たかの友梨(−ゆり、1948年1月22日 - 、本名:睫醉Щ辧砲魯┘好謄謄シャン、美容研究家。たかの友梨ビューティクリニック創業者(株式会社不二ビューティ代表)。新潟県南魚沼郡湯沢町出身。群馬県養護施設「鐘の鳴る丘・少年の家」後援会会長。

高校の時に初めて自分が養子であることを知る。戦後だったため養母が美容師になるのを許さず理髪師になり東京へ。(著書「運が悪くってよかった!」より)/実際にはまた戦争になったら理髪師であるほうが仕事に困らないという養母の配慮と思われる。)美容師免許は後に取得。

ミスインターナショナル選考委員、日本肥満学会員、日本エステティック協会員、エステティック業協会理事。
エステデミロードが倒産した際、チケットの先売り・まとめ売りで成り立つエステティック業界への不信を懸念したたかのは真っ先に肩代わりを決め、TBCとともにミロードチケットでの無償サービスを行った。
群馬県前橋市の養護施設「鐘の鳴る丘・少年の家」に毎年寄付をし、体育館も寄贈している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

たかの友梨

(PR)ビリーズブートキャンプ