[PR] NTT

2008年05月08日

MOONLIGHT MILE

吾郎とロストマンは大学生でありながら、既に世界中の名だたる名峰を制覇したクライマーであり、お互いを唯一無二と認めるザイルパートナーだった。その締めくくりとなるエベレスト登頂で、雪崩に遭遇したフランス登山隊の女性を発見。内臓を損傷しており苛酷な環境のなか救出を望めないまま彼女の死を見届けた二人は、彼女の嵌めていた指輪を手に、強靭な体力で登頂を再開した。たどり着いた地上の頂で指輪を登頂旗のポールに嵌めて形だけの供養した後、見上げた先に浮んでいたのはISS(国際宇宙ステーション)、そして、月―――

「…白雪姫のお告げかな…あそこに行きたくなった!」

「いいねぇ…!宇宙に限りはないからな!!」

遭難者の語ったとおりの光景に、二人は宇宙進出という新たな目標を見い出す。

期しくも二人が登頂を果たした2005年1月17日、月資源探査衛星により次世代エネルギーとして有望視されるヘリウム3が、月に大量に埋蔵されていることが判明する。アポロ11号で人が初めて月に降り立ってから36年、人類の月開発への新たな挑戦が始まった。

それから4年後。吾郎は大手建築会社に就職し、様々な重機をまるで手足の如く操る建設現場作業員として働いていた。そんなある日、会社の人事課長補佐・池内理代子から次世代エネルギー開発プロジェクト「ネクサス計画」に携わるBS(ビルディング・スペシャリスト)候補として、会社を代表し宇宙飛行士訓練に参加する為の一次面接を受けるように内示される。吾郎は本格的に宇宙開発ラッシュが訪れる時代を予測し、短期間の間に多くの重機操縦資格を獲得していたのだ。

同じ頃“ロストマン”ことジャック・F・ウッドブリッジは、母国アメリカに帰国後、海軍戦闘機のエースパイロットとして空母「ロナルド・レーガン」に乗船していた。スペースシャトルのパイロット要請プログラムにも一発合格し、今まさにNASAへの扉が開こうとしていた時に、武装テロを仕掛けたイラクへ向けて緊急出撃するも相手の地対空ミサイルを受けて撃墜され、生死不明となってしまう。しかし敵の捕虜となりながらイラク反政府ゲリラに助けられ何とか生き延び、NASAに復帰。その卓越した宇宙船操縦技術と政治的手腕を武器に組織の中でのし上がっていく。

お互いの紆余曲折を経て、新たなる局地・月へと別々のルートで登り始めた2人の天才クライマーは、やがて月社会の覇権を賭けた地球規模の争いの中に巻き込まれていく…
(Wiki情報)

放送期間: 2007年02月 〜 2007年05月
放送時間: 25時00分(土曜日)
放送局: WOWOW

猿渡吾郎(井上和彦) ロストマン(平田広明) 池内理代子(田中理恵) マギー(川上とも子) 澤村耕介(高橋広樹) ミゲール(矢部雅史) ファトマ・トゥレ・グットウ(田中敦子)

第12話 スターファイター

第11話 改竄されたデータ

第10話 疑惑の潮流

第9話 ムーンウォーカー

第8話 軌道からの生還

第7話 再会

第6話 ギャンブラーズ

第5話 星の街から

第4話 砂漠の誓い

第3話 ラストスイング

第2話 果てなき夢

第1話 宇宙の向こうへ

animememo at 14:42 この記事をクリップ!