タグ:夜景

 最後はミラコスタ下を通ってエントランスへ。

 流石に夜のプラザは人が多いです。

■アクアスフィア
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW






 最後にイースターの装飾ということで、記録的にこんなのも撮っておきました。

■グーフィー
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




■チップ&デール
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




■ミッキー&ミニー
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




■ドナルド&デイジー
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 いつもとはちょっと違った雰囲気のイラストがオシャレ感を醸しております。


 最後にアクアスフィア周辺で撮影。

■花壇
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




■シルエット
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 楽しそうにしている雰囲気をシルエットで残せたかな。

■エントランス
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 18時からたったの4時間ではありますが、充実した楽しい時間を過ごせました。

■ディズニーシーステーション
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited





 カメラを仕舞う前に、ここを撮っておしまい。

 後は京葉線で出張で泊まっている某ホテルへ帰るのみ。当然帰ってからはビール飲みつつ撮影データをMacへ転送。その日の成果を見ながら飲むビールは殊更美味いです。



 さて、2017年春のシーのネタは今回でおしまい。

 ソロでのインも楽しかったけど、次は家族で行った2018年春。

 35周年のランドとシーの話がしばらく続く予定です。

 よろしくね。

 2017、つまり去年の写真ですが、まだもうちょっと続きます。

 ザンビーニで独り気ままにビールとパスタをいただきまして、気がつくと閉園時間目前。そろそろ戻りましょう。

■ザンビーニ裏にて [1]
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 せっかく人の姿も疎らになったので、トラッシュカンの上にカメラを置いてRRS撮影をしてみました。

 2018年の今はK-1兇発売され、手持ちでもRRSができるようになってしまいましたが、この時はこうして固定しないとムリでした。

■ザンビーニ裏にて [2]
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited / RRS



 構図を変えてもう一枚。拡大して細部を見ると息を吞む描写です。

■ザンビーニ裏にて [3]
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited / RRS



 後は手持ちで路地裏をパチリパチリと撮りつつ帰る方向で。

■路地裏の花
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




■窓
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




■獅子
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




■IL POSTINO
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




■ハーバー
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




■プロメテウス
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




■街灯
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




■街灯とSSコロンビア
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




■街灯とプロメテウス
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




■花飾りの街灯
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




■ミラコスタ下
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




 70-200とFA31Ltdがあれば、他のレンズが要らないくらい盤石の組み合わせでした。

 次回、2017年5月のディズニーシーのラストです。

 アフター6パスポートでインして、BBBからのファンタズミックで大満足し、その後はシーの夜景を楽しみます。

 実はまだ夕食らしきものは食べていないのですが、それよりも気ままに撮影できるのが楽しい。

■McDuck's Department Store
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 マクダックおじさんの店はダッフィーグッズ人気で結構混んでました。頼まれたものを購入し、店内から外をパチリ。


 そこからパラッツォカナルへ移動。夜のシーの中でも特に画になるエリアですね。

■Palazzo Canal [1]
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




■Palazzo Canal [2]
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




■Palazzo Canal [3]
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




■Palazzo Canal [4]
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 花とコラボでも色々撮ってみる。色々試しているとどんどん時間が過ぎていきます。

■Palazzo Canal [5]
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




■ShowWindow
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 イースターの装飾をあまり撮っていなかったので、ちゃんとおさえておきます。

■Mickey&Minnie
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




■MiraCosta
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




■Easter Mickey
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




■Easter Minnie
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited




 ビールしか口にしていない状況で気がつくと21時目前。我ながらアホです。

 この時間でギリギリ営業しているのがザンビーニブラザーズレストラン。

 スーツ姿のアラフォーサラリーマンが一人で入るにはなかなか精神のハードルが高いのですが、僕はそろそろそういうのが麻痺してきているようです。

■Zambini Brothers' Ristorante
■PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 独りだけど最初からビールを2杯注文し、外の藤棚席へ。

