ウチの不登校

中学不登校の娘が高校中退しました。ゆっくりゆっくり歩いています。

夏休み後の不登校

9月になってから、ブログに来てくださる方が増えたり、
メッセージをいただくこともあり、
夏休み明けに学校に行かなくなったお子さんをどうしたらいいのだろう
・・・と悩まれている親御さんがたくさんいらっしゃるのだと思います。

そんな親御さん達の心が楽になる言葉は何だろう?と考えました。

私も、ブログ開始の頃に書いていますが、
娘が学校に行かなくなって、どうすればいいかわからくなって
食欲も落ち、眠れず、頭の中はその事でいっぱい、
ふとした時に涙が流れそうになって、
外で制服の中高生を見ると心が苦しくなって~
そんな日々を過ごしていたことを思い出します。

でも、その頃悩んでいた私にどんな言葉をかけても、
きっと解決にはならなかっただろうし、
何か言葉や方法や、ハッとすることがあったとしても
それが事態を大きく変えることにはならなかったと思います。

なので、私も一緒でしたよ。
娘は学校を辞めてしまったけれども、
今は、娘も私も笑顔で毎日を過ごしていますよ。
くらいしか言葉にならないです。


ただその頃の私がわかっていなかったことを書いておこうかなと思いました。

○私(親)と子供は全く違う人間であること

ただ同じDNAを持つだけの、まるっきり違う人間なのです。
同じ人生を歩むことは不可能なのです。
親は自分の思考や経験で子供を見てしまいますが、
子供はそれ以外のところで生きているし、
これからも生きていきます。

子供が17歳だとしたら、その17年間は
親が17歳までに経験したことと、全く違います。
ま~~~ったく違うのです(笑)

環境、食べ物、持ち物、家族を含む人間関係。
親が17歳の時の学校や先生のシステムも、別物になっています。

なので本当は、今の親の目で子供を見て
心配したり不安になったりというのは
するだけムダ、ということなのですが~(^-^;

そんなの、理解するのは難しいですよね。心がついていきません。
まずは親の心を少しずつ、変えていくのが解決の糸口です。

17歳の子供が今の親の年齢になるまで2~30年ほどでしょうか?
その2~30年もきっと全く違います。

学校に行かなかったらどうなるか?
学校を辞めたらどうなるか?
進学しなかったらどうなるか?
将来就職はどうなるか?

今の親の思考や経験では、理解不可能な世界がそこにあります。
心配するだけムダかもしれない、という考えが
頭の隅にあってもいいと思うのです(^-^)



穏やかな9月

9月になりました。

私はここ数年で一番穏やかな気持ちで9月を迎えています。
『娘が学校に行っていないから』です(笑)
もう少しちゃんと言えば
『娘が学校に行かないことを気に病む必要がないから』でしょうか。

この穏やかさは娘が私にくれたものです。
娘は私のために学校を辞めてくれたのではないか?とさえ思えるほど。

8月末に娘の誕生日がありました。
17歳になりました。
親からは欲しがっていたウォークマンをプレゼントしました。
娘は自分にプレゼント、といってスプラトゥーンつきスイッチを買いました。
(スイッチの方が高額です(^_^;))
バイトの疲れやストレスを癒すのだそうです。

バイトする→疲れる→解消のため散財→散財するためバイトする

娘は活発に生きてるなあ!って感じます(笑)
普通に仕事をしてる大人も、結局はそんな生活ですよね。
今の娘にはこれが合っているんだと思います。
それが私に穏やかな9月を与えてくれています。




東京一人旅

8月最終週です。

先月友達と一泊旅行をした娘、なんと今度は東京一人旅をしました!

娘が大好きなアニメ映画が、一日だけリバイバル上映されるということで
それを見るために東京まで行きました。
3泊4日(夜行バス2泊、カプセルホテル1泊)です。
DVDも持っていて、何度も見たはずなのに・・・
その情熱には驚かされます。

夜行バス、片道8~10時間です。
お盆の時期でもあり、コストの面もあり夜行バスを選びましたが、
それに耐えられるのは、情熱と若さですね(^_^;)

帰りは持ちきれないくらいの買い物に苦労したり
モバイルバッテリーが壊れてしまって身動きができなくなったり
(何もかもをスマホに頼っているので)
色々事件もあったようですが、全て良い経験になったと思います。

次は、何を目標にするのかな?
欲しいもの、したいこと、それがあればバイトも身が入りますよね。
娘の『次』を楽しみにしています(^-^)


