■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR


 ふだんはあまり雪が多くない本荘で、今年初の雪がドカ雪でした。

 月曜日朝の会社の除雪が大変で、水曜日なのにもう体が辛いです。今週も残り2日、なんとか乗り切ろう。

■交差点にて車窓から
■PENTAX K-1 Mark II / SMC TAKUMAR 28mmF3.5



 12月上旬なのにこんなに冬が本気モードでくるなんて。

 暖冬と言われている時はだいたい雪が多いと経験則はあるにしても、秋田市や由利本荘市でも圧雪路になるくらい降るのは珍しいかも。

 悟空的に言えば、オラわくわくしてきたぞというところ。

■大雨
■RICOH GR


 10月の田沢湖キャンプで撮影した星空です。夜の田沢湖畔は音もなく、ただめちゃくちゃ寒かった。ヘリノックスと酒を持っていって、長時間露光しつつ飲もうかとも思ったけど、寒くて断念したくらい。

■天の川
■PENTAX K-1 Mark II / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]







 魚眼ズームはF値が暗いので、明るい単焦点魚眼か超広角が欲しくなりますね。IRIXの11mmと15mmはちょっと気になるレンズです。

 とはいえ、PENTAX純正魚眼ズームも古いのに今でも結構良い写りで驚きます。フルサイズでも14mmくらいからケられないで使えるので、なんだかんだで色んなシーンで重宝しますね。


 ここでFA31にチェンジ。所有する広角系ではもっとも明るいレンズです。

■田沢湖星景
■PENTAX K-1 Mark II / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited









 中途半端な長秒露光だったので星の軌跡が短く、五月蠅い感じになってしまいました。じっくり撮ればよかったんですが、寒かったのと焚き火のそばではやく飲みたかったというのが理由の大半を占めております。



 次来るときはもっと防寒装備をしっかりして、ちゃんと星空を撮りたいと心に誓うのでした。

 既に二ヶ月近く経ってしまいましたが、田沢湖キャンプの時の風景写真アレコレです。

■蜘蛛の巣
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 バンガローに張っていた蜘蛛の巣。中央がフサフサしていて面白い巣でした。

■キノコ
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 マクロを持ってきたらとにかく寄りたくなりますね。

■田沢湖
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 田沢湖畔には古い遊覧船が陸揚げされていました。

■斜光
■PENTAX K-1 Mark II / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 平たい石を探しては水切りしてしばらく遊んだ後、日が傾いてきたころの風景を撮影。

■陸の船
■PENTAX K-1 Mark II / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 大きい建造物は魚眼があるともっと楽しめる。

■遊覧船
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 遠くには現役の船が。

■カヌー
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 田沢湖ではカヌー体験をやっています。いつかカヌーもやってみたいな。

■青空の田沢湖
■PENTAX K-1 Mark II / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 僕が雨男なのかもしれませんが、キャンプでも雨に降られることが多い中、この日はずっと良い天気で最高でした。

■湖面
■PENTAX K-1 Mark II / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]




■バイク
■PENTAX K-1 Mark II / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 そして夜。食事を終えて、酒が進む前にもう一度湖畔に行って、星空を撮影しようという途中。キャンプ場にきていたバイク軍団の愛車をパチリと撮影。

 最近は年一キャンプなんですが、それをもうちょっと回数増やしたいです。

■名も知らぬキノコ
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK




■タマゴタケ?
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK




■ホウキタケ?
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK






■開いたタマゴタケ?
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK




■法体の滝
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR




 法体の滝の近くで見つけたキノコたち。

 一見毒茸に見えるのだが、調べてみるとタマゴタケ、ホウキタケそれぞれ食用のようだ。


 しかしそれを自信を持って食べられるかと言われるとやはり遠慮しておきたい感じではある。


 自然のモノを見極めるのは難しい。キノコは売ってるので十分。

 もう雪がちらついてきていますが、まだ暑い頃の象潟漁港での写真。

■象潟海水浴場
■OLYMPUS OM-D E-M10Mk / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO



