2006年10月06日

アリガトウ

●みなさまへ

ここ数ヶ月、首の皮一枚でなんとかつながっていたようなこのページ。
未練たらしい性格ゆえ、言い訳がましいことを並べ立ててしまいそう。
なのをぐっとこらえまして。

今日でひとまず、このブログを終了いたします。
今まで、読んでくださった方、支えてくださった方、
本当に本当にありがとうございます。

それでは失礼いたします。またいつの日か。

●そして将来これを読むかもしれない私の子どもたちへ

お前たちの母が、“子どものため”という大義名分のもとおこなった
(迷惑してたんだったら、ごめんな。)
あんなことやこんなことをここに記録します。


■■ 過去の記事に関するご指摘、質問、苦情などありましたら、
メールフォームからお願いします。
 ↓↓↓↓↓ (“続きを読む”へ)


続きを読む

annakonna at 18:30|Permalinkおやワールド 

ためてしまったネタ

書こう書こうと思いつつ、ためてしまったネタのかろうじて食えそうな一部を
羅列しました。よかったら、どぞ。

 ↓↓↓↓↓
ためてしまったネタ

(もしくは、サイドバーの
「前に書いたやつ(月ごと)」の2006年9月 をごらんください)

続きを読む

annakonna at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)おやワールド 

2006年09月28日

「いわいさんちへようこそ! 」

子どもたちがそれぞれ中学生、小学校高学年になった今でも(今だからこそ?)
あんな風にしてやればよかった〜
こうやって育てればよかったな〜
と省みることがある。
いわいさんちへようこそ!
いわいさんちへようこそ!
岩井 俊雄

関連商品
どっちがへん?
はじめてのこうさくあそび
毎日ときどきおべんとう
ふたりのHand
ハンバーガーを待つ3分間の値段―ゲームクリエーターの発想術
by G-Tools
を読んで、そういう思いを強烈にかみしめた。

5才の女の子のお父さんでメディアアーティストである著者が
お嬢さんのために、またはお嬢さんとともに作った作品の数々を紹介。
・リベットくん人形(割りピンで関節が動くようになってる)
・トイレできたシール
・うさちゃんくじ
・さかな釣り
・ダンボール箱の船
・空想絵日記
・ままごと(お料理セット・キッチン)
などなど、
ほんっと〜〜に楽しそう。
私もこの人の子どもに生まれてきたかったって真剣に思った。

圧倒的なセンスのよさと
著者自らが楽しんでいるからなのかわざとらしい教育臭がしない。
偏見かも知れないが女性がこの手のことをやると、
「どう?私っていいお母さんでしょ?私ってすごいでしょ〜〜っ?」
って叫びが聞こえてきそうで鼻白む。
(こんなブログ書いてる私もきっとそうなんだろうな〜(^^;) コワイコワイ。
一部男性にもそういう人いるけど)

ここまですてきにはできないけど、
心をこめて謙虚な気持ちで作ったら、きっと子どもを幸福にする宝物ができたはず。

紀伊国屋書店のページで紹介

annakonna at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よむ(おや) 

2006年09月27日

リズム天国

世の中には笑っちゃうくらいリズム感のない人がいるけど、実は私がそう。
体育の授業での行進やダンス、音楽の合奏、私ひとりだけ人とずれる、そんな感じ。
で、ただいま猛特訓中。ゲームでだけど。
リズム天国
リズム天国


40ものリズムゲームがある。
(クリアしていくとゲームが増える。私じゃムリなので、ムスメが進めてくれてる)
個人的には「パチパチ三人衆(とバリバリ三人衆)」がお気に入り。カワイ〜。
訓練しだいでリズム感アップの予感。

●ためしてみてね ⇒ リズム天国HP

(ムスメのDSでもできるんだけど、
リズム天国用に
ゲームボーイミクロ(シルバー)
ゲームボーイミクロ(シルバー)

も購入。)


annakonna at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)もの・こと・ひと 

2006年09月26日

「地球防衛家のヒトビト」

夏休みと言えばさ。

親子ともども、朝日新聞に連載されている、しりあがり寿の「地球防衛家のヒトビト」のファンだ。
「これ、何のニュースのこと言ってるかわかる?」とムスコに聞いてみると、
当然のことを知らなかったり、まさかと思うことを分かっていたりと
なかなかに面白い。

これは夏休みの社会科(時事問題)の研究に使えるかも!と思い、
あとで感想も書かせようと、
毎日せっせとマンガとさかのぼってその関連記事を切り抜いていたが(私がやってどうする)、
当のムスコにまったくその気がないので、けっきょく無駄になった。

でも今でもこのアイデアはなかなかだと思ってんだけど、どう?


annakonna at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)やる(うち) 

