カテゴリ:写真 > 旅写真

 クラゲだけじゃないってことで、加茂水族館シリーズの最後は屋上です。

■屋上にて
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 ウミネコの餌付けをやっているそうなんですが、アシカショーの終わる時間と被っていたので、屋上に行くことにしました。

■模型
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 屋上に行く途中にあった、加茂水族館の模型。こういうのをマクロで撮るのが好き。



 ちょっとボケすぎた。感度上げてもっと絞ればよかった。



■鳥海山
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 海の向こうには鳥海山。岸壁には釣り人が沢山。

■街灯
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW





 餌付けの現場こそみられませんでしたが、屋上に行くとウミネコが沢山飛んでいました。

 バクダン投下されないように気をつけながら、縦横無尽に飛び交うウミネコ撮影を楽しめましたよ。

■ウミネコ
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW










■漁港
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


 海は穏やか。空も海も鮮やかでした。


 最後は売店で物色。

■さかなクンさん
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 レジの上の方にはあの方のぬいぐるみがありました。わざと隠して置いてるみたいにみえますが、レジ横とかじゃダメなのだろうか。

■売店のアイコン
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 最後に毎回撮ってしまうクラゲのアイコン。お土産を沢山買ってくれるお父さんのイメージでしょうか。ちょび髭がダンディです。

 投稿せずに放置していたら3ヶ月以上も経ってしまった加茂水族館シリーズですが、これにて終了です。正直撮影目的ならゴールデンウィークに行くべきじゃありませんね。水槽前で立ち止まることすら禁止されちゃうので。
 クラゲをじっくり撮りたいなら平日や冬がいいのかも。その分アシカショーで楽しめたから満足でした。

 鶴岡市加茂水族館のアシカショーのつづきです。

 後半はもう一頭のアシカが登場。最初のアシカよりもでかくて迫力があります。

■アシカショー
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW









 おじぎはしっかり。






 サッカーが得意らしいです。安定したリフティングを見せてくれました。






 ゴールまでボールを運んで、シュート!






 シュートが決まったらブブゼラ風のラッパで勝利を祝う。

 GWで激混みだったのに良い場所で見られて、ホントに楽しめたアシカショーでした。

 アシカショースタートです。最初は挨拶して、ちゃんと出来たのでご褒美のサカナ。

■アシカショー
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW






 するとアザラシ2匹もサカナを求めてやってきました。



 まずは前ヒレだけで倒立して歩く芸から。自然ではこんなことする必要も無いだろうから、どうやって教えるのか不思議です。

アシカショー続きは↓の続きを読むからどうぞ。


続きを読む

 クラゲで有名な鶴岡の加茂水族館ですが、クラゲだけじゃありません。ゴールデンウィークで激混みだったので、クラゲ水槽でゆっくり写真を撮ることができなかったけど、アシカショーなら撮影を楽しめそうです。

 ありがたいことにとっても良い天気。

■アシカショー前
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 アシカショーと言いますが、アシカとアザラシのショーなんですね。ショーの1時間前から席を取っていましたが、その間アザラシが2匹好き好きに遊んでいる姿を楽しめました。







写真多めなので↓のリンクから続きをご覧下さい。


続きを読む

 5月19日(土)大曲駅から始発の秋田新幹線で舞浜へ行く予定でした。

 しかし前日の18日(金)に降り続く豪雨。あちこちに警報やら避難勧告やらが出ていて、なんでこのタイミングで・・・と気に病んでいたら、案の定翌土曜日の新幹線は午前運休となっておりました。

■運休中
■RICOH GR



 大曲駅までの道は運良く通れたので、まずは大曲駅にやってきました。朝5時半のことです。

 秋田新幹線は、在来線の線路の外にもう一本新幹線用のレールがひかれている仕組みです。なので盛岡までレンタカーで行くなどの手段を考えて来ていたのですが、どういうワケか在来線は盛岡まで走るそうで、当然それに乗っていくことにしました。

■在来線の車窓から
■RICOH GR



 元々の予定よりも2時間ほどの遅れですが、最悪この日はダメかと思っていただけに嬉しかったですね。

 この後盛岡駅で新幹線に乗り換えて、問題無く舞浜まで到着できました。

■やっと舞浜
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 着いてしまったらこっちのもんです。

 今回は舞浜駅隣のホテルドリームゲート。

 昨年12月にオープンしたばかりのアネックスのほうに泊まります。高架下の空間にできた横に長い不思議なホテルでした。とりあえず荷物を預けて、パークへ向かいました。

 3デーパスポートの一日目がもったい無いので、一秒でも早くインしたいですもんね。

 ということで3日間で約7千枚撮影しちゃったので、これからしばらく今回のネタが続くと思います。

■夜のバルーン
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 二日目のシーからホテルに帰って来ました。

 今日はやや風はあるものの晴天で、気温も涼しく過ごしやすい一日でした。

 明日は3デーパスポート最終日で、ほぼランドにインする予定。35周年を堪能してきたいと思います。

■仙台駅
■RICOH GR




■車窓
■RICOH GR




■線路脇のマンション
■RICOH GR




■田沢湖
■RICOH GR



 2月の仙台出張でパチリパチリと撮り歩いた写真です。

■地下鉄東西線
■RICOH GR



 出張の時はどういうワケか1:1モノクロで撮ることが多いです。普段イナカに住んでいるので、都会に行くとこういう設定がしっくりくるのかもしれません。

■一燈
■RICOH GR



 4月に行ってみたら閉店しちゃってた店。どこかへ移転して営業再開してくれるのか、好きな店だっただけに残念です。

■軍鶏白湯ラーメン
■RICOH GR



 材料からなにからコダワリの一杯でした。トンコツとかと違って、あっさりしてるけど鶏の脂のコクがあって美味しゅうございました。

■夜の楽しみ
■RICOH GR



 夜は仙台ではかならず一緒に吞む先輩と二人吞み。

 取りそろえている日本酒が豊富で、ゆっくりと会話と料理と酒を楽しめました。

■仙台名物
■RICOH GR



 仙台と言えば定義如来のところにある定義とうふ店の油揚げ。同じではないと思いますが、これもとても美味い。

■おでんと日本酒
■RICOH GR



 早々と日本酒にスイッチ。アテはおでんです。

 丁度冬季オリンピック中だったのですが、席の近くにテレビがあって、時折オリンピックを見たりしつつ会話を楽しみつつ吞んでいると、二人で吞んでいるのにあっという間に日付が変わりそうに。

 帰りの地下鉄の時間の関係で、ここいらでお開き。楽しい夜でした。

 天気にも恵まれたGW前半の日曜日。加茂水族館の前半も大混雑でしたが、その先のクラゲコーナーはもっと大変でした。

 何しろここの水族館のメインがクラゲですからね。

■立ち止まれないクラゲコーナー
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 立ち止まること自体がNGなのですが、Distagon25mmのピントを合わせておいて、シャッターを切る瞬間だけ止まるという取り方をしてみました。

 この撮り方はMFレンズだからこそ安定してできますね。

■数少ない成功ショット(1)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK




■数少ない成功ショット(2)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK




■数少ない成功ショット(3)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 撮れそうなのだけ撮って、残り大部分はしっかり目で楽しみましたよ。
 クラゲを撮るなら閑散期がよさそうです。



 途中に解説コーナーという、クラゲの幼生などが展示されている研究施設みたいな場所があるのですが、そこに逸れてしまったらまた列に戻るのが難しそうでしたので断念。



 個々のクラゲ水槽のゾーンは、概ね一列になってじわじわ進むしかなかったのですが、後半になってくると列がバラけはじめました。



■レインボーライトアップ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 このライトアップのあたりはもう列はなくなりました。各々記念撮影したり、この先にあるクラゲ大水槽を目指してスルーする人も多かったからかも。

■大水槽
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK




 クラゲコーナーの最後は、直径5 メートルの大水槽です。約二千ものミズクラゲが入っているそうです。

 次はこの日のメイン、アシカショーへ向かいましたよ。

 先日、秋田のローカル情報番組で加茂水族館を紹介していて、久しぶりにクラゲ撮りに行くかな〜って気分になりました。

 そしてあろう事か、きっと混んでいるに違い無いGW前半の日曜日に鶴岡へと向かったのです。




 午前10時半頃到着。ですが、徒歩20分くらい離れた場所にある第二駐車場へ到着です。

■シャトルバスで移動
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 混雑する時期のみ無料シャトルバスが出ているそうです。着いたときに駐まっていたバスには乗れませんでしたが、すぐに次のバスがやってきてスムーズに乗り込むことができましたよ。



 普段バスなど通らないような狭い道を、対向車とすれ違いつつじわじわ進み、ようやく加茂水族館に到着です。

■行列
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 到着と思ったら、加茂水族館では見たことがないような大行列。今まで何度か来たのは冬とか閑散期ばかりだったので、GW恐るべしです。

■身近な魚
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 列は長いのですが思いの外早く進み、20分程度で入館できました。

 クラゲで有名な水族館ですが、前半は庄内地方の海で取れる魚など、基本的に美味しそうなコーナーです。

■あるく魚
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 これはホウボウですね。足のようなヒレでちょこちょこ歩いて移動してました。

■隊列
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 同じ方向を向いてジッと動かない魚たち。何の魚だったか説明を見逃しました。

 というのも館内も当然激混みで、ずっと連なる列の進行を乱すことなく見て行く必要があったからです。

■サケの稚魚
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 いつもなら写り込みを避けるように水槽に近づいて撮るのですが、そういうことすら出来ませんでした。それでもまだ撮影できるだけいいんだけど。

■鮃&鰈
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 鮃と鰈がびっしり敷き詰められていました。

■イソギンチャク
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 美味しそうなゾーンを抜けていきなりキモい系になりました。ピンク色が余計にキモい。

■ウミシダ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 一応植物じゃなくて動物です。ヒトデと同じ棘皮動物で、自力で泳いだりするそうです。不思議な生き物です。

 身近な海の生き物コーナーはこれにて終了。列はずっと奥へと続いていて、途中にあるタッチプールのコーナーに寄り道したら元の列に合流するのが大変でした。
 この先はクラゲコーナー。殆どのお客さんがこれを目的に来ていると思われます。故に列の流れも悪化、クラゲコーナーまでしばらく牛歩状態でしたよ。

 それでは次回はクラゲの写真です。つづく。

↑このページのトップヘ