2006年05月04日

愛のキャパシティー

人は生まれ持って愛情に関する器量が決まっているのかもしれない。
だから恋人でも夫婦でも、浮気には、その質が大きな問題となる。
よく女性は身体の浮気は許せても、気持ちの浮気は許せないと言う人が多い。
でも、ホントにそうなのかな。
身体の浮気は、何か低俗動物のような気がして、パートナーである自分までをも貶められたようなイヤな気分になる。
性処理道具として女を見たり、モノ扱いする人間が陥りやすいパターンだ。
すると心の浮気はどうだろう。世の中には持って生まれた愛情の量がいっぱいある人がいて、一人の人じゃ満足できない人っているものだ。
一見低俗に見えるけど、愛していないと・・そして愛されていないとダメな人っているものだ。
嘘のように、言い訳のように見えるけど、嫌いになったわけじゃないし、愛情が冷めたわけでもない。
ただ、他人より愛情の量が多いだけ。

自由人の彼女を見ていると、何かそんな風に思えてくる。

アナタは自由人
干渉されるのも嫌だろうし、好き勝手に我侭を通したい人
いろんな人と付き合って、人脈作って
でも、どんな時も、いつだって
アナタの側にいてアナタを見てるのは私なんだよ
多分そんなことすら、気がつかないんだろうけど

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/anju1/50570867
この記事へのトラックバック
女性のオーガズムって...
浮気の心配ナシ!だってオレはイカせられる男な...【マル秘 オーガズム セックステクニック】at 2006年06月20日 20:28
この記事へのコメント
あーーー あんじゅさん
私も心の愛情の量は多いかもしれないよ
肉体関係もいいけど
それ以上に心の愛情いっぱいあるかも
この愛情をもらってくれる人いないよねぇ

あんじゅさんは彼女にいっぱいの愛情そそいであげてね
Posted by 7of9 at 2006年05月04日 04:01
なんとなく 彼女は、外見からは見えない(見せない、の方が正確かな?)けど、安心感があるのでは???
愛情を感じてるから、帰ってこれる場所が確実に
あると感じているからではないでしょうか?
なんにしろ、「惚れた弱み」って奴ですかね...
そんな風に思えて...苦笑しつつ、幸せイッパイの
ご愁傷様です^^
Posted by でびる at 2006年05月04日 09:32
ななさん、こんにちは。
ななさんも愛情の量は多いのかもしれませんね。
量が多いと、時に誤解とかも受けやすいのではないでしょうか。
どんどん、どんどん注いで・・相手が重くなっちゃったりとか(笑)
ななさんのいっぱいの愛情をそのまま受止めてくれるイイ人が現れるといいですねぇ〜☆
Posted by あんじゅ at 2006年05月04日 10:32
でびるさん、こんにちは。
私も、その点についてはいっつも考えています。
不器用だから表にはそう出ちゃうのかなぁ〜なんて優しく考えていると、
ホント鬼の様な行動をとったり@
よくわかりませんね。。
Posted by あんじゅ at 2006年05月04日 10:32
ほいでは その「鬼」と思える部分のみ
なにか代価を貰っては如何でしょうか?^^
ほんの少しの抵抗&アピール...
油を注ぐ結果かな???^^
Posted by でびる at 2006年05月04日 17:05
私の個人的意見ですが、
こういう人って、愛情を与えるキャパが多いというよりも、
(つまり、たくさん愛情を振りまきたいというのではなく)
逆に、自分がたくさん欲しいんじゃないかと思います。
与えることを目的にしているというよりは、
より多くから与えられたいがために、与えようとしているような・・・。

違っているかもしれませんが(^^;

体だけの浮気であれば、
性欲の強弱にある程度、反映されると思うんですが。
Posted by ちろる at 2006年05月04日 21:58
でびるさん、こんばんは
「鬼」の部分のみ代価ですか・・。
私には思いもしなかった発想です。
そんな風に出来たら、どんなに楽でしょうね。。
Posted by あんじゅ at 2006年05月04日 23:36
ちろるさん、こんばんは。
おっしゃる通りかもしれません。
前にもテーマにした、
「愛されたいから愛してる」と
根っこの部分は同じかもしれませんね。
(↑ちょっと表現パクってみました(^^;ゞ
そして、彼女とウマの合う私も、
また同類の人間なのかもしれません。。

あと私・・・笑われるかもしれませんけど、
性欲=浮気の図式が、頭ではわかっていても、
カラダではよくわからないんです。。
ま、この辺が私の欠陥たる由縁なのかもしれませんけど。
Posted by あんじゅ at 2006年05月04日 23:37