あまり読まないタイプの本です。

知らない作家(失礼ww)だし。

正直第一章は読み難かったです。
文庫の解説者・角田光代さんも「読みはじめてすぐ、『もしかして昨今にありがちな小説かも』と思った」と書いています。

第一章の若い男の子の口語的文体…これは、好き嫌いが極端にわかれるでしょう。
私も、ライトノベルっぽいので苦手です。
そして章ごとに語り手が変わる…ふんふん、ありがちですねww

内容は、一家の主である父親がリストラされ失踪し、残された家族達が、それぞれの視線で、それぞれの言葉で話を進めていきます。

第一章は14歳の中学生。
第二章は17歳の長女。
27歳の長男(一人暮らし)
42歳の母親。
73歳のボケかけた祖父。

普通にお涙頂戴物で、最後、父が戻って、若しくは父はいなくても皆で頑張るぞ!というハッピーエンドかと思いましたが、意外にも…

ハッピーエンドはハッピーエンドなんですが、各章で明かされるそれぞれの秘密がどんどん大きくなっていきます。

リストラ・失踪と、重いテーマですが、題名のとおり、どこか明るさを感じる作品でした。

想像以上に良かったです(またまた失礼w)

お薦め度☆☆