タグ:PENTAX

■セレブレーションストリート
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 豪雨による新幹線運休とか色々ありましたが、なんとか昼には舞浜に到着できました。

 昼からのインでしたが、効率的に回れて充実の一日目でしたよ。

 最後にホテルに帰ろうという時、セレブレーションストリートのプロジェクションマッピングのイベントに偶然遭遇。元々これの為にワールドバザールに居座るつもりはなかったので、嬉しい誤算でした。

 ということで今日の一枚はセレブレーションストリートを魚眼で。




 明日はシー、明後日はランド。まだまだ体力を要するのでそろそろ寝ないとね。

 それでは。

 明後日土曜日出発で3泊4日舞浜に行ってきます。土曜日はちょっと天気が怪しいのですが、その後はどうやら晴れそう。やっぱりアニバーサリーのパレードは青空で撮りたいですよね。

 35周年のアニバーサリーイヤーですが、7月から始まるイベントが多すぎて、まだプレリュードのような状況です。ミニーオーミニーも終了して、シアターオーリンズのショーも7月からですし。

 ミニーオーミニーも終わってしまったということは、そろそろコレも終わっちゃうかも・・・
 ということで撮ったのは去年ですが、ワンマンズドリーム兇呂靴辰り記録しておきたい。

■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW






























 東京出張のときにソロで行ったときなんですが、初めてインスタのフォロワーさんとご一緒させていただきました。立ち見ですが、ショーベースの一番後からど真ん中という素晴らしいポジションで、楽しく撮らせていただきました。ありがとうございます。

 ということで、ワンマンズドリーム兇了1栃はまだつづきますが、明日の早朝から新幹線で舞浜へ向かいますので、明日はダイジェスト的に35周年のパークのネタになるかと思います。

 4時半起き予定。ねねばねな。

■鳥海山
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 本荘公園の一番上の端にくると、向こうに鳥海山。霞んでいましたがそれでも桜と一緒に撮りたい。

 ということでF16まで絞って撮影し、Lightroomでかすみ除去してこんな感じです。ちなみにセンサーに汚れが付きまくっていて、スポッティングもしています。

■尾崎小学校とカダーレ
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 見下ろすとすぐ隣に尾崎小学校、奥に由利本荘市文化交流館カダーレが見えます。

■落椿
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 上の桜も綺麗ですが、下の椿も綺麗でしたよ。

■桜のトンネル
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 ふたたび人でごったがえすエリアに戻ってきました。人は多いけどソメイヨシノに囲まれ感があるのはこっちですね。

■上から見下ろす
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 下の道路沿いも見事に満開のソメイヨシノ。

■もっかい魚眼
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 ワンパターンですが魚眼で寄るのはやっぱり楽しい。

■グリーン寄り
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 WBやカスタムイメージを弄って色々撮ってみました。

■ふんわり
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 青空と桜のピンクを強調したこの色合いがやっぱり好きですね。

■濃いめに
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 枝垂れもありました。

■松林と
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 駐車場に戻る途中の一枚。

■正門
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 おもいっきり旬を逃してしまいましたが、2018年の本荘公園さくらまつりの様子でした。

 毎年同じような写真しか撮っていませんが、それでも飽きずに楽しめる桜って不思議です。

 本荘公園さくらまつりの続きです。

 出店があって人混みが凄まじいエリアを後にして、もっと上に登ってきました。敷物を敷いてお花見をするグループがちらほらいるくらいで、人は疎らです。

■ハイコントラスト魚眼
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 魚眼は使い処が難しいけど、ハマルと楽しいですね。

■なぜかインコ
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 高さ、直径それぞれ3mくらいありそうな鳥小屋があって、中にはインコがたくさん。こんなのがあったとは知りませんでした。

■花の影
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 とにかく天気がいいので、鳥居に写る花の影も綺麗です。

■鳥居
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 WB太陽光では白すぎて、曇天や日陰だと赤っぽくなるので、色温度5800kをベースに調整したWBを使用しています。この色合いが好き。

