あの作品のキャラがルイズに召喚されました カンヅメ山荘

あのスレ作家の避難所、疎開先、その他倉庫のようなもの。

大活劇 アンリエッタ(仮

「アンリエッタ。お前は大きくなったらどんな王様になりたい?」
 遠く祖先は始祖の直系に連なる、伝統あるトリステイン王国の国王であるヘンリーは、目に入れても痛くない愛娘にそんなことを聞いた。
 城の内にこさえられた庭園。かのガリア王国のグラントロワにあるものにこそ劣るけれども、子供が遊ぶには十分な広さのあるそこ。
 呼びかけられ、足を折り曲げ座していた幼い少女が振り返った。
 あどけない、可愛らしい、天真爛漫、そんな言葉は彼女のためにあるのではないかと、父王が常々半ば以上本気に思っている彼の娘は、周囲に咲いた花が霞んでしまうほどの笑顔を浮かべて、元気に言った。

「みんなをしあわせにするおうさま!」

 その答えを聞いて、国王はそうかそうかと満足そうに目を細めた。
「そうか。アンリエッタはみんなを幸せにする王様になりたいか。それはとても素晴らしいことだ。アンリエッタは良い子だね」
 アンリエッタは、父親のことが大好きだった。
 けだかく、そうめいで、ほこりたかい、それらの言葉の意味はさっぱりわからなかったが、父親が世界一の王様だというのはしっかりとわかっていた。だから、世界一の王様にそう言われて、アンリエッタはみるみうちに頬をリンゴのように紅潮させた。
「あのね! わたし、わるいひとたちをみんなやっつける、せいぎのおうさまになりたい!」
 それを聞いてそうかそうかと父王が笑った。
 娘のことが可愛くて仕方がない、そんな何処にでもいる父親の笑いだ。
 けれどアンリエッタはそんな王様に誉められたのが、心の底から嬉しかった。
 彼女はその場からぴょんと飛び跳ねると、先ほどまで作っていた花冠を頭に被った。
「みてみてとうさま! これであんりえったもおうさまだよ! わるいやつを、ばったばったとたいじする、せいぎのおうさま!」
 そう言って彼女は、目に見えない剣でも握っているのかのように、手をぶんぶん振って「あくにん」を退治している様を父親に披露した。
 そんな愛しい娘の様子に、王はますますそうかそうかとニコニコ笑った。
 王道の先駆者として、最近おてんばと評判の娘をたしなめるのも必要かと頭の隅っこ方でちょろっと思ったが、娘の笑顔を見たらそんなことはどうでも良くなった。
「いいぞ、アンリエッタ。立派な王様になるんだ、私よりも偉大な王様にな」
 そう、父は本音からのことを正直に言ったのだが、それを聞いた途に端、アンリエッタの顔がたちまち曇った。
「おお可愛いわたしのアンリエッタよ、一体どうしたんだい?」
「ちがうの、とうさまみたいなおうさまになるの」
「なるほど、私のような王になりたいか。とても嬉しいよアンリエッタ。だが、私はお前に、わしよりももっともっと立派な王様になって欲しいのだよ」
「どうして?」
「どうしてかなぁ……そうか、きっとわたしがアンリエッタのことを大好きだからだ!」
 大好きと言われて、アンリエッタの顔に、再び天使の笑顔に戻ってきた。
 彼女は父親に『大好き』と言われるのがとても好きだった。
「アンリエッタはどうだ? 父さんのこと好きかい?」
「だいすき!」
 そして、『大好き』と言われた父親が喜ぶ顔がとても好きだった。
「そうかぁ……アンリエッタ、は父さんが好きかぁ」
「うん! おおきくなったらとうさまとけっこんする!」
「そうかぁ……結婚するかぁ」
「ちゅーもする!」
「そうかぁ……ちゅーもしちゃうかぁ……」
 その言葉に、子供大好き国王は、軽くトリップしかけたのであるが、アンリエッタはそんなことは露とも知らずに、元気良く言葉を続けた。
「とうさまがいうなら、とうさまよりすごい、すごーいおうさまになる! あくをたおすりっぱなせいぎのおうさまに!」
「ははは。いいぞ、アンリエッタ、その調子だ。勉強もお稽古もいっぱいして、父さんを超える偉大なる王になるんだ」



 アンリエッタ五歳。
 彼女がうろ覚えの呪文を適当に唱えて、使い魔を呼び出してしまう前日。
 そんな、春の日の出来事であった。
続きを読む

マジシャン ザ ルイズ 3章 (58)うつろう虚無魔導師

マジシャン ザ ルイズ 3章 (58)うつろう虚無魔導師

「ふぅ……」
 黒い肌をした男が吐息を吐く、己の無事を確認して安堵したのだ。
 フェイズシフトを伴う次元移動。数々の領域を渡り歩いた彼をして未知の体験。彼はそのような挑戦を乗り越えたところだった。

 犖記瓮廛譽ぅ鵐坤Εーカー・テフェリー。
 次元の裂け目を修復するために灯を失い、久遠の闇との繋がりを断ち切られたプレインズウォーカー。
 かつて自由に次元を渡り歩いた力は失われ、以前なら易々と行えた空間転移も、機械の助け無しには行えない。
 それが今のテフェリーだった。

「……この、世界は」
 テフェリーが周囲を見渡す。
 そこに広がっていたのは恐ろしく荒廃した光景。
 大地はひび割れ乾ききり、空は炎のように赤く染まって雲一つない。弱々しく空気をかき混ぜる程度の風がふく度、細かな砂の粒子が舞って散った。
 周囲には生物はおろか、植物すら見あたらない。
 そんな荒野が前後四方、見渡す限りに広がっている。
 既に荒れ果てた『ドミナリア』を目にしているテフェリーですら顔をしかめるほどの、死と絶望に彩られた世界がそこにはあった。

続きを読む

マジシャン ザ ルイズ 3章 (57)シュペー卿の剣

マジシャン ザ ルイズ 3章 (57)シュペー卿の剣

 メンヌヴィルという人間は、酷く簡単な価値観の中に生きている。
 目を盲いた彼に感じられる世界とは、熱量にのみ左右される世界。
 燃える熱、凍える熱、人の熱、石の熱、怒りの熱、喜びの熱。
 全ては熱でできている。

 そんな彼は、自身ら火のメイジを、他系統のメイジとは一線を画する存在だと考えている。
 土のメイジは土と、水のメイジは水と、風のメイジは風と親しむ。
 それは自然本来の摂理からすれば、至極当然の形だ。
 生命とは元来そういうふうに作られている。

 しかし、火だけは違う。

 火と生命は本来相容れない。動物は本能的に火を恐怖するものだ。
 だが、火のメイジは火を恐れたりはしない。火への恐怖心の克服は、火のメイジの基礎の基礎である。
 相容れぬはずの火と親しむ、その一点でもって、火のメイジは他のメイジに比べてどこかが壊れている存在なのだと彼は考えている。

 そして、そんな火のメイジの中でも更に一握り。
 火に愛されている、そんな風にしか思えない人間がいるのだ。
 熱にうかされ、火に魅せられ、精神を薪にして炎にくべてしまった人間がいるのだ。
 たとえばこの少女のように、

 たとえばあの背中のように、

 ――たとえばこの自分のように。


続きを読む

マジシャン ザ ルイズ 3章 (56)運命の交差

マジシャン ザ ルイズ 3章 (56)運命の交差

 落ちる、落ちる。
 重力に誘われ、頭を下にして真っ逆さまの落下行。
 それが彼、ギーシュ・ド・グラモンののっぴきならない現実であった。

「ひ、いいいいいぃぃぃぃぃ!」

 躊躇いが無かったと言えば嘘になる。
 だが、それでもよく決心したとギーシュは自分自身を誉めてやりたいくらいだった。
 何せ女性二人の命を救う為に、男ギーシュ、こうして命を張ったのである。
 後悔はない。
 だが、そんな心意気とは関係無しに、やはり怖いものは怖い。
 びゅうびゅうと耳に押し寄せる風の音、目まぐるしく変わる光景、体全体を包み込む圧力は馬に乗っているときのそれなど比較にもならない。

爐△◆△笋辰僂蟷澆瓩討けば良かったかなァ
 一瞬そんな考えがよぎる。
 よぎる、が、

       今はそんなことを考えている時ではない。

続きを読む

マジシャン ザ ルイズ 3章 (55)英雄的な行為

マジシャン ザ ルイズ 3章 (55)英雄的な行為

 シルフィードの翼が風を切り裂き、風竜は俊敏な動きで空へと駆け上がっていく。
 目標はウェザーライト兇ら放り出された二人。モンモランシーとギーシュ。

「タバサ!?」

 吸引力によって気流が乱れ、周囲は嵐のように風が猛威をふるっている。
 そんな中を縫って現れた救いの主に、モンモランシーが驚きの声を上げた。
 他方、助けに来たタバサはこのような状況にあっても普段と変わらぬ無表情で、おおよそ何を考えているか分からない顔だ。
 そんな彼女が、口を開いた。

