タグ:青森


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 東北自動車道津軽SA(下り)からの岩木山。今まで何度も撮ってきた風景ですが、これが撮り納めになるかもしれません。そして望遠で撮るのは初めてかも。

 先週の木曜日に内示が出まして、大館に来て9年目にして転勤することになりました。



 勤務先は本荘。でもムスメが小学校入学のタイミングなので、引っ越し先の学区の小学校に入学式からスタートするには色々とハードルがありました。会社の社宅規定とか、通勤手当の規定とか、教育委員会や小学校のこととか、色々が絡み合ってなかなかスッキリしない日々を送っています。





 何はともあれ、大館で入学式をやって即転校なんていう残酷な体験は絶対させたくないので、会社にも色々掛け合ったり色々と策を講じております。こんなに神経をすり減らすのは久しぶりです。



 土曜は仕事だったので、日曜を引っ越しの事前準備で部屋の片付けや、今は使わないものを梱包したりに使いました。ムスメにとってはそういう日々では鬱憤も溜まるものです。


 それに転勤したら当分気軽には行けなくなるだろうということで、今日は青森に行ってきました。



PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 早めに青森西バイパスのマエダガーラに行き、昼は開店と同時に長尾中華そば。

 ごぐにぼ美味かった。



 それから浅虫水族館に移動して、ムスメが好きなイルカショーを見て、水族館を満喫するという過ごし方でした。



 転勤が決まってからは、友達と別れるつらさとか色々な変化が急に押し寄せてきた反動で、ちょっと赤ちゃん返りみたいな甘え方したり、普段は言わないようなワガママを言ったりしてきていたので、気持ちの整理がつかない様子を見るのが辛かったのです。今日の浅虫水族館が少しでも辛い気持ちを和らげることになってくれればいいなと思いました。


 今週はムスメの卒園式と、僕は会社での転勤に伴う手続き、そして元々決まっていた仕事でヘビーな日々になりそうです。



 早くなんでもない日常に戻りたい・・・。



 今日の写真は、浅虫水族館のイルカショーの一枚。思いっきりマイナス補正して、イルカをほぼシルエットにしてみました。

 八戸市水産科学館マリエントを後にし、時間は正午を過ぎていましたが、すぐ近くの蕪島神社は行っておかないともったいない。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 蕪島神社に到着。すると完全に工事中で石段も登れませんでした。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 神社のすぐ横には小さいながらも立派な休憩所が出来ていて、中に入ると休憩所というより観光案内所のようになっていました。

 考えてみれば前回蕪島神社に来たのは震災よりも前の事。ここも震災で結構大変なことになったので、その復興工事がまだ続いているということなのだ。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 ウミネコの姿が無いなと思い、海の方を見るとちゃんといましたよ。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 駐車場の隅にはリクネコも潜んでいました。



 MFの85mmF1.4を付けてそろりそろりと接近してみます。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 向こうから様子を見に来るように歩いて近づいてきました。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 みんな何を考えているのか分からないけど、いい顔をしています。

 この前の日曜日、珍しく晴れるので急遽八戸に出かけてきました。

 子どもってどんなきっかけで何に興味を持ってくれるのか分からないので、まずは八戸市水産科学館マリエントに行ってきましたよ。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

 鮫駅の前にはまさにジョーズの頭が。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK

 海側の道を行かずに商店街側の道を行くと、踏切の向こうに目的地マリエント。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 ぐるっと廻って、下の駐車場に駐め、海をみると夥しい数のウミネコ。すぐ近くの蕪島はウミネコで有名ですからね。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 ということでマリエントへ入場。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 入場券を買ってすぐのところにドクターフィッシュの水槽がありました。

 手を入れるとスゴイ勢いで群がってきます。くすぐったいようで気持ちいいような不思議な感覚です。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 水産科学館というだけに、普通の水族館とは趣が違います。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 この時は卒業おめでとう展ということで、地域密着型な催しでの展示がメインでした。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


 展示を見ていると、深海水圧実験をやりますよ〜、との声。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 見に来た子どもにも手伝わせての、深海1000mの水圧でブタメンのカップがどうなるかを実験。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 水圧で発砲スチロールが圧縮されて半分くらいの大きさになりました。
 ちなみに実験の水圧に耐える為の容れ物が、すごい厚みのアクリルでした。

 地味だけどいかにも科学館という感じで楽しいイベントです。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 僕が好きなのがこの、地球深部探査船ちきゅうの模型。


 海底からさらに地殻深部のコアを掘削するので、海上と言えども船の位置がずれたり揺れたりするワケにいきません。なのでこの船はGPS等を利用して、複数のスラスターを制御して海上の一点にとどまり続けることができるのです。
 以前Newtonかなにかで読んでこの事を知り、強い興味をもちました。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 コア掘削のドリルビットを接写。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 展示を楽しんだあとは展望コーナーへ。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 マリエント内のレストランに、椎名誠氏のサインがありました。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 しばらくウミガメを眺めたりしてから外へ。この後は蕪島神社に行って、八食センターに行く予定です。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 融雪剤でガッサガサの我が愛車サソリ号。長距離だとカングーの1.5倍くらい燃費がいいので、狭いけどこっちで出かけちゃいます。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 高山稲荷神社の後半です。大量の鳥居をくぐった先の片隅には、お稲荷さんが沢山。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 ずらーっと並んでおりました。