 どうにも寂しい光景と見られそうですが、当の本人は藤棚を眺めたり、撮った写真を見返したりしながらビールをごくり。シアワセのひとときです。

 こんなことをひとに話すと、よく独りでそんなことできるなと驚かれたりします。けどやっぱり楽しいんですよね。

 5月19日〜22日の3泊4日で舞浜に行ってきました〜(^^)/

 そんな書き出しで行こうかと思っていたら、Lightroomに未処理で残っていた「2017年」のディズニーシーでの写真に気がつきました。日付を見ると、2017年5月22日・・・丁度一年前じゃないですか。

 東京出張の時に夕方からアフター6パスポートでインした時のことです。

 とりあえず今年2018年の写真はまだ未処理なので、その間に昨年の分を出しておきましょう。



 東京出張は研修なのでキッチリ定時または定時前に終わっちゃったりします。そのまま最寄りの京葉線の駅である越中島からあっという間に舞浜に到着。

■リゾートゲートウェイステーションにて
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 ディズニーリゾートラインでシーに移動。その前にイースターの装飾をまずは撮影しておきます。

 アラフォーサラリーマンがソロでこんなのを撮ってるというものアレですが、意外とそういう人はいるもので、やっぱり都会は違うなと安心するのでした。




 インしてまず向かったのは当然ここ。なぜならアフター6パスポートでインすると最終ギリギリなんです。パークチケット買ってすぐ抽選しましたが残念ながらハズレ。なんとか2階席の列に滑り込みました。

■ブロードウェイ・ミュージックシアター
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 2階席の一番後のほぼ真ん中ということで、天空から見下ろす神のような気分になる席でしたが、流石にステージまで遠いです。オペラグラスが欲しくなります。

 しかしやっぱりビッグバンドビートは最高です。これを見終わって外に出ると、心の老廃物がスッキリ無くなった気分になります。心のデトックスですね。

 隣の席はどうやら初めてか来慣れていないゲストさん(家族)で、隣の席のサラリーマンが最初から手拍子でノリノリになっているのをどう感じておられたのか気になるところではあります。




 ビッグバンドビートが終わった頃には既に日が落ちかけています。丁度ファンタズミックまであと1時間というところ。

■フォートレスエクスプロレーション
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 ソロでシーにインしたときは必ずファンタズミックを鑑賞しています。夜風に吹かれつつビールを味わいながらファンタズミックを待ってる時間が好きなんですよね。

 時々対岸を撮ったりしつつ、基本的にはハーバーBGMを聞きながらビールです。

■SSコロンビア
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 ショー待ちなので動かずに辺りを撮っていますが、それでもシーの風景は画になるところばかりです。

■ハーバー周辺
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 30分前になるとハーバーはショー待ちゲストで埋め尽くされていました。

 15分前からYanniの曲にBGMが変わりますが、この曲も好きなんですよね。


■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 後を通過するERWを流し撮り。

 just few minutes が聞こえて、そろそろファンタズミックのスタートです。

■カダーレのイルミ
■RICOH GR


 由利本荘市文化交流施設カダーレにて撮影。

■モノクロ川反
■RICOH GR



 まだまだ今期の決着はついていない状況ではありますが、ちょっと早めのおつかれさん会。4月に入ればまた歓送迎会とかあるだろうから。

 ということで本荘に住んでいる僕としては、毎回ビジネスホテル泊になるのが大変だけどまぁしかたない。

■会場に到着
■RICOH GR



 今回は初めて来る店でした。大町四丁目にある紅がら屋です。

■店内
■RICOH GR



 古民家風な店内で、美味そうな魚を焼いていました。

■カラスガレイ
■RICOH GR



 その魚が最初に登場。串に刺さったまま脂を垂らすカラスガレイ。フワフワで美味しかった。

 今でこそ文化が変わって来たけどウチの会社は昔から体育会系だったので、僕のように飲み会で食べ物の写真を撮るような人は極めて変わったヤツというポジションです。なのであんまり写真は撮らずに食べて吞んで、気がつくと二次会。

