2009年05月25日

花咲ける青少年 第8話

サブタイトル 「プロミス」 
花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]


***********


あらすじ

ルマティソマンドが自分を殺そうと企てたとはとても信じられず、ショックを受けて部屋に閉じ篭ってしまう。
手作りのケーキでルマティを元気付けようとする鹿。 だが彼に会えないままクインザに追い返される。
ソマンドの身に何かあれば次期王となるのはルマティなのだと、神経質になるクインザ。
クインザの弟セズンは、ソマンド殿下に何か起きることをクインザが知っているのではないかとさえ感じていた。

ノエイは、ソマンドが常にルマティを恐れていたことを花鹿に明かす。
頑なにソマンドに付き従うノエイを見るうち、以前飼っていたドーベルマンに彼が似ていると感じた花鹿は、
彼にバーンズワース家での職を勧める。
だが、やはりノエイは花鹿の誘いを固辞した。

花鹿が部屋に戻ると、いつの間にかルマティが来ていた。
ルマティは唐突に、国に帰ることにしたと告げる。
ルマティは花鹿と同じく母を失った身だった。
母を思い出して寂しそうな目をする彼に、友だちなら少しは弱音を吐いてもいいと言う花鹿。
花鹿はルマティと兄の関係について、自分なりの忠告をする。
ふたりの間には多数の人間が介入しているため、事実が伝わっていないこともある。
それに、兄が実の弟を殺そうとするはずがない、
と...

ルマティは18才になるとオックスフォード大に留学する予定だと言い、同じ大学に来るよう花鹿を誘う。
ふたりが話しているところに、女中がリーレンからの差し入れのイチゴを持って来た。
しかし彼女の不自然な言動から、イチゴに毒が盛られていることを見抜くルマティ。

リーレンに問い詰められた女中は、スラム街の男に頼まれたと白状するが、それが真犯人かどうかはわからない。
だが、部外者が容易に侵入してきたことから、身内に真犯人がいるかもしれないことが判明する。

花鹿の命を狙ったのが、自分にに思いを寄せ続けているブリジットだと直感するリーレン。
身の振り方を考えるようにと、リーレンは彼女に1時間の猶予を与える。
1時間後には、ブリジットの姿はなくなっていた...

いよいよルマティが帰国する。
物陰からこっそりとルマティを見送るノエイ。
だがクインザは、来るべき時にノエイを利用しようと企んでいた。
花鹿はお守りとしてウミガメの甲羅でできたペンダントをルマティに贈る。
ふたりが友だちであることを確かめ、互いの頬にキスをする花鹿とルマティ。
「世界中がお前の敵に回っても、私はお前の味方をする。 約束...!」(花鹿)

ルマティは晴れやかな表情で、香港の地を去って行った...
〜続く〜
***********

これから始まるクインザの計略
クインザはノエイを捨て駒として利用すると言っていました。
当然のことながら、ソマンドの命を狙うのでしょう。
でも、セズンに重要な事を漏らしていますから、彼に止められるかもしれません。

クインザによる暗殺計画が実行されたとしても、やはり場所はネギライになるでしょう。
ですがその事件に花鹿が絡むには、彼女たちがネギライを訪れるしかありませんね。


なぜ弟を恐れる?
ノエイの話によれば、ソマンドは日頃からルマティを恐れていたとのことでした。
「気性の激しい弟を恐れていた」と言っていましたが、そんなことが殺意に繋がるもんでしょうかねえ?
ソマンドが「弟に苛められていた」というわけでもなさそうですし...

花鹿が2人の殿下の間にはコミュニケーション不足や誤解があるかもしれないと指摘していましたので、
本当にそうならいいんですが。
しかしノエイの回想シーンでは、ソマンドが「弟を殺せ」とはっきり言ってましたからね。

この件が収束する無難なパターンとしては、
「ルマティに対する恐怖心がソマンドから去り、2人が和解する」という展開でしょうか。
とりあえずクインザの動きに要注目ですね。

(放送日 2009/5/24・深夜、BS)

公式サイトはこちら


この記事へのトラックバックURL
管理人が承認したトラックバックのみ表示されます
当ブログに初めてトラックバックを送信される方は、「当ブログのトラックバック・コメントに対する方針」をご一読下さい

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/animeoyazi/1448433

この記事へのトラックバック
第8話 プロミス
花咲ける青少年 第8話 プロミス【Happy☆Lucky】at 2009年05月25日 20:27

 クインザがカップケーキを捨てたところは腹が立ちました。
花咲ける青少年 第8話 プロミス【つれづれ】at 2009年05月25日 21:13

どんなに離れていても、世界中が敵になっても・・・二人は友達。「プロミス」あらすじは公式からです。ルマティを元気付けようと、手料理を作り部屋へと運ぶ花鹿。しかし、「ルマティはまだ気分が優れない」とクインザが料理を受け取り、直接会わせて貰えない。その対応に...
花咲ける青少年#8「プロミス」感想【おぼろ二次元日記】at 2009年05月27日 00:02

この記事へのコメント
こんばんわ。

毎回原作未読者の方の感想として楽しみにしてます(^^)
あぁ、しゃべりたい!!
って内容も多々あるのですが、お口チャック。

そっかこういう見方もできるんだと、逆に新しい発見が面白いです(^^)

ポイントはクインザですので、今後注目してくださいませ〜♪
Posted by なぎさ美緒 at 2009年05月25日 20:28
>なぎさ美緒さん

どうも、こんばんは♪

>あぁ、しゃべりたい!!
>って内容も多々あるのですが、お口チャック。

物語の次の展開を人に言いたくなる作品ほど面白いのでしょうね。
なぎささんのコメントで、次週がますます楽しみになりましたよ!

今回の毒イチゴの件で、花鹿がルマティに命を救われたのは2度目になりましたね。
今度は花鹿がルマティを救う番だと、勝手に思い込んでいます(^^;;
Posted by tom-yan at 2009年05月25日 20:39