タグ:魚眼

 せっかくの土曜日なんですが早起きして、朝から小学校の通学路クリーンアップに参加してきました。地域貢献活動への参加は会社でも推進されているので、これがとりあえずのアリバイです。

 その後は秋田市へ出かけてきました。行き先はこちら。

■ユーラシアワシミミズク
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 ふくろうカフェRickyさん。

 この前は由利本荘市にある猫カフェで楽しさを実感してしまったので、今度はふくろう!ということらしく、行き先を秘密にされたまま、カメラは準備したほうがいいとだけ言われて連れてこられました。

 先週の父の日が会社の試験の日だったので、今日これをもって父の日のプレゼントとしたらしいです。ありがたきしあわせ。

 ということで、魚眼、FA31、FA43、Planar85mmF1.4の4本を用意してきたのですが、4本とも良い感じで楽しく撮影に使えました。

 他に撮った写真はあとでアップします。

 秋田県は大雨の影響で新幹線が運休するなどの苦難を乗り越え、やっとたどり着いた舞浜。

 前日の夜から不安が渦巻いて大変でしたが、やっとランドにインできました!

■エントランス(1)
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 定番のエントランス。

 列に並んでまで中央で撮るというのは今までもやっていないので、こうして端からナナメに撮っておきます。

 こういうのは”記録”の部類です。でも後から見返して、思い出すことも多いので、逐一撮っておきたいんですよね。


■エントランス(2)
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 チーデーがちゃんとちっちゃくてカワイイのでした。

■エントランス(3)
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 きっちり真ん中から撮った写真はディズニーファンでも見ておけばいいかと。

■壁
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 それにしても気になったのがこの壁。駐車場も工事中でしたが、折角のアニバーサリーイヤーで、こんなにも工事ビューというのは如何なものか。壁そのものもディズニーっぽくていいんですけどね。

■大歓迎
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 ワールドバザールの入口ではキャストさんが大歓迎ゲートを作っていました。中央ではなくて左側なのは、これもキャストさんが考えたハピエストなんだろうなと解釈。敢えてその中を魚眼で撮りつつ入場です。

■バルーン
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 35周年イベントでまず撮りたかったのは、いつも定番として撮っているこれ。バルーンです。

 華々しさが感じられるデザインですよね。ワンパターンになりがちですが、ここはやっぱり魚眼でパチリ。

■セレブレーションストリート
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 豪雨による新幹線運休とか色々ありましたが、なんとか昼には舞浜に到着できました。

 昼からのインでしたが、効率的に回れて充実の一日目でしたよ。

 最後にホテルに帰ろうという時、セレブレーションストリートのプロジェクションマッピングのイベントに偶然遭遇。元々これの為にワールドバザールに居座るつもりはなかったので、嬉しい誤算でした。

 ということで今日の一枚はセレブレーションストリートを魚眼で。




 明日はシー、明後日はランド。まだまだ体力を要するのでそろそろ寝ないとね。

 それでは。

 本荘公園さくらまつりの続きです。

 出店があって人混みが凄まじいエリアを後にして、もっと上に登ってきました。敷物を敷いてお花見をするグループがちらほらいるくらいで、人は疎らです。

■ハイコントラスト魚眼
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 魚眼は使い処が難しいけど、ハマルと楽しいですね。

■なぜかインコ
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 高さ、直径それぞれ3mくらいありそうな鳥小屋があって、中にはインコがたくさん。こんなのがあったとは知りませんでした。

■花の影
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 とにかく天気がいいので、鳥居に写る花の影も綺麗です。

■鳥居
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 WB太陽光では白すぎて、曇天や日陰だと赤っぽくなるので、色温度5800kをベースに調整したWBを使用しています。この色合いが好き。

■マクロ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 ソメイヨシノ以外の桜もありました。小さい木でしたが咲き具合は見事です。

 低い木なので今度はマクロにチェンジ。

 風に揺れる花の蘂に、MFで合わせるのはかなり苦労しました。



■低彩度で
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 ソメイヨシノは逆光で飛ばし気味に。

■鮮やかに
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 青空の水色に濃いピンクの対比が綺麗でした。

■蘂を狙う
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 蘂にMFで合わせるにはOVFではほぼムリですね。LVで拡大表示してやっとぴたりと合わせられました。


 つづきます。

 七夕Disneyのつづきです。

 この日は土曜日。実は次の日はエンジニアの社内資格試験の日だったのです。

 金曜日にアンフィシアターで表彰式があったから来ているワケなんですが、営業職のひとたちはいいけど、僕らエンジニアはありがた迷惑な日取りですよね。

 ということで17時台の新幹線で帰らないといけないので、結構プレッシャーでした。


■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]


 ムスメの身長が今や全てのアトラクションOKになったので、今回は割り切ってアトラクション三昧です。

 ビッグサンダーマウンテンもファストパスを取っておいたのですが、それでもウチの基準では結構長く待った気がします。

■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]


 ビッグサンダーのQラインでも魚眼が大活躍。楽しくてしかたがない。

■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]