■マクロ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 ソメイヨシノ以外の桜もありました。小さい木でしたが咲き具合は見事です。

 低い木なので今度はマクロにチェンジ。

 風に揺れる花の蘂に、MFで合わせるのはかなり苦労しました。



■低彩度で
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 ソメイヨシノは逆光で飛ばし気味に。

■鮮やかに
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 青空の水色に濃いピンクの対比が綺麗でした。

■蘂を狙う
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 蘂にMFで合わせるにはOVFではほぼムリですね。LVで拡大表示してやっとぴたりと合わせられました。


 つづきます。

 とっくに北海道まで桜の時期は終わってしまい、気がつけば天気予報で真夏日だの熱中症だのという言葉が聞こえてきています。

 そんな中、いつものように旬を外して本荘公園さくらまつりでの写真を公開です。今更ですが。

 最近は仕事から帰ってくると疲労困憊で、旬のネタを旬のウチにBLOGに出すということが億劫になってしまいました。
 それでもやっぱり趣味で写真を撮っているので、お蔵入りさせておくのは勿体無いですよね。一日に数十アクセスしかありませんが、それでも見に来てくれる方がいらっしゃるワケだし。


■本荘公園
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 前置きが長くなりましたが、本荘公園を遠くから撮影。

 この日は珍しく、土曜日、桜は満開、晴天と好条件が揃った日で、当然周辺の駐車場は大混雑。勿論中も大混雑でした。

■魚眼で桜
■PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 枝が近い木を見つけて魚眼にチェンジ。魚眼で寄るのは楽しいんですが、周りに写り込むものをどう処理するか難しいですね。

 今回は主砲70-200と、10-17Fisheye、Zeissマクロプラナー50mmというオールレンジ対応装備でやってきました。

■満開
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 望遠ズームは部分的に切り取れるので、こういう人混みの時に役立ちます。

■にぎわい
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 花だけだとつまらんので、出店も入れてにぎわい具合も撮っておく。

■チューリップ
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 本荘公園は塀際の花壇に咲くチューリップと桜のコラボが綺麗です。

 ただこの日は花壇の縁の端から端まで人が座っていたので、この構図固定でした。ちょっとでも右に向けると人々の背中が写ります。

■枝先
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 少し風がありましたが、光量タップリでSSを稼げる分撮りやすい日でした。しかし後でマクロプラナーを使った時は苦労しましたが。

■アップで
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 同じ200mmでも、単焦点のDA★200mmF2.8だともっと寄れるし、FFでもケラれないらしいので、実はそっちも気になっていたりします。

■真上
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 この写真では背景との距離の関係かざわついたようなグルグル系のボケになりました。一見するとオールドレンズで撮ったかのよう。

 他でも写りがおかしいようであれば一度メンテに出したほうがいいのかもしれませんね。



 つづきます。

■クラフト体験コーナーにて
■PENTAX K-1 / FA43mmF1.9 Limited


 天気にも恵まれたGW前半の日曜日。加茂水族館の前半も大混雑でしたが、その先のクラゲコーナーはもっと大変でした。

 何しろここの水族館のメインがクラゲですからね。

■立ち止まれないクラゲコーナー
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 立ち止まること自体がNGなのですが、Distagon25mmのピントを合わせておいて、シャッターを切る瞬間だけ止まるという取り方をしてみました。

 この撮り方はMFレンズだからこそ安定してできますね。

■数少ない成功ショット(1)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK




■数少ない成功ショット(2)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK




■数少ない成功ショット(3)
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 撮れそうなのだけ撮って、残り大部分はしっかり目で楽しみましたよ。
 クラゲを撮るなら閑散期がよさそうです。



 途中に解説コーナーという、クラゲの幼生などが展示されている研究施設みたいな場所があるのですが、そこに逸れてしまったらまた列に戻るのが難しそうでしたので断念。



 個々のクラゲ水槽のゾーンは、概ね一列になってじわじわ進むしかなかったのですが、後半になってくると列がバラけはじめました。



■レインボーライトアップ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 このライトアップのあたりはもう列はなくなりました。各々記念撮影したり、この先にあるクラゲ大水槽を目指してスルーする人も多かったからかも。

