タグ:Planar85mmF1.4

カモメ PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 普段は定時より45分くらい早く出ても一番遅い部類になるけど、ひとり気軽な土曜出勤ではこんな写真を撮っていられます。精神衛生上とてもいい。


PENTAX K-1 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 この頃ずっと天気が良くて毎日夏みたいに暑かったんですが、明日、明後日は久しぶりに雨が降るようですね。

 雨の風景も積極的に撮りたいけど、今のところ防塵防滴のレンズは★60-250しかないので、標準ズームが欲しいところです。あと防塵防滴の単焦点もどんどん出して欲しいなぁ。



 仙台うみの杜水族館での写真は今回でラスト。最後はプラナー85mmF1.4付けっぱなしで、まずはまた最初の大水槽を撮ってみました。



 エイってどういうワケか撮っちゃうんですよね。青森の浅虫水族館のでっかいマンタほどではないにしろ、やっぱり追ってしまいますね。


 それにしても85mmF1.4はピント激薄なので難しい。MFだし。




 極薄ピントでMFというピーキーなレンズを使うことにカタルシスを感じ、そのまま海獣コーナーへ。

 まずはあまり動かないペンギンで練習。目にピントを合わせるのがかなり至難の業です。SONYのα7SではEVFでピーキング機能を使うことで、毎回ほぼジャスピンだったんですが、OVFは暗いシーンでは不利ですね。それでもOVFがスキなんですが。












 ビーバーは延々と腹をボリボリしていて、見ている客から笑いが起こっていました。けど当の本人は、分泌される油を塗って、水中での仕事に備えてるんですよね。見た目はやっぱり面白いけど。



 さて、一通り見て回っていよいよ帰る時間。



 クリスマスツリーの周囲にもひとけが無くなってきました。



 フードコートのトレイ回収口は、ちょっと返しに行きづらい^^;




 イスがカラフルでついついパチリ。

 と、これにて12月の仙台うみの杜水族館での写真は終了です。

 んで、この後鶴岡の加茂水族館が控えているので、しばらくディズニーと水族館ばっかりになりますが、管理人はネタ切れしているのに新ネタを仕入れず読書の日々なのです。

 どうぞよろしくお願いいたします。


PENTAX K-3 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK



 後半は定番のイルカジャンプです。

 流石は八景島からやってきただけあってベテランのようですね。









 昨日の更新で、イルカとアシカのキャッチボールの事を書きましたが、実際はイルカジャンプの後でした。

 既に記憶が曖昧です。スミマセン(^^;






 一回失敗しましたが、二回目で成功!

 今度こそ決める!という意思がどことなく伝わってくるようでした。



 最後は集団ジャンプでハデに締めくくり。












 クリスマスなので、最後はこんなサービス。サンタ帽を被せて・・・






 呼吸孔でプシュッ!と帽子を飛ばして、観客もビックリ。楽しいサプライズでイルカショーは幕を閉じました。

 また見に行きたくなるショーですね。今度行くなら夏かな。



PENTAX K-3 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK


PENTAX K-3 / CarlZeiss Planar T* 1.4/85ZK

 土日泊まりで仙台に行ってきました。

 毎年12月がディズニーストアのファンタミリア会員の更新月で、店頭でしか更新できないので毎年12月は仙台に行ってました。
 今年はまだ行ったことのない仙台うみの杜水族館にも行ってみようということになり、いつもは日帰りでしたが泊まりとなったのです。

 しかし12月の仙台といえば光のページェント。おかげでぜんぜんホテルの空きが無く、岩沼市の山中にある元保養施設みたいなホテルに泊まることになりました。ボロかったりタバコ臭かったりしたらイヤだなと思っていましたが、泊まってみると思いの外快適でした。特に大浴場がゆったりできて良かったですね。

 で、初日に行ったのうみの杜水族館ですが、新しいということも勿論、運営会社が八景島シーパラダイスと同じ株式会社横浜八景島なので、見せ方がとても上手いなと感じました。エンターテイメントと学術的展示が絶妙なバランスですね。

 ショーは一番後ろの席で見たんですが、もうちょっと下の席なら余計な背景は壁で排除できましたね。でも一番後ろは見やすくてなかなかよかったですよ。

↑このページのトップヘ