RICOH GR

 色々と型破りだった台風10号が去りました。秋田県は殆ど雨の被害はなかったようで、大館も風が強かったくらいでした。

 しかし岩手や北海道の被害をみると、いつ秋田がそうなってもおかしくなかったと思うと恐ろしいですね。

 避難する備えは普段からしておきたいものだと、改めて実感しました。


RICOH GR

 五所川原の中三が発祥の中みそ。今は中三弘前店地下フードコートにありますが、津軽地方では有名なラーメンです。

 僕はワリと好きですが、奥方とムスメはちょっと好みじゃなかったみたい。

 ニンニクとショウガが利いてて野菜の甘みと合わさったようなスープだけど、ダシっぽさが足りないと言っていた。ラーメンの好みというのは本当に人それぞれなので、それはそれで仕方ない。

 僕はどんな味でも結構割り切ってこれはこれで美味い、というタイプなので美味しくいただけました。

 ちなみにフードコートなので左右にも店があるのですが、中みそだけに大行列が出来ていて、ちょっとカワイソウになりました(^^;



 台風がどんどんやってくる季節になった。



 久しぶりの雨と、道端のコスモスを見ると、もう夏は終わりなんだなと感じる。






 川はかなり増水していた。

 こうして何度か雨が降っては気温が下がって秋に向かっていくのだろう。



 ちなみに雪国に住んでいると、お盆が過ぎるとすぐにスタッドレスタイヤのCMが始まるので、気分的には夏の終わり=もうそれほど遠くない先に雪が降るという気持ちになる。

 「夏も終わりだな〜。あど、雪降るな」なんて会話が普通に交わされるのである。




 まだまだ続いてます。イースターのオハナシ。

 イースターエッグハントを勧めつつ、毎度おなじみのショーウィンドウ撮りです。







 春の運動会ってイメージがしっかり出ていていいですね。




 そしてその後最後のイースターエッグが見つかりました。

 もうイベントも終わっているので、気楽にネタバレできますw



 これが、



 こうなりまして、やっと見つかりました。結構難しかったです。



 コンプリートしたので景品交換に行きましょう。交換場所はパーク外なので、ゲートへ向かいます。



 途中でじいさんによくして頂きましたw



 で、いよいよ交換へ。









 無事全問正解で、メダルをいただくことができました。ムスメもご満悦のようです。


 ちなみにここ、イースターの装飾はされているもののがらーんとしていて、ゲストが並んでいなければホントに寂しい感じの建物です。パーク内外の差というのはデカイようですね。






 パーク内に戻り、途中でパイレーツブラスに遭遇。好きなアトモスの一つです。



 でちょっと遅めのお昼ご飯で一息つきました。流石はハウス食品な安定のくまカレーです。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WR



 竜飛の後はまっすぐ帰るつもりだったんですが、途中通った三厩にて義経寺という看板を発見し、興味が沸いて寄り道しました。

 源義経は実は生きていて北へ逃げたという伝説が聞いたことはあったけど、こんな所にそのままの名前の寺があるのは知りませんでした。何度かここは通ってたんですが、気づかなかったとは(^^;;





 ふたたび運動不足の体に大ダメージです。



 登り切ったときにはやっぱり肩で息をしていましたw






 立派な山門です。左右の仁王像が迫力ありますね。









 調べてみると、ここは珍しい神仏混合だそうです。






 寺の下には三厩の地名の元となった厩石。その説明が書かれていました。



 ちょっと寄り道でしたが、いろいろ知ることができて満足でした。


by PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 夏前にFA43mmF1.9 Limited を付けて河川敷を散歩した時の写真も、お蔵入り直前でした。

 ということで季節外れではありますが、まとめて放出。









 FA43開放で撮ると良い雰囲気ですね。WB日陰が最近のマイブーム。



 蔓日日草は雑草ですが、カタチがいいのでつい撮ってしまう花です。






 ツツジもぎっしりと咲いていました。K-1のRAWはハイライトだけじゃなく、ニガテだった赤も飽和しづらいので素晴らしい。






 ウスバカゲロウをパチリ。これはトリミングしてあります。流石に3600万画素もあるとトリミングしても余裕ですね。



 河川敷には整備された花壇もあり、そこにはルピナスが咲いていました。












 たぶんベニシジミ。雑草とありふれた蝶の組み合わせですが、カメラを持って散歩するとなんでも魅力的な被写体になりますね。


by PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 5月に撮った写真ですが、一枚だけ使った後そのまま忘れていたことに気づきました。データ整理の時にアレ?となったワケです。

