由利本荘市郷土資料館は今の住居から近く、ちょっと気になっておりました。本荘ひな街道なる幟が立っており、確認すると雛人形展示のようですね。
 大館に住んでいた時は鳥潟会館の雛人形展示を見にいったりしていたので、こちらでも行ってみることにしました。

■特別展
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 特別展は大人100円、小学生のウチのムスメは無料でした。ちなみの常設展示は無料で見られるようです。まずは雛人形の方を見て行きます。

■雛人形(1)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 狭いけど厳選した感のあるひな飾りでした。単に古いだけじゃなくて、それぞれ個性のあるものを選りすぐった感じです。

 この日つけてきたレンズ、カールツァイス(コシナZK)のディスタゴン25mmは、この為というワケじゃなく、最近使っていないからと久しぶりに特に何も考えずに装着してきたのでした。

 こういう展示品撮りには広角+寄れるというこのレンズが最適と思えます。

■雛人形(2)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK




■雛人形(3)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK




■小物(1)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 ハマグリにしては小さいですね。もしかするとシジミかもしれません。本来ハマグリで行う貝覆いの道具でしょうか。

■小物(2)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK




 お膳セットも惹かれますね。シルバニアファミリーで使ってみたい。





 特別展を見終わって、そのまま帰るのももったいないので常設展示を見にいきました。

■本荘ごてんまり
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK






 常設展示の一角は本荘ごてんまりでした。この幾何学模様を糸で作るなんて想像できませんね。


 ごてんまりの隣は歴史的な資料のコーナーです。

■貝塚
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


 近所に貝塚があったということを初めて知りました。
 地層はぎ取りという手法で貝塚の層をはぎ取った展示です。

■北前船
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 他にもいろいろ在りましたが、船の積み荷表が面白かったので記録的にパチリ。色んなモノを積み込んでいたんですね。

 説明とかじっくり読んでみると思いの外時間が経ってしまうものです。転居した土地の歴史を知ることができると言う意味では、小さくてもその土地の郷土資料館や博物館があるというのはいいことですね。