タグ:風景


RICOH GR

 久しぶりに長めの5連休だったお盆休みも今日で最後。ということで西目の道の駅となりのヒマワリを撮りに行ってきました。

 中古激安で買ったCANON IXY20ISをムスメ用として与えていたこともあり、小学校の夏の制作はスクラップブッキングに決めていました。

 しかし夏休みも終盤に差し掛かった頃、いざデータを見てみるとかなり材料となる写真が少ないのです。

 あわててナニカ撮りに行こう!ということで西目に向かったという事情だったり。



 さて、僕は明日から仕事なので気持ちを切り替えないといけませんね。これを書いてる今正にストレートでスコッチ飲んでる場合じゃありませんな。


PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 海にこんなに近いところに住んだのは初めてです。ムスメも大館育ちなので、海で遊ぶというのが身近ではありませんでした。

 今日は午前中に生協の親子料理教室に参加し、一旦家で休憩してから夕方に本荘マリーナへ出かけてみました。

 6時も近いころでも泳ぐ人、釣りする人、散歩する人、犬も散歩と各々で好きなように海岸を楽しんでいるようで、生まれも育ちも内陸な僕としても新鮮な感覚でした。

 ちなみに今日のレンズは魚眼とDFA★70-200。この2本で殆どのシーンを撮れますね。今のところの最強コンビかもしれません。


RICOH GR

 土曜日、医者に行った後、道で見つけた紫陽花をパチリ。



 先週からずっと全身の関節痛、筋肉痛、唾液を飲み込むときに鋭い喉の痛みが続いており、土曜日の朝の通学路クリーンアップボランティアの後に漸く医者に行くことができました。

 自分では熱があるという意識はなかったんですが、図ってみると38℃近い発熱。しかし土曜日は仕事の待機で2回仕事が入り、ゆっくり休む事ができたのは夕方からでした。

 日曜は朝から体調は良好。しかしムリはできないので、ほぼ家で本を読み、夕方になってから遅めの昼寝をしてゆったり過ごしました。

 明日からまた一週間の仕事。体調を崩さないように気をつけないと。

 近ごろBLOG更新をサボり気味なんですが、6月は大事な試験もあるのでますますサボり気味。気がつけば4月の桜の写真すらも出しそびれていました。

 ということで今回は千秋公園のさくら祭写真を一気に放出。












 お稲荷さんも花見してます。





 ソメイヨシノとは種類の違う桜もありました。












 出店のあるエリアに降りてくると、いきなり視界には狂気の食い物が・・・
 

 一つ食べると何千キロカロリーなんですかね。







 八重桜もありましたよ。




















 帰る前に秋田の情報誌の取材で話しかけられました。
 K-1+DFA★70-200とハッセルを持ってうろうろしていたので、カメラ機材に目を付けられたようでした。

 顔出しするのがイヤなので、「いや、大したことないんで・・・」とそそくさと帰りましたが(^^;




 最後はお堀にいる鳥を撮って終了。鳥撮りだと200mmじゃぜんぜん足りませんね。


by PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 以前のように買ったレンズを付けた写真とかを用意するのが面倒になってしまい、いきなり実写から入ってしまいます。
 5月の東京出張の時に購入した魚眼レンズ「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]」で、天気がよかったので海を撮影しました。ほんの10分程度確保できた束の間の昼休憩でのことですが、新しいレンズは楽しいですね。


 ちなみにタイトルは、 魚眼活動=魚活 です。鮮魚店ではありませんよ。




 ということで一枚目はまず魚眼らしい一枚。久しぶりにカメラ内現像機能を使いました。Exファインシャープネス強めと、ポジプリント調にしています。




 そしてこのレンズを買うに至った要因の一つに、Lightroomの機能によって化けるという情報。

 こちら>酔人日月抄 の方があしかがフラワーパークでの写真で紹介されていた、LightroomCCのレンズ補正機能の歪曲補正を使うという内容です。



 もともとは魚眼らしいこんな写真ですが、




 右側のレンズ補正機能をONにして、



 歪曲補正のスライダをぐぐっと右にもっていくとあら不思議。  

 ワリと普通の超広角写真になってしまいました。


 Exifでは焦点距離15mm。PENTAXで15mmの超広角レンズはなかなか貴重です。DFA★のズームはもの凄くお高いですし。





 水平線を中央にもってきてきちんと水平を取った写真だと、こんな感じで魚眼で撮ったようには思えない写真に仕上がりますね。今まで色んなカメラとレンズをとっかえひっかえ使ってきたけど、魚眼はというとQの時の 03 FISH-EYE くらいでした。
 このレンズは元々PENTAXのデジタル一眼レフ初期の頃からあるレンズなんですが、ここに来てまさか購入するとは思っていなかったですね。

 ロードマップにはフルサイズ対応の魚眼ズームが予定されていますが、正直いつ出るか分からないし、出たら出たでその時考えればいいので、今はこの魚眼で楽しみたいと思います。今度のディズニーでの使用が楽しみです。

by PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 弥生いこいの公園から出て帰る前、青森らしい風景をとリンゴ畑の写真をパチリ。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 この角度から見ると、まだまだオレンジ色を維持しているな。部分的にはもはや「イエロー」になっているんですが。


RICOH GR




 ただ帰るのももったい無いので、途中にある高照神社に寄ってみました。


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited


PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited


 この時、高照神社の宝物殿が隣に新築中だったんですが、旧宝物殿もまだ見られるタイミングでした。


RICOH GR

 ガイドのオジサン曰く、窃盗団に執拗に狙われた経緯から、セキュリティのしっかりした新宝物殿を造っているそうな。そしてそれが出来るまで、もうすぐここも展示を休止するとのことでした。

 津軽為信が豊臣秀吉から与えられたと言われる友成の太刀など、貴重な展示品の数々を目にすることができたのはラッキーでした。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 帰る前に見つけた彼岸花。草むらの中にぽつんと咲いていました。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


RICOH GR

 最後に産直でリンゴ「さんさ」を1kg購入。試食で初めて食べた品種でしたが、ふじよりも仄かに甘酸っぱい感じと、シャキシャキした食感が好みでした。

 実はこれ、昨年秋の話。最近は写真整理が追いつかないのです(^^;


RICOH GR

 写真は東京でのもの。今日の話題とは関係ありません。


 実は今日、仕事で社用車運転中に通称ねずみ取りにやられてしまいました。何も無い真っ直ぐな農免道路なので40km制限であることに気づかず30kmオーバーで一発免停です。
 罰金とか講習の為に休む事とか、色々辛いのですが、そもそも法を破った僕の責任なので、真摯に受け止めて反省します。

 しかしこういう時って、思い起こすとどうして今日に限ってその道を通ったのかとか、いつもなら他の車に並んで走ってるのに今日に限って自分が先頭だったのかとか、色々頭を駆け巡ってしまいますね。

 みなさんも気をつけましょう。

↑このページのトップヘ