 この時は桂城公園の隅にある小さな藤棚を撮りまくった時でした。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 僕はクマバチが好きで、刺激しなければ至近距離で撮らせてくれるので、ついつい被写体として追ってしまいます。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 スズメバチとかアシナガバチなんかは、見た目で攻撃的な感じがしますが、クマバチには優しさを感じます。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 撮影を楽しんだ後はヘリノックスに座って読書しつつ、たまに遊ぶムスメを撮るくらいの、ノンビリした過ごし方。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 蝦夷柳の下は意外と虫やら葉っぱやらが降ってきます。

 でもヘリノックスがあればどこでも読書できる。素晴らしいイスです。

 小泊の道の駅に寄ろうかと思ったんですが、流石はお盆期間中だけあって駐車場がぎっしり。この日はとにかく走るのをメインにしていたので、道の駅は横目にスルーしました。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

 ちょっと走るとかなりノンビリなペースカーが登場。道路脇に駐めて撮影を楽しみつつしばらくやり過ごします。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 竜泊ラインの途中にある眺瞰台でしばらく撮影。つづら折りの下から再びノンビリペースカー集団が登ってくるのが見えましたので、撮影はここまでにして出発。


 ここから竜飛崎手前の県道と合流する地点まで快適単独走行でした。久しぶりにTTCをONにして、次々と現れるコーナーを楽しく駆け抜ける。

 TTCはじめ今の車の電子制御ってスゴイですね。電子制御とは無縁なS2000やBEATに長く乗ってきた身としては、FF車がこんなにも楽しくワインディングを走れるなんて、改めて驚き&嬉しくなりました。

 コニFSDの足周りと160bhpが備わったコンペティツィオーネですが、贅沢を言うともっとカチッしたブレーキが欲しいですね。ホイールが専用17インチシバリになってしまいますが、esseesseブレンボキットが欲しくなっちゃいます。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 さて、走りを楽しんで竜飛に到着です。一度上の駐車場に上がってみたんですが、満車状態だったので下の道の駅に止めて歩いて登ることに。

 階段国道の入口には郵便局の車。ここだけの消印とかがあるのでしょうか。



PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 8月も中旬だというのに、紫陽花が綺麗に咲いていました。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 普段の運動不足が祟って、もう足腰ヘロヘロです。息を整えながら辺りを撮影。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 今まで何度か竜飛には来ていましたが、この日初めて北海道が見える天気に恵まれました。

 天気予報では問題無くても、竜飛に来ると辺りは真っ白なんてことばかりだったので。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 しばらく辺りの風景を撮りつつ竜飛を満喫。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

 まだ昼食べていませんでしたが、竜飛の道の駅にある食堂は観光客でいっぱい。こういう状況になると尻込みしてしまう正確なので、ここで食べずにもうちょっと先に行くことにしました。

 この日の夕方には奥方とムスメが秋田の実家から帰ってくる予定だったので、あまり遅くならないうちに帰らないといけなかったのです。

 ということで僅かな滞在でしたが、竜飛を後にします。

 去年も利用した田沢湖キャンプ場のバンガローで一泊キャンプに行ってきました。今回の盆休みはかなりイレギュラーな感じになったので、前日の思いつきで急遽出かけることになりました。

 ここのバンガローは安いしキャンプ場自体の設備も綺麗なので、子連れキャンプにはありがたいキャンプ場です。カヌー体験などのアクティビティもあるので、トイレ棟にはコインシャワーもあるのはポイント高いです。

 今回はカングー車検中なので、さそり号(ABARTH595 Competizione)にぎっしりとモノを積み込んできましたが、思いの外たっぷり荷物を積めて感心してしまいました。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 ウチは特に凝ったことはしないので、普通にヤキニクして酒飲んで、焚き火して本読んで、そして寝る。それだけではあったけど、今回は三脚を持ってきていたので、湖畔で夜空を撮るのを楽しめました。これも天気が良かったお陰です。

