ヴィータ

2011年01月12日

今年の目標

carameru


塩生きゃらめるをきらさない


なぜならば、売り切れると
ダンボールに書きなぐられた
これ↓が、レジに置かれます

carameru urikire


昨年は、あまりにも売り切れるので、「お一人様1袋限定」に
されてしまいました

スーパーのたまごみたい!

できるだけ皆様に買って頂けるように頑張って作ります

anjour at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月28日

夏の修行

まだ夏は終わっておりませんが・・・
私の中で、この夏一番の修行はこれだろうと思います

”ヴィーガンディナー”

ある晩お越しのアメリカ人と思われるお客様が、
「ペペロンチーノ ベーコン抜きでお願いします」とのオーダーでした。
最初は、単にベーコンがお嫌いなら、他の食材で!と思いましたが
よくよく伺って見ると、ベジタリアン。
わりと外国の方ではリクエストが多いので、特に驚く事も無く
しかし、ベジタリアンの中のベジタリアン 
ヴィーガンであられました

ご存知の方も多いでしょうが、
ヴィーガン=完全菜食、欧米型ベジタリアン=主に肉・魚は食べず、卵・乳製品は肉体を直接傷つけないという理由で良しとする思想

完全菜食ということは、卵を使っているパスタも、バターや牛乳を使用しているパンのだめということです

ペペロンチーノのパスタ抜き?
うちの店の主食と思われるものはお出しできないということです

その時、店内は満席で、あまり十分に考えられる余裕もなく
野菜のオーブン焼きや、ピクルス、そしてパンの変わりに
小さなおにぎりを召し上がって頂きました

そして、次の課題は・・・
気を良くして下さったお客様は、明日屋久島最後の夜、
ここでコース料理を予約したいとおっしゃるではないですか

ここは屋久島、紀伊国屋スーパー
があるわけでもなく、一番遅い時間22:00まで営業している田中屋(漢字で書くと紀伊国屋と似て見える?)の営業時間に間に合うはずもなく
ベジミートも、豆乳も、マーガリンも手に入らないのに、
コース料理???

でも、せっかくのお申し出なので、出来る限りのことをさせて頂きます
と、お引き受けいたしました

結果的には、ブイヨンの代りに昆布や椎茸のだしを使い、
パスタの代りに、ビーフンを使ったり
永田豆腐とトマトで、カプレーゼ風にしたりと
なかなか、我ながらバランスの良いお料理を召し上がって頂けたと思います


しかしこのお客様のお陰で、少しお勉強させて頂きとても考えさせられました
その日まで、ベジタリアンについて、かなり無知で、宗教だと思っていました

でもそれだけではありませんでした
環境問題、健康、動物福祉、倫理的な理由

欧米では強い動物愛護精神から、倫理的理由でベジタリアン、ヴィーガンの人口が急増しているそうです。田舎よりも大都市、富裕層の人達から

参考にさせて頂いたサイトの文章を読み進むうちに、どうしてよいか分からなくなってしまいました

動物は大好き。身近で痛い思いや、弱っている姿は放っておけない。
でも、自分達が毎日のように食べている動物性の食品も同じ生き物

美味しく大事に食べてあげる事で、救われると思う事は単純なことなのか?

知ったからと言って、明日から菜食主義になれない自分
なんの結論も出せないまま、昨日も鶏肉を食べたし・・・

違う意味で修業が足りない

この夏、とても重い重い大事な考える経験をさせていただきました






anjour at 13:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月08日

パリのルノートルのパティシエが・・・

ルノートル
コース予約のお客様がバースデイということで、
小さなバースデイケーキの飾りつけをしているとき
背中になんとなく視線を感じ、振りかえると
フランス人の男性が、じーっとご覧になっていた
「なんのケーキですか?」
「すもも プラムのケーキです!」

そんな会話のあと、その方は3種類のケーキを召し上がられた

お帰りの際、
「質問があります。パッションフルーツのパンナコッタは
クリームが2層になっていましたが、どうやって作りますか?」
と・・・

なんか、いやーな予感がしたんですけど
まさか・・・
こともあろうに
その男性、フランスはパリのルノートル本店のパティシエでした

ヒエー!
さすが世界の屋久島。
ルノートルのパティシエが、私のつたないケーキを食べてる
そして、質問までしてくれて
お世辞にも美味しかったと言って帰られた

開き直るしかないですね!
ハ・ハ・ハ・・・


anjour at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月11日

只今支度中!

開店準備中にお客様
wanko


もうしばらくお待ちください

君はたしかエヴァがいる時も遊びに来てたよね!

車に気をつけて、ちゃんとおうちに帰るんだよ

anjour at 14:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月25日

悪戦苦闘中!

