カテゴリ:DigitalCamera > K-1

 ハピネス・イズ・ヒアは撮影する機会がもっとも多かったパレードです。しかし前半はともかく、最後の2台のフロートが位置が高い為か撮りづらく苦戦しました。そんなことも良い思い出かもしれません。














































 既にメディア公開はされていますが、明日からいよいよ35周年イベントがスタートですね。新パレード「ドリーミングアップ」も曲調が好みなので楽しみです。

 ただし天気が・・・。流石はミッキーさん、嵐を呼ぶオトコ。

 2018年4月9日をもって終了してしまいましたハピネス・イズ・ヒア。会社の飲み会のカラオケで歌って、場を変な空気にさせてしまうくらい好きなパレードでした(笑


































 アニバーサリーのパレードって、トコトンお祝いしている雰囲気がいいですよね。今年はついに35周年。happiness から5年、今度は happiest celebration ということで、更にお祝いムードが満々なんでしょうね。5月末頃に行く予定なので、今から楽しみです。

■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

■梅
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 近所の梅の花。

 以前住んでいた大館では、人の家の庭も含め梅の花を見ることがほぼありませんでした。

 梅が咲いたら次は桜。気温は低迷していますが、着実に春めいてきました。

 楽しみです。

■荒れ海
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 由利本荘市郷土資料館は今の住居から近く、ちょっと気になっておりました。本荘ひな街道なる幟が立っており、確認すると雛人形展示のようですね。
 大館に住んでいた時は鳥潟会館の雛人形展示を見にいったりしていたので、こちらでも行ってみることにしました。

■特別展
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 特別展は大人100円、小学生のウチのムスメは無料でした。ちなみの常設展示は無料で見られるようです。まずは雛人形の方を見て行きます。

■雛人形(1)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 狭いけど厳選した感のあるひな飾りでした。単に古いだけじゃなくて、それぞれ個性のあるものを選りすぐった感じです。

 この日つけてきたレンズ、カールツァイス(コシナZK)のディスタゴン25mmは、この為というワケじゃなく、最近使っていないからと久しぶりに特に何も考えずに装着してきたのでした。

 こういう展示品撮りには広角+寄れるというこのレンズが最適と思えます。

■雛人形(2)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK




■雛人形(3)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK




■小物(1)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 ハマグリにしては小さいですね。もしかするとシジミかもしれません。本来ハマグリで行う貝覆いの道具でしょうか。

■小物(2)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK




 お膳セットも惹かれますね。シルバニアファミリーで使ってみたい。





 特別展を見終わって、そのまま帰るのももったいないので常設展示を見にいきました。

■本荘ごてんまり
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK






 常設展示の一角は本荘ごてんまりでした。この幾何学模様を糸で作るなんて想像できませんね。


 ごてんまりの隣は歴史的な資料のコーナーです。

■貝塚
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


 近所に貝塚があったということを初めて知りました。
 地層はぎ取りという手法で貝塚の層をはぎ取った展示です。

■北前船
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 他にもいろいろ在りましたが、船の積み荷表が面白かったので記録的にパチリ。色んなモノを積み込んでいたんですね。

 説明とかじっくり読んでみると思いの外時間が経ってしまうものです。転居した土地の歴史を知ることができると言う意味では、小さくてもその土地の郷土資料館や博物館があるというのはいいことですね。

■パンダ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 こんな写真を載せたら勘違いされそうですね。これは去年の写真です。

■去年の桜
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 でも東京ではもう早咲きの桜が咲いてるんですよね。こっちはまだまだ雪やら凍結やらで大変です。

■滑り台
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 東京ももっと雪降ればいいのになんて邪悪なことを考えたりしましたが、そうなったら物流的に仕事もプライベートも困るので撤回。なんだか悔しい(^^;

 中華定食っぽいの食べたい。

 と、奥方が申すので、中華料理屋をイメージした結果出てきた店に行ってきました。いつか行こうと思っていてなかなか行けなかった近所の店です。

■水餃子
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 店名にもあるくらいだから餃子がウリのようですが、今日は水餃子に惹かれたので焼きは頼まず。モチモチで美味しかった。

■豚角煮麺
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 単品料理にもある豚角煮が乗った麺です。ベースのラーメンはあっさり目なのでバランスがいい。

