ストックイン
D-Boys HK416の配線を後ろに持っていってリポバッテリーをストックに入れたい
ので後方配線にしてみた。
D-Boys HK416
初期の状態ですとバッテリーボックスの使用が必須になってしまうので、
メカボをいじるついでに、コードの配線を後方にしてしまいます。

スペースの関係でヒューズが入らないのでヒューズは無しとします。いいのかコレ?

D-Boys HK416 ストック

とりあえずストックに配線を通した図。ここまで特別加工する必要なく出来ました。
元から後ろに配線出来るようにそれっぽい穴が開いていたりします。

コネクタピン外し
 
コネクタピンを専用の工具で外します。工具はタムタムで500円ぐらいだったような。

P1040657

外した図

P1040659

次にペンチで配線をぶった切ります。長さが微妙なのは純正の配線を使用して
いるからで、ちゃんとコードを買えばもっと余裕のある長さに出来ると思います。

P1040660

コネクタピンの金具をペンチで 外し、ぶった切ったコードの先に移植します

 HK416 ストックに配線回してみた

こんな感じになります。

HK416 バッテリーをストックにイン

リポバッテリーを突っ込んでみます。明らかにはみだしています。
もっと加工すればさらに奥に入るかもしれませんがとりあえずこれで行きます

P1040663 

 ストックから配線

ストックを差し込んでみた図

HK416 バッテリーコードはみだし
ストックを最大まで縮めた状態ですと少しはみ出してしまいますので、

HK416 ストック一段階伸ばし版
使用する際は1段階程スライドした状態で使用します。

これで、とりあえずはバッテリー交換が楽になりました。