タグ:PENTAX

 遥か昔のことのようになってしまいましたが、七夕グリーティングの続きです。

ミニー PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 織り姫ミニーさん。毎年カワイイです。

ミニー◆PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



ミニー PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



クラリス PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 今年のポジは2列目ではあったものの、意外と取りやすいいいポジションでした。

グーフィー PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 しかしこの御方はあっという間に通り過ぎる。パレードってホント流れるのはやいよね。

チップ PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



デール PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



栗鼠チーム PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW


 チーデー&クラリスの栗鼠チームも目の前に来るとあっという間に通り過ぎてしまいます。

 七夕グリーティングも停止パートがあったらいいのに・・・なんて思ったが、シゲル氏の負担を考えるとそうもいかないよなぁと。

シンデレラ PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 最後はプリンセスチームですが、一斉に通り過ぎるのでチャンスは少ない。やっぱりここは定番でシンデレラを狙いました。以前の七夕グリーティングでもシンデレラをこのアングルで撮ったような気がしますが、やっぱり美しいですなぁ。

枯葉 PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK


 めまぐるしく天気が変わりますね。

 雪が降るか降らないかくらいの気温の雨の日が一番寒く感じます。


 どうせならもっとガリッと寒くなってほしいかも。

 気がつけば今日はミッキーさんの誕生日ではありませんか!

 そして気がつけば七夕インの写真を全然出していませんでした。ということで今日は七夕グリーティングのミッキーさんをぺたり。もちろんミッキーさんをお連れするのは笑顔がステキなあの方です。

七夕グリーティング PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



七夕グリーティング PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



七夕グリーティング PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



七夕グリーティング PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



七夕グリーティング PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



七夕グリーティング PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



七夕グリーティング PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW



 この時は夕方までしか居られなかったので、次はじっくりたっぷり楽しみに行きたいですね。

 またボチボチとディズニーネタを投稿していく予定です。

寒空 PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK


 今日は市内の商店街イベントに行ってきましたが、ずっと外にいるとやや辛い寒さでした。歩いて行く途中でタイヤ交換しているウチを見かけたり、そろそろ冬が視界に入ってくる頃だと実感する日でした。

法体の滝 PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 台風の影響で日曜は雨らしい。今年最後のチャンスとばかりに法体の滝に紅葉を撮りに行ってきました。

 この日は法体園地キャンプ場のところで、法体の滝紅葉まつりというイベントが行われていて結構な人出でした。

 流石に標高が高いので、この辺はもう紅葉は終わってきていました。

 季節はあっという間に過ぎ去っていきますが、しばらく手つかずだった七夕インの写真です。

 この時は翌日が毎年一回必ず受けなきゃいけない試験があったので、残念ながら夕方には帰らなきゃいけません。そういう条件もあったので、七夕グリーティング以外はアトラクションをメインに楽しむことにしていました。

PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 ワールドバザール中央には毎年恒例の七夕飾りがありました。

 この時は魚眼を入手したばかりだったので、魚眼写真ばかりになっちゃいました。

PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 まずはスターツアーズ。

PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 カリブに向かってきたら、ここでスパロウ船長に出会いました。

PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 前日・・・というよりこの日の午前2時くらいに寝たので、カリブの落下すら心配でしたが、なんとか大丈夫でした(^^;




PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 のんびりできるアトラクションを求めて、ウエスタンリバー鉄道へ。

PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]






PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 ここで望遠にレンズチェンジ。

PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 最近あまり撮っていなかったアトラクションフォトが楽しい。

PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 久しぶりに乗りましたが、車窓からは色々見られて楽しいですね。


PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 今度はチキルーム。

PENTAX K-1 / HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

 空いてるアトラクションを次々とハシゴするのも楽しいね。

PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]



PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 湖畔散策からキャンプサイトに帰ってきました。

 いつものようにまずは火を熾します。そう、いつものように肉を焼くので、何はともあれ火が大事。そして炭も熾していきます。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 この日は夕方近くまで雨だったので、その辺で拾う薪はアテになりません。前回のキャンプで余った薪も僅かだったので、キャンプ場で一束薪を購入しました。


 実はここに来るまでの間ホームセンターを数店舗ハシゴして来たのですが、薪がまったく売っていませんでした。

 山形あたりなら秋は芋煮の季節なので、ホームセンターのみならずスーパーやコンビニでも売っていたりするくらい身近にありますが、まさかこの季節に薪難民になるとは思っていませんでした。