■飲み屋街のイルミ
■RICOH GR



 その二次会も終わって店の外にあったイルミをパチリ。EXIFを見ると既に1時33分でしたが、さらに次の店へ。

 最後は秋田で吞むとかならず行く店で軽く吞んで終了でした。ホテルに帰って、寝たのが3時半。翌日はワリとスッキリ起きられたんですが、流石に眠かったです(^^;

 もう半年くらい前になってしまった秋田市での飲み会前後のスナップ。

 夜景とブリーチバイパスの相性がなかなか良いね。

秋田市役所付近
RICOH GR / 1:1 / ブリーチバイパス



川反の新政看板
RICOH GR / 1:1 / ブリーチバイパス



バーのひととき
RICOH GR / 1:1 / ブリーチバイパス

 カウンターでちびちび飲みながら、オッサン二人(我々)でディズニートークしてました(笑)

紀文の千秋麺(小)
RICOH GR / 1:1

 川反で飲んだ後の定番。酒に爛れた胃に、優しい味のスープが染み渡る。

すずらん通り
RICOH GR / 1:1 / ブリーチバイパス



夜の薬屋
RICOH GR / 1:1 / ブリーチバイパス



官庁街
RICOH GR / 1:1 / ブリーチバイパス


 GRは暗所AFが弱点で、サッと撮りたい時にAFが迷いまくるとちょっと困りますね。GR兇藁匹なってそうですが、今更兇鯒磴Δ茲蠅廊靴鯊圓辰討澆燭ぁL簑蠅呂い捗个襪分からないことか。

東富橋
RICOH GR / カスタムイメージ:ハイコントラスト白黒



 ある東京の夜のこと。


PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 毎年秋になるとキャンプしたくなってお世話になる田沢湖キャンプ場。今年も行ってきました。

 土日だけのあまりゆっくり出来ないタイミングで、土曜日も夕方まで大雨というコンディションだったんですが、夜には星空が見られました。天気予報見た時点で三脚持っていくのを止めようかと思っていたんですが、持っていって良かった。

 今回は屋根付きバルコニーがあるバンガローを予約。バルコニーはレンガ敷きなので焚き火台で焚き火も出来るという素晴らしい環境。雨の心配もなく楽しめました。

 今は年一回だけど、来年辺りからはテントも欲しいし、回数増やしたいですね。



 MacBookProのドライブ容量が満杯に近くなり、未処理の写真データを整理していました。最近はBlogの毎日更新するのを止めたこともあって、日常的に撮っている写真が殆ど未処理で溜まっていました。

 今日の写真は春頃の秋田で飲み会した時のもの。普段は素の設定で撮りますが、この時はカスタムイメージをブリーチバイパスにしてスクエアフォーマットにしてみました。




 飲み会自体は会社の行事なので写真は撮らず、その後会社のセンパイと行ったバーで一枚。


 バーのカウンター隅っこの席でヲッサン二人何を話すかというとディズニーの話だったりしますw




 バーでじっくり飲んで語った後は、シメのラーメン。



 川反で吞んだ後の定番、紀文の千秋麺(小)が丁度良い。



 解散後は僕は徒歩でホテルへ。



 深酒していないので、手持ちスローシャッターもまだまだイケます。



 2km程度ですが、飲み食いの後は丁度いい腹ごなしになります。









 吞んだ後のぶらり歓楽街撮り歩き。なかなかに楽しいですね。手ぶれ補正のないGRですが、しっかり撮ればこの暗さでも十分撮れました。

 今のところGR2に買い換える強い動機はありませんが、次のGR3(仮)では暗所のAF強化と高感度耐性のアップ(K-70のセンサならいけるかも)、可能なら手ぶれ補正が入ったら嬉しいですね。

 もしそこまで進化したら間違い無く買い換えるでしょう。なかなかGR後継機が出てこないのはその辺に苦戦しているからかも。


by RICOH GR / 1:1Cropped
◆ラーメン以外はカスタムイメージ:ブリーチバイパスで撮影

↑このページのトップヘ