2008年05月22日

童謡を歌おう

2年前、カフェUの庭で、もり・けんさんのハーモニカコンサートで童謡を聴きました。

ただ口をあけて聴いていたアンナとプルナ。

忙しい忙しいと、親として、童謡を歌ってあげていなかった日々を反省したママ。

学校の行き帰りには、よく歌を歌って歩くようになりました。

今はスクーターでブーンとひとっ飛びですが、以前は片道30分、

ちょうちょを見つけて「ちょうちょ、ちょうちょ〜」、

かえるを見つけて「かえるのうたが〜」、

とんぼを見つけて「とんぼのめがねは」、

カラスを見れば「かーらーすー、なぜ鳴くの〜」と

いろんな歌を歌いました。(特に、アンナが歌うのが大好き♪)

歌は苦手だけど、もり・けんさんのハーモニカを見て、「買って、買って!」とうるさく言ったボク。

ハーモニカを買うのに、もり・けんさんにメールで相談にのってもらいました。

そして中国製のを入学祝いにと買ってもらったのに、結局、なくしてしまいました。

どこいっちゃったんだか。


そのもり・けんさんが、童謡の普及新聞「ふんふん」を出したそうです。

産経新聞の記事はコチラ↓

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080429/trd0804292049023-n1.htm



歌って、いつまでも覚えているものです。

ママもときどき、小学生のときに歌った歌を口ずさんでいたりします。

ボクたちは、よく「サンヤ トゥンカ フンカ ハーミ・・・」と歌っています。

これ、ネパールの新しい国歌なんですが、毎朝現地校の朝礼で歌ってるし、

リズムも歌詞も覚えやすいので、近所の子供達も声高々によく歌います。

こんなに子供にも愛される国歌も珍しいんじゃないかな(笑。



少しでも心に歌が残るように、ずっと童謡を歌っていきたいものです。

もり・けんさん、ネパールでまたお会いできるのを楽しみにしています!



annapurna2104 at 02:38│Comments(4)TrackBack(0)お気に入り | 生活

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by アンナプルナ   2008年06月03日 03:35
もり・けんさま

コメントありがとうございます。
ハーモニカコンサートでは、本当に大切なことを教えてもらったと思っています。
大変だった学校の送り迎えでしたが、子供達と歌って歩く時間があったことを、今では有難く思います。
子供達はもう6歳と8歳ですが、日本の童謡を聴く機会は少ないので、少しでも私が聞かせてやりたいと思います。
童謡を歌い継ぐ活動、応援しています!
3. Posted by もり・けん   2008年05月23日 15:44
5 ありがとう。童謡を大切に思ってくださる人の輪がどんどん広がっていくのを喜んでいます。ちかぢか童謡応援新聞ふんふんは、ネットに載ります。それまで待てない人は、ふんふん編集部までお問い合わせください。もり・けんに聞いたといえば対応してくれると思います。
hunhun@cardandmedia.co.jp
H・U・N企画 江川編集長宛
06-6352-8005
2. Posted by アンナプルナ   2008年05月23日 02:12
みっちゃんさま

あらご存知でしたのね。
ネパールのこと、知ってるようで知らないことのほうが多いもの。
貸してね〜☆
1. Posted by みっちゃん   2008年05月22日 20:55
もり・けんさんの「導かれてネパールへ」はアマゾンのカートに入れてあったんだけど、配送料金の都合でまだ注文してませんでした。今日にでも注文します。今はバッタライ・ナビンさんの「もっと知りたい国 ネパール」を読み出したところです。日本にきたら貸すよー。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