2009年06月22日

花咲ける青少年 第12話

サブタイトル 「ヒトリ」 
花咲ける青少年VOL.5 [DVD]花咲ける青少年VOL.5 [DVD]


***********


あらすじ

ハリーマハティの子供であることに気付いたリーレン
しかしいとこ同士の花鹿ルマティを彼が引き合わせた理由まではわからない。

女性絡みのトラブルに巻き込まれ、アパートを追い出されたユージィン
花鹿は彼をしばらく屋敷に置いて欲しいとリーレンにせがんだ。
意外にもリーレンは快く了承するが、腹の中ではユージィンを認めていない。

さらに米国を訪れていたルマティまで、花鹿の屋敷に滞在することに。
初めて顔を合わせるユージィンとルマティ。

所用のために一足早くラギネイへと戻るクインザ
彼は花鹿のボディーガードとなったノエイに、ソマンド王子からの伝言を告げる。

さらにクインザは、ルマティに不穏な言葉を残す。
「殿下。 このクインザをお疑いになりませんように。 お迎えに参上致しますまで、決してここを動かれませんように」
重々しい雰囲気を漂わせながら米国を離れるクインザ。
そんな彼の様子に、ルマティは胸騒ぎを覚える。

クインザと長期間離れるのは、ルマティにとって初めてだった。
大学に4年間在籍している間だけが、生涯で自分にとって自由な時間になるだろうと言うルマティ。
花鹿は同じ大学に進むことを約束するが、話しているうちふたりは眠り込んでしまう。

ルマティと同じベッドで眠っていた花鹿に説教をするリーレン。
しかしそんな様子を目にして、ルマティは「オレが花鹿を后に迎える!」と宣言するのだった。
だが、リーレンは気付いていた。 ルマティには王の資質があることを...
そして、クインザには人としてどこか欠けている部分があるのではないか、と...

ルマティ暗殺未遂事件の後、クインザはソマンドを懐柔し、ルマティとの確執を解消していた。
しかしクインザがどんな手段を講じたのかは周囲の者にわからず、セズンは兄に恐ろしさを感じていた。

花鹿が夫探しゲームの最中だと聞くや、ルマティは正式に彼女に求婚する。
しかしルマティに対する思いが恋ではないような気がする花鹿は、素直な感情を吐露した。

いつか結ばれる日が来ることを願い、微笑むルマティ。

リーレンは急な報せに驚く。
『クインザめ... こうなる事を知っていたに違いない... 
これでバーンズワースは、否応なしにラギネイ政変に巻き込まれる...!

リーレンは苦渋の表情でルマティに悲報を伝える。 ラギネイ国王が亡くなったと言うのだ。
そしてなぜかルマティは反逆罪で国外追放処分となっていた。
思わぬ事態に、ルマティはただうろたえるだけだった...
〜続く〜
***********

死を賭したクインザの企みは?
タイミングよくラギネイ国王が亡くなっており、「クインザによる暗殺か?」と思わせる状況ですね。
仮にそれが事実なら、その事が知られればクインザは処刑されるでしょうから、文字通り命懸けの行為となります。
ルマティが国外追放処分となっているのは、国王暗殺を命じたのが彼であると疑われているからでしょうか。
いずれにせよ、こうなったのもクインザの企みによるはず。

現時点では「クインザがルマティを裏切ってソマンド側に付いた」可能性も示されていますが、
それならクインザは米国を発つ際にルマティにあんな言葉を残さないでしょう。
従って、これらはすべて「ルマティを王位に就かせるための計画」と考えられます。
ただ、そのために国王を葬っては、ラギネイのための行動とは言えませんけどね。


いつ”恋”を実感するのか?
花鹿はユージィンにもルマティにも「好きだ」と言っていますが、これが恋ではないことも承知しているようです。
要は「まだ胸がときめかない」わけですね。
この後3人目の候補者も現れるでしょうし、最終的にはリーレンを選ぶことになるのかもしれません。
花鹿が「これは恋ではない」と言っていたことからすると、彼女が理詰めで相手を決めるとは思えません。
つまり、「花鹿は感性的に夫となる男性を選ぶ」ことになります。
いずれ彼女も誰かに「ビビビッ!」と感じる日が来るのでしょう。

(放送日 2009/6/21・深夜、BS)

公式サイトはこちら


この記事へのトラックバックURL
管理人が承認したトラックバックのみ表示されます
当ブログに初めてトラックバックを送信される方は、「当ブログのトラックバック・コメントに対する方針」をご一読下さい

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/animeoyazi/1473442

この記事へのトラックバック
ラギネイとバーンズワースの繋がり---------。ハリーの出生の秘密に気づいた立人。では、そうなると、ルマティと花鹿はいとこ同志。その二人を何故引き合わせたのか?ハリーの目的が見えない立人。そこへ寅之助が所用で花鹿の元を離れていたのだが、帰ってくる。その間、...
花咲ける青少年 第12話「ヒトリ」【◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆】at 2009年06月22日 19:52

第12話 ヒトリ
花咲ける青少年 第12話 ヒトリ【Happy☆Lucky】at 2009年06月22日 19:55

 ルマティの姿が前回のマハティとダブりますね。本当によく似ている孫と祖父です。
花咲ける青少年 第12話 ヒトリ【つれづれ】at 2009年06月22日 22:49