 炭だけあっても熾すの大変なので、薪は必要だと思うのです。せめて田沢湖町内のスーパーやホームセンターでは売ったほうが良いと思うんだけどな。



PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 毎回キャンプの度に光量不足を感じるウチの装備に、今回は新兵器を導入しました。

 最高1000ルーメンのLEDランタン、GENTOSエクスプローラー EX-1000Cと、スノーピークのランタンスタンド、パイルドライバーです。

 ちなみに今回は土のサイトではないので、パイルドライバーを打ち込むことができません。なので柱にロープでくくりつけました(^^;

 めちゃくちゃ明るいので、おかげで肉の生焼けは回避できそうです。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 テーブル上はこんなにカオスな状態で、オシャレなキャンプしてる方々からすると目を背けたくなる様子かもしれませんが、そんなことよりもまずビールです。

 秋はやっぱり秋味ですね。

 家で愛用しているサーモスのタンブラーも持参し、火を熾しながらのシアワセビールタイムです。



PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 肉は道中、大仙市内のスーパーで買ってきました。そんなに高い肉ではありませんが美味そうです。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 焚き火台で熾した炭をBBQグリルへ投入。

 このBBQグリル、実は一昨年のキャンプの時、僕個人的必需品である焚き火台を忘れてしまい、急遽ホームセンターで買ったものです。3980円ですが、炭を入れるスペースが引き出せたりと、なかなか便利なヤツです。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 前半は生協で買った冷凍焼き鳥と棒付きソーセージという、ジャンクで安上がりなモノを焼いていきます。

 焼きすぎないように避難させているのは、LODGEの6.5インチスキレット。これは今回アヒージョを作るために用意してきたものです。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 そのアヒージョがこちら。スーパーの鮮魚コーナーで売っていたボイルタコ足、むきエビ、それからマッシュルームも投入。

 オリーブオイル、オレガノ、鷹の爪は家から持参です。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 アヒージョをお供にビールが進みすぎてとどまることを知りません。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 ピーマンも焼きます。これは買ったものじゃなくて、親戚からの頂き物。

 生で食べても肉厚でサワヤカで美味いピーマンでした。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 一足先に食べ終わったムスメはDSで遊んでいます。3DSとかではなく昔のDS。中古で買った簡単な子ども向けソフトを預けています。今のところそれで満足な様子。









 夕方天候が回復してからも空には雲がかかっていましたが、夜更けには星空になっていました。

 そこで湖畔に写真を撮りに行くことに。


PENTAX K-1 / smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED[IF]

 三脚とレリーズは、夜は晴れそうという微かな期待で持ってきたのですが、無駄にならずに済みました。

 魚眼で撮る田沢湖の星空はなかなか綺麗ですが、人工光が多いので、もっと暗い所で撮ればよかったかも。















 しばらく写真を撮っていましたが、寒さに負けて退散しました。

 この夜の気温は6度まで下がったようです。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 今回借りたバンガローにだけ、簡保の看板がついています。まるでここが簡易郵便局のようで可笑しかった。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 冷えた体を焚き火で温めつつ、相反する行為=ヒエヒエのビールを胃に流し込む。

 寒いけど美味い。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 余り湿っていない朽ちた枝を見つけてきて、焚き火で乾かしておきました。

 お陰でじっくり焚き火を楽しめます。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited







 そろそろビールから強い酒にチェンジ。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 ホワイトオークあかし。いつもはシングルモルトばかり吞んでますが、これはブレンデッドウイスキー。飲みやすく美味しいウイスキーでした。




 ウイスキー+焚き火+読書。キャンプの真の目的。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

 読んでいたのは、椎名誠の超常小説ベストセレクション。全て読んだことのある作品が収録されているが、かなり初期の頃の作品から満遍なくコレハというものが入っているので、読み返しても新鮮に楽しめる。





 2時間ほどウイスキー+焚き火+読書を楽しんでから、背中が寒くて寝ることにした。

 なにしろヘリノックスのチェアワンはほぼ全体がメッシュなので、こういう寒い季節には不向きなのだ。しかしその弱点を補う商品が出ていることも最近知った。

 次にこの季節のキャンプをする時は、チェアワン用シートウォーマーと、足が埋まらないようにするボールフィートを用意しようと思う。


PENTAX K-1 / smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited

↑このページのトップヘ