2006年12月

2006年12月31日

2006年12月のまとめ

記録をすっとばしてしまったので、簡単に写真もUPしつつ12月の総集編ですよ。

12月初頭。この頃、「となりのトトロ」にハマってメイちゃんみたいにして!とゴムで結ぶのが好きになっていました。

1225_015

 

 

 

 

 

12月3日。保育園の作品展で、のんちゃんのクラスは「となりのトトロ」をテーマに工作をしました。巨大トトロは先生達の大作。どの作品も園児達が可愛く作っていましたっけ。

123_013

 

 

 

 

 

12月4日。今年はツリーの飾りつけも頑張りました。

124_007

 

 

 

 

 

 

 

 

12月24日。クリスマスイブ当日は、とてもハッスルしていましたね。

1224_001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月30日。のん父の実家で餅つきをやりました。のんちゃんはお餅が大好きなので、張り切って食べていましたよ。

1230_001



anntoinette2001 at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) のんちゃん 

2006年12月12日

のん父、旅立つ

12月7日から、のん父がシンガポール出張に行きました。 10時20分の飛行機なので、家を7時に出て、空港で朝ごはんを食べようということに。 時間に余裕をもって、準備万端で出かけた私達。いつもはギリギリになってパッキングをする、のん父ですが、今回は前々日から用意も済ませていました。 着いてからも、先にチェックインを済ませるといって余裕の行動です。オーすげー。 ところが、しばらくしてピリリと母の携帯が鳴りました。 「?」 「パスポートを間違えた」 「え〜〜!!!」 聞けば、同じ赤なので、私のを間違えて持ってきてしまったそう。 こ…航空券ならまだしも、パスポート…。 時は8時30分。ちなみに家まで片道約一時間はかかります。 「今から取ってくるので、荷物を頼む!」 というなり、嵐のようにいなくなった、のん父。 後には、スーツケースとパソコンが入ったリュック、のんちゃんと私が取り残されました。 あっという間の出来事に、のんちゃんもポカーンとして「おとたんは…?」と目を丸くしていました。 「お父さんねー、ちょっと忘れ物したんだって。今からお家に帰って取ってくるんだって」 と説明したのですが、彼女もお腹が空いていて急に機嫌が悪くなってしまいました。 ひっくり返って泣くので、結局右手にスーツケース、背中にパソコンバック、左手にのんちゃんを抱っこしてレストランまで行くことに。 うう…重いが、お腹が満たされれば機嫌も治るだろう…(泣)と、頑張って歩きました。 飛行機が見えるレストランに着くと、彼女の好きそうなものを注文して食べさせることに。 案の定、ジュースやチーズや卵サンドに喜んで、飛行機も楽しみながら時間を潰すことができました。 窓際の席が空いてて良かった〜!そうじゃなければ、とても時間がもたないわ。 しばらくしてまたピリリと携帯が鳴って、最終搭乗手続きは何時までか確認してほしいとのことだったので、再び荷物を持ってチェックインカウンターへ。(途中でカートを発見したので、それを借りました♪) 係の人に確認すると9時45分までなら、なんとか乗れるということでした。 しかし…無理だよなぁ…という空気が係員との間にも漂います。 9時半ごろ、またピリリと携帯が鳴りました。 「もうすぐ着くから」 は??早っ!!! 直ぐに係員の方にスーツケースを預けて、待っていると、のん父の姿が!! 「ありがとう、では!」と言うなり、まるで風のように駆け抜けて行ってしまいました。 どう考えても間に合うと思えなかったのですが、本当にギリギリセーフです。 帰りの車は私が運転して帰ったのですが、高速はけっこう混んでいて、どう考えても神業としか言いようのない早さだったよなぁと思いました。 やればできるもんですね!

anntoinette2001 at 22:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年12月11日

ハハ入院生活八日目

11月の話になりますが…。無事に退院することができました。 この日、お向かいの帝王切開の患者さんも、先生に診察してもらって、元気そうな声で答えていて、「あー良かったなあ」と思っていたのです。 それまでは本当に元気がなくて、とても心配だったので…。 でも、この日はキズも小さくなったし、少しずつ歩行訓練をして赤ちゃんに会えるように頑張りたいと話していて、ホッとしていたのです。 ところが、先生の回診が終わった直後に、突然 「グ…グギギギ…」 という、すごいうめき声が聞こえて、それとほぼ同時に看護婦さんが飛び込んできました。 「大丈夫?大丈夫?」 そう、いきなり産褥痙攣を起こして呼吸困難になってしまったのです。すぐに救急車が来て、大学病院に搬送されたようでしたが、いきなりの出来事でした。 本当に、お産は何があるか分かりませんね。産後は思った以上に体力が落ちているということですね。 あれから一ヶ月経つけれど、無事に赤ちゃんもお母さんも退院できていれば…と思います。 退院するときは、両親に迎えにきてもらったのですが、病院から自宅までの10分ですごく疲れてしまい、思い切り吐いてしまいました。 トホホ。 とりあえず、予定通りに退院できて良かったです。

anntoinette2001 at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)