CA G3A3

CLASSIC ARMY の G3A3 を手に入れたのでいじってみる
メモ
・買ったお店はAirsoftGlobal
Classic Army SAR Sportmatch M41SG AEG
http://www.airsoftglobal.com/shop/index.php?main_page=product_info&cPath=21_279&products_id=15463

300ドル丁度くらいで売ってます。要デチューンオプション
さっき見てたら売り切れてました・・・。

・正式名称はClassic Army SAR Sportmatch M41SG AEG
G3A3で検索してもなかなか情報が出てこなかったり

・マルイのG3A3,G3A4は絶版になっているようで
次世代G3A3出たらいいね

・メタルボディー
マルイ製フルサイズG3に見られるギシギシ音が全くしません。

・King Arms製G3マガジンと相性悪め
個体差かどうか分かりませんがKingArmsのリブ付き
130連マガジンが取り付け辛い

・付属の多段マガジンが壊れていた
輸送のせいか初期不良か、付属の多段マガジンのギアが
外れていて動作しません。直すのも面倒なのでとりあえず放置

・全体的にネジが緩んでいたり固かったり
ネジの締め直しをしておくと思わぬ故障、パーツ紛失を防げるかもしれません。

AirsoftGlobalからの荷物
AirsoftGlobalから届いた時の様子。
ガムテープで厳重に梱包されています。

P1060686
どうやら外箱を切り抜き、他に購入したパーツ類とまとめて発送したみたいです。

P1060690
クリーニングロッドが真っ二つになっている図

P1060699
全体図。中華サイトからエアガンを買うときは、外箱の状態は
気にしないほうがいいみたいです

フレーム部分
フレーム部分

刻印

クラシックアーミー刻印三
MADE IN HONG KONG CLASSIC ARMY

CA的刻印2

classic army的刻印
謎の刻印達。マガジンハウジングの刻印はあまりにも目立つのでどうにかして消したい所

 フレームその2
裏側

セレクターはSEF
セレクター表記はSEF

ドラム式リアサイト
リアサイトはドラム式。やたら固いです。

フロント部分
フロント部分

G3A3 フラッシュハイダー
フラッシュハイダー部分。
取り外し方法はマルイと違いネジ式になっていました(マルイG3SG1はイモネジ固定式)

コッキングレバー
コッキングハンドルを引くと

CA G3A3 HOPUP
ホップアップ調整ダイアルが出てきます 

G3A3フロントガード
ハンドガード。ここにバッテリーが入ればG3A4的なものになりそうですが
リポバッテリーすらも入らなさそうです

ストック部分
ストック部分。ストックと本体とを固定する金具が
押し込んではめるタイプになっています。

G3A3 ストック部分
この金具がとんでもなく固くて取り外しに苦労しました
 
 バットプレート取り外した図
バットプレート外した図。この中にバッテリーを入れるようです。
ラージバッテリーも入るくらいスペースが広いです

電源コード
 ヒューズとアダプタ。コネクタはラージバッテリー用みたいです



メカボの中が気になるのでまた暇な時にでも分解してみたいですね