アセンションとは、私たちがSpirit(霊)であると知ることです。Spiritというのは多くの人が想像する

幽霊のことではなく愛と光です。自分自身が愛と光であることを知る・・・  それがアセンションです。

多くの人は死んだら幽霊になると思っていますがそれは一時的な姿で、その先に愛と光として存在する次元があり

私たちは一人残らず愛と光の次元へ還ります。

アセンションは時間と空間を超えていくこと、物質としての存在を超えていくことです。

これからアセンションの方法の1つを紹介します。霊界の構造はピラミッドに例えられますが

人間が肉体を脱ぎ幽霊になるとピラミッド構造の階層化した霊界に収まります。この階層は上に行くほど

物質性が薄く、下に行くほど物質的です。霊的か霊的でないかにより住む世界が違ってきます。

現在は時間のない愛と光の次元が最高次元と認識されたため、ピラミッドの階層構造が崩れ

時間も無くなりつつあります。ピラミッド構造を支えていた原理は、二元性、過去ー未来、存在ー不在

善ー悪、光ー闇、これらの対立構造を支持しない人(魂)が増え、より愛に根ざした世界を望む人(魂)が増え

上ー下、優ー劣、男ー女、自己ー他者、こうした二元的な対立構造も必要がなくなり

私たちはワンネスへ向かっています。愛へ還る・・・  怖れ・不安・恥・後悔、これらを超えていく

思考のレベル、感情のレベル、精神のレベル、直観のレベルで・・・超えていく

神のものか神のものでないかさえあらゆる判断(ジャッジメント)を超えていく。

霊界の秘密を説いた般若心経には訳してはならない神聖な呪文があり、理解した者だけが神秘を知ります。

ギャーティギャーティハーラーギャーティハーラーソーギャーティボーディーソワカ

直訳は‘行こう行こう超えて行こう さらに超えて菩提へ行こう‘これは現世で悟りましょう。

霊界でも悟りましょう。霊界で悟ったその先が菩提(愛の世界)という意味です。

肉体でも不完全、幽霊になっても不完全、幽霊の先にある姿になって‘完全‘と云う意味です。

禅では‘仏に逢うたら仏を殺せ‘と云い、姿のある次元は悟りではないとされます。

幽霊になっても終わりではありません。その先に・・・・  愛と光の世界があります。

霊界の二元性を超えていく、アセンションへの扉、アセンションポータル(入口)

実はアセンションポータルとは入口でも扉でもなく魂です。霊界で愛する人と出会い1つになることで

愛と光の世界へワープします。アセンションは一人でするのではなく二人の魂で完成します。

生命の誕生が二人によって始まるように魂の帰還も二人です。

愛には取引・判断・価値観、何も要りません。想いだけで時空を超えます。

愛は二元性を超えます。愛とはもっと身近なこと、ただ愛すること・・・アセンションさえも幻想・・・

私たちは地上にいても愛し合うことが出来ます。生きたまま地上にワンネスの世界を感じることが出来ます。

愛と光・・・・私たちはSpirit(霊)です。

地上であっても地上でなくても変わらない・・・・それが永遠です。

このメッセージがあなたの生き方をより良いものへと変えますように・・・・・