 翌日は昨年同様に田沢湖高原のアルパこまくさで温泉に浸かり、県南の親戚の家で墓参りをしてから帰宅しました。


 さそり号の燃費は約16.5L/kmくらい。結構峠を楽しんだにもかかわらず燃費が良くてありがたいクルアです。

 さて、キャンプの詳細はまた後日。



 さてイースターのネタはまだまだ続きます。


 エッグハントもいよいよ残り二つ。おおよそ答えが分かっていたので、そこに向かう途中のタマゴ巡りです。








 ファンタジーランドに行くと、ティーパーティを眺めるスミーの後ろ姿。



 ちゃんと船長もいらっしゃいました。何故かヴィランズ好きな娘はグリ三昧して記念撮影も。









 トゥーンタウンのギャグファクトリーの近くに答えがありました。そして最後のお題へ。



 トゥモローランドのタマゴも移動しながらパチリパチリ。













 目指すはワールドバザールです。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WR

 月曜日の朝9時でようやく一週間の夜間・休日待機から開放されました。急にコールが入る可能性があるので遠出が出来なかったので、全く無計画でしたがどこかに行きたくなったのでした。

 実は自分独りで好きなように行動できる日もこの日だけ。ちょっと気を緩めると家でダラダラ過ごしてしまうので、思い切って竜飛まで行ってみようということに。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 朝モスしてノンビリした後に決意して出かけたので、あまり時間に余裕はありませんでした。ということで五所川原まで高速で移動。そこからは初めて通る道、県道43号で北上します。

 県道43号は五所川原市内から岩木川沿いを車力で県道12号と合流するまで北上する道。川沿いの土手の道で狭いのですが、交通量が少なく快適に北上することができました。

 まだまだお盆休み期間だったので県外ナンバーがのんびり沢山走っている状況なので、しばらく写真はなく、唯々北上するのみ。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 竜飛を目指していたんですが、一度権現崎に向かう道はどこまで行っているのか興味が沸いて、寄り道してみました。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 小さい駐車場と公衆トイレがある、磯遊びが出来るくらいのところで道は終わり。

 ちょっと辺りを散策しただけで出発することに。



 ただ、途中の漁港が気になり、さそり号を駐めて漁船を撮影してきました。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 この照明はきっとイカ釣り漁船ですね。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 高い防波堤に囲まれた漁港なので、外海は見えずやや寂しい。ちょっと撮影して出発することに。

 竜飛へ向かう前に、さそり号と漁船の記念撮影は外せませんね。



 今考えると運行中止の可能性もある場所にイースターエッグハントの答えを置くはずはありませんが、この時は何となく島にもなにかあるんじゃないかと思い、筏で渡航してしまったのです。

 トムソーヤ島はタマゴの気配すらなく、イースターのイベントとは全く隔絶されたいつも通りのトムソーヤ島でした。



 対岸から見る元おれたちのラキナゲ。

 川もかなり広く埋め立てている様子なので、かなり広くなりそうですね。




 以下、昼のトムソーヤ島で過ごした時間を切り取った数枚。



















 タマゴは全く無いということで、ある程度楽しんで帰って来ました。タマゴ探し再開です。












 新作映画ズートピアのタマゴもありました。実はまだ見てませんが(^^;









 ヒントを頼りにクリッターカントリーへ。



 奥地でプルートのタマゴを発見。しかしこれはエッグハントの答えではないのです。






 そしてやっと見つけた答え。探すタマゴのサイズはそれぞれ。ヒントで描かれる絵のサイズ感も分かりづらいので、発見するとかなりアハ体験です。



 やっと探してたのを見つけたので小休止。ちっちゃいけど結構美味しくて小腹を満たせました。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WR


RICOH GR

 カングーの車検切れが8月18日に迫っており、お盆休みが長い盛岡店ではムリだったので、ルノー弘前店へお願いしてきました。
 ルノー弘前は千葉商会という会社がフランチャイズしているようなのですが、一緒にフィアット・アルファロメオ弘前でもあります。
 代車不要ということを事前に伝えていてアバルトと2台で行ったのですが、店の人からしたらさぞマニアックな趣味のご家庭だと思われたことでしょうw

 あとは弘前のジュンク堂で本を物色したり、ブックオフに行ったり、最後はヒロロに移動。1Fのイタトマでケーキ休憩で撮ったのが今日の一枚です。

 さて、昨日からようやくお盆休みに突入したと思いきや、明日は急遽出勤となってしまいました。明日から仕事の会社が多いようなので、かなり忙しい日になりそうです。体調を整えておかないと。


