タグ:水族館

 先週の木曜日に内示が出まして、大館に来て9年目にして転勤することになりました。



 勤務先は本荘。でもムスメが小学校入学のタイミングなので、引っ越し先の学区の小学校に入学式からスタートするには色々とハードルがありました。会社の社宅規定とか、通勤手当の規定とか、教育委員会や小学校のこととか、色々が絡み合ってなかなかスッキリしない日々を送っています。





 何はともあれ、大館で入学式をやって即転校なんていう残酷な体験は絶対させたくないので、会社にも色々掛け合ったり色々と策を講じております。こんなに神経をすり減らすのは久しぶりです。



 土曜は仕事だったので、日曜を引っ越しの事前準備で部屋の片付けや、今は使わないものを梱包したりに使いました。ムスメにとってはそういう日々では鬱憤も溜まるものです。


 それに転勤したら当分気軽には行けなくなるだろうということで、今日は青森に行ってきました。



PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 早めに青森西バイパスのマエダガーラに行き、昼は開店と同時に長尾中華そば。

 ごぐにぼ美味かった。



 それから浅虫水族館に移動して、ムスメが好きなイルカショーを見て、水族館を満喫するという過ごし方でした。



 転勤が決まってからは、友達と別れるつらさとか色々な変化が急に押し寄せてきた反動で、ちょっと赤ちゃん返りみたいな甘え方したり、普段は言わないようなワガママを言ったりしてきていたので、気持ちの整理がつかない様子を見るのが辛かったのです。今日の浅虫水族館が少しでも辛い気持ちを和らげることになってくれればいいなと思いました。


 今週はムスメの卒園式と、僕は会社での転勤に伴う手続き、そして元々決まっていた仕事でヘビーな日々になりそうです。



 早くなんでもない日常に戻りたい・・・。



 今日の写真は、浅虫水族館のイルカショーの一枚。思いっきりマイナス補正して、イルカをほぼシルエットにしてみました。


 しばらく放置してましたが、鶴岡市立加茂水族館での写真の残り。これでラストです。
 クラゲコーナーを楽しんだ後は屋外へ。水族館の後半と言えば海獣ですね。

 外は雨だったので人はまばらでしたが、エサやりなんかを眺めて楽しめました。



 空はこんなにどんよりしてます。


 屋内へ戻って出口へ向かうルート。


 このクラゲアイコンがカワイイ。


 最後は売店。クラゲがありとあらゆるお土産に絡んでおります。




 売店やレストランのアイコンもクラゲ。徹底していることが強さですね。


 水族館自体の規模はそれほど大きくありませんが、それでも時間をかけてタップリと楽しむことができました。


by PENTAX K-3 / HD DA40mmF2.8 Limited



 色んな演出で魅せてくる水族館のスタイルも楽しいけど、僕はこういう研究施設でもあるんですよ的なコーナーが好きです。



 顕微鏡でクラゲの幼生をモニターに映していたり、



 成長の段階を追って観察できたりするのがとても楽しい。
 



 ほぼ大人の姿になったクラゲが漂う小さな水槽も並んでいました。しかし華々しさがないからか、人が少なくてじっくりタップリ観察して楽しむことができましたよ。















 いよいよ次は光るクラゲのコーナーです。


by PENTAX K-3 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 鶴岡市立加茂水族館でのネタを再開。いよいよこの水族館の本丸であるクラゲコーナーへ。



 レンズ前数センチまで寄れるディスタゴン25mmは、水槽のガラス越し撮影にぴったりでした。

 クラゲは思ったよりも元気によく動く。このレンズはMFなので大変ですが、それもまた撮影の楽しみの一つだったりします。









 ユウレイクラゲの一部をドアップで。こんなのもこのレンズだからこその一枚。






 このクラゲを撮っていると、紫陽花をマクロで撮っている気分になってきます。



 よく動くヤツ動かないヤツ、いつも逆さなヤツ、ただ流れに翻弄されるヤツと、クラゲも様々で、見ていて飽きませんね。


PENTAX K-3 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 さて、一ヶ月前の話ですが、鶴岡の加茂水族館に行ってきました。

 大館からだと4時間くらいかかりますね。その前に酒田でラーメン食べてから来たので、もう午後の2時過ぎています。最終の入館時間が16:30なので結構遅めではあります。

 この日は雨が降っていました。秋田県北部や内陸は雪だったんですが、秋田市を過ぎて本荘、仁賀保、金浦、象潟と進むウチにどんどん雨になっていきました。流石は南の国。



 入館直後、こんな謎の存在に迎えられました。



 外を見るとまさしく冬の日本海です。雰囲気出す為にモノクロで撮ってみました。



 この加茂水族館はクラゲで有名ですが、入ってすぐは近海の生き物たちコーナーです。









 めっちゃ呼吸してるホヤ。美味そう。


 そしてへばりついているタコ。巨大すぎて最初はタコが居ることを認識できないくらい巨大。






 ムスメも最初気づかずに、その後気づいてビビるの図。



 ハゼ・・・かな? ボーッとしててカワイイ。



 タッチプールコーナーではナマコ、ヒトデ、ウミウシと軟体生物をじゃんじゃんつかみ上げておりまして、なかなかのチャレンジャーです。



 ちっちゃい水槽に入ってたクラゲ。このあとクラゲだけのコーナーに突入する前にまずは小手調べ。



 そして寝ているタコ。

 軟体動物でイカとタコだけが獲得したレンズ眼。そのお陰で寝ている姿にも表情が見られて、なんとなくカワイイような、親近感を抱いてしまうような不思議な感覚を覚えるのです。


PENTAX K-3 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 仙台うみの杜水族館での写真は今回でラスト。最後はプラナー85mmF1.4付けっぱなしで、まずはまた最初の大水槽を撮ってみました。



 エイってどういうワケか撮っちゃうんですよね。青森の浅虫水族館のでっかいマンタほどではないにしろ、やっぱり追ってしまいますね。


 それにしても85mmF1.4はピント激薄なので難しい。MFだし。




 極薄ピントでMFというピーキーなレンズを使うことにカタルシスを感じ、そのまま海獣コーナーへ。

 まずはあまり動かないペンギンで練習。目にピントを合わせるのがかなり至難の業です。SONYのα7SではEVFでピーキング機能を使うことで、毎回ほぼジャスピンだったんですが、OVFは暗いシーンでは不利ですね。それでもOVFがスキなんですが。












 ビーバーは延々と腹をボリボリしていて、見ている客から笑いが起こっていました。けど当の本人は、分泌される油を塗って、水中での仕事に備えてるんですよね。見た目はやっぱり面白いけど。



 さて、一通り見て回っていよいよ帰る時間。



 クリスマスツリーの周囲にもひとけが無くなってきました。



 フードコートのトレイ回収口は、ちょっと返しに行きづらい^^;




 イスがカラフルでついついパチリ。

 と、これにて12月の仙台うみの杜水族館での写真は終了です。

 んで、この後鶴岡の加茂水族館が控えているので、しばらくディズニーと水族館ばっかりになりますが、管理人はネタ切れしているのに新ネタを仕入れず読書の日々なのです。

 どうぞよろしくお願いいたします。


PENTAX K-3 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK


PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 イルカショー終了後のプールですが、すぐ向こうに産業道路と上を走る高速道路が見えます。面白い立地ですよね。


 さて、ずっと外にいて寒かったので、まだ見ていないコーナーを見に中へ。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 ちっちゃいペンギンが居ました。


PENTAX K-3 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 しかし目つきは異様に鋭い。


PENTAX K-3 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 隣にはじつにうまそうなロブスターが。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 アマゾンコーナーでは、巨大魚ピラルクの隣をちっちゃいカメが悠々と泳いでいました。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 松島水族館のころからイロワケイルカが居ましたが、その時からのヤツなのでしょうか。



 そしてちっちゃい水槽コーナーへ。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited


PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 アヤシイ照明を浴びて、ヤドクガエルの背中が光っていました。毒が無ければカワイイのに。



 そして僕の目を釘付けにしたチンアナゴ水槽。


PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited


PENTAX K-3 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited
 
 こりゃチンアナゴ畑ですね。

 ずっとゆらゆら揺れていて、いったい何を考えているのだろう・・・。



 後半は定番のイルカジャンプです。

 流石は八景島からやってきただけあってベテランのようですね。









 昨日の更新で、イルカとアシカのキャッチボールの事を書きましたが、実際はイルカジャンプの後でした。

 既に記憶が曖昧です。スミマセン(^^;






 一回失敗しましたが、二回目で成功!

 今度こそ決める!という意思がどことなく伝わってくるようでした。



 最後は集団ジャンプでハデに締めくくり。












 クリスマスなので、最後はこんなサービス。サンタ帽を被せて・・・






 呼吸孔でプシュッ!と帽子を飛ばして、観客もビックリ。楽しいサプライズでイルカショーは幕を閉じました。

 また見に行きたくなるショーですね。今度行くなら夏かな。



PENTAX K-3 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



 この日最後のイルカショーは、12月ともなると日没前になってしまいます。

 もうちょっと早い時期なら、飛び上がるイルカに夕日の斜光が差して綺麗だろうな・・・なんて思っていました。




 ショーが始まる前から、イルカとのやりとりは始まっていて、ちゃんと言うことを聞くイルカがカワイイ。






 ふざけて客席前まで飛び込んできては、ぐったり寝転がったままゆっくりとプールに滑り落ちる。

 これで笑いを取っては調子に乗るやつもいました。賢いというか、人間味まで感じてしまいますね。




 それではイルカショーのスタートです。






 イルカショーとは言ったけど、始まってすぐアシカショーにバトンタッチです。









 ボールを使った芸は安定していてベテランの職人芸のようでもある。

 イルカとアシカがキャッチボールするのとかは、お互いの息が合わずに何度かリトライしたけど、それも違う動物同士のやりとりを見られる貴重で楽しい時間でした。



 後半は再びイルカショーです。


PENTAX K-3 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

↑このページのトップヘ