「……手」
「!」

 ごうごうと騒ぐ風音が邪魔で、モンモランシーには彼女が何を言ったのかをよく聞き取ることができなかった。
 だが、すっと差し出された手の意味だけははっきり理解できた。
 慌ててギーシュの方を確認すると、彼はすでにタバサの使い魔であるドラゴンに、マントの端を咥えられていた。
 残るが自分だけ。そう悟るとモンモランシーはその手を捕らえるべく、精一杯腕を伸ばしたのだった。



 主人がモンモランシーを捕まえたことを確認すると、シルフィードは一転、上昇から急降下へと移った。
「全くもうっ、なんて飛びにくい空なのねっ!」
 ギーシュを口から手に持ち替えたシルフィードが文句を言う。
 何せ昇る分には追い風だが、降る今度は向かい風なのだ。こんな空を飛ぶ経験などそうそう無い。
「我慢して」
 そう言うタバサも、先ほどから進行方向にある障害物を呪文で排除して進路を確保する作業で余裕が無い。
 風の竜と風のメイジだからではない。最高に息のあった二人だからこそ、この空を自由に飛べるのだ。

「タ、タタタタ、タバサ! あなたの使い魔、喋ってる!?」
「黙ってて。舌を噛む」
 モンモランシーの声を一言で制してタバサは早口にルーンを唱えた。
 低位の風呪文を発動させて、粉砕されたフネの破片の軌道をずらす。
 落ち着いているように見える彼女だったが、その額からは一筋汗が流れていた。
 シルフィードは吹き上がる気流を見切り飛ぶ。その姿は正に猊の精瓩慮討嗅召冒蟇しい美しさを備えていた。

 だが、この空は彼女の独壇場に非ず。
続きを読む

マジシャン ザ ルイズ 3章 (54)虚空の大穴

マジシャン ザ ルイズ 3章 (54)虚空の大穴

全てを呑み込む穴の驚異は、ウルザを吸い込むだけに止まらなかった。

「うわああああああああ!!」

戦場に悲鳴が、こだまする。



ウェザーライト号のブリッジでは、アラートが騒がしくがなり立てていた。
それもそうだろう。今、ウェザーライトの船体は四五度近くの傾きをもって、船首を上にして斜めに傾いでいるのである。
ただ事ではない。
しかし、そのような窮状であるにも関わらず、周囲にウェザーライトを救おうというフネはない。
なぜなら、他のフネも大なり小なり似たような状況であるからだ。

艦隊は上空からの襲いかかる強力な吸引力に、必死に逆らっていた。
浮力を調整し、自重と重力で対抗する。
だが、重量級のフネなどはそれでいいが、船体の軽い船などは徐々にコントロールを失い、上空へと引き込まれて始めている。
フネは元来このような事態に対処できるようには作られてはいないのだ。

唯一幸いだったのは、このような状況の為に、両軍の戦闘行動が一時中断していることだろうか。

謎の力の影響を受けているのは、何も連合艦隊だけではない。アルビオン側のフネも同様である。
その証拠に、ベキベキという音を立てながら、一隻のアルビオン巡洋艦が、甲板を引きはがされて、破片をばらまきながら空中分解した。
両軍とも、現状を維持するだけで手一杯で戦闘どころでは無いのだ。



続きを読む

マジシャン ザ ルイズ 3章 (53)ウルザの砲台

マジシャン ザ ルイズ 3章 (53)ウルザの砲台

これで何度目かとなる交錯。
空中を素早く逃げ回るワルドの進路を武具の射出で妨害し、一気にウルザがその距離を詰める。
『ハッ!』
距離が縮まると同時、裂帛の気合いとともに、二人は互いに弾幕のような無数の光条を放った。
ワルドのそれは、迎撃のため。
ウルザのそれは、ワルドの迎撃を打ち落とすため。

ウルザの呪文はワルドの呪文を残らず撃ち落としていく。それは相手の放った矢を射るが如き、針の穴を通す達人技。
迎撃が意味をなさないことを悟ったワルドも即座に後退に徹しようとするが、追随するウルザがそれを許さない。
ウルザは無造作にワルドの懐に飛び込むと、左手でに握った大剣を払う。重さと早さが乗った一撃が、ワルドを襲った。
しかしてワルドもただ者ではない。
ワルドは回避しきれないと判断すると、素早くサーベル型の杖を腰から引き抜き、ウルザの剣をいとも簡単にいなしてしまった