 岸壁釣りに行こうということになって、釣具屋を探してみると意外に見つからず、象潟漁港の近くで見つけた店でエサなどを購入。どこで釣りをしようかぶらぶらしてみました。

■カモメ
■OLYMPUS OM-D E-M10Mk / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO



 漁港近くの松林の中に、ノラ猫を保護しているようなエリアがありました。エサのおこぼれを狙っているのか、上からはカモメがずっとニラミをきかせていました。

■のしのし
■OLYMPUS OM-D E-M10Mk / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO



 そこかしこにネコがねっころがっているエリア。流石にヒト慣れしていて、すり寄ってくるワケでもなく好き勝手していました。

■ニラミ(1)
■OLYMPUS OM-D E-M10Mk / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO



 昼寝の邪魔をされると流石に睨まれます。
 
■ニラミ(2)
■OLYMPUS OM-D E-M10Mk / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO




■船の下
■OLYMPUS OM-D E-M10Mk / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO



 陸に揚げられた船の影で涼んでいるようでした。邪魔してゴメン。

■カヌー練習
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW









 本荘高校ボート部の練習風景。

■水平線
■RICOH GR




 今日は朝から昼過ぎまでスポット的な仕事があって、午後から休みでした。

 遅めの昼食を食べて帰宅する途中、遠くに見える飛島や船の影が蜃気楼で浮いて見えることに気づきました。車を駐めて写真を撮ってみましたが、GRの28mm広角ではさっぱり分かりませんね(^^;

 帰宅してからは、コーヒー淹れて音楽聞きながら読書。日が落ちたらビール飲みながら読書。そしてこれからベッドで読書してから寝ます。

 読みたい本は果てしなく増えていくけど、本を読める時間は減っていく一方ですが、午後だけとは言え読書に集中できた貴重な休みでした。

■由利橋
■RICOH GR



 いつのまにかライトアップの照明が青くなっていました。

 本荘に転居してからずっと車でしか通っていなかった橋ですが、7月に徒歩通勤を初めてからはじっくり細部を眺めながら通っています。

 冬は雪の中でこのライトアップが綺麗だろうなと、今からちょっと楽しみですね。

■鳥海ブルーライン
■PENTAX K-1 Mark II / FA43mmF1.9 Limited



 二週間前の鳥海ブルーラインはまだ冬の気配も見えません。けどこの記事を書いている11月11日時点では、もう冬期閉鎖してしまっています。

 山の冬はあっという間に来ますね。

 今ベランダから鳥海山を見ると、上の方はもう真っ白でした。

 5月のイースターイベントの写真は今回がラスト。エントランスへ向かいながら撮った写真ですが、ライトアップもほどほどだったので暗めです。

■グーフィー
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 ザンビーニ横のスロープにあったタマゴの飾り。

■チップ&デール
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




 白いのに透明感のある質感が綺麗です。



 ここではグーフィーとチーデーを発見しましたが、ドナルド、デイジーは見つけられず。

■イースターの装飾
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 花飾りのフレームにプロメテウス火山を入れようと思ったけど、なかなかいいポジションが取れずこんな感じに。

 それにしてもライトアップ控えめですな。

■ハピエストミッキースポット
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 スロープの下にあるこのスポットは日中も撮ったけど、通りすがるとやっぱり撮っちゃいますね。

■ハーバーサイド
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 ポルトフィーノも閉店して、ゲストの姿もまばらになっていました。

■ミッキー広場
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 閉園時間まで営業しているマンマ・ビスコッティーズ・ベーカリーには結構ゲストが並んでいました。夜食かな。ウチの場合は朝食として買っておいたりしますが。

■ミッキー
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 ザンビーニ横で見つけたのと同じミッキー・ミニーの装飾。

■ミニー
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 家の玄関とかに飾りたいわー。


■ショーウィンドウ
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 最後は定番のショーウィンドウと、バルーンベンダーを撮影。

■バルーン
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited






■アクアスフィア
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 夜のアクアスフィアテーマ曲を聴きつつ、エントランスへ。


