レシピ

2014年01月11日

今日は鏡開き

そろそろ成人の日ですね
忘れもしません
はたちの時のカルチャーショック
はじめて原宿の太田記念美術館という浮世絵美術館に行った日の事
浮世絵


原宿の喧騒から路地に入るだけなのに、そこは別世界
でも美術館は口実(ついで)で、その地下にある甘味処「竹むら」さんが本当の目的でした

お品書きには、「ぜんざい」「しるこ」
「ぜんざい」はつぶつぶが入っていて
「しるこ」はつぶつぶが入っていないものと思っていた、
鹿児島から上京した田舎娘は、
迷わず、「ぜんざい」を注文!

しばし待って出てきたそれは

全く汁けのない、アツアツに練られた、柔らかめのあんこが
お椀の中の焼餅の上に、とろりとかけてありました

私が食べたかったのは、本当は「おしるこ」だったのです
おしるこにも二通り
粒あんなら「田舎しるこ」、こしあんだと「御ぜんしるこ」
という事実を知りました

いきなり、江戸の洗礼を受けました
そりゃあそうですよね!浮世絵美術館の中にある甘味処やさんなんですから
”THE 江戸文化”
現在は、手ぬぐいやさん「かまわぬ」にかわっているようで、
江戸の味を味わうには、神田淡路町の本店へ行くしかないようです

そこで、本日は、「田舎しるこ」をつくる事に致しました
osiruko

レシピはこちら


anjour at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月28日

夏を惜しむレシピ

ズッキーニ4

ズッキーニとチーズの重ね焼き

らでぃっしゅぼーやから美味しそうなズッキーニが届きました


<材料>
ズッキーニ
ナス
豚肉(今日は薄切りロース)
トマト
モッツアレラチーズ
オリーブオイル
アンチョビーペースト
塩こしょう

ズッキ1
.坤奪ーニ、ナス、を5mmの厚さで斜め輪切りに8枚スライス
豚肉も同じくらいの大きさにカット





ズッキ2

▲織奪廛蠅離リーブオイルで表面に焼き色がつくくらい
炒めます
豚もトマトもすべて炒めます


ズッキ3


B冉容器にそれぞれ順番に重ねます
 ズッキーニ、ナス、豚、チーズ・・・
適当でいいんですよ!

ぅリーブオイルたっぷりとアンチョビーペーストティースプーン1位、
塩こしょうはほんの少々
これを全体にかけまわしオーブントースターで15分焼きます

アンチョビーとチーズでかなり良い味でますからね。
下こしらえしてあるから、オーブントースターで十分。

簡単、素材がおいしいクッキングでした



  

  まちがいなく ワイングビグビです




anjour at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月25日

朝食

ビスコッティ
屋久島で手に入らないもののひとつ

ビスコッティを焼きました

イタリアの食べ物はなんでもシンプルで素朴がいいよね!

ビスコッティのレシピ

材料
薄力粉       400g
卵          3個
砂糖        200g
ベーキングパウダー  t 1
アーモンド     150g

作り方
1 アーモンド以外をボールに入れてまぜまぜ
2 手につかないくらいにまとまったら、アーモンドを
 入れて、コッペパンのような形に成型

この分量だと、3分割してコッペパン3つぐらいがちょうどよいです

3 180度のオーブンで20分焼きます(1回目)

ここまでのポイント
 ★アーモンドをオーブントースターで軽く焼くとカリっとします
 (久々に作ったから、今回忘れてしまいました)
 ★コッペパンに成型するとき、できるだけアーモンドが
  表面に見えないようにすると焦げません

4 うっすら焦げ色がつく程度に焼きあがったら、粗熱をとり
 ナイフで1センチ幅くらいにカットします

5 カットした物を寝かせた状態で天板に並べ、再び
 180度のオーブンで20分焼きます (2回目)

以上で出来上がり

私は、堅ーいのが好きなので2回目もしっかりと焼きます

お昼も夜もしっかり食べすぎているので、朝はこんな感じですね



anjour at 10:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール

マダムMs

ギャラリー
  • 当たり前のことをちゃんと出来る大人になりましょう
  • 「美味しいものをお腹いっぱい食べたら  悪いことする人はいません」
  • 最後の結婚記念日かな?!
  • 最後の結婚記念日かな?!
  • スーツが素敵!
  • 生誕五十一年
  • 屋久島の閑散期に冬休み
  • 屋久島の閑散期に冬休み
  • 屋久島の閑散期に冬休み
  • 屋久島は全てが媚びることもなく
  • 今日は鏡開き
  • 今日は鏡開き
おきてがみ