2011年08月19日

ネパール 病院体験記 その2

今回お世話になったのは、国立の大きな病院でした。

個人のクリニックに比べると診察料が安く、
村から出てきた人たちも多く利用するようです。

病院によって、多少システムが違うと思いますが、
ここでは、最初に小さな手帳サイズの冊子(カルテのようなもの)を購入します。
20ルピーでした。

そしてお目当てのセクションへ向かいます。
私はまず皮膚科のドクターを紹介してもらいました。

待合(廊下)には何人かいましたが、
でも並んではいませんでした。
冊子を買うところは大行列でしたが、ここは空いている様子。

ネパールの病院 待合風景


診察室のドアは開いたままで、中に人がいるのがわかります。
覗いては、タイミングよく入れ替わっていました。
順番、なし?

ネパールの病院 診察室前


診察室の中には机が一つ、ドクターが二人。
ドクターの前に座っている患者さんが二組と、立って待っている人が一組。
プライバシー、なし(笑

私は、知り合いのドクターが案内してくれているので、
優先的にさっさとドクターの前に座らせてもらえました。(すいません)

「できもの」を見せたのですが、
虫眼鏡(?)でじーっと見て、いろいろ聞かれました。

ドクター「痛いの?」
私   「いえ。痛くないです」

ドクター「膿は?」
私   「出たことないです」

ドクター「かゆみは?」
私   「ないです」

ドクター「いつから?」
私   「3年くらい前から」

ドクター「どんどん大きくなってるの?」
私   「いやあ、最近ちょっと小さくなったような・・・」

ドクター「じゃ、いいじゃないの、何もしなくても」

おっとっと。いやいや、検査だけでも。
ということで、検査をしてもらうことにしました。

注射器で中身を吸い取って検査するので、注射器を買ってくるように言われました。
最初に買った冊子に書き込んでくれるので、1階にある薬局で買ってきます。

ネパールでは、こうして必要な器具は自分で薬局に買いに行きます。
そのため、たいていは付き添いがいます。
私も主人についてきてもらいました。
今回は自分でも買いに行けるのですが(元気なので^^)
せっかくなので(!?)、お世話になりました(笑

まさかこの診察室で!?と思ったら、
一応、となりに処置室があり、そこへ案内されました。

日本の病院のような清潔感がないのは覚悟の上で来ましたが、
シーツもしみがあちこちにある・・・
ま、いいけど。
あら、ドクター、一応ゴム手袋してくれるのね(笑

ということで、
ちくっと注射で、できものの中身を取ってもらい、
ラボ(研究室)へ持っていくよう、指示されました。

ラボは別のフロアなので、注射器を持ったまま、まずは診察料のお支払いを。
初めての人は、言われないとわからないまま帰ってしまいそう。
同じフロアの支払い窓口へ行って冊子を出し、お支払い。
50ルピー。
安っ!!

以前、某 外国人ドクターのいるクリニックへ行ったとき、
初診料45ドル(当時のレートで3000ルピー相当)かかりました。
当時はネパールに引っ越して間もなかったこと、
子供もまだ小さかったこと、
病院にかかるのが初めてでどこに行けば良いかわからなかったことなどで
ガイドブックにあったそのクリニックへ行ったのですが、
・・・たかが下痢したくらいで行くんじゃなかった(笑

最近では、病院の世話にならなければならないときは
国立病院と外国人クリニックの中間くらいの病院に行きます。
施設としては「中間くらい」のように見えますが、
診察料は中間までいきません、安いです。
対応も、ま、お値段なりに、かな。


ラボへ注射器を持ち込み、結果は2日後といわれました。

二人揃って行くのは仕方ないとしても、
この季節、雨の中をカッパ着てバイクで出かけるのは億劫でした。

この病院、駐車場がないんです。
駐車場があったとしても、ヘルメットやカッパを置いておけないんです。
取られちゃいそうで。。。
余談ですが、カトマンズでは、駐車場に停めてあったバイクが盗まれることも
結構ありました。(最近はあまり聞きませんが)
なんと、同じメーカーのバイクやスクーターは、カギが合っちゃうことがある!
大事な財産が・・・怖すぎです。
濡れてるヘルメットやカッパを持ち歩くのが面倒でも、
せっかくお金を出して買ったものですから、
やすやすと盗られてしまうわけにはいきません。


話しがそれました^^
病院体験記はその3へつづきます。


annapurna2104 at 02:41│Comments(2)TrackBack(0) 生活 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by アンナプルナ   2011年08月21日 00:18
キンゴ・バァさま

いつもありがとうございます。
ところ変われば、ほんとうに変わりますね(笑
いろんな面で、日本の「あたりまえ」が世界中の「あたりまえ」ではないことを知ったので
結構素直に受け入れられるようになりました。
日本じゃないんだから、こういうところもあるんだな、って。
いたるところで「おいおい」って感じはやっぱりありますが(笑

病院は、お世話にならなければ、それがいちばんですね♪
1. Posted by キンゴ・バァ   2011年08月20日 08:54
所変れば……とはいうものの
変りすぎ!
そう言えば、今まで外国で病院へ行った経験がないなぁと思いつつ、ネパールで実際に体験したら、ワタクシ、パニックに陥るか、キレそうですね。
「注射器を自分で買っといで!」というシステムには流石に驚きます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