タグ:PENTAX

■ERW
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 この風景が好きで毎回撮っちゃう。もっと望遠で遠くから圧縮効果効かせて撮ってみたい。

■街路樹
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR



 アメリカンウォーターフロントのちょっとごちゃっとした町並みが好き。

■ビール
■RICOH GR



 自己承認欲求を満たすための低俗な写真もかならず撮っちゃいます(笑

 やっぱり青空のパークで飲むビールは美味い。テンションも上がるのも当然というもの。

■イースター装飾
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR





 ウォーターフロントパークにはイースターの飾り付けが沢山。

 パステルカラーの装飾は春の青空と良く合います。

■審査員
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR





 ここはどうやらファッションショーの会場のようです。

 ゲストが主役、左右からは審査員達の目が向けられていますね。

■ファッションショー
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

















 デイジーが一番厳しい審査員っぽい。

■バナー
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW





 ウォーターフロントパークだけのバナーも飾られていました。春のニューヨーク、華やかでいいですね。

■春の花々
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 春ならではのパークの風景をたっぷりと楽しめる空間ですね。

 三連休の二日目。釣りしたいという奥方の希望と、ムスメにもなにか釣らせてあげたいということで、釣り堀に行ってみることにしました。

 象潟の山形県寄りな上浜地区にある釣り堀です。

■上浜つり堀センター
■PENTAX K-1 Mark II / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 仕事では何度か通ったことのある場所でしたが、本格的なアングラー装備の方も多くみられました。

 釣れる魚はニジマス。鳥海山の伏流水で育てられています。

■受付
■PENTAX K-1 Mark II / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 先に受け付けですが、料金は後払い。1時間1000円で、今回は1本釣り竿を借りました。

 ルアーはスタッフの方が選んで付けてくれます。最初は白っぽいクランクベイト。途中から他の客の様子や魚の反応を見てスプーンに変えてくれたり、クリアカラーのクランクベイトに変えてくれたりしました。

■メニュー
■PENTAX K-1 Mark II / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 釣れた魚は腑出しは無料。有料で刺身や塩焼きにしてくれます。定食なんかもあるということは、釣りもせずに食べに来ることも可能なようです。

 以前十和田湖畔で食べたヒメマス刺身定食の美味しい思い出が蘇ります。

■魚影
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 水面の反射が無くなると、すごい数の魚がいることに気づきます。これでつれないワケがないと、最初は思っていました・・・。

■水路
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 誰も釣っていない上の池では、下の池の三倍はあろうかというデカイ魚影が見えました。数はかなり少ないようで、ここは狙って釣れるような上級者向けのようです。

■蛇口
■PENTAX K-1 Mark II / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 この流しっぱなしの水は、水道水なんかじゃなく天然の伏流水のようで、手で触れると冷たくて気持ちいい。真夏に来たらこの水のお陰で涼しそうです。

■チャレンジ
■PENTAX K-1 Mark II / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 借りた竿でムスメに釣り体験をさせてみます。最初はぜんぜん投げられなかったけど、後半はそこそこ遠くまで投げられるようになりました。流石は子どもの吸収力ですね。

 ちなみにバス用の竿を2本持っていますが、奥方のスピニングリールのはともかく、僕のはベイトリールなのでトラウト用の小さいスプーンを投げるには厳しいです。バックラッシュして一日費やしそうなので出すのを止めました。

■キャスト
■PENTAX K-1 Mark II / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 投げる姿がなかなか様になってきました。


 スタッフのおじさんが、プライドにかけても必ず釣らせてあげると自信満々でしたが、そもそも費やした時間の2/3はマトモに投げられていない状況。
 奥方が投げた時に2回ヒットしましたが、ルアーの針は返しを潰してあり、上手く合わせられずバラしてしまいました。

 そろそろ始めてから3時間。つまり3000円ということになるのでボウズだけどそろそろ終わりにしようと受付に戻ったところ、スタッフのおじさんから特別サービス。ウチのムスメに釣らせるつもりで来ていたので、エサ釣りで3匹釣っていいとのこと。

■エサ強い
■PENTAX K-1 Mark II / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 練りエサを付けた針を落とすと、あっという間にヒット!エサ=チートですな。

■第一号
■PENTAX K-1 Mark II / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 釣った魚は触れないようだったので僕が針から外す係。ぬるぬるになった手でカメラを触りたくないので、一匹外したらすぐ手を洗ってを3回繰り返す。

 ということで釣り堀スタッフのご厚意のお陰でボウズにはならず、3匹の虹鱒の腑だけ取ってもらって帰宅。

■ホイル焼き
■PENTAX K-1 Mark II / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited



 本当は塩焼きが一番食べたかったんですが、ウチの賃貸マンションはオール電化なので魚焼き環境はありません。賃貸で炭火使うわけにもいかないし・・・ということでホイル焼きになりました。

 塩で滑りを取って頭を落とし、タマネギを敷いた上に乗せ、エノキとシメジを散らした上から酒を振る。虹鱒は身があっさりしているので、さらにバターを乗せて蒸し焼きに。

 15分ほどで完成。お好みでレモン汁、醤油を少量かけていただく。相性的にビールではないだろうと思い、芋焼酎明るい農村をロックで。釣り堀料金を加味するとかなりの高級魚になってしまいましたが、初めて魚を釣り上げるという体験をさせることもできて充実の一日でしたよ。

 毎年田沢湖畔にキャンプしにいっていますが、次のキャンプは釣りができるところがいいなんて要望が出てきそうです。釣れたら針外しで忙しくなりそうなので、焚き火して酒飲んでいたい僕としてはやや複雑な気分なのでありますが。

