先日、ハッセルブラッドからPENTAX645Zと同サイズセンサーを搭載した、中判ミラーレスカメラが発表されましたね。
 フルサイズセンサのカメラが出てからかなり経ちますが、フルサイズミラーレスをやっているのは国内ではソニーだけ。意外と他は追従しませんでした。

 そして今回の中判ミラーレス。これは未開拓のジャンルなだけに、追従してくるメーカーがあるのかなとやや期待しています。
 むしろ上が充実したお陰でその下が安くなるというのに期待です。


HASSELBLAD 500C/M / CarlZeiss Planar T* C80mmF2.8 / Kodak Professional EKTACHROME E100G


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 今朝まで待機当番だったので酒も飲めず遠出もできない一週間でした。待機の日曜日はだいたい近所のミスドで、カフェオレおかわりしながらたまった本を読むことにしています。
 この日も天気が悪いこともあって、朝からミスドでのんびりしに行ってきました。


 で、ミスドに入店するや近くの席に座っていたオジサンがムスメに軽く手を振った。



 何だろうとちゃんとそちらを見ると、なんと火野正平さんではありませんか。

 そういえば今、NHKの「にっぽん縦断 こころ旅」で秋田を北上している真っ最中なのでした。今度の火曜日が秋田編の放送開始なので、ちょうどこの日曜日で秋田県を抜けるのだろう。

 正平さんが目的地に着くと「とう〜ちゃこ」と言うので、ムスメも「とうちゃこさん」と呼んで、やけにこのこころ旅を好んで見ていた。渋い趣味した幼児である。
 で、テレビで散々見ていたとうちゃこさんが、今目の前にいるというので、撮影前の朝食中に大変申し訳ないが、事情を説明してムスメと握手をしていただきました。

 正平さん、ありがとうございました。ムスメはかなり喜んでおりました。


 ということがあった後はいつもの待機の日曜日。カフェオレをおかわりしつつ、試験が終わるまで読まないで溜まっていたNEWTONを読みつつのんびり過ごしました。

 その後は特別なことのない、ただの近所と家で過ごす日曜日。待機なのであまり休んだ気はしないけど、朝の出来事でムスメがゴキゲンだったので、それだけで良い一日でした。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 いよいよパークを出る時間が迫ってきました。定番のハーバー夜景をおさえておく。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited

 まっすぐエントランスへ向かわずにニューヨークデリにやってきました。

 5飛びのアニバーサリーイヤーでは、必ずスーベニアカップを買っているので今回も。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 いつからだったか、中身無しのスーベニアだけって買い方は出来なくなったんでしたね。




PENTAX K-3 / smcPENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited

 当初計画していた目的は全て達成し、余裕のある一日でした。閉園ギリギリではないので、ゆっくりとハーバーの夜景を楽しめます。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 出る前に必ず撮るのがここのイベントバナー。

 この真上の部屋に泊まったのは良い思い出です。





PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 朝、青空の下で撮ったウイング・オブ・ウィッシュ号もよかったんですが、やっぱり夜は格別ですね。

 これを背にパークを出るのは、後ろ髪をぐいぐい引かれ続ける気分です。ずっと眺めていられます。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 反対側からもパチリ。

 記念撮影したりキャッキャウフフしてるゲストの様子と、夜のアクアスフィア・テーマミュージックが流れるこの空間がたまらなく好きです。

 僕がインしたこの日から二週間後に作曲家の富田勲さんがお亡くなりになったというニュースが流れた。
 恥ずかしながら僕はアクアスフィアの曲で富田勲さんを知ったのですが、昼も夜もここの風景にぴったりで、これからもずっとパークの思い出にリンクして頭の中でも流れ続ける曲でしょう。



 次回で4月のディズニーシー15周年のレポは最後です。その次は普通に春イベのランドのネタが待ってますけどね。

 お昼を社用車で食べる時は、変な言いがかり的クレームを避ける為に、コンビニ駐車場では食べないようにしています。ということでちょっと移動してあまり人の来ない公園の駐車場へ。

 その一角にちょっとだけ紫陽花がかたまって咲いていました。



 昨日届いたばかりの HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR をK-1に付けていたので、ほんの5分程ですが、撮影を楽しませていただきました。

 久しぶりのズームなので、焦点距離全域でテストです。


■105mm







 テレ端です。

 このテのズームはテレ端は甘くなったりすることが多いと思うんですが、かなりシャッキリと解像しています。

 F8まで絞って最短撮影距離ですが、背景は結構ボケてくれますね。ある程度背景と距離があればボケも五月蠅くならない印象です。



■28mm




 今度はワイド端です。

 よく見ると四隅は多少流れる感じはしますが、僕は気にならないレベルです。よくこの価格帯のズームレンズでこれだけ写るのを作ったなと感心します。



■35mm辺り




 「辺り」と書いてるのはEXIFを見るとちょっとずれてるから。ズームレンズでぴったりにあわすのは難しいですね(^^;


■50mm辺り









■75mm辺り




 ほんの5分程度の撮影時間とは言え、色々試せて楽しめました。

 結構コンパクトなレンズだし、写りもいい。F値が暗いのはK-1の高感度画質がいいので補えるし、これはいい買い物をしたなという感想です。

 早く夏イベのTDSに持っていきたいぞ。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 ウチの防湿庫に新しい仲間がやってきました。



 フルサイズ対応のペンタックス純正標準ズームレンズ「HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR」です。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK


 K-1は発売前予約して購入しましたが、フルサイズ用レンズは単焦点しかありませんでした。ズームはかろうじて使える smcPENTAX-DA ★60-250mmF4ED [IF] SDM だけ。

