万葉集の恋の歌

2010年03月05日

伊勢の海人の 3

伊勢の海人の朝な夕なに潜くとふ
鰒の恋の片思ひにして


私の恋はね
伊勢の海人が、朝夕、海にもぐって取る
あわびみたいに片思いなのよ


まだ始まったばかりの片思いのようです。
はまぐりやあさりなどは、二つが合わさって
いますが、あわびは片方の貝しかないので
片思い、忘れ貝とも呼ばれてました。

少女から乙女になったばかりくらいの
まだ幼い恋なのでしょうね。

2007年05月08日

万葉集より花ぐはし恋の歌 3

     万葉集より花ぐはし恋の歌

         花ぐはし葦垣越にただひと目
           相見し児ゆゑ千遍嘆きつ

                   作者不詳
                   11巻ー2565

葦の垣根越しにチラっと見かけたあの子
なんてかわいいんだろ!?
ボクはひと目でのぼせてしまった
あの時確かにあの子もボクを見た
ボクたちは目と目を見交わしてニコっと微笑んだ
そうなんだ、あれからなんだ、ボクが千回もため息つくようになったのは
はぁ、もう1回会いたいな
何度も何度もそう思って嘆いてるよ
ボク、どうしちゃったんだろ?

ε-(。_。;)ノ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

男性の歌でしょうね
ひと目惚れしてしまって、自分を持て余してるようです
花ぐはし、というのは花のように美しいという意味だそうです
これは葦の垣根ばかりでなく、彼女も美しかったと言いたいんじゃないかと?
名前も残っていないということは、一般庶民の歌なのでしょう
垣根越しにのぞける家ですから彼女も普通の女の子なんでしょうね
さあこの後二人はどうしたんでしょ?

(* ̄▽ ̄*)ノ"

    みそひともじの結婚事情@恋愛模様のみそひともじ


万葉集より朝影恋の歌 3

    万葉集より朝影恋の歌

          朝影に我が身はなりぬ玉かきる
           ほのかに見えて去にし子ゆゑに

                     作者不詳
                     11巻ー2394

朝日に照らされた影みたいに細長くボクは痩せちゃったよ
ほんの一瞬チラっと見えたあの子
それだけでボクにひと目惚れさせてどこかに行ってしまったあの子のために

Σ(・o・;) アッ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

男性の歌でしょうね
恋やつれをして痩せてしまったのでしょう
「玉かきる」とありますからきっと若々しいかわいい子だったのかもしれません
痩せるほど恋しい想いを伝えたいけれど、どこの誰だかわからない
あの子を見かけたあの場所へ行けば又あの子に偶然会えるかもしれない
かすかな期待を胸に出かけて行く初々しい若者の姿が浮かびます

     みそひともじの結婚事情@恋愛模様のみそひともじ

万葉集より笠女郎恋の歌 3

   万葉集の中でも恋の歌ならこの女性笠の女郎

            夕されば物思ひまさる見し人の
               言とふ姿面影にして

                      笠女郎
                      4巻ー602

私ね、好きな人ができたの
夕方になるとね、彼のことが想われて苦しくってたまんないの
たった一度しか会ってないんだけど、彼が私に話しかけてくるその姿が消えないの
もうドキドキしちゃうのよ!

(*゜O゜*)ドキドキ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

作者の笠女郎(カサノイラツメ)が大伴家持に贈った歌です
詳細は不明の女性ですが、情熱の女流歌人として29首の歌が万葉集に残っています
そのすべてが家持に贈った歌なんですねぇ
相当恋焦がれていたのでしょう

彼女の激しい恋心に較べれば、家持はあまり乗り気じゃなかったようでわずか2首しか返歌していません
笠女郎は身分が低いので家持が相手にしなかったのか、余りにも情熱的な彼女の恋の歌に閉口して持て余したのか、今となっては定かではありません

ここまで女性側に積極的に出られると男性は引いてしまうのか?
でも自分の気持ちを抑えないですなおに表現してる女郎が、私は好きですね ^^

    みそひともじの結婚事情@恋愛模様のみそひともじ


2007年05月06日

万葉集よりたまゆらに恋のウタ 3

     万葉集より 恋のウタ ひとめ惚れ

            たまゆらに昨日の夕見しものを
               今日の朝に恋ふべきものか
                       作者不詳
                       11巻ー2391

昨日の夜、ほんのチョット会っただけなのにぃ
偶然にも巡り会っただけなのにぃ
エェ!?なんでアタシ彼のこと思い出しただけでこんなにドキドキするの?
だって昨日の今日よ!もしかしてこれって恋!?
キャーあたしってば恋しちゃったのぉ!?
信じらんな〜い!

(ノ゜゜)ノ!!

~~~~~~~~~~~~~~~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と言ったかどうか?
(^。^;)
恋はするものではなく落ちるもの
恋に落ちた瞬間「あっ!」と気付く人は少ないでしょう
万葉の時代の「見る」は現代の「見る」とは違います
手を触れ合ったか、抱き合ったか、一夜を共にしたのか
少なくとも見ただけではなかったはずです
昨日の今日なのにとこの作者は自分の気持ちに驚いています
だからこそ恋なんですよね

v(*'-^*)b♪

     みそひともじの結婚事情@恋愛模様のみそひともじ