お盆休み、みなさいかがお過ごしでしょうか。

今年8月15日は、74回目の終戦記念日ですね。偶然に昨日『アルキメデス大戦』を見に行きました。

アルキメデス










 原作ヤングコミックですが、戦艦大和の建造の決定に関するストーリです。
この物語の源流には、民衆が戦争に巻き込まれるのに立ち向かう一人の数学者
の天才東大生の戦争反対の思いが、貫かれていました。

 そして、今日たまたまTVをつけると、沖縄戦の証言の番組の中で、
おじいさんが、
    『何のための戦争か、ようわからん。みんなそうやったんやろう。』
この言葉が胸に突き刺さりました。
 また、『われもわれもという思いが、こうなるんやろな。』
ともおっしゃっていました。

★まったく戦争を知らない世代に生まれましたが、
 「戦争は、すべての人を不幸にしてしまうことを、忘れることなく
 二度と戦争を起こすことのないようにすることが、今を生きる自分たちの役割だ」

終戦記念日に寄せて。