 普段使いでは25mm、31mm、43mm、50mm、85mmがあるので全く困らないのですが、7月中旬に夏イベント真っ盛りのディズニーシーに行く予定がありまして、むしろそのために購入したと行っても過言ではないくらいです。

 ズームの利便性というよりも、防塵防滴レンズであることがまず第一の理由。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK


 ディズニーの夏イベント、特にシーのトロピカルスプラッシュは、場所にもよりますが本当に尋常じゃなく濡れるショーです。

 ウチはいつも最前列でがっつり濡れて楽しんでいます。

 しかしその中で臨場感のある写真も撮りたいので、カメラの防塵防滴性能は欠かせません。レインカバーを使ったらいいんじゃ・・・と思うでしょ?けど前から、上から、後ろからと水がかかるので、結局カメラは濡れる運命なのです。

 今までK-5やK-3でむき出しのカメラで撮ってきましたが、一度も故障や動作不良はありませんでした。ペンタックスのカメラの防塵防滴性能は本当にスゴイのです。

 しかし一方レンズの方はというと、ズーミングで鏡胴が伸縮するので、伸びるときにレンズ内が負圧になって水を吸ってしまいます。結果前玉が曇るという自体になり、その日はもうひどいソフトレンズみたいなものになってしまうのです。



Apple iPhone6+

 そこで今回は流石にレインカバーを使う事にしました。レンズ鏡胴の伸縮対策の他、前玉の曇り対策として、マルミ光機の超撥水レンズプロテクタを導入。これで安心して最前列で闘えますw


 それから普段使いでも、コシナZeissの金属鏡胴レンズを雨の中で使うのは気が引けましたが、このレンズなら気兼ね無しに行けます。
 ズームはあまり必要としていないけど、やっぱり標準ズームは保険的にあると安心ですよね。


 個人的には20、24、28、35mmなどのFA時代の広角単焦点を、WRレンズでリニューアルして欲しいですね。24mmなんかは★レンズで、WR(簡易防滴)じゃなくAW(防塵防滴)がいいなぁ。

 話は逸れましたが、ずっと単焦点ばかりだったので、久々に標準ズームを手にしたら妙に新鮮な気分になりました。7月のディズニーはもちろんですが、梅雨の中で紫陽花撮りなんかも行きたいですね。



 ファンタズミックを見終わって、そのまま花火の時間が近づいていました。

 この日は風も無く、上空の気流の・・・はおそらく無いであろう好条件。フォートレス側からでは見えづらいので、ヴェッキオ橋で鑑賞することに。





































 アニバーサリー曲の花火アレンジって好きなんですよね。花火曲だけ集めたCDなんかあったら面白いかもね。

 ちなみに未だにハピネス・オン・ハイとナイト・ハイ・ハロウィーンは大好きで、よく車で聴いてますよ。


by PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 特にファンタズミック狙いで行動していたわけではないんですが、丁度始まる頃にハーバーに戻ってきました。

 ミステリアスアイランドから水道橋に抜ける方の、一段高くなっている通路が空いていたので、初めて真裏からの鑑賞です。









 ミッキーさんとの距離感はこんな感じ。もっと大きく撮りたいけど、次回のインではもうK-1なので、もっと望遠となると150-450か。















 水上のキャラクターたちは意外とちゃんと撮れました。この場所結構いいかも。












 定番のラスト爆発シーン。

 初めて見る方にとってはかなり驚きのシーンみたいですね。近くの家族が全員声を上げてビックリしてました(^^)





by PENTAX K-3 / smcPENTAX-DA ★60-250mmF4ED [IF] SDM



 ちょっと間が空きましたが、15周年春のシー続きです。

 気づけばもう夕食の時間でした。


 夜にパンはちょっと・・・とも思ったんですが、今までここで食べたことがなかったので来てみました。

 セバスチャンのカリプソキッチンです。










 ここはアルコール類は無いけど、リーズナブルで味もソコソコ。ムスメも満足そうでよかった。



 それからオコチャマが飽きるまで色々アトラク巡り。

 この写真はワールプールQラインの乗り場近くにある、ガラスの壁の気泡越しに写真を撮ってみました。ぼんやり〜。


 久々にファンタズミックが見たくなって、地上へ出てきました。






 夜のクリスタルポイントは楽しいですね。夜になってから全部回るのは大変なので、光るのを見たのはグーフィーポイントだけでした。


by PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited


RICOH GR

 ろくに勉強はしていなかったけど、それでも試験が終わるとこの開放感。毎年の事とは言え、大変です。

 開放感に任せて平内のホタテ広場でデカイのを2kgと小降りなのを1kg購入。今日は刺身で、一番搾り青森づくりと頂きました。

 殻剥きは大変だけど、やっぱり美味いです。




 下北半島の横浜町にて、ハッセルブラッドで撮った菜の花畑。

 ハッセルでの撮影は楽しい。とにかくそれに尽きる。





by HASSELBLAD 500C/M / CarlZeiss Planar T* C80mmF2.8 / Kodak Professional EKTACHROME E100G


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

 今週だけ夜間にライトアップされるというので行ってきました。夜間のオープンは17時〜20時半までですが、日が長くなってぜんぜん暗くならないのが寧ろ残念です。

 沢山の種類のバラが所狭しと咲いているのは、見ていても撮っていても楽しいので全く問題ありませんでした。

 ちなみに今日は大館のご当地アイドルが来ていました。歌ったり写真撮ったりと大変そうですが、相応の覚悟でアイドルになったからには、それだけで終わってしまわないような活動をしていってほしいですね。

↑このページのトップヘ