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 下りで見つけたムクゲの花。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 どんどん日差しは赤みを増していきます(誇張しておりますw)


 そしてこの裏にもお稲荷さんがあるようで、向かってみることに。


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 変わった形の鳥居があります。


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 どういう経緯でここにお稲荷さんが集合したのか分かりませんが、まさに不思議スポットですね。


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited



PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 夕暮れの木漏れ日を撮りながら駐車場へ戻る。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 階段の上り下りで膝は爆笑レベルで笑ってましたが、それでも帰りは相棒さそり号のドライビングを堪能しました。ホントに楽しいクルマです。

 そして今まで何度も通過していながら、立ち寄ることの無かったところを楽しむことができた旅でした。近場だけどこの時は「旅」って気持ちでした。



PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 遅い昼食の後、来た道を南下。日が傾き掛けたころに到着したのがここ、高山稲荷神社です。

 たまたまこの辺の観光情報を検索してみたら見つかったのですが、京都の伏見稲荷大社のような鳥居が連なる神社ということで興味が沸いてきてみたのです。

 正面の建物は神社というよりも「会館」という感じですね。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 日が暮れる前にと早速参道を進む。

 真っ白な狛犬が出迎えてくれました。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 なんとこの狛犬、大理石で出来ています。いきなりスゴイものに出会ってしまいました。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW






 運動不足の体には堪える石段を登り切り、なんと息を整えて先へ進む。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 光がもう夕日っぽくなってきていました。しかしここがゴールではなく、また石段を下ります。






 


 そして石段を降りた所には目的の鳥居群。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 鳥居自体はちっちゃくて可愛いんですが、ここまで沢山あると圧巻ですね。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 鳥居のトンネルを抜けて登り切ったところから撮影。完全に太陽に向かっているので、流石にDFA★レンズでもフレアっぽくなっちゃいました。

 実はものすごく風が強くて、この場所にただ立っているだけでも大変。カメラとレンズを風にあおられながら、何とか風が弱まったタイミングでパチリパチリと撮影を楽しめました。


 次は高山稲荷神社後半です。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 気がつくと午後2時目前。亀ヶ岡遺跡からだと五所川原方面よりも北上した方が早い。

 ということで色々検討する時間もなかったので、またしじみラーメンを食べに和歌山にやってきました。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 僕は特製しじみラーメン。ノーマルしじみラーメンよりもデカイしじみが入っています。


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 奥方は焼き魚定食。しじみ汁が付いてきます。この日の魚は赤魚です。

 ちなみに、小鉢のイカの塩辛がめちゃくちゃうまかった。


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 オトナサイズを食べるムスメ。今まで食が細かったんですが、時折覚醒したように食べます。食費が今後心配ですw





PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 十三湖から戻る道でさそり号と雄大な風景をパチリ。

 先週の連休最終日のことです。天気は良くありませんでしたが、唐突に遮光器土偶を見にいくことになりました。

 まず目指したのは五所川原と隣接するつがる市の木造駅。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 見事すぎる遮光器土偶の駅舎。圧巻です。

 大館駅前にはハチ公像がありますが、例えるなら駅舎自体がハチ公のカタチしているレベルですね。



 事前に情報を得ていたのですが、遮光器土偶型の入れ物に入った日本酒があるということで、取り扱っているという酒屋へ。
 マインマートという情報で向かったが、「ン」が思いの外小さくて、一瞬ここじゃないと思ってしまったり。
 

RICOH GR

 で、自宅で撮った写真ですが、


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 これがその日本酒です。700ccくらいの容量で3000円なので、そこらの大吟醸よりか高いです。容れ物代を抜いたら、どれくらいのグレードなのかが分かりませんが、ネタなので良しとします。



 そして近くの木造の役場となりにある「カルコ」へやってきました。


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 本物は東京国立博物館で所蔵しているそうですが、展示されているレプリカも精巧にできています。


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 



PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 2階には出土された土器などが展示されています。


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited

 ちなみにこれはお土産として販売しているやつ。



 カルコを後にして北上。亀ヶ岡遺跡にやってきました。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK

 道路脇に突然現れるんですが、公衆トイレ+遮光器土偶の像というくらい。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 実はいい加減昼も過ぎて2時になろうという時間だったので、ささっと記念撮影して昼食にいこうとしていました。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 ということでこの後十三湖まで北上。今回のお供は、しっかりドライビングも楽しめるコイツ。

 十三湖までは快適にドライビングを楽しむことができました。TTCは勿論ONです。

↑このページのトップヘ