 もう半年も前のことなんですが、こうして振り返るとやっぱり楽しかったなぁ〜って思いがわき上がってきます。行きたくなったから週末行こうって行ける近場の人が改めて羨ましいです(^^;

 夜になってからのパークでの過ごし方は、主にアトラクションと撮影です。ムスメが制限無くなんでも乗れるようになったので、夜になって空いてるとこを片っ端から巡るのが最近のパターン。

■レイジングスピリッツ
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 必然的に写真もアトラクション周辺が多くなります。レイジングは久々に乗りましたが、ループの浮遊感がなんとも楽しいです。


 レイジングの後はアラビアンコーストへ。

■アラビアンコーストの路地
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]







 夜の路地はフォトジェニックです。いつも夜は31mmばかりなのですが、この時は魚眼を積極的に使ってみました。


■タペストリー
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 そしてやってきたのはマジックランプシアター。ウチはシャバーン様ファンなのですが、最近タイミングが合わずに足が遠のいていました。

■ベキート
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 ベキートの話を聞きながらここで過ごす待ち時間が好きです。BGMもいいですよね。





 シャバーン様の軽快なトークを楽しんだ後は、そろそろ閉園の時間。ということで写真を撮りつつじわじわとエントランス方面へ向かいます。

■スーパースター
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 キャラバンカルーセル周辺のバラ。名前はスーパースター。名前に負けず堂々として美しいバラです。
 

■ランプ
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 ランプが沢山吊されています。代々ジーニーが移り住んだランプかもしれません。

■abobe the sea
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 トリトンズキングダムの地上部分であるアバブ・ザ・シー。ディズニーシー夜景の定番かも。

■ハピエストミッキースポット
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited





 通りすがりにまたハピエストミッキースポットを発見。これに関しては敢えて予習をせず、巡り会ったら撮影するようにしていました。徐々に増えていくそうなので、どのみち全部は見られない。時間を割いてコンプリートする必要もないかなと思ったためなんです。
 むしろ、「こんなところにあったんだ」という発見の楽しみがあってよかったかも。

 春にインした時の写真なので、今回はMarkIIになる前のK-1と70-200mmで撮ったファンタズミックです。

 この時に改めてファンタズミックのミッキーさんの遠さを実感してしまい、150-450購入に至るワケです。

 流石にゴロゴロ(560mmF5.6)には手が出ませんでした(^^;

■Fantasmic!
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW












 望遠で見ていたら、カーの目がハイビームの対向車のようで目が眩んでしまいました。



 ミッキーさんは遠いけど、70-200の汎用性は流石。
 





 暗い中から登場するエンジェルも良い感じで撮れてます。青いビームがカッコイイ。






 帰っていく時なんかはほとんど暗視カメラの映像です。気づいてくれるひと少なそう。



























 最後はドカーンで終了。真裏から見てもファンタズミックはワクワクさせてくれるショーですね。

 ちなみにハロウィンの時は150-450で挑んでますが、しばらく先になりそうです(^^;

■日没
■PENTAX K-1 Mark II / SMC TAKUMAR 28mmF3.5


 夏は仕事帰りにこんな写真が撮れたんですが、あっという間に日が短くなってしまいました。定時上がりしたとしてももう真っ暗。冬はもうすぐそこです。

■水滴
■RICOH GR




 7月から片道4kmの徒歩通勤を始めてから4ヶ月が経過。朝の気温は一桁になる日々なので、歩きじゃなければもうダウンウェアを着込んでしまうところです。しかし歩きとなると最初は寒くても後半は汗もかいてくるので、それに適した上着って持ってない・・・。

 モンベルのソフトシェル一枚では寒いし、EXライトダウンを着ると暑い。なによりやや早足で45分程歩くと、背中の汗は結構な量。ダウンを汗で湿らせたくないじゃないですか。