HPがなんとなくできてきました

知人の会社で販売しているシステムを頼りました
テンプレートを作って頂き
「ブログくらい簡単ですよ!」の
殺し文句に、だれでもできるんだ〜と始めました。

進めながら相談しつつ
「これって、かなり難しくないですか?」
と聞いたら

グログくらいの前に「知識があれば・・・」
がつくことを知りました。

でも、自分で作ると、大変でも、毎日少しづつできてゆく
喜びが味わえていいぞ!と
言い聞かせながら頑張ってます。

システックの担当者様(たけうっ)には
当分ラブコールが続くと思われますが
よろしくお付き合い下さい
外観01
屋久島ヴィータキッチン

anjour at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月12日

実りの秋

本日より季節限定スイーツ
「紫芋のタルト」
そもそも色素をとるための芋でしたが、
紫の色素とアントシアニンが
老化をまねく活性酸素などを分解する効果があり、
食されるようになったようです

お芋とおもうと、かなりグロテスクな色ですが
とってもきれいな紫
着物の半襟にしたいような
高貴な色です

無くなり次第終了!
紫いもタルト


anjour at 14:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月31日

夏野菜も終わり

Image180
今日は8月31日。
切ない日です。

夏が大好きな私は、8月7日くらいから
どんどんテンションが下がってきます。

そして、9月1日からは、白い色を身につけては
いけないような気がするのが、つらいです。
「夏なんたら・・・」という言葉も
使ってはいけないような気がするのもいやなんです。

どんなに暑くても、あせもができようとも、冬生まれなのに
やっぱ夏!好きなんです。

そして、「夏野菜」っていう響きが大好き!
この夏、屋久島のたくさんの夏野菜たちに、サラダやパスタの素材で
大活躍して頂きました。

明日からは、夏野菜って呼べないんですね!
(勝手に決めてます)

この夏、お店で一番の人気物は「四角豆」でした。
明日からは、「秋野菜の四角豆ちゃん」として
頑張って下さいね!

※四角豆とは・・・
マメ科のつる性植物で、切ると断面が人型ブロックのような形の熱帯地方原産の植物です。見た目のグロテスクさとは、うらはらの甘みがあってテンプラやサラダなどによくあいます

anjour at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月31日

明日のランチは車海老フライ

Image173
意外と知られていないかもしれませんが
屋久島は車海老の養殖場が数か所あります
おもに、地方発送 贈答品として出荷されているようです
島の人もあまり食べていないみたい

透明で、尻尾の青と黄色の美しさ
プリプリで、皮もやわらかく、頭もまるごと美味しいんです

ヴィータのランチは4種類
「屋久島ディッシュランチ」というのは
特産品にこだわったちょっと豪華なメニューです

明日からの1週間は、
「屋久島産車海老フライ」お楽しみに!

注意:屋久島の海老フライは”屋久島産”というのは
大きな勘違いです。
もし本当に、屋久島産だったら
絶対に屋久島産と特記しますから!

anjour at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月10日

かごしま黒豚

仕込中!

お店で出してる豚ちゃんは、すべて「鹿児島黒豚」

かごしまの養豚の歴史は、今から約400年前の江戸時代に
島津家18代藩主・家久により鹿児島の地に移入されたことが始まりと
言われています。
かごしまの豚のおいしさが全国的に知られるようになったのは、
幕末から明治にかけて。黒船来航で揺れる徳川幕府に
外交問題の重鎮・水戸藩主斎昭公をして
「いかにも珍味、滋味あり、コクあり、なによりも精がつく」といわしめた。
また、西郷隆盛も豚肉をこよなく愛したと言われています。

当時より改良に改良を重ね、現在の黒豚となったそうです。


宅急便で届く箱には、大きな文字で黒豚と書かれ
包まれているビニールもヴィトンのバッグの薄紙みたいに
黒豚・黒豚・黒豚・黒豚とプリントされてます
まさにブランドものです


今朝、届いた”うで”のかたまり1本約5Kg
タコ糸でぐるぐる巻きにして、
ラーメン屋さんのチャーシューか?
といわんばかりに、一番大きなフライパンからはみ出す
ほどのお肉を、勢いよく焼き色をつけ
油を落とします

そして今、野菜と一緒にずん胴の中でぐつぐつ、ぐつぐつ
8時間ほど煮込みます

出来あがったスープはコラーゲンたっぷり
お肉はとろとろ

これで「黒豚カレー」と「黒豚シチュー」
が出来上がります
もちろん、シチューのデミグラもフォンドボーではなく
フォンドブー?ですよ!

夏はカレーとシチューですね!
今日は、黒豚
屋久島の夏、まさに始まるというお天気です


anjour at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月06日

包みました

Image168~00
永田の塩で作った「塩生きゃらめる」
意外とうちの隠れたヒット商品です。
でも一度に100個しかできません

包むのが間に合わないからです
船(愛猫2歳)の手も借りたい!

内職募集中です。

anjour at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール

マダムMs

ギャラリー
  • 当たり前のことをちゃんと出来る大人になりましょう
  • 「美味しいものをお腹いっぱい食べたら  悪いことする人はいません」
  • 最後の結婚記念日かな?!
  • 最後の結婚記念日かな?!
  • スーツが素敵!
  • 生誕五十一年
  • 屋久島の閑散期に冬休み
  • 屋久島の閑散期に冬休み
  • 屋久島の閑散期に冬休み
  • 屋久島は全てが媚びることもなく
  • 今日は鏡開き
  • 今日は鏡開き
おきてがみ