完成図
CA870に固定ストックをつけたので次は光学機器をつけれるようにしてみる

マルゼンのCA870に光学機器をつける為のマウント(CQBマウントベース)が
出ていたりするんだけど、マルゼンが製造をやめてしまったのか、ずっと
売り切れ状態が続いているので海外製で代用してみる。

グーグル先生で調べてみたところ代用案としては
・レールキットを購入する
・レール付きメタルフレームを購入する
・穴を開けてサイトを自作する
・穴を開けてレールをひっつける
といろいろな方法が出ていたのですが
お手軽に出来そうなメタルフレーム購入という方法をとってみました。

G&P M870 メタルフレーム
G&P から出ているM870用メタルフレーム。
買ったサイトはairsoftglobal.com。
値段が100ドルとCA870が一本買えるぐらいの値段。

メタルフレームの付属品
付属品達

そして取り付け

ストック外す

長いドライバー必須

まずはストックを外します

ストック外した図
ストックを外した図

ネジ外す
フレームのネジを外します

フレームピン外す
六角ネジの横のフレームピンを外します

トリガーガード外す
これでトリガーガードが外せるようになったのでトリガーガードを
外します

フレーム外す
トリガーガードを外したらフレームを外します

P1060806
まず、エジェクションポートを交換します。黒いプラスチックから
銀の金属製に変わって気持ちかっこよくなります。あまり目立ちたくない
人は元の黒プラスチックのほうがいいかも?
赤丸で囲んであるパーツは外れやすい上に小さいバネがあったりするので
フレームを外す際は注意。

はめ込んだ図
交換した図

取替え
トリガーガードも交換します

と、ここで問題が発生

トリガーガードのセフティースイッチが入らない件
セーフティースイッチのサイズが合わなくてセーフティー機能の
移植が出来ませんでした。

P1060814 - コピー
交換したトリガーガード側のセーフティースイッチを入れる穴を拡げるか
セーフティー機能無しで運用するかという状況に。

穴を拡げるのはちょっと手間がかかりそうだったのと、一応セーフティー機能
はつけておきたいので結局元のプラスチック製のトリガーガードを
そのまま使うことにしました

フレームピン
元のトリガーガードのままでも見た目的にもあまり違和感がなかったので
大丈夫そうです

ネジ止め
ネジとフレームピンを元に戻して

全体図
移植完了

model870
フレーム刻印

フレーム刻印
フレーム刻印その2

裏面
反対側。エジェクションポートがかっこいい。

完成図
これで光学機器が使えるようになりました



今回のメタルフレーム移植に関しての問題点
個体差なのか元からなのかサイズが合わない箇所がちらほら

・セーフティースイッチが移植出来ない
どうしても交換するなら トリガーガードの加工が必要

・ マガジンの穴のサイズが若干合わなくてマガジン交換しづらくなった
マガジンが取り外しづらくなった点について対策するとなると、
メタルフレーム側の加工が必要かと思います。

ロングマガジン
今のところロングマガジンならそれなりに運用できそうなので
この問題については放置することに。

ショートマガジン
G&Pから出ているショートマガジンだと
リロードが出来なくなってしまうぐらい外しづらくなりました。
素手で外そうとするとかなり大変です。

取り外し方
マガジンのネジ穴に棒を差し込むと外すのが楽になるけど
サバゲーで使うとなるとあまりよろしくない感じ です。
快適に使うとなるとやはり干渉している部分を削る必要がありそう。