 ということで寒い時期に外を歩く為の服を検討。


 ファッションには疎いけど機能的なアウトドアウェアは好きなので、その辺から選ぼうと思っていましたが、今まで知らなかったメーカーを選ぶことになるとは。

 ちょっとしたきっかけで知ったのですが、フーディニというスウェーデンのアウトドアブランドのパワーフーディってのを買ったんですが、これいいですね。フリースなんですが表面はすべすべで毛玉が出来にくく、伸縮性がある機能素材で、着心地もスバラシイ。

 ただしちょっと腹回りが細身なので、これ以上太られないし、むしろこの服に合わせてやせないといけないくらいです。がんばらないと。

 寒い時期の通勤がちょっと楽しくなりそうです。

 ずいぶん前のはなしですが、秋田市のフクロウカフェに行ってきた時の写真です。

 フクロウって猛禽ではありますが、人間っぽさもあって、意思疎通ができそうで、愛嬌ありますよね。

■ユーラシアワシミミズク
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



 世界最大の種類らしいです。ホントにでかかった。こんなのえさ代いくらかかるんだろうな。

■赤目ちゃん
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



 名前はちゃんと見てませんでしたが、目が真っ赤な子。ずっとこの姿勢のまま辺りを眺めてました。

■シロフクロウ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



 ハリーポッターで有名になったと思われるシロフクロウ。結構スマートです。

 怖い顔してますが、頭をナデさせてくれました。

■チコちゃん
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 この子の名はチコちゃんというそうです。今だとNHKのあの番組を思い出しますね。

 森の賢者の風格を漂わせております。アホな事を言ってたら叱られそうです。

■小さい集団
■PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited



 大型フクロウだけじゃなく、手のひらサイズのフクロウも。

 フェンスの上に等間隔で並んでいました。

■黒目
■PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited



 この子は全部黒目みたいな不思議なやつ。夜の視力が特に良かったりするのかな。

■魚眼でアップ
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]






 フクロウカフェには2階があります。

■うさぎ
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 2階はフクロウじゃなくて、小動物コーナーです。

 リスや小型のインコなんかがひしめき合っていました。



 
■物憂げ
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 やっぱりフクロウが好きなので、再び1階へ。

■目線
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 頭なでたり撮影したり。フクロウ“カフェ”ですが、コーヒーは一杯しか飲まなかった気がします。

■トルクメニアンワシミミズク
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



 肩にでっかいフクロウを乗せたお客さんが来店。常連さんなのか、ここにフクロウを貸しているのか分かりませんが、この場所がこの子の定位置のようです。

■飛ぶ?
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



 色、カタチ、表情と、一番好きかも。名前からして中央アジアに住んでるのかな。

■コンゴウインコ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



 アレックスという名のコンゴウインコ。店員さんとたくさん遊んでいました。いや、むしろ店員さんが遊ばれていたような気もしないでもない。

■爬虫類
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



 苦手な方にはごめんなさい。僕はトカゲ系は好きなので、しばらくここでも楽しめました。他にもレパードゲッコーとか、かわいいのが沢山。

■髭面
■PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited



 この子は髭面オヤジみたいな顔してますね。

■メンフクロウ
■PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited



 ちっちゃいメンフクロウもいましたが、全員目を閉じて瞑想中でした。

■見下ろされる
■PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited



 あれこれレンズ交換してはいろんなアングルで撮りまくりました。

 フクロウポートレートです。

■見上げられる
■PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited




■丸い
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 魚眼アップで撮ってみる。

■カメラ気になる
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 魚眼で撮っているので、実はめちゃくちゃ近くから撮っています。

 手を囓られるような距離ですが、ただジッとこちらを見るだけでした。

■小動物コーナー
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]




 最後にもう一度2階の小動物コーナー。

 猫にしろフクロウにしろ、動物がいるところで食事するのはイヤという方も多いと思いますが、ここはカフェとは言っても、ちょっと飲み物を飲みつつフクロウたちとふれあうのがメインみたいな店でした。フクロウ特化の動物園だと思って楽しむのもいいかもしれません。


 2018年のディズニーハロウィンも終わっちゃいましたね。今年のインは台風直撃の日にあたってしまいましたが、なんとか新パレードも見られたし結果オーライな感じでした。

