bristol dpm ボディアーマー
ドイツ連邦軍で使われているというボディーアーマー
某即売会でえらく安い値段で売られていたので衝動買い

ドイツ連邦軍系のミリフォトでたまに見かけるボディーアーマー
今でも使われているかどうかはよく分かりませんが2000年代でも
使われている写真を見かけます。この辺はもっと詳しく掘り下げてみたい所

以下写真

DPM迷彩柄アーマー
正面から

裏側
裏側。正面側より色落ちが少なめ

 ラジオポーチみたいな
サイズ的にラジオポーチでしょうか

股間アーマー
股間アーマー付

閉じ
折りたたんで固定することが出来ますが折りたたむと前のポーチが
使えなくなります

インシュロック付き
脇のヒモ部分に結束バンドがついていました

色落ち
ミリフォトの写真では黄色っぽい感じだったカバー部分が
見事に色落ちして茶色っぽくなっています。

bristol armor ポーチ部分
胸のポーチ。G3マガジンとかハンドガンとかが入りそうです

展開図
横のベルクロを取り外して展開した図

体に固定する?ベルトのようなもの
アーマーを体に固定する為にあるっぽいベルト

 取り外し
カバーを外していくと

ベルクロを剥がす

P1060887

分解
2つに分離出来ます

反対側
内側

タグ

meggitt comfosites

タグその2
タグ部分

アーマー取り外し
中のベルクロを開けるとインサートアーマー

インサートアーマー
レベル1の防弾性能をもったソフトアーマーだそうです

カバーの外側にレベル4の防弾プレートを装備出来るそうな

アーマーのタグ
アーマータグ

正面のアーマー
正面側に入っていたアーマー

meggitt composites
タグ

股間アーマー
股間アーマーは取り外し可能

取り外し
ベルクロめくって

分離
ジッパーを外します

中にアーマーが入ります
ここにもアーマーが入っています

中身
アーマー全体図

タグ
 タグ

 あまり装着している写真が集まってないので買ってから
どう使おうか考えているという有様