タグ:花

■コスモス
■RICOH GR







 駐車場のすぐ脇に咲いていた秋桜です。青空に良く映える。

 清々しい一日でした。

■朝顔
■RICOH GR



 雨なら雨の景色を。

 今月から片道約4kmの徒歩通勤を始めました。

 カメラと共に徒歩通勤する為にPeakDesignのエブリディバックパックを導入し、毎日カメラと共に歩いています。

■白猫
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 車通勤では猫を見つけても停まって撮るなんて当然ムリですよね。

 この日は何となく広角のディスタゴン25mmを付けていたので、かなり寄らないと撮れませんでした。

■黒猫
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 別の日には黒猫が同じ場所にいました。この日はマクロプラナーなので、夕暮れの薄暗さの中でピント合わせに四苦八苦。

■河川敷
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 魚眼の日はこんな写真を。河川敷に沢山咲いている花ですが、名前がわかりません。

■夕暮れの本荘市内
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 今年の夏はかなり暑いけど、その分いい夕焼けに出会えている気がします。

■夕焼け
■PENTAX K-1 / DFA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW



 最後に超望遠で切り取った夕焼け。

 DFA150-450を持ち歩くのは流石に重かったです(^^;

 ネタが切れてきたと思ったら、出していないネタがありました。

 連日猛暑の日本列島ですが、春の穏やかな菜の花畑の写真を出してみます。

■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



 85と25の2本体勢で挑んだ菜の花撮り。特に85mmはピントに苦しみましたが、バッチリ撮れると嬉しいですね。

■睡蓮
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



■花
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 いよいよ40歳の大台に乗りました。Around 40じゃなくてJust 40 です。

 体があちこち痛いし、太ってきたので運動もしないと、と改めて思い直すのでした。

■法面
■RICOH GR



 まだ梅が咲いている頃の西目にあるハーブワールドにて。めちゃくちゃ寒い日でした。

■梅(1)
■OLYMPUS OM-D E-M10Mk / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO



 マイクロフォーサーズで絞りF4だとボケ量はたいしたことありませんが、それでも200mm相当(100mm)だとそれなりにボケてくれますね。

■梅(2)
■OLYMPUS OM-D E-M10Mk / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO





 寒い&風が強い日だったので、足早にぐるりと巡って帰ることにしました。

■ビオラ
■OLYMPUS OM-D E-M10Mk / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO



 ビオラの花壇は望遠の圧縮効果を使わないと疎らすぎて画になりません。こういう時には信頼できる画質と高倍率ズームの利便性を兼ね揃えたこのレンズが頼りになりますね。

 ペンタックス止めるつもりはないけどE-M1Mk兇睛澆靴なってきます。

■鳥海山
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 本荘公園の一番上の端にくると、向こうに鳥海山。霞んでいましたがそれでも桜と一緒に撮りたい。

 ということでF16まで絞って撮影し、Lightroomでかすみ除去してこんな感じです。ちなみにセンサーに汚れが付きまくっていて、スポッティングもしています。

■尾崎小学校とカダーレ
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 見下ろすとすぐ隣に尾崎小学校、奥に由利本荘市文化交流館カダーレが見えます。

■落椿
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 上の桜も綺麗ですが、下の椿も綺麗でしたよ。

■桜のトンネル
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 ふたたび人でごったがえすエリアに戻ってきました。人は多いけどソメイヨシノに囲まれ感があるのはこっちですね。

■上から見下ろす
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 下の道路沿いも見事に満開のソメイヨシノ。

■もっかい魚眼
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 ワンパターンですが魚眼で寄るのはやっぱり楽しい。

■グリーン寄り
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 WBやカスタムイメージを弄って色々撮ってみました。

■ふんわり
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 青空と桜のピンクを強調したこの色合いがやっぱり好きですね。

■濃いめに
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 枝垂れもありました。

■松林と
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 駐車場に戻る途中の一枚。

■正門
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 おもいっきり旬を逃してしまいましたが、2018年の本荘公園さくらまつりの様子でした。

 毎年同じような写真しか撮っていませんが、それでも飽きずに楽しめる桜って不思議です。

 本荘公園さくらまつりの続きです。

 出店があって人混みが凄まじいエリアを後にして、もっと上に登ってきました。敷物を敷いてお花見をするグループがちらほらいるくらいで、人は疎らです。

■ハイコントラスト魚眼
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 魚眼は使い処が難しいけど、ハマルと楽しいですね。

■なぜかインコ
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 高さ、直径それぞれ3mくらいありそうな鳥小屋があって、中にはインコがたくさん。こんなのがあったとは知りませんでした。

■花の影
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 とにかく天気がいいので、鳥居に写る花の影も綺麗です。

■鳥居
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 WB太陽光では白すぎて、曇天や日陰だと赤っぽくなるので、色温度5800kをベースに調整したWBを使用しています。この色合いが好き。

■マクロ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 ソメイヨシノ以外の桜もありました。小さい木でしたが咲き具合は見事です。

 低い木なので今度はマクロにチェンジ。

 風に揺れる花の蘂に、MFで合わせるのはかなり苦労しました。



■低彩度で
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 ソメイヨシノは逆光で飛ばし気味に。

■鮮やかに
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 青空の水色に濃いピンクの対比が綺麗でした。

■蘂を狙う
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 蘂にMFで合わせるにはOVFではほぼムリですね。LVで拡大表示してやっとぴたりと合わせられました。


 つづきます。

↑このページのトップヘ