Marui MP7
マルイの電動MP7を買ってみる

もうじきマルイからガスブロ版が出るみたいですが冬も使いたいし
手軽に運用したいので電動の方を買ってみた。

メモ
・純正バッテリーが付属
充電器はついてこないので買う必要あり
・初速は70後半と屋内戦向け。遠距離戦をやるには
カスタムが必要だと思います。
・マルイ以外ではKSC,ARESあたりがガスブロ、
WELLというメーカーが電動タイプを出しているようです。

このエアガンについてはいろんなところでレビューされまくっているので
気になったところだけをつらつら書いてみようと思います

P1060633
説明書。操作方法の他にKSKとか実銃等について解説が書かれています。
ドイツ連邦軍に制式採用されたとか 200m先のボディアーマーを貫通するとか
いろいろ解説してました

フレーム刻印
フレームにいつもの刻印

ストック部
ストック部分にシリアルナンバーみたいなもの

ストック閉じた図
ストックは伸縮式

スイッチ
チャージングハンドルの横にあるスイッチを操作して

ストック伸ばした図
ストックを伸ばします。
ストックは閉じた状態と伸ばした状態の二段階しかないので
細かく長さを調節したい場合は自前でストックに切り込みを入れるなり
しないといけないっぽいです。

MP7 フリップアップサイト
MP7サイト立てた図
アイアンサイトはフリップアップ式。
サイトを外して次世代G36CやKSKレール等に
移植したり出来て夢が広がります

サイティングした図
サイトを覗きこんだ図

チャージングハンドル
ストックの上にあるチャージングハンドルを引くと

ホップ調整ダイアル
HOP調整ダイアルが出てきます

セミフルオート
セレクターは、セーフティ、セミオート、フルオート

ハンドグリップ
ハンドグリップ展開
ハンドグリップを展開した図

フロントサイト外すボタン
グリップのそばにフロント部を取り外す為のボタンがあります

フラッシュハイダー外した図
ここを取り外してバッテリーを収納します

バッテリー
純正のマイクロバッテリーEX。この形状なら電動ハンドガンと
共用出来ればいいのになーとふと思う。

いろんな所でリポバッテリーを使う方法が出ていたのでそのうちリポ化する予定。

上下注意
バッテリーを差し込む際は上下が決まっているので注意。
上下を間違っても挿さらないようになっていました

差し込んだ図
差し込む図。ちなみにセレクターをセミオート、フルオートにしていると
ストッパーがかかってバッテリーが挿入出来なくなります。安全ですな。

取り外し
取り外す時は上のツマミを引っ張って

引っ張った図
取り出します

マガジンリリース
トリガーの下にマガジンをリリースするレバー。
電動USPと似たような作りになってました

マガジン取り出す
マガジンはグリップ内部に収まっています

MP7 50連マガジン
純正マガジン
ゼンマイ式の190連ロングタイプがあるみたいですが給弾不良するという
話があったので中華の100連ロングマガジンでも買おうかと

マガジン底部の刻印
マガジン底部にHK刻印

 弾速計
初速の方は

初速2
77から

初速
80あたりでした。

強化スプリング、ピストン、ギア、バレルなどが社外から出ているので
また暇な時にでもいじってみたいですね



~MP7でいろいろやってみたいこと~

・リポ化
リポ化
リポ化についてネットを彷徨っていると

・外部バッテリーボックスを使う方法 
・ハンドガンリポ化キットを使う方法

があるみたいですがリポキットやET1のリポバッテリーを買わなくても
MP7のリポカスタムをしている画像が出ていたので一回試してみたい



・MP7用に装備更新
コーデ参考
タスマニアンタイガーあたりでも。
上に出ている本はタスマニアンタイガーのベストが
これでもかっていうぐらい出てきます。

光学機器はホロサイトだのS-POINTだのZ-POINTだのと
豊富な中華系ラインナップから適当に選ぶ予定。

Rubber Cover for RSA-S
http://www.outdooroutfitters.com/zeiss-hensoldt-rsa-s-rubber-cover.aspx
ネット上にカバー単品を扱っているサイトもあるみたいなので
中華レプリカサイトにラバーカバーを被せるとそれっぽくなるかも・・・?
というより税関通るのかすら謎です。



ロングマガジンにホロサイトを乗っけてバトルフィールド風味にしてみたい所