タグ:E-M10Mk


OLYMPUS OM-D E-M10Mk / LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH

 大館から本荘に転勤になりました。全国飛び回っている方からすると大したことのない県内転勤ですが、ムスメの小学校の入学のタイミングだったりと結構忙しい日々でした。
 当ブログもかなり久しぶりに大穴を開けてしまった感があります。

 ということで今日の写真は、大館のモスバーガーでの一コマ。引っ越しの荷造りに追われる日々の、ちょっとだけの休息です。

 今日は大館のアパートを引き払い、明日は本荘で荷下ろしです。まだまだ安息の日々には遠いですね。

 K-1で撮ったテーブル・イズ・ウェイティングの写真は一通り紹介しましたが、オリンパスで撮った分がありました。最初から通しでラストまで。

























































 テープが絡まってるドナがかわいい。デイジーに撮ってもらったりしてました(^^)


OLYMPUS OM-D E-M10Mk / M.ZUIKO DIGITAL ED40-150mm F4.0-5.6R



 奥方用 OLYMPUS OM-D E-M10Mk のデータがずっとほったらかしになっていました。一応管理は任せているつもりなんですが、撮りっぱなし状態のようです。

 Lightroomに取り込んでみたら竿灯の写真。冬を目前にして、ここで夏祭りですよ(笑

 この時は僕は夜間・休日の待機当番の週だったので、大館で留守番。今回の写真は奥方が撮影した分です。




 レンズはパナライカのズミルックス25mm1本。流石にF1.4開放だとSS稼げて良かったみたいです。








 なんかスイカが沢山。







 ステキなクルマを数台所有されておられるお知り合いのところで、レアで美味い日本酒を堪能したそうです。

 この時僕は夜間・休日待機当番なので、酒も飲めず、お茶を飲みながらamazonで映画を見て過ごしておりました。結構イヤなタイミングで当たるんだよなぁ、待機当番って。



by OLYMPUS OM-D E-M10Mk / LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH

 今日の昼はラーメン気分だったのが、色々紆余曲折あってイタリアンのタヴェルナオリーヴにやってきました。

 今日のカメラは禁を破り、奥方用カメラである OLYMPUS OM-D E-M10Mk を持って来ちゃいました。レンズはパナのライカ「LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH」です。

 今日明日は大館神明社例祭という秋の祭りなのですが、明日の日中だけ見に行くことになりました。料理だけ撮るのならK-1よりもコンパクトなOM-Dということで、思いの外簡単に禁を破ってしまいました。



 ダブルズームキットで買ったE-M10Mk兇任垢、便利とは言えやはり画質はかなり残念レベル。それに絞りの使い方を覚えるには、調整幅の広い明るいレンズを使うのがいい。

 ということで買ったズミルックスですが、パナソニック製とはいえ、流石はライカ銘を冠しただけあってキットレンズとはなんだったのかレベルの素晴らしい写りです。

 正直このカメラとレンズを使うと、フルサイズセンサーのカメラを使うことに気持ちの揺らぎを感じてしまいます。もちろん低感度での話ですが。





 さて、やってきたタヴェルナオリーヴですが、数年前に開店したとはいえ大館ではかなり新しい店の部類です。経営しているのは某大館の大手ガソリンスタンドの会社。ここは色々と外食チェーンを経営しているんですが、この店はチェーンじゃなくてオリジナルのようです。


 注文したのはランチコース。前菜、スープ、メイン、デザート、ドリンクで1480円なんですが、メインはパスタとピザのメニューから自由に選べます。
 ランチにしてはちょっと奮発価格ですが、パスタは800円〜1000円台、ピザは900円〜1500円台のものから選べるのでかなりお得な感じです。



 さてまずは前菜です。

 アンティパストはサラミ、ポテトサラダ、テリーヌにバルサミコがかかったもの。ビールかワインが欲しくなりますが、誘惑に耐える。






 スープはミネストローネ。美味しかった。


 それからバーニャカウダ。野菜好きのムスメに食べたいものを最初に取り分けて、残りの野菜をいただく。アンチョビが主張してて好みです。クセはあるほどいいくらいなので。



 ちなみに、センサーが小さいことのメリットをここで実感。換算50mmF1.4となるズミルックス25mmですが、こうして料理を撮ることについては気軽で便利ですね。
 こういうシーンでは写真を撮るための所作を色々省けることがいい。ファインダーを覗く、ピントを合わせる等。ライブビューでAFでスッと会わせてピッと撮る。カメラもTPOに合わせることが大事です。









 メインがやってきました。まずはムスメの分。オムライスです。

 ちょっと前までは食が細くて心配していたんですが、最近大人の一人前を食べるようになって来て、むしろ食費的な部分で心配になってきましたw





 奥方が注文したのはボンゴレロッソ。トマト好きなのでビアンコよりロッソですね。

 トマトソースはニンニクが利いていて美味しかった(つまみ食いの感想)



 麺類命の僕が注文したのは珍しく麺じゃなくてピッツァ・オルトラーナ。オルトは菜園。菜園風ピザというやつです。



 トマトソースにアボカド、ベビーリーフが散らされています。具材としては動物性タンパク質とは無縁のようですが、チーズのコクがカバーしてくれるので物足りなさは感じませんでした。満足の一品。






 そしてデザート。マンゴープリンにトロピカルな花の香りがするソース、生クリームとブルーベリー。

 ドリンクはエスプレッソにしました。



 マイクロフォーサーズ+パナ製ズミルックスはかなり素晴らしい写りを魅せてくれますが、やはりハイライトがすぐ白飛びしてしまう感はありますね。その辺は流石に大きいセンサーが有利というところでしょうか。

 以前α7Sを使っていた時は、SONY純正レンズは一切購入せず、MマウントとPKマウントレンズのみで運用していました。本来想定していないマウントアダプターでの他社レンズなので、カメラ側で補正などは全くできない状況ですが、それは歪みや周辺光量などの問題です。階調の再現性はまた別の問題。やっぱりフルサイズセンサーはいいなと感じたのがそこだったんです。

 とは言え、今日この時にK-1にマクロプラナーで撮るというのは、ちょっと気分的にはばかられるのも事実。商業カメラマンがブツ撮りしているワケじゃないんだから、まずは料理を楽しむこととお店や他のお客さんに迷惑をかけないことですね。

 ということでTPOをおさえつつ、画質もそれなりに満足できるということで、 OLYMPUS OM-D E-M10Mk供LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH のセットはこういうシーンでは汎用性の高さが生きますね。もっともGRがそのポジションでは不動のモノではあるのですが、今回はちょっと浮気をしてみました。


by OLYMPUS OM-D E-M10Mk / LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH

↑このページのトップヘ