ウチの不登校

中学不登校の娘が高校中退しました。ゆっくりゆっくり歩いています。

居場所

月一更新のつもりが、5月は記事を書けていませんでした。

その間、娘のバイトは一通りの仕事内容を教えてもらって
研修を終えました。
終わったからと言って時給が上がったりするわけではないのですが~。
機会の少ない、しかも娘が一番苦手な電話対応が
最後まで残っていたようです。

平均週4で入っているのですが、他のバイトの人や常連さんから
「あなたいつもいるね」と言われたそうです(^_^;)
本人は本望ではないかもしれませんが、娘の居場所ができたのは
とても嬉しいことです。

学校とは違うところに居場所ができてやっと、
なぜあんなに行かなければならないと思っていたのかと
行って欲しい、行くのが当然と思っていたのかと
思うことができています。
『すっぱい葡萄の法則』(負け惜しみ?)ではなく、
理論として理解しているわけでなく、
感情でわかるというか、だいぶ俯瞰できたというか・・・。

でも、まだまだなんだと思います。娘も私も。
今後娘が方向転換やステップアップをする時、したいと言った時に、
それについて行けるだけの度量をつけること。
娘に振り回されないように、私が進む私自身の人生を
しっかり見すえること、今のうちにしておきたいと思います。

私の通信大学の方は、初めて提出した課題が一つ帰って来て
A判定でした!(^-^) (Aの上のS判定が最高)
まずまずの出だしです。
次の課題のために図書館で借りてきた本が積読になっています(笑)
ボチボチと進みます!



2ヶ月

娘、引き続きフリーターをやってます。
最初のお給料でスマホを新調し、
次のお給料でナントカのDVDボックスや
ナンダカとコラボのグッズを買ったりして、
稼いだ分一気に使っている感じです。
働くストレスを買い物で解消しているところもあるようで、
本末転倒のような気もしますが~。

昨日「なんかもう疲れてきた」とポツリと言いました。
「最初は良くても2ヶ月くらいたつとしんどくなる」
「学校(高校)もそうだったし」
と言いました。
そういえば去年も4月に入学し、6月頃から行けなくなっていました。

そんな娘の様子を見て、一気にザワっとしてしまいました。
バイトを辞めたり、家に引きこもったりの心配ではなく、
またあの苦しそうな娘を見ることになるのか?と考えるだけで
心がザワザワします。

こういう時はまず感謝を数える。
娘が生きていること、ご飯をちゃんと食べること、
疲れたと話してくれること、夜寝ていること、
2ヶ月でも貴重なバイト経験ができたこと、
欲しいものをワクワクしながら買えたこと・・・

そして、今を見つめる。
娘の将来を不安がらず、今現在私がすべきことをする。
今目の前のことを楽しめるように工夫する。
娘に起こる出来ごとは今現在の娘に任せる。

それから、体を動かすこと、行動すること。
じっとして頭の中をぐるぐるさせていても
あんまり良いことはない。
仕事をする、家事をする、買い物をする、しようと思っていたこと
しないといけないことをどんどんこなす。

そう考えて一晩過ごすと、気持ちが楽になっていました。
娘も朝には顔がだいぶ明るくなってバイトに行きました。

以前は大丈夫に思えなかったことも、
今は大丈夫に思えるようになった。
だから、大丈夫なのです(^-^)



したいことをしたいだけ

なんだか、月イチの更新になっていますね(^-^;

その後、娘は元気にフリーターをやっています。
気づくと1ヶ月以上たっていました。
週3~5日、ほぼ6時間の勤務です。
ずっと接客ではなく、作業系の仕事もあるようで、
それも良かったのかなと思います。

先月のお給料が1日分だったので、今月のお給料が入ったら~と
使い道をあれこれ考えているようです。

主人は、フリーターして好きにお金使ってそれを続けていって
その先はどうするの?なんて娘に聞いていました。
父親らしい心配だと思います。
きっと昔の私なら、主人以上にそんな心配をしていたかもしれません。

でも、そんなのきっと娘にもわかりませんよね。
今の仕事を堪能して、いっぱい稼いでいっぱい使って。
娘が今すべきこと(したいこと)が終わったら、
また何か変わって来るでしょう。

娘がフリーターになったからというわけではありませんが、
実は私が大学生になることになりました。
春から通信大学に編入します。
したいことができるうちに、したいようにする!
娘の不登校から学びました。
娘の分まで頑張ります(^-^)



ニートからフリーターへ

年末に学校を辞めた娘、しばらく廃人のようになっていました。
一日寝転んでスマホしかしない日々。
学校という縛りから解き放たれて、嬉しいような寂しいような、
そのどちらでもなく心にぽっかり穴が開いたような。
そんな感じだったのかな。

行っていなかったとしても、学生である限り学校の所属です。
きっと卒業して次に進学するまでのような、あの解放感と不安、
それを味わっていたのかな。

年末に大決意したのに挫折してしまったバイト探しですが、
ひとしきり廃人をした後にまた探し始めました。
やっぱり娘が苦手な電話応募、でも今度は即明日面接!となりました。
ところが、雑談のような面接だったそうで、
「最初から採用する気がない!中卒だとダメなのかな(T_T)」
とかなり落ち込み、また廃人に・・・

と思っていたら、1週間後に採用の知らせが決ました!
もう落ちたものと思っていた娘はすごく嬉しかったようです。
晴れて?ニートからフリーターになりました。

と言っても、まだ3日ほどしか行っていませんが~。
その3日も、遅刻したり忘れ物をしたりで色々大変でしたが~。
今のところくじけてはいないようです。
色々大変、も乗り越えられれば良い経験です。
とりあえずは見守っていたいと思います。



退学しました

娘、昨日退学しました。

一緒に学校に行って、その場で退学届けを書いて提出し、
ロッカーに残っていた荷物を持って帰ってきました。

安堵、スッキリ、希望、それから不安、悲しみ、寂しさ・・・
色んな気持ちがあります。
でも娘も私も、担任の先生も穏やかに、さよならできました。

高校に入る時は、イチかバチかレールに乗って進んでみるか
という気持ちでした。
一生に1回の15歳の春、そちらに進まないことで後悔しないか?
それが大きかったです。

結果、こうして下りることになってしまいましたが、
あの時進んでおいて良かった、と思います。
娘も「(高校は)ちょっと、楽しかった」と言いました。

娘は次の方向を見つけないうちに、レールを降りました。
目の前360度見渡せます。どの方向にでも行けます。
何にも邪魔されず、自分で決めた方向へ
いつの日か踏み出してくれると思います。

今は、私が悲観的にならないこと。
それが一番の応援になると思っています。

アーカイブ
プロフィール

anjuu

夫、長女(中2~3不登校、高校中退16歳)、次女(高1)、ウサギ1羽と金魚2匹が家族です。
週10時間のパートタイマーです。

BOOK
読んで良かった!と思う本です。


●もっと早く読みたかった、でも
今読めて本当に良かった。
子育てのバイブル。
全てのお母さんお父さんに
読んで欲しい。




●親子関係はもちろん
全ての人間関係が楽になります。






●親という荷物を下ろして、
まずは「私」がしっかり立ちたい。
「私の今」を楽しむヒントです。


メッセージ

●コメント欄がありませんので、こちらからメッセージをいただけたらお返事いたします。(公開されません)返事が来ない時はgmailの迷惑メール設定解除をお願いします。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