タグ:海


RICOH GR

 久しぶりに風も穏やかで雨も降らない一日でした。

 車内にいると日差しはまだまだ暑いと感じますが、窓を開けると吹き抜ける風はもう秋そのものです。


RICOH GR + GM-1

 いよいよお盆休みに入りました。15日までの5連休ですが、こんなに長い連休を取れるのは久しぶりです。

 毎年、お盆は基本的にのんびりして過ごしています。出かけると行っても墓参りくらい。本荘からだと両方の実家に墓参りに行くのも近くて楽です。

 それでは皆さん良いお休みを。

 やっと訪れた休日・・・ですが、今日は6時起床でした。

 今日は本荘マリーナ海水浴場のクリーンアップに参加するので早起きなのです。

 7時20分集合、7時半開会式らしいです。



 会社では社会貢献活動に最低限1回参加しなくちゃならないので、今回は僕が幹事としてちゃんと早めに到着しておかねばなりません。


PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 由利本荘市とその近辺の会社も沢山参加しています。旗とか揃った服とか、みんな気合い入ってますね。



 クリーンアップ専用のゴミ袋と軍手(片手/人)を支給されます。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 知らぬ間に開会式が始まっていて、そのままクリーンアップスタート。



PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 毎年そうらしいのですが、事前に重機で主なゴミは浚ってしまっており、そんなにゴミは多くありません。



 このクリーンアップをもって、海開きとなるようです。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW





PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 人力で収集が辛い大物はこうして一カ所に集めておくようです。

 この流木で焚き火したら楽しいだろうなぁ。


PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 開始から30分程で雨がぱらついてきました。主立ったゴミはほぼ無くなり、あっという間に人も居なくなります。


PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 最後に発見した大物のロープを回収して、ウチもこれにて終了。

 他の会社では収集した成果と一緒に記念撮影していましたが、ウチは参加者それぞれ用事があるので開始前に記念写真を撮っておきました。

 ということで自由解散。ウチが一番最後です。




PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 帰り道で見つけた大量のノウゼンカズラ。


 いよいよ夏ですね。


PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 海にこんなに近いところに住んだのは初めてです。ムスメも大館育ちなので、海で遊ぶというのが身近ではありませんでした。

 今日は午前中に生協の親子料理教室に参加し、一旦家で休憩してから夕方に本荘マリーナへ出かけてみました。

 6時も近いころでも泳ぐ人、釣りする人、散歩する人、犬も散歩と各々で好きなように海岸を楽しんでいるようで、生まれも育ちも内陸な僕としても新鮮な感覚でした。

 ちなみに今日のレンズは魚眼とDFA★70-200。この2本で殆どのシーンを撮れますね。今のところの最強コンビかもしれません。

 以前のように買ったレンズを付けた写真とかを用意するのが面倒になってしまい、いきなり実写から入ってしまいます。
 5月の東京出張の時に購入した魚眼レンズ「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]」で、天気がよかったので海を撮影しました。ほんの10分程度確保できた束の間の昼休憩でのことですが、新しいレンズは楽しいですね。


 ちなみにタイトルは、 魚眼活動=魚活 です。鮮魚店ではありませんよ。




 ということで一枚目はまず魚眼らしい一枚。久しぶりにカメラ内現像機能を使いました。Exファインシャープネス強めと、ポジプリント調にしています。




 そしてこのレンズを買うに至った要因の一つに、Lightroomの機能によって化けるという情報。

 こちら>酔人日月抄 の方があしかがフラワーパークでの写真で紹介されていた、LightroomCCのレンズ補正機能の歪曲補正を使うという内容です。



 もともとは魚眼らしいこんな写真ですが、




 右側のレンズ補正機能をONにして、



 歪曲補正のスライダをぐぐっと右にもっていくとあら不思議。  

 ワリと普通の超広角写真になってしまいました。


 Exifでは焦点距離15mm。PENTAXで15mmの超広角レンズはなかなか貴重です。DFA★のズームはもの凄くお高いですし。





 水平線を中央にもってきてきちんと水平を取った写真だと、こんな感じで魚眼で撮ったようには思えない写真に仕上がりますね。今まで色んなカメラとレンズをとっかえひっかえ使ってきたけど、魚眼はというとQの時の 03 FISH-EYE くらいでした。
 このレンズは元々PENTAXのデジタル一眼レフ初期の頃からあるレンズなんですが、ここに来てまさか購入するとは思っていなかったですね。

 ロードマップにはフルサイズ対応の魚眼ズームが予定されていますが、正直いつ出るか分からないし、出たら出たでその時考えればいいので、今はこの魚眼で楽しみたいと思います。今度のディズニーでの使用が楽しみです。

by PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

↑このページのトップヘ