夏の土用です!

7月20日
土用に入りました

土用とは1年に4回あって、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間をいうとのことです
一般的なのは今の時期の夏の土用
つまり立秋前7月20日から8月6日までの18日間ということになります
毎年一番暑い頃ですが今年はまた格別です

新聞に入ってきたスーパーの広告は「うなぎ」、「うなぎ」・・・
今年は丑の日が2回あるらしいですね
うなぎの苦手な私にとってはみんなスルーしてしまう広告
(家族には申し訳ないかなあ・・・?)


今年もやっぱり土用の食べ物として私が紹介するのは「土用餅」
この時期には土用餅と呼ばれますがふだんでいえば「あんころ餅」
お餅をあんこで包んだ物です
 doyoumochi














そういう意味では赤福なども土用餅と言ってもいいかもしれませんね

土用餅は、全国的な習わしではないかもしれませんが、京都や金沢ではうなぎと並ぶ夏の風物詩となっているようです

うなぎだけではなく、土用餅を食べて暑い夏を乗り切りましょう














熱中症対策

まだ誰もいない朝6時頃の事務所
温度計が示しているのは見間違いかと疑うような32度
間違いなく今日も暑くなる

あんこを炊いてくれているスタッフは朝から汗びっしょり
熱中症に気を付けなければいけません
ただでさえ暑いところを熱い釜の前での仕事
必要以上に気を付けないと・・・

お茶、スポーツドリンク、塩飴、梅干し・・・
いつでも口にできるように用意
20180719112620IMG_1994-2












昨日はお隣の県の岐阜県では40度を超えたとか・・・
40度って考えられませんよね
でもこの辺りでも38度以上の気温になっているようです

皆様に美味しいあんこをお届けするためにも
まず自分の体に気を付けて、仕事を進めなければなりません





夏のイメージをプラスするだけで夏の和菓子に仕上がります!

20180717010656IMG_1991-1.jpg

いただきものの和菓子です

写真の和菓子はアユと涼しげな水のイメージをプラス
夏の餅菓子に仕上げられています

夏の和菓子のテーマの一つとしてよく取り入れられている「鮎」
水色の寒天で表された水
元の菓子は同じでも、それぞれの季節のイメージをプラスすることで、
それぞれの季節の和菓子になります

和菓子って面白い
そして奥深い

私も一つの和菓子でいろいろと遊べるようになりたいな
まだまだ勉強不足




プロフィール

ankononaitou

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