PENTAX K-3 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

 やっと待機から明けて、実家に行ってた奥方とムスメも夕方には帰ってくる日。

 一日だけ自分独りで自由にできる日ということで、思いつきでしたが竜飛岬に行ってきました。

 流石にお盆休みなので竜泊ラインは他県ナンバーのノンビリペースカーに着いて走ってましたが、半分くらいは自分のペースで走れる幸運もやってきたりして。

 ということで今日の走行距離は300km程度ではありますが、さそり号の操縦を楽しめた日となりました。

 問題は、S2000やBEATの時のような完璧なシンクロ感までは至れなかったこと。もっと楽しくしっかりつきあっていかないとね。



 お盆も過ぎてパークの夏イベも終わりが見えてきたというのに、こちらはまだイースターの話題です。
 そろそろ夏イベの記事もスタートしようと思ってますが(^^;

 ということでアドベンチャーランドにやってきました。



 イースターのイベント期間中は、パーク内に色んなキャラクターデザインのタマゴが配置されています。それを見つけるイースターエッグハント。今回は中級難易度のをやっていました。



 オラフのタマゴが川に浮かんでいましたが、それは探す目当てではありません。

 ヒントで見るとたぶんウエスタンランドにありそうでした。






 突如アドベンチャーランドの茂みでにゃんこを発見。

 パーク的には衛生面とか考えると住み着かれては困る住人ですね。すぐに茂みの奥に行ってしまいました。



 ツリーハウスの横を通り、ウエスタンランドへ向かいます。



 屋根の上には色々タマゴキャラが居ますが、エッグハントのはそんな簡単に見つかるものではありません。






 ようやくヒントに書かれていた建物を見つけましたが、更にそこからタマゴの場所を見つけるのも苦労しました。



 まさかこんな所にあるなんて。

 ヒントには一言文章と、その近辺を表すイラストが描かれているのですが、これがむしろ難しくさせている感じ。
 イラストに描かれているものが、ショーウィンドウ内のディスプレイのような細かいものか、外にある構造物なのか、大きさの判断が付かずに悩みました。


 それでは次のタマゴを探しに移動です。時間は有限。イースターのイベントではパレードを1回見られたらあとは予定無しだったのですが、エッグハントのお陰で忙しい一日となりそうでした。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WR


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 11日が山の日明日がお盆なので、てっきり今日は休みのところが多いのかなと思ってました。

 けど思ったより仕事の会社が多いね。


 オンサイトメンテが仕事の我々としては、そういう動向を読み誤ってお盆シフトを組むと、スッゴイ忙しいことになってしまうワケ。


 ということで今日はスッゴイ忙しい日でした。


 ちょっとだけ息抜きに何でもないイナカの風景をパチリ。


RICOH GR

 今日はちょっとだけ気温が低め。ザワザワと風が吹いて雨が降るかも・・・と思ったけど結局降りませんでした。
 ちょっとは降ってくれたら、夜涼しくなりそうなのになぁ。今年はかなりスゴイ猛暑ですね。



 キャベツ畑でひっくり返るデール。シェフっぽい格好してます。

 ちなみに春のパークではホンモノの野菜も育っていました。





 シーではペグおばさんの店横に立派な畑がありますが、ランドでは珍しいかも。





 デール同様、チップもシェフっぽい姿ですね。

 実はこれ、





 クリスタルパレス・レストランの前だからなんです。

 入口左右に同じ姿のチーデーのバナーがありました。いつも混んでるので、ここで食べませんでしたが、スペシャルブッフェのテーブルカードもこのデザインのようです。

 きっと材料を畑に取りに来たということなんでしょうね。こういう細かい設定好きです。



by PENTAX K-3 / smcPENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WR



 ヒピホピはいよいよ終盤。

 チーデーのフロートがやってきました。






 実はデールが写ってるのがこれくらいしか無いという・・・

 去年は反対側で撮ったけど、毎回城バックにしようと思うとこっち向いてくれなかったりするので、やっぱり内側の方がいいのかなぁ。












 そして最後のフロートです。



 クラリス姉さんめっちゃ好きです。






 でもみーんな横向き。なかなかこっち向いてくれませんね。

 ショーと違ってパレードはワンチャンスなので撮るのが難しいです。






 最後尾はマリー。折角だからトゥルーズとベルリオーズも居たら面白いかも。あ、でも女子フロートには乗れないか。




 最後尾を見送って、ゲスコンの列とゲストのカタマリも見送ったら、片付けて次の行動です。天気に恵まれたので、撮れ高はそれなりにありました。

 撮影云々関係無く、ヒピホピの曲が好きで、あのビートとか春が来た楽しさみたいなのを感じさせてくれますよね。
 東北人なので春が来ることのヨロコビは、やはり強く思い入れがあるのかもしれません。

PENTAX K-3 / smcPENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WR

↑このページのトップヘ