■麻婆豆腐
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 しっかり山椒が利いていて、豆豉のコクも存在感を発揮する、なかなか好みの麻婆でした。

 他にもメニューが豊富なので、次は何食べようか今から楽しみです。

 もはや一年前と言ってもいいくらい前になってしまいましたが、本荘へ転勤した直後に仁賀保高原にある土田牧場へでかけた時の写真が、手つかずで今更出てきましたw

■土田牧場
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




■土田牧場
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 ジャージー牛の濃厚な牛乳やソフトクリームと、動物にふれあうこともできる人気の観光スポットです。


■鳥海山
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK




■疑似搾乳
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 牛の模型で疑似搾乳体験(体験というほどでもないが)


■どうぶつたち
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK












■牧場の風景
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK






■ソーセージ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK




 普通のとチョリソーを買ってみました。香ばしくて美味しい。
 他のおきゃくさんが食べてたチーズトーストもうまそうだったな。

■仁賀保高原にて
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK









 土田牧場を出て、そのまま矢島方面を遠回りドライブして帰りました。

 途中も絶景スポットが沢山あり、寄り道しまくりでした。冬の間は足が遠のく高原地域ですが、また春になったら行ってみたいですね。

 本荘に転居してからというもの、ホントにネイガーを見る機会が増えましたが、案外撮る機会って少ないものです。

 今日は由利本荘市文化交流館カダーレで行われた米まつりに行ってきました。主目的はムスメのヒップホップダンス出演の為なんですが、その前にネイガーショーを見ることができましたよ。

■ネイガーショー
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 ハンカクサイが久しぶりに出てる!と思ったら、今はデザインも変わって名前もハンカクセエになってるんですね。
 撮りはじめた時には既にタタカイは始まっていて、一枚目はスコタマハンカクセエに苦しめられるネイガーから。




 スコタマハンカクセエを倒しても、だじゃぐ組合主任ハンカクセエとのタタカイが待っているのです。



 背中にはアネコムシらしく屁の一文字が輝く。



 こうしてみると初代ハンカクサイとは完全に違うモノですね。



 しかし初代と同じくタロンペソードは健在でした。しかしネイガー、苦戦するもみんなの声援の力で勝利!



 この後、ムスメの集合時間が近づいて一旦ステージから離れている合間に第二部。



 後半で、青森のラッセイバーが出てきました。



 実物は初めて見ましたが、下北アックスって持つところそこなんですね。てっきり六カ所の辺りをもつものだとばかり・・・。




 ネイガープロジェクトも色々紆余曲折あったようですが、今見ても楽しいですね。やっぱり地産地消のご当地ヒーローらしく、秋田県人だから笑えるネタが沢山あります。

 以前踊る大捜査線の映画を見にいったとき、最後のシーンで放ったギバちゃんのセリフで場内に笑いが巻き起こったことを思い出します。



 今は仕事でもネイガーの地元近辺に行くことが多いので、応援する気持ちも高まってきました。変化は必要。でも大事にするべきところもまた必要。時代に流されずにこれからも活躍してほしいですね。

 東京でも大雪だったりとたいへんな冬ですが、七夕ディズニーの続きですよ。

■アドベンチャーランド入口
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 この時は午後4時にはパークを後にしないといけないので、ノンビリもできないのです。

 ムスメの乗りたいアトラクションを廻るだけでギリギリですw


■七夕飾り
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 またワールドバザールに戻ってきました。

■バルーンベンダー
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]




■ワールドバザール
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]




■スティッチエンカウンター
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 初のスティッチエンカウンターです。

 ウチは無事弄られませんでしたが、弄られた人は最後まで弄られ続けて大変そうでしたよ。



■店番
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]




 そろそろタイムアップです。パチリパチリとスナップしながら、帰る方向へ。


■先輩後輩
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]






■リゾートライン
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 そしてパークを後にしました。

 次は余裕のある日程でインしたい。

■舞浜駅前ロータリー(1)
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]




■舞浜駅前ロータリー(2)
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]




 最後に綺麗な空が見られたのがよかった。

■舞浜駅前
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




 これからパークへ向かう人達が沢山いる中をかき分けて、改札を抜けるのでした。

↑このページのトップヘ