家庭用 直線縫い専用の電動ミシン ジャノメ L751|みしんぽーと ブログ

みしんぽーと ブログ

気になっているミシンや、扱っているミシンの検証、
昔から未だに現行機種として続いているミシンの取り扱い
ミシン用品・ソーイング用品やミシンのミニチュアなどの雑貨を紹介させて頂いたり
ミシンでアート化することを楽しんだりして、ミシンで和める環境づくりにも努めながら綴らせてもらっています。

家庭用 直線縫い専用の電動ミシン ジャノメ L751

L751_600x712



★ネット通販には対応しておりません。

サイズ420mm×奥行き170mm×高さ300mm
質量:6.2kg(本体のみ)

重量は重くなく軽すぎずですね。

伝統ある751型の堅牢な作りが受け継がれていまして、
ミシン選びの基本となる“縫いやすさ”、“縫い目の良さ”、“糸調子の整いやすさ”が備わっています。

私自身も待ちわびていたジャノメの家庭用で、しかも電子制御を装備しない
フットコントローラーを踏むだけのシンプルな直線専用ミシンを当店で扱えるようになりました。

こちらのミシンは基本的には中厚物縫いまでの用途ですが
たまに厚物を縫う時は、標準デニムの裾上げでしたら針を16番に替えて
つなぎめの段差を注意して縫ったり、
他の厚物も縫う時には慎重に縫えるのか判断して無理な縫い方をしなければ大丈夫でしょう。

針棒、天秤、押さえ機構が隠れている面板の扉が開くので、掃除と注油がしやすくなります。
電球が切れた時の交換も容易です。
面板の扉を開いて押さえ圧力調節もできますから、薄物やニットなどのストレッチ生地も縫いやすくなりますし
厚物縫いの送りもよくなりますが、布地のつなぎめの硬さや段差の縫い方にはご注意が必要です。


職業用ミシンまで必要性を求めていない縫物をする方には最適でしょう。


※針穴糸通し器がないのでミシン選びにご注意ください。
(大穴針、ハンディ糸通し器、メガネタイプの拡大鏡)で針穴糸通しの煩わしさを補う方法はありますよ。

電子制御が装備されていないことから、電子、コンピューター関連の部品交換がないので
その分、メンテナンス費用も割高にならずに済みますね。
故障の発生率が少なく、末永く使えるのもL751の魅力のひとつです。

2016年09月20日| コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © みしんぽーと ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます