能代のエナジアムパークに行きたいとのムスメのリクエストがありまして、久しぶりにサソリ号で出かけました。
 偶々ダイソーでちょっと買いたいものがあって立ち寄った後悲劇は起こりました。


 セルが全く回らないのです。


 カチッという音がするだけ。


 そう言えばリモコンからのドアロックも反応しないし、これは間違い無くバッテリーがお亡くなりに・・・。




 JAFは退会していたんですが、車両保険のロードサービスがあるので電話。30分も待たずに来てくれて、ジャンプスターターであっさり始動。1回は無料だったので助かりました。

 念のためABARTH秋田に電話して、これから行くことも伝えていたので、あとはディーラーでメンテしてもらうだけという状況だったんですが・・・。



 その間、奥方とムスメを近くの店で時間つぶしをさせていて、アイドリングしたまま待っていたんですが、突然アイドリングが不安定になりエンスト。そしてまたかからなくなってしまいました。愕然。
 その1分後に奥方とムスメが帰って来て、あれ?という状況。

 さっきのロードサービスに来てくれた整備工場の人に直に電話して、今度は有料だけどもう一回お願い。ご厚意で基本料金のみ8千円にオマケしてくれました。今度は絶対エンジンが切れないようにしないと。

 信号で止まる度に、クラッチOFFと同時にヒール&トゥでブレーキ踏みつつ、アクセルを微妙にあおって2000回転弱でキープという苦行を行いつつ、秋田市のABARTH秋田へ。




 なんとかエンジンを止めることなくディーラーに到着。124スパイダーの試乗車と展示車がありました。


 ディーラーでコーヒーを飲んでる時にまず聞かされた話が、

 「能代からここまで走ってきたのに、全く充電されていませんでした。よくここまでこれましたね。」

 というw



 amazonで即ポータブルジャンプスターターを買ったのは言うまでもありません。


 しかし想像していた最悪のパターン ー オルタネータが死んだ ー ワケではないようで、バッテリー側の問題と判明。在庫もあったので交換で済みました。
 純正バッテリーは24000円。高いけど2年の保証があるので安心。工賃も入れて3万円くらいだったので、痛い出費だけどこの程度で済んで良かったです。


 そもそもサソリ号は3kmほどの通勤距離を、エンジン始動して即出発。帰りも同様。そしてエアコンとオーディオはフル稼働という使い方をしていたので、バッテリーにはよろしくない使い方だったんでしょうね。




 トラブルがあってディーラーに来たからと言って、ゲンナリしていてはもったいない。

 展示していた124スパイダーをあれこれ見て触って楽しんでおりましたw















 実は今回のトラブルの前に車内で話していたことがありました。


 勤めている会社の状況や業界が大きく変化している時期で、今後強制的に残業も減らされ、福利厚生にもメスが入りそうな気配。収入が落ちることは間違いありません。

 5年経過したカングーとABARTH595Competizioneの2台持ちという贅沢を維持するのは大変になることは確実です。何れ1台体勢にしないと、と感じていました。

 で具体的には、カングーは次回の車検を通さず売却。1年はサソリ号1台体勢で過ごし、5年目の車検を通さずにナニカに乗り換える。


 という話。きっとこの話を聞いていてサソリ号はヘソを曲げちゃったのでしょう。車って意外とそういうことが多い気がします。しかしアバルト595は本当に好きで買ったのです。それは分かって欲しい。だからヘソを曲げないで欲しい。







 と言いつつも、同じイデアル、同じ敷地のボルボ・カー秋田で、モデルチェンジしたばかりのV40D4に試乗しちゃいました。

 実はクルマ一台体勢の第一候補がこれだったりします。

 今まで所有したクルマとはまったく別世界のオトナな雰囲気が漂っております。



 今まで所有したクルマは全てMTだったし、ディーゼルも初めてだったので、最初から気になっていたという先入観を一旦リセットするために、悪く言うとあら探し的な意味も兼ねて試乗してみました。


 試乗は結構長めで、渋滞する市街地から、ワリと飛ばせる道まで走ったんですが、それで分かったこと。


 やっぱりスゲー良かった。


 ディーゼルならでは振動は特に乗っていて気にならなかったし、ハンドリングやアクセル操作に対する車体の反応もかなりリニア。8段ATも滑らかで、アクセル操作に対する動きも違和感無くストレスフリーでした。

 デキの悪いATだと変なタイミングでキックダウンしたりとか、ああいうコチラの意思に添わないことをされるとストレスなんですよね。

 ずっとMTに乗っている理由の大部分は、上記のような乗り手の操作に対して余計な動きをしないからなんです。


 しかしこれならATに乗ってもいいかもしれない。アバルト5年目の頃には既に厄年目前だし、歳相応でいいかもしれません。


 まぁ、この先数年でまた事情が変わったり、魅力的なクルマが出るかもしれません。まだ結論には遠い遠い段階です。まずはサソリ号がまたヘソを曲げないようにしっかり付き合っていかないと。

 あとカングーもね。



by RICOH GR

 年長のムスメにとって最後のおゆうぎ会でした。劇のセリフやダンスの振りなんか家でも毎日練習していただけあって、なかなかよくやれていました。

 その姿を記録するべくこちらも気を引き締めてカメラを握りました。奥方がアルバム委員なので、動き回りながらE-M10Mk2+ズミルックスとGRで色々撮る他、僕は最後方からK-1+70-200でスチルと、ビデオカメラでの録画を担当。おゆうぎ会が終わるとなんだかドッシリと疲れた感がありました。


RICOH GR

 秋田からじじばばが見に来てくれたので、お昼は大館市内の蕎麦屋。この前も秋田市で蕎麦を食べたけど、その時は温かいつゆのかしわそばだったので、今回は冷たいつゆのざるにしてみました。。穴子天付き。

 ちょっとぶれてるのは、ノンビリ撮っているヒマがなかったから(^^;

 この間の土曜日のこと。世間より一週遅れですがムスメの七五三ということで、カメラのキタムラ内にあるスタジオマリオで記念撮影してきました。

 小道具満載のスタジオ撮影は見ていて楽しかったんですが、一通りタップリと撮ってからセットメニューを選ぶという方式は(お金を出す立場としては)恐ろしいですね。

 ウチはそんなに沢山は要らないから、両方の親の所に二種類の衣装の写真を2枚と、自宅に一枚あればいいかなと大まかに決めて行きました。
 しかしそれでも目の前に沢山のムスメの写真が出てきて、消去法でどんどん目の前から消されていって、最後に「選ばなかった写真は本日いっぱいで消去されますがよろしいですか?」とくる。おそろしい(^^;

 結局数十枚いろんな小道具やポーズで撮った写真の中から4枚だけ選択し、残りのデータは消滅。記憶にだけ残ることになりました。これで2万数千円。如何にムスメの思い出の為とは言え、車検やら冬タイヤやらで出費がかさんだ後ではかなり痛い出費でした。
 そのかわり、もちろんイイ写真だったけどね。この時代に写真でお金取るんだからやっぱりいいのを撮ってくれます。


RICOH GR

 予約した10:30から既に3時間近く経ち、お昼もとうに過ぎていたんですが、キタムラのすぐ近くにある蕎麦屋「きちじ」にやってきました。

 ここは以前保戸野鉄砲町にあった店で、城の天守閣のちっちゃいのが沢山くっついてるような不思議な建物にありました。そこが何年前か分かりませんが将軍野の新国道沿いに移転していたんですね。

 新そばの時期なのでシンプルにもりそばも考えましたが、あまりに空腹だったのでかしわそば大盛りを注文。ちょっと押しが強めかもしれないけど接客もとってもいいし、奥方の実家から近いのでまた来たい店でした。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 久しぶりに秋田市内の13号線を走りました。ここは本当にしばらく走っていないので、ロードサイドの店がどんどん変わっていることに新鮮さを感じながら走りました。

 あと、カングーのハンドリングの応答性に改めて感心しつつ、ドライビングを楽しみながら大館に帰りましたとさ。



 トロスプ最後は具のヒト。あまり撮っていなかったなぁと気がつき、次はグーさん撮れたらいいな。






 夏イベの曲はサンバっぽさが目立つけど、終わり際の曲で祭りの後的な寂しさを感じてしまいます。

 ホントに楽しかった夏イベ。












 そしてハーバーには束の間の静寂が訪れる。




 ハーバーのBGMで、過去にも何度か書いたけど、アコースティックギターの旋律がとてもいいあの曲。原曲が欲しいです。ハーバーBGMと同じ構成のCD出して欲しいなぁ。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 今年は紅葉らしい紅葉があまり見られなかった気がします。気がつけば落ち葉降り積もる風景。

 もうすぐ雪が降り積もる季節がやって来ます。


RICOH GR + GW-3

 先日例年より早く雪が降ったと思ったら、今度は日中の気温が15度くらいまであがったり、細かく天気が変わったり、なかなかに安定しませんね。

 冬自体は嫌いじゃありません。冬の晴れた朝にビリッとくる冷えた空気がいい。だからこんなウジウジした天気が続くくらいなら、一気に冬に突入していただきたいものだ。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW (RRS ON)

 普段あまりイベント毎に乗っからないタチなのですが、流石に綺麗なものにはレンズを向けてしまいます。

 日没後の地平線近くにあった時の鈍く光るデカイ月も撮りたかったけど、その時はまだ仕事中だったので断念。先ほどアパートの駐車場で三脚立てて撮ってきました。

 流石にFFの200mmでは小さすぎますね。RRSを使ったので少しはシャープに撮れたと思いますが、ほぼ等倍トリミングしてこんな感じです。

 使い処が微妙ですが、こういう時ばかりは超望遠が欲しくなりますね。


RICOH GR + GW-3

 今年は雪が降るのが早すぎな気がします。

 社用車のタイヤ交換はメンテナンスリースに含むので、いつもは指定工場で交換なんですが、今朝早出して交換しました。

 流石に早朝の外作業は寒いですね〜。

 さて時間は過去へ飛んで、真夏のリドアイル。



 ドナルドの時間です。






 オレンジ、パパイヤ、パイナップル、パッションフルーツ、ラズベリー、キウイ、グレープ、ウォーターメロン、ドラゴンフルーツ、マンゴー♪ で盛り上がります。















 もう前が殆ど見えなくなっても、とにかく楽しかった。















 そして一瞬の三人カバレロ♪


by PENTAX K-1 / smcPENTAX-DA ★60-250mmF4ED [IF] SDM



 奥方用 OLYMPUS OM-D E-M10Mk のデータがずっとほったらかしになっていました。一応管理は任せているつもりなんですが、撮りっぱなし状態のようです。

 Lightroomに取り込んでみたら竿灯の写真。冬を目前にして、ここで夏祭りですよ(笑

 この時は僕は夜間・休日の待機当番の週だったので、大館で留守番。今回の写真は奥方が撮影した分です。




 レンズはパナライカのズミルックス25mm1本。流石にF1.4開放だとSS稼げて良かったみたいです。








 なんかスイカが沢山。







 ステキなクルマを数台所有されておられるお知り合いのところで、レアで美味い日本酒を堪能したそうです。

 この時僕は夜間・休日待機当番なので、酒も飲めず、お茶を飲みながらamazonで映画を見て過ごしておりました。結構イヤなタイミングで当たるんだよなぁ、待機当番って。



by OLYMPUS OM-D E-M10Mk / LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH



 今朝の気温はマイナスでしたが、寒さを忘れる夏の様子をもう一度。































































 寒くなってからクルマで聞くトロスプがなんとも新鮮な感じで好き。

 以前は真冬にS2000でオープンにしてトロスプ聞いたりしてたっけ。変態ですな。



by PENTAX K-1 / smcPENTAX-DA ★60-250mmF4ED [IF] SDM

↑このページのトップヘ