■大水槽
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK




 クラゲコーナーの最後は、直径5 メートルの大水槽です。約二千ものミズクラゲが入っているそうです。

 次はこの日のメイン、アシカショーへ向かいましたよ。

■象潟某所
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 丁度赤信号になってしまったのですが、向かいに見事な桜があったのでフロントガラス越しにパチリ。

 窓が汚くて霞んだ感じになったのですが、LightroomCCの「かすみの除去機能」のお陰でスッキリ!

 先日、秋田のローカル情報番組で加茂水族館を紹介していて、久しぶりにクラゲ撮りに行くかな〜って気分になりました。

 そしてあろう事か、きっと混んでいるに違い無いGW前半の日曜日に鶴岡へと向かったのです。




 午前10時半頃到着。ですが、徒歩20分くらい離れた場所にある第二駐車場へ到着です。

■シャトルバスで移動
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 混雑する時期のみ無料シャトルバスが出ているそうです。着いたときに駐まっていたバスには乗れませんでしたが、すぐに次のバスがやってきてスムーズに乗り込むことができましたよ。



 普段バスなど通らないような狭い道を、対向車とすれ違いつつじわじわ進み、ようやく加茂水族館に到着です。

■行列
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 到着と思ったら、加茂水族館では見たことがないような大行列。今まで何度か来たのは冬とか閑散期ばかりだったので、GW恐るべしです。

■身近な魚
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK



 列は長いのですが思いの外早く進み、20分程度で入館できました。

 クラゲで有名な水族館ですが、前半は庄内地方の海で取れる魚など、基本的に美味しそうなコーナーです。

■あるく魚
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 これはホウボウですね。足のようなヒレでちょこちょこ歩いて移動してました。

■隊列
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 同じ方向を向いてジッと動かない魚たち。何の魚だったか説明を見逃しました。

 というのも館内も当然激混みで、ずっと連なる列の進行を乱すことなく見て行く必要があったからです。

■サケの稚魚
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 いつもなら写り込みを避けるように水槽に近づいて撮るのですが、そういうことすら出来ませんでした。それでもまだ撮影できるだけいいんだけど。

■鮃&鰈
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 鮃と鰈がびっしり敷き詰められていました。

■イソギンチャク
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 美味しそうなゾーンを抜けていきなりキモい系になりました。ピンク色が余計にキモい。

■ウミシダ
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 一応植物じゃなくて動物です。ヒトデと同じ棘皮動物で、自力で泳いだりするそうです。不思議な生き物です。

 身近な海の生き物コーナーはこれにて終了。列はずっと奥へと続いていて、途中にあるタッチプールのコーナーに寄り道したら元の列に合流するのが大変でした。
 この先はクラゲコーナー。殆どのお客さんがこれを目的に来ていると思われます。故に列の流れも悪化、クラゲコーナーまでしばらく牛歩状態でしたよ。

 それでは次回はクラゲの写真です。つづく。

 国道7号線沿いにある道の駅にしめ。そのすぐ隣にある菜の花畑が丁度見頃でした。

 夏になるとヒマワリ畑になる場所ですが、今は菜の花迷路を楽しめます。

■菜の花
■PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



 今日はちょっと風があり気温も上がらなかったけど、空はスッキリと晴れてくれて行楽日和でしたね。

 久しぶりにプラナー85mmを使いましたが、やっぱりF2以上に絞らないとMFは厳しいです。通常F2.8以上で使って、絞り開けて撮りたい時もF2くらいにとどめています。

 F1.4開放だと被写界深度が極薄な上、球面収差の影響もあって目でピントを合わせるのは至難の業なのですが、これはAFだったとしてもちゃんとピントが合うのかどうかというレベル。使っているだけで修行している気分になりますw

↑このページのトップヘ