[PR] NTT

2009年05月05日

げんしけん

2004年10月から12月まで、全12話がUHFアニメとして放送された(放送日は放送局により異なる)。単行本1巻の「第1話 現視研」から4巻の「第22話 げんしけん誕生」まで(作中時間で約1年9ヶ月)の内容で、アニメ化されなかったエピソードも一部あるものの、基本的には原作の流れに即している。

作中で登場人物たちが『キテレツ大百科』の主題歌「はじめてのチュウ」を堂々と歌ったり『ぷよぷよ』をプレイしたりといった場面があったが、アニメ化においてもこの商標権・著作権が絡みナーバスにならざるを得ないような部分の多くをクリアし、問題なく放映出来た。

大学祭のシーンで、大野が蔵土縁紗夢(GUILTY GEARシリーズ)のコスプレをする一方で、ゲーム大会など格闘ゲームをプレイするシーンでは同シリーズのプレイ映像がそのまま使用されている。
プラモデルを作るシーンで、原作ではバンダイの許可の下『機動戦士ガンダム』の「グフ」「ジム」を作っていたが、アニメ版では架空の「ガフ」「ジミ」に変更されている。
同人誌専門店のシーンで、原作では架空の店舗として描かれていたのが、アニメ版ではスポンサーであるとらのあなの意向により実在する店舗「とらのあな秋葉原1号店」となっている。
なお、作中作である『くじびきアンバランス』についてはテレビ放映分では『げんしけん』の作中に部分的に登場するのみであったが、『げんしけん』DVDボックス購入特典のボーナスディスクとして一部回(第1話・第21話・第25話)がフルタイムで収録されている
(Wiki情報)

放送期間: 2004年10月 〜 2004年12月
放送時間: 24時00分(日曜日)
放送局: 千葉テレビ

笹原完士(大山鎬則) 高坂真琴(斎賀みつき) 春日部咲(雪野五月) 斑目晴信(檜山修之) 田中総市郎(関智一) 久我山光紀(乃村健次) 大野加奈子(川澄綾子)

第5話 自律行動に見る排斥と受容の境界

第4話 扮装と仮装の異化による心理的障壁の昇華作用

第3話 地域文化振興の問題点とその功績

第2話 消費と遊興による現代青少年の分類

第1話 現代における視覚刺激を中心とした文化の研究



animememo at 23:34 この記事をクリップ!