G3合体
マルイG3とクラシックアーミーのG3のパーツを合わせて剛性を上げようとしてみた



メモ
・マルイ製G3SG1の剛性を上げて、ギシギシ音を減らしたい
やり方として「中華メタルパーツを買って交換」、「コッキングハンドルに
背骨となる物を入れる」等いろいろあるみたいですが、
メタルパーツが高すぎて一式揃えたらフルメタルG3本体が買える勢いだったり
各社から出ているメタルパーツとマルイパーツとの互換性がよく分からんので
クラシックアーミーから部品取りする方向で。

また、チャージングハンドル部分に金属棒を入れたりしても
いいらしいけどチャージングハンドル作動させたいっていう謎の欲求が
あったのでメタルパーツを組み込んでみる方法を試してみた。

・ついでに全体の色合いを黒っぽくする
なんとなく



CA G3A3 と マルイ G3SG1
上:パーツ取り用のクラシックアーミーG3A3
下:パーツ移植先のマルイG3SG1(ストックは固定式から伸縮式に替えています)

メタルフレームも移植したいところですが

P1070752
マガジンハウジングの例の刻印が気になるのでマルイMC51カービンの
黒っぽいフレームを持ってきます



MC51のアッパーレシーバー取り外し

レシーバーネジ外し
マガジン部のネジを外します

P1070729
外した図

G3SG1ストックネジ外し
ストックを外します

P1070731

P1070732
 ストックパーツを外します

P1070742
ストック部

P1070735

P1070737
メカボの電源コードを外します

P1070738
ロアレシーバーを外します
 
P1070739
MC51メカボ

P1070741
シリンダーからグリスが漏れてきています

 P1070774
フロント部分を外していきます

P1070776

P1070777
 フロントサイト部分のネジを外します

P1070778

P1070779
フロントサイト底部のイモネジを外します 

P1070781
フロントサイトを外します

P1070785

P1070786
ヒューズを外します 

P1070787

P1070788
ガスチューブ部分を外します

P1070790
マガジンハウジングにあるネジを外します

P1070794
チャンバーとインナーバレルを引きぬきます

P1070796
MC51のアッパーレシーバー部分を取り出した図



ロアレシーバーはG3SG1のモノを使用します

P1070747
MC51と同じ要領でロアレシーバーを外します

P1070749
左:マルイG3SG1
右:マルイMC51



次に、クラシックアーミーG3A3からガスチューブ部分を手に入れます

CA G3A3フロント部分
さっきと同じ要領でパーツを取り外します。
マルイ製G3と比べて一部ネジの種類が違っていたりしましたが、
基本的に構造は同じようになっていました

G3合体
取り外したパーツを組み立てます

P1070830
パーツ図
クラシックアーミーG3A3
ガスチューブ、コッキングハンドル

マルイG3SG1
ロアレシーバー、メカボ、ハンドガード、インナーバレル、アウターバレル

マルイMC51
アッパーレシーバー、伸縮式ストック

といった具合になりました。

以前よりもギシギシ音がしないようになりましたが
プラ製ハンドガードからどうしてもきしみ音が出ます。
とはいえ前ほど気にならないので問題無いかなといった具合。

また、手軽にG3A3に切り替え出来るかと思っていましたが
バッテリーコードを前方配線にしているとコードとG3A3のハンドガードが
干渉してうまくはまりませんでした。