが唯一残された家族で、彼女は今や彼がだれだか思い出せないとは知らなかった。

不明
今期のベストスポーツショーだな。
わたしの唯一の不満は、チアリーディングシーンは実際良いけど、それでもまだ素人だということだ。

不明
わたしは酒を飲み過ぎてしまったせいなのかどうかわからないんだが、おばあさんへのチアリングで、6年前のハイチの津波の時よりも、わたしは涙で濡れてしまったよ。


スクリーンショット (267)

(「応援」というテーマがよりはっきりと示された回でしたね。その点において、ハルの姉が元気を失っている様子が気になります。)

 

チア男子!!第8話「絆のご来光」海外の反応

(以下はMyAnimeListからの引用です)

スクリーンショット (257)

不明
あのアフロはいつでも私を楽しませてくれる。ブロッコリー。
ブロマンスをいくらか、そして普段の日課。もうすこしテンポあげてほしいし競争シーンもほしいね。練習シーンはあったけれども。少なくとも尚史はチームに戻ってきた。

不明
悪くないエピソード。いくらか楽しいシーンとドラマも少し。
全体的にいい展開だし、次回はチア活動を見たいね。

不明
尚史がチームに戻ってきてくれてよかった。

不明
いざこざがエピソード前半だけで終わったことを神に感謝。いざこざは先週と同じだけど実際後味が悪いからね。ついにはみんな練習に真剣になったし、尚史も過去の自分をブレイクしたことは素晴らしい。そして他の回と同様、翔の服装の趣味はいまだ同じままなので、彼にスタイリストを雇ってあげたいよ 笑

不明
いざこざをずるずるひきずることは終わってほしいし、そうなればストーリーも進むだろう。編集の件はさておいて、フリップスタンツの習得のような、技術的なものは多くは見られなかった。
それでもなお1週間を通じて観るのを楽しんでいるよ。

不明
やっぱりね、尚史は一番熱心に練習する奴であり、新しいチア部がつくられたことがとても嬉しかったという、好ましい奴だってことさ。
だけど彼の「ブロッコリー 」は予想してなかった、率直に言って驚異的なシーンだと思う。

スクリーンショット (251)

不明
そうだよな、 私は尚史が決して嫌いじゃないよ、彼が忠実で厳しく、他のみんなを指導し、チームを真面目にもっていくのは、理由があったんだ。とても良いエピソードだ。

不明
尚史はわたしの姉みたいだ、実際ふたりは似ている。姉がクラスメートとバスケをする時いつも、みんな気持ち半分でゲームをすることに、姉は不満を抱えていた。彼らは基本的にやる気がなさすぎてゲームにならない。スポーツ自体を軽く見ている。尚史の状況と同じだ。もし君がより高い目的に達するつもりなら、努力しなきゃ。熱心に練習しなければならない、おもちゃで遊んでるんじゃないんだぞ?
どちらにせよ、尚史はツンツンした態度ではあるが素晴らしい。彼はメンバーひとりひとりの欠点と、そのために何が必要かがわかっていた。翔と同じレベルだろう。翔はこないだまで少し臆病だったが。尚史は揺るぎない奴だよ。

不明
尚史がブロッコリーしたときは、ほんとやられてしまったよマジで。

不明
ブロッコリーギャグにみんなすぐに飽きてるのが好き。

不明
「彼女じゃねえよ」そのとおりだハル、だれがなんと言おうと。

スクリーンショット (253)

不明
↑ ハハハハ、その件にコメントがあるだろうと思ってた! :p カズ×ハルのファンガールズへの餌のようだ。
私の考えたことは:
-  なぜ服を着ていない時、みんなの筋肉が2倍のサイズになるのか?
-  チームの各メンバーに対する尚史の考えを聴くことはキュートだった。
-  最初スーツを着た二人がだれなのか全然わからなかった。
-  翔・・・きみは奇妙なファッションセンスの新しい境地に達したね。
-  このショーが大好きだよ。わたしを笑顔にしてくれる! :D

不明
↑↑彼は拒絶の初期の段階にいる。
だがほんとにハルよ。きみはカズの言い訳を受け入れるつもりなのかい?おそらく彼のおばあちゃんはかなり具合が悪いのだろう T-T

不明
尚史のパートでは涙目になってしまったよ。かれはなんて情熱的なやつなんだ。彼の「ブロッコリー」はいくぶんぎこちなかったね。XD 今回におけるお気に入り部分は、トンが「彼はみんなをしっかりと観ているんだ」という場面だな。これにはグッときたね。次回もワクワクだな!