 ところで最近BLOG更新をサボりまくっておりまして、いまさらですがイースターの写真で記事を書いております。

 半年遅れはいつものことながら、むしろ思い出を思い返す感じがいいような気も。自分に言い訳ですw

■アラビアンコースト
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 ということで夕方近くなってくると、行動計画も消化してしまうのでフリータイムとなります。

 夕日があたるアラビアンコーストは綺麗ですね。

■スカットル
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 最近は夕方から夜にかけてはムスメのリクエストを実行する時間帯。まずはここ。最近は奥方とムスメが乗って、僕はそれを撮影しつつ待つというスタイルになっています。

■海底
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 身長制限は全てクリアしていますが、それでもマーメイドラグーンのゆるいアトラクションが好きで、毎回来ては網羅していきます。

■がらくた
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 しかしこの日はライド系よりも、アリエルのプレイグラウンドを満喫。僕はありがたく体を休めさせていただきました。

■フランダー
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 これ初めて体験しましたが、楽しいですね。脳みそが混ざりそうになるけど。

■アラビアンコースト夕暮れ
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 日が沈みかけてきました。マジックアワーのパークの風景をじっくり撮りたいけど、家族連れではなかなかそうはいきませんね。

■ミステリアスアイランドの照明
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 あまり遅くならないうちに夕食を済ます計画でした。夜はなんだかんだで毎回ファンタズミックをみちゃうし、ハーバーの夜景を撮ったりいろいろ楽しみがあります。

 それに、早めに食べないと混むし。

■担々麺
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 ということでこの日は安く済ませるため、ヴォルケイニアレストランで中華。

 担々麺とビールで満足です。しかしチャーハン好きのムスメが残そうとしたくらい、ここのチャーハンはちょっと・・・。ご想像にお任せします。





■ミステリアスアイランドの夜景
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 ここの夜景は毎回変わらない風景だけど、なぜかいつも好きで撮ってしまう。

■海底探検ミッキー
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited





 ハピエストミッキースポットを発見。正面から見ないとミッキーさんのご尊顔を拝めません。

■ノーチラスギフト
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 魚眼を手に入れてからは、毎回必ず持ってきています。魚眼があると魚眼映えする風景を探しちゃいますよね。

■潜水艇
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 待ち時間0だったので二万マイルも乗りました。

 ムスメはこのエリアでは必ず「モビリス!」をやるので、キャストさん大喜びで「モビリ!」してくれます。やってくれる子どもいなさそうだもんなぁ。

■夜のハーバー
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 ということでハーバーに来たのはファンタズミック開始20分前。この場所からなら15分前でも最前列が取れました。

 ハーバーの夜風に吹かれつつYanniのPaths On Waterが流れてくるのがいいですよね。これからもうすぐ始まるっていうワクワク感が漲ってきます。

■RICOH GR



 雨上がりの朝は、いつも通勤路がよりフォトジェニックでした。

 なぜか今さら未着手の夏の写真を見つけてしまいました。

 もうひと月以内に雪が降るであろう季節になってしまいましたが、たったの3ヶ月前にはこんなにも強烈な日差しが降り注ぎ、茹だるような暑さの日々だったというのが信じられない気分になりますね。

■晴天
■RICOH GR




■遊具
■RICOH GR




 センサーにゴミが付いていたGR、まだメンテに出す前だったのでLightroomでスポット修正しています。

■日差し
■RICOH GR




■公園
■RICOH GR




■東屋
■RICOH GR



 GRで空を撮りつつ、手に入れたばかりだった超望遠レンズも試したり、小一時間程読書したりしてノンビリ過ごせた日だった記憶があります。

■隙間
■RICOH GR




■夕空
■RICOH GR




 暑気りゃ冬が恋しくなり、寒気りゃ夏が恋しくなる。

 春になったかと思えばすぐ真夏のように暑くなって、秋が来たと思えばあっという間に暖房のお世話になる。


 昔よりも季節が偏ってきたように感じます。そのうち日本も冬と夏しかなくなっちゃうかもしれません。

↑このページのトップヘ