カテゴリ:写真 > 旅写真

 なかなか休みが取りづらいので、約一ヶ月前からホテルを予約していた今回の舞浜行。初日シー、翌日ランドという予定で2デーパスポートも買っていたのに、運が悪いことに台風が直撃する日に当たってしまいました。

 当初は朝からずっと絶え間なく雨で、時折強風が吹いて、ショーは全滅で・・・ということを想定していました。




 しかし台風の速度が速まったお陰で、東京近郊を通過するのが30日夜中となりました。偶々舞浜には雨雲がかからなかったのか、時折強い雨が降るものの、結構長い時間雨が止んでいたりしました。

■ハンガーステージ
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR




 一番雨が強い時に撮った写真がこのハンガーステージ前で撮ったもの。それでも今日はかなり充実の一日でしたよ。


■リザルト■
トイマニファストパス取得 →グリトレミニーさん→ヴィランズワールド→ドックサイドダイナーで昼食→ステージ横立ち見でハローニューヨーク→トイマニ(調子悪くて148100点)→タートルトーク→ニモ&シーライダー→土砂降りの中のアクアトピア→アウト・オブ・シャドウランド(初)→インディ→レイジング→抽選当たってBBB→ザンビーニで夕食→ショップ見て終了


 台風の影響で21時閉園となったパーク。京葉線は18時移行の運行を休止、他の路線も次々に運休したようで、早い時間からパークからゲストの姿は減っていきました。17:40のビッグバンドビートも空席が多かったですね。




 ちなみに結構な土砂降りのなかで調子こいて写真撮ってたら、K-1 Mark II のシャッターが切れなくなり、その後電池切れの表示が出た後、電源すら入らなくなるという状況になりました。

 ホテルに帰った後、端に穴を開けた大きめのビニール袋にカメラを入れ、ドライヤーで送風しながら1時間ほど放置したところ、無事に復帰してくれました。PENTAXの防塵防滴を過信しすぎていたようです。



 天気予報を見ると、明日は朝から晴れ。しかし終日風は強いようなので、楽しみにしていた新パレードは見られなさそうです。
 それでも晴れてくれたならそれで十分ですけどね。

 先週、奈曽の白滝に行ってきましたが、滝以外にも見所満載でした。

 まずは滝に降りていく道で出会った巨木。

■巨木
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]





 真っ直ぐに天に伸びる杉の木が2本。魚眼で撮ったので真っ直ぐじゃないんですが、杉の語源に納得の真っ直ぐ具合でした。


 僕の機材では魚眼を除いて最広角が25mmのディスタゴン。この巨木には画角が足りませんが、真っ直ぐ撮りたくてレンズチェンジ。

■巨木
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK







 周りの広葉樹の葉を貫いて天に伸びる姿に圧倒されます。



 滝壺周辺でも滝だけじゃありません。

■苔
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW



 岩の苔も画になります。丁度良く日が差し込んでくれました。


■清流
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW



 ただの水の流れもクローズアップ。歩いて近づけないこういう時に望遠が役に立つ。


■木の葉
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW





 近くの吊り橋から見下ろすように。あとひと月もしないうちに紅葉が楽しめそうですね。



■お地蔵さん
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW



 駐車場に戻る途中でみかけたお地蔵さん。

 自宅から車で30分程度の近場なんですが、久しぶりのネイチャーフォトを満喫できました。

 夏の猛暑が去って久しい9月中旬。三連休ですが後半は天気が崩れそうなので、近場の観光地に行ってみることにしました。

 先に金浦で満月系列のワンタン麺を食べてから象潟へ。

■金峰神社
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 20年くらい前に来たことがあるけど、既に記憶が薄れている奈曽の白滝にやってきました。

■手水
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 もってきたレンズはディスタゴン25mmの他に10-17mm魚眼、150-450mmの3本。

 ほぼマクロな能力を持つディスタゴン25mmはこういう時便利ですね。

■蛙
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 説明書きの上に蛙が乗ってました。他にも観光客がいたけども、誰もこの蛙には気づいていないようでした。

■石段
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 運動不足の体に堪えるこの石段。しかしここはまだ序章です。


 目的の奈曽の白滝までは一旦登って、次はどんどん石段を下っていく。着くころには足がガクガクに。

■奈曽の白滝
■PENTAX K-1 Mark II / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 やっと到着しました、奈曽の白滝。昔来た時はもっと簡単に来た記憶があるんだけど、単に若かったからってことのようです。

■苔
■PENTAX K-1 Mark II / DFA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW



 望遠の使い処がないけども、無理矢理望遠を使用。


 でも望遠を使うとそれなりに撮りたいものが見えてきます。

■飛沫
■PENTAX K-1 Mark II / DFA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW



 滝の写真は他にも撮りましたが、それはまた別の時に温存です。

■奈曽川
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 この吊り橋を渡って遊歩道を進むと、駐車場に近いところに出ました。昔来た時のこの辺の記憶が全くありません。ということで初めて来たような新鮮な気分で楽しむことができました。