 魚眼って難しそうで敬遠していましたが、コツを掴むと楽しいですね。

 RICOHさんにはフルサイズ対応の魚眼ズームを出して欲しいですね。防塵防滴のヤツ、おねがいします。

 七夕Disneyでの写真、つづきです。

 この時の昼食はキャンプウッドチャック。初来店でした。

■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]


 リニューアルされたこのエリア自体が初めてなので、まずは入口からちゃんと撮っていきますよ。

■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]


 レンズは勿論魚眼。



■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 レジ並びの途中であちこちを撮影。

 占領したかのようにヒューイ・デューイ・ルーイの旗が飾られています。酷いイタズラされそうです。

■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 魚眼も楽しいけど、絶大な信頼を置くこのレンズがこういう時に活躍してくれますね。

■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



■PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited



■PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited


 カリカリのワッフルとジューシーなお肉がとても良い組み合わせでした。

■PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited



■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]


 階段の踊り場にて。これは魚眼か超広角じゃないと撮れないな。

■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]


 時間が無くてグリーティングはできませんでした。次こそは必ず。

 気がつけば2018年。冬まっただ中ですが、思い出してしまいました。

 七夕Disneyのネタがまだ途中、それもまだ前半であったことを。



 お蔵入りさせるのはもったいないので、ペタペタ貼っていきますよ。


■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 七夕グリーティングのドナデジを1枚出し忘れ。

 温かそうな光があふれたパークを寒い冬に部屋で眺めるというのもいいですね。

■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 この星型の紫陽花は好きでいつも撮ってしまう被写体です。

■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 綺麗ですよね。

■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 この時期定番のカモの子もちゃんとおりました。

■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 ワタクシ、アラフォーのオッサンではありますが、パークの花巡りが好きだったりします。

■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]


 朝一でファストパスを取っておいたモンスターズインクへ。

■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]


 今回初参戦させた魚眼レンズが威力を発揮します。

■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]


 魚眼が面白くて使いまくりでした。


PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 毎年秋になるとキャンプしたくなってお世話になる田沢湖キャンプ場。今年も行ってきました。

 土日だけのあまりゆっくり出来ないタイミングで、土曜日も夕方まで大雨というコンディションだったんですが、夜には星空が見られました。天気予報見た時点で三脚持っていくのを止めようかと思っていたんですが、持っていって良かった。

 今回は屋根付きバルコニーがあるバンガローを予約。バルコニーはレンガ敷きなので焚き火台で焚き火も出来るという素晴らしい環境。雨の心配もなく楽しめました。

 今は年一回だけど、来年辺りからはテントも欲しいし、回数増やしたいですね。


PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 海にこんなに近いところに住んだのは初めてです。ムスメも大館育ちなので、海で遊ぶというのが身近ではありませんでした。

 今日は午前中に生協の親子料理教室に参加し、一旦家で休憩してから夕方に本荘マリーナへ出かけてみました。

 6時も近いころでも泳ぐ人、釣りする人、散歩する人、犬も散歩と各々で好きなように海岸を楽しんでいるようで、生まれも育ちも内陸な僕としても新鮮な感覚でした。

 ちなみに今日のレンズは魚眼とDFA★70-200。この2本で殆どのシーンを撮れますね。今のところの最強コンビかもしれません。

 以前のように買ったレンズを付けた写真とかを用意するのが面倒になってしまい、いきなり実写から入ってしまいます。
 5月の東京出張の時に購入した魚眼レンズ「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]」で、天気がよかったので海を撮影しました。ほんの10分程度確保できた束の間の昼休憩でのことですが、新しいレンズは楽しいですね。


 ちなみにタイトルは、 魚眼活動=魚活 です。鮮魚店ではありませんよ。




 ということで一枚目はまず魚眼らしい一枚。久しぶりにカメラ内現像機能を使いました。Exファインシャープネス強めと、ポジプリント調にしています。




 そしてこのレンズを買うに至った要因の一つに、Lightroomの機能によって化けるという情報。

 こちら>酔人日月抄 の方があしかがフラワーパークでの写真で紹介されていた、LightroomCCのレンズ補正機能の歪曲補正を使うという内容です。



 もともとは魚眼らしいこんな写真ですが、




 右側のレンズ補正機能をONにして、



 歪曲補正のスライダをぐぐっと右にもっていくとあら不思議。  

 ワリと普通の超広角写真になってしまいました。


 Exifでは焦点距離15mm。PENTAXで15mmの超広角レンズはなかなか貴重です。DFA★のズームはもの凄くお高いですし。





 水平線を中央にもってきてきちんと水平を取った写真だと、こんな感じで魚眼で撮ったようには思えない写真に仕上がりますね。今まで色んなカメラとレンズをとっかえひっかえ使ってきたけど、魚眼はというとQの時の 03 FISH-EYE くらいでした。
 このレンズは元々PENTAXのデジタル一眼レフ初期の頃からあるレンズなんですが、ここに来てまさか購入するとは思っていなかったですね。

 ロードマップにはフルサイズ対応の魚眼ズームが予定されていますが、正直いつ出るか分からないし、出たら出たでその時考えればいいので、今はこの魚眼で楽しみたいと思います。今度のディズニーでの使用が楽しみです。

by PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

↑このページのトップヘ