 夏の猛暑が去って久しい9月中旬。三連休ですが後半は天気が崩れそうなので、近場の観光地に行ってみることにしました。

 先に金浦で満月系列のワンタン麺を食べてから象潟へ。

■金峰神社
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 20年くらい前に来たことがあるけど、既に記憶が薄れている奈曽の白滝にやってきました。

■手水
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 もってきたレンズはディスタゴン25mmの他に10-17mm魚眼、150-450mmの3本。

 ほぼマクロな能力を持つディスタゴン25mmはこういう時便利ですね。

■蛙
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 説明書きの上に蛙が乗ってました。他にも観光客がいたけども、誰もこの蛙には気づいていないようでした。

■石段
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 運動不足の体に堪えるこの石段。しかしここはまだ序章です。


 目的の奈曽の白滝までは一旦登って、次はどんどん石段を下っていく。着くころには足がガクガクに。

■奈曽の白滝
■PENTAX K-1 Mark II / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



 やっと到着しました、奈曽の白滝。昔来た時はもっと簡単に来た記憶があるんだけど、単に若かったからってことのようです。

■苔
■PENTAX K-1 Mark II / DFA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW



 望遠の使い処がないけども、無理矢理望遠を使用。


 でも望遠を使うとそれなりに撮りたいものが見えてきます。

■飛沫
■PENTAX K-1 Mark II / DFA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW



 滝の写真は他にも撮りましたが、それはまた別の時に温存です。

■奈曽川
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Distagon T* 2.8/25ZK



 この吊り橋を渡って遊歩道を進むと、駐車場に近いところに出ました。昔来た時のこの辺の記憶が全くありません。ということで初めて来たような新鮮な気分で楽しむことができました。

 そう言えば、同じく20年くらい前に山形県側の鳥海山麓にある玉簾の滝も行ったなぁと気がつく。この後紅葉が綺麗なころにでも行ってみたくなってきました。

■Twilight
■PENTAX K-1 Mark II / FA43mmF1.9 Limited



 日が沈んで残照で空が深い青に沈んでいく。水面に見えるひとすじの流れのようなものは澪筋なのだろうか。

■ファッショナブルイースター
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 ファッショナブルイースターの後半です。みんないっしょにわちゃわちゃしてるのが楽しい。

 ストーリーとかどうでもよくなってくる(そもそもストーリー覚えてないw)


































写真が多いのでつづきからどうぞ ↓↓
続きを読む

■ファッショナブルイースター
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 今回のファッショナブルイースターでは、みんなそれぞれのテーマの衣装に着替えることが魅力のひとつ。

 スチームパンクの衣装に身を包んだミッキーさんとグーフィーが男前ですな。















 カイト好きな方多いですよね。何故か惹きつけられる魅力。

写真が多いのでつづきからどうぞ ↓↓


続きを読む

■ファッショナブルイースター
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 今回の新バージョンは初めてのファッショナブルイースターです。

 正直あまりストーリーは覚えていなかったり(^^;

 撮るのに夢中すぎたかもね。



















続きを読む

■Blue Moment
■PENTAX K-1 Mark II / FA43mmF1.9 Limited



 今日の会社帰り。忙しすぎてなにも食べてなくて、晩ご飯のメニューの妄想しながら帰る途中でした。空が良い色&釣り人のアクセントが良い感じでしたので、足を止めてパチリ。

■法体の滝
■PENTAX K-1 Mark II / CarlZeiss Makro-Planar T* 2/50ZK / 手持ちRRS




 法体園地キャンプ場に行って、ちょっと早めですがなべっこをやってきました。

 カメラが K-1 Mark II となって先週手元に帰って来たばかりなので、色々撮りたいと思いロケーションを考えて法体にしたのですが、手持ちRRSを試す絶好の被写体だったように思います。

 効果としては本来のRRSよりも弱めですが、動体の部分が変になるのも少なくなった気がします。

 あとウワサ通り処理時間がもの凄く長いですね。一枚取ったらしばらくモヤモヤします。

 しかしそんな些細な弱点なんかどうでもいいくらい素晴らしいカメラです。撮ってて楽しいということがなにより大事。撮影そのものが楽しめるカメラですね。

 9月になってしまいました。もうすぐハロウィンイベントが始まりそうな昨今ですが、まだ5月末のパーク写真を出して行きますよ。なにしろまだシーとランドが丸一日ずつあるんですから、このペースだと年越してもまだ終わらなそう(^^;

■Chapel
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 35周年の水上ショーであるハピエストセレブレーション・オン・ザ・シーが終わって、束の間の長閑な風景。新緑のプラタナスが青空に映えますね。

 このまま同じ場所でファッショナブルイースターを待つので、しばらくノンビリできました。

■Green tunnel
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 奥方とムスメが買い物に行ったり、交代で写真撮りに行ったりして待ち時間を楽しみます。

■Street light
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




■Canal
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 ちょっとトイレへ。なんて時も撮影を楽しみつつ。

■Gondola
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW





 ヴェネチアンゴンドラは、立て続けにハーバーショーがあるのでほとんど一日運休しているような状況でした。

■Easter banners
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW









 毎回イベントの装飾撮りは欠かせませんね。

■Easter ornaments
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW










■Show window
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW




■Flowery street lights
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW






■Air plane
■PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 立ち見最前なので30分前くらいには戻っておかないと、みんな立ったときに間を埋められてしまうので要注意ですね。

↑このページのトップヘ