2006年09月25日

「暮しのコツと科学」

暮しのコツと科学
暮しのコツと科学


「揚げものに使った油は、その後どうするのがよいか?」を
読みたくて買ってあった本だが、ムスコの自由研究の宿題で大活躍。
電子レンジの加熱ムラについて、
夏休み最後の日にあわてて実験、レポート作成したにもかかわらず、
市の展覧会に出品された。ピース。


annakonna at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よむ(おや) 

2006年09月24日

電子辞書

自分でページをめくって引いてこそ辞書である。
な〜んて、固く思い込んでいた。
「みんな学校に電子辞書もってきてるよ」とムスメに言われても、
意地はって家用、学校用とも本の辞書持たせたりして。

が、ひょんなから
SHARP カラー電子辞書 Papyrus PW-N8000
SHARP カラー電子辞書 Papyrus PW-N8000 (43コンテンツ, 生活実用タイプ, 高精細カラーASV液晶搭載, コンテンツカード対応)

を買って以来、考えが豹変。

いや〜、ラクっすね〜。もう手放せません。
これが来てから、子どもたちもわからないことはすぐ確認するようになったし。
(カラー画像最高。)

で、即購入。ムスメ用。
CASIO 電子辞書 Ex-word XD-ST2500
CASIO 電子辞書 Ex-word XD-ST2500 (30コンテンツ, 中学学習用, 6ヶ国語音声読み上げ機能, バックライトつきスーパー高精細液晶, トリプル追加機能搭載)

(こちらは音声対応がgood)

annakonna at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)もの・こと・ひと 

2006年09月23日

「1日10分でえがじょうずにかけるほん」

1日10分でえがじょうずにかけるほん 小学校低学年対象
1日10分でえがじょうずにかけるほん 小学校低学年対象


絵を描くのが苦手なムスコ(小5)に買ってやった。
この本、絵かき歌のように順番どおりに線を描いていくと絵ができあがるという寸法だ。

そりゃあ、
絵を描くということは、自分でその形やイメージを捉えて、紙に表現することだからして、
この著者のイメージを他人がそのまま写してどーする?
と思いましたよ!

ちょうど同じ頃にムスメが図書館から借りてきた「ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある」に

〇匐, いっしょうけんめい ものを見て 絵を描く
たとえば 鳥は こうだったり
花は こう 描いたり
ある時 大人が よく描く 記号を知る これは便利だ
い修譴らは 花や 鳥を ちゃんと 見なくなる
シッタカブッタ
な〜んてコマもあって、考えさせられましたよ!!

でもでも、それはある程度絵心のある側の論理。
どんな風に線をえがけばいいか途方にくれてしまうムスコにとって、
今まで描いたこともないものを描けたという快感は、
人類がはじめて文字を手に入れたときの喜びに少し似てるんじゃないかと言ったら言いすぎだろか。

▼夏休みに一冊仕上げたムスコ。
次は
1日10分でえがじょうずにかけるほん のりもの
1日10分でえがじょうずにかけるほん のりもの

をやってみよっかな〜って言ってる。

ところで、この本を使おうと使うまいと
ムスコの絵のたどたどしい線は味があると私は思う。
私ゃ、ムスコの絵が大好きで心底いとおしい。
(この言葉、本人は卑下して信じないけどね)

annakonna at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)やる(うち) 

2006年09月22日

FLY GUY

正直、何が面白いんだか
と思っているが、ムスメもムスコも大のお気に入り。
気がつくと音楽が聞こえる。

FLY GUY

矢印の方向にカーソルを移動させるだけ。



annakonna at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)もの・こと・ひと 

2006年09月21日

「大学図鑑2007」

子どもの限りない未来。
なんて言葉、錯覚に過ぎないってことに気づいたのは、最近だ。
未来が限りなく広がって見えるのは、単に予想がつかないからなのだ。

▼話は急に卑近になるけど、
子どもが小さい頃は、心置きなく高校の話ができた。
「○○高、あそこあんまり評判よくないんだって」
「せめて□□高くらいは、入って欲しいよねー]
なんて。
そのうち、その○○にすら入れる実力がないという事実が判明してくる。
この時点で、未来は限られる。


大学図鑑! 2007大学図鑑! 2007
石原 壮一郎 オバタ カズユキ

by G-Tools

大学案内はあまたあるが、この本は
そのうちのお兄さんが大学に通っている隣のおばさんから聞いたような
口コミ風案内が面白い。

「女子学生は、『いい大学に入ったね』といわれるが、
男子学生の場合はノー・リアクションが基本。
金持ちそうが多そうなイメージをもたれているが、実際はそうでもない。」
とかね。(ど〜こだ)

▼数年後は、こんな風に笑っていられなくなるのは必至。
せめていまだけ、夢を見させて(笑わせて)。

大学図鑑のお部屋

annakonna at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よむ(おや)