不明
カズの祖母の容体は悪くなっているのかなあ。もしかするとアルツハイマーかな、と考えてしまった。

不明
「家族のだれかが病気でそれで病院にいくんだ」と言いながら実は本人が病気でした、みたいなストーリーにならないことを願う。頼むよ。わたしはカズにそんなことは望んでいない。

 スクリーンショット (255)

(チームがうまくまとまったようで何よりです。チアの技の難易度も上げるようですし、予選に向けて順調であるかのように見えますが、カズの様子が気になるところです。)

チア男子!!第7話「歪み」海外の反応

(以下はMyAnimeListからの引用です)

スクリーンショット (208)

不明
男の子たちの旅はトレーニングとともに続くが、新メンバーの間でいくらか張り詰めた競り合いがある。わたしが思うに、尚史はまじめすぎる。彼のようなやつに言い負かされるのは嫌だな。
あのアフロのやつが一番わたしの注意を引いたな。だけどまじめに、晴希のチームがうまくいくよう願っている。クリスマス会は・・・尚史にムードをぶち壊されるまでは陽気であった。尚史はもう少し態度を改めることを願うよ。

不明
尚史にはいらいらさせられるが、たくさんのメンバーがいる今ある程度の摩擦は起こるのだろうと思う。チェンもメンバーになるとはおもしろいね。そうなることをいくらか予想はしてたけども。

不明
尚史は真面目すぎるでしょ!クリスマスムードがぶち壊されたのは残念だ。

スクリーンショット (227)

不明
尚史は真面目過ぎるけど、なぜ彼がそうしたのかわからなくもない。タケルはその代わりにリラックスしすぎなんだよな。タケルがすべてのスタンツができるなら、尚史は彼に衝突しなかっただろう。だけどもしだれかができないでそしてのんびりした練習をしたがるなら、それは予選まで数週間しかない時においてチームを後退させるだろう。まあ、クリスマスパーティーで彼らの衝突は終わったのだろうと思う。次回はみんなチアリーディング部としてバランスの取れた態度が取れるだろう。だけど尚史の人を見下した態度はチームスポーツにとって良くないことでもある・・・彼は謙虚なのでひどい奴ではないが、それでも要点を伝えようとするときは友好的に教えるべきである。人に怒鳴ることでは、何も変えられないだろう。

不明
実際思うんだが、尚史はSparksのレベルに達するためにベストを尽くしている偉いやつだよ。私は彼が好きだね。

不明
彼らのしていることに対して、尚史が唯一正しい態度だと思われる。彼はもっとうまくなって、トーナメントに進んで、チャンピオンになりたがっている。一方他のみんなは言い訳を見つけるだけである。たぶん「Breakers」はおおよそ楽しいけれど、楽しむためには、みんなもっと努力してほんとに熱心に練習する必要がある。今のところ、彼らのチームは他所と比べて何者でもない。

不明
尚史はあまりに裁きたがるしすべてについて意見したがる! 彼が話してる場面は省略したい気分だ。

スクリーンショット (223)

不明
尚史は冷静になる必要がある。彼のチアに対する真面目な態度はわからなくもない。しかし、何かに対してみんなが同じ熱意を持つことはないだろう、大抵はそんなものである。あなたのようであることをみんなに期待することはできない。多くの人は楽しみたくてするものである。もちろんスパークスのような訓練体制ではないが、努力していないわけではない。まず第一に、新米チームとスパークスのような強豪チームを比べるのは間違いである。それぞれのメンバーは全く異なる人々なのであり、チームに対する考えも献身の度合いも異なる。ある程度は尚史に同情するけどね、あなたが真剣に何かをしてる時に、他方でそれほど努力してない人が、チームとしての努力を侮ることは、いらいらさせられるものだから。

不明
たとえチームを成功させたくても、たくさんの努力を押し付けても、チームから反対のフィードバックを尚史は得ている。チームはもっと練習に集中する必要があるが、彼はやりすぎだね。今後どう発展していくのか見物だな。

不明

スクリーンショット (221)

オージーザス、翔は今週もひどい服装だったな。xD
尚史は落ち着け。ブロッコリーとサクは謝ったからいいね。だけどまたケンカで終わってしまった・・・しっかりしてくれ。
溝口の女装(cross dressing 異性装)。彼は真に守られ愛される存在である。xD

スクリーンショット (225)

不明
緊張がより高まったな、次回は、ハルが尚史に辞めないよう説得できることを願うよ。

不明
次週には問題を解決してほしいね。

不明
わたしは尚史が理解できるが、彼は少し頭を冷やすべきだ。そして他のみんなはもう少し真剣にやるべきだと思うね。

不明
尚史(に焦点をあてた)回か・・・ 彼にはこのように振る舞わせてしまうような過去があるのかもしれないと思う。

不明
実際態度を改める必要があるのはブロッコリーだよ。全くすまないと思ってなさそうだからね。尚史はコーチに意見を伝えるべきだと思う。

不明

スクリーンショット (216)

わたしが間違っているのかもしれないが、ブロッコリーはショタの後にわざと倒立から倒れたように思われる。わたしにはわからないんだけど、とてもたくさんのブロッコリーショタシーンがある。ふくれっつらもかわいい。


(今回は尚史に賛否のコメントが集中した感じですね。そして理由はわかりませんがタケルはどうやらサクを気に掛けているようです。) 
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