***************************************

不登校サポートの音声が公開されました。
よろしければお聞きください。

子供が不登校になったら、まずココに気をつけましょう!【SIAPROJECT監修】

今月の出来事

月一の更新、今日はかろうじて31日です(笑)

相変わらずの日常ですが、
娘についてのエピソードといえば~。

高校に行っていた時の友達と二人で、一泊旅行をしてきました!
友達が追っかけをしているバンドのライブが福岡であり、
一緒に行く予定の人が キャンセルしたため、
急遽娘にお声がかかったようです。
ライブ中は別行動で、娘は1人で福岡観光を楽しみました。

帰って来てから、その友達の影響で「化粧品を揃えたい」と言って
 一式を買いました。 
旅行と化粧品で1ヶ月のバイト代をほぼ使ってしまったようですが、
「物よりも体験」にお金を使うのはいい事じゃないかな?と 
微笑ましく思っています。 

それから、一度バイトの日に寝坊しました。
お互いのために(^_^;)娘のスケジュールを
こちらからは聞かないようにしているので、
『今朝は起きてこないなあ~、遅出なのかな~』と思ってたら
バイト開始15分前に起きてきました・・・

それからはパニックで、電話するのがとにかく嫌で
泣きわめいていましたが、私にできることといえば
娘の決めたことに対して援助してほしいように援助する、だと思い
『落ち着いて身構えている事』に徹していました。

時間を過ぎてしまい、観念したのか
「なんて電話すればいい?」と聞いてきました。
「遅れて行くなら遅れて行くと、休むなら休むと言う」
(当たり前のことですが、パニックになってるので(^_^;))
「お店としては一人欠けるより遅れてでも来てほしいと思うよ」
「でも仕事できる精神状態じゃないなら、休んでもいいと思うよ。
 最近暑くて体調悪くなる人も多いだろうし」
と答えました。
 
ちょっと余計にしゃべりすぎました・・・

娘は子供部屋に籠って、電話をしていました。
結局、休むことにしたようでした。

これからも、こういうことはあるんだと思います。
失敗が娘を強くしてくれると思います。

ただ、落ち着いて身構えているつもりだった私ですが、
その後、娘が朝起きてこない時は、かなりドキドキしています(笑)
(それでも娘のスケジュールはこちらからは聞きません!)
これからもまだまだ修行修行です。




居場所

月一更新のつもりが、5月は記事を書けていませんでした。

その間、娘のバイトは一通りの仕事内容を教えてもらって
研修を終えました。
終わったからと言って時給が上がったりするわけではないのですが~。
機会の少ない、しかも娘が一番苦手な電話対応が
最後まで残っていたようです。

平均週4で入っているのですが、他のバイトの人や常連さんから
「あなたいつもいるね」と言われたそうです(^_^;)
本人は本望ではないかもしれませんが、娘の居場所ができたのは
とても嬉しいことです。

学校とは違うところに居場所ができてやっと、
なぜあんなに行かなければならないと思っていたのかと
行って欲しい、行くのが当然と思っていたのかと
思うことができています。
『すっぱい葡萄の法則』(負け惜しみ?)ではなく、
理論として理解しているわけでなく、
感情でわかるというか、だいぶ俯瞰できたというか・・・。

でも、まだまだなんだと思います。娘も私も。
今後娘が方向転換やステップアップをする時、したいと言った時に、
それについて行けるだけの度量をつけること。
娘に振り回されないように、私が進む私自身の人生を
しっかり見すえること、今のうちにしておきたいと思います。

私の通信大学の方は、初めて提出した課題が一つ帰って来て
A判定でした!(^-^) (Aの上のS判定が最高)
まずまずの出だしです。
次の課題のために図書館で借りてきた本が積読になっています(笑)
ボチボチと進みます!



アーカイブ
プロフィール

anjuu

夫、長女(中2~3不登校、高校中退17歳)、次女(高1)、ウサギ1羽と金魚が家族です。
週10時間のパートタイマーです。

BOOK
読んで良かった!と思う本です。


●もっと早く読みたかった、でも
今読めて本当に良かった。
子育てのバイブル。
全てのお母さんお父さんに
読んで欲しい。




●親子関係はもちろん
全ての人間関係が楽になります。






●親という荷物を下ろして、
まずは「私」がしっかり立ちたい。
「私の今」を楽しむヒントです。


メッセージ

●コメント欄がありませんので、こちらからメッセージをいただけたらお返事いたします。(公開されません)返事が来ない時はgmailの迷惑メール設定解除をお願いします。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