 そう言えば、同じく20年くらい前に山形県側の鳥海山麓にある玉簾の滝も行ったなぁと気がつく。この後紅葉が綺麗なころにでも行ってみたくなってきました。

 クラゲだけじゃないってことで、加茂水族館シリーズの最後は屋上です。

■屋上にて
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 ウミネコの餌付けをやっているそうなんですが、アシカショーの終わる時間と被っていたので、屋上に行くことにしました。

■模型
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 屋上に行く途中にあった、加茂水族館の模型。こういうのをマクロで撮るのが好き。



 ちょっとボケすぎた。感度上げてもっと絞ればよかった。



■鳥海山
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 海の向こうには鳥海山。岸壁には釣り人が沢山。

■街灯
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW





 餌付けの現場こそみられませんでしたが、屋上に行くとウミネコが沢山飛んでいました。

 バクダン投下されないように気をつけながら、縦横無尽に飛び交うウミネコ撮影を楽しめましたよ。

■ウミネコ
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW










■漁港
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


 海は穏やか。空も海も鮮やかでした。


 最後は売店で物色。

■さかなクンさん
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 レジの上の方にはあの方のぬいぐるみがありました。わざと隠して置いてるみたいにみえますが、レジ横とかじゃダメなのだろうか。

■売店のアイコン
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 最後に毎回撮ってしまうクラゲのアイコン。お土産を沢山買ってくれるお父さんのイメージでしょうか。ちょび髭がダンディです。

 投稿せずに放置していたら3ヶ月以上も経ってしまった加茂水族館シリーズですが、これにて終了です。正直撮影目的ならゴールデンウィークに行くべきじゃありませんね。水槽前で立ち止まることすら禁止されちゃうので。
 クラゲをじっくり撮りたいなら平日や冬がいいのかも。その分アシカショーで楽しめたから満足でした。

 鶴岡市加茂水族館のアシカショーのつづきです。

 後半はもう一頭のアシカが登場。最初のアシカよりもでかくて迫力があります。

■アシカショー
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW









 おじぎはしっかり。






 サッカーが得意らしいです。安定したリフティングを見せてくれました。






 ゴールまでボールを運んで、シュート!






 シュートが決まったらブブゼラ風のラッパで勝利を祝う。

 GWで激混みだったのに良い場所で見られて、ホントに楽しめたアシカショーでした。

 アシカショースタートです。最初は挨拶して、ちゃんと出来たのでご褒美のサカナ。

■アシカショー
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW






 するとアザラシ2匹もサカナを求めてやってきました。



 まずは前ヒレだけで倒立して歩く芸から。自然ではこんなことする必要も無いだろうから、どうやって教えるのか不思議です。

アシカショー続きは↓の続きを読むからどうぞ。


続きを読む

 クラゲで有名な鶴岡の加茂水族館ですが、クラゲだけじゃありません。ゴールデンウィークで激混みだったので、クラゲ水槽でゆっくり写真を撮ることができなかったけど、アシカショーなら撮影を楽しめそうです。

 ありがたいことにとっても良い天気。

■アシカショー前
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 アシカショーと言いますが、アシカとアザラシのショーなんですね。ショーの1時間前から席を取っていましたが、その間アザラシが2匹好き好きに遊んでいる姿を楽しめました。







写真多めなので↓のリンクから続きをご覧下さい。


続きを読む

 5月19日(土)大曲駅から始発の秋田新幹線で舞浜へ行く予定でした。

 しかし前日の18日(金)に降り続く豪雨。あちこちに警報やら避難勧告やらが出ていて、なんでこのタイミングで・・・と気に病んでいたら、案の定翌土曜日の新幹線は午前運休となっておりました。

■運休中
■RICOH GR



 大曲駅までの道は運良く通れたので、まずは大曲駅にやってきました。朝5時半のことです。

 秋田新幹線は、在来線の線路の外にもう一本新幹線用のレールがひかれている仕組みです。なので盛岡までレンタカーで行くなどの手段を考えて来ていたのですが、どういうワケか在来線は盛岡まで走るそうで、当然それに乗っていくことにしました。

■在来線の車窓から
■RICOH GR



 元々の予定よりも2時間ほどの遅れですが、最悪この日はダメかと思っていただけに嬉しかったですね。

 この後盛岡駅で新幹線に乗り換えて、問題無く舞浜まで到着できました。

■やっと舞浜
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 着いてしまったらこっちのもんです。

 今回は舞浜駅隣のホテルドリームゲート。

 昨年12月にオープンしたばかりのアネックスのほうに泊まります。高架下の空間にできた横に長い不思議なホテルでした。とりあえず荷物を預けて、パークへ向かいました。

 3デーパスポートの一日目がもったい無いので、一秒でも早くインしたいですもんね。

 ということで3日間で約7千枚撮影しちゃったので、これからしばらく今回のネタが続くと思います。

■夜のバルーン
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 二日目のシーからホテルに帰って来ました。

 今日はやや風はあるものの晴天で、気温も涼しく過ごしやすい一日でした。

 明日は3デーパスポート最終日で、ほぼランドにインする予定。35周年を堪能してきたいと思います。

■仙台駅
■RICOH GR




■車窓
■RICOH GR




■線路脇のマンション
■RICOH GR




■田沢湖
■RICOH GR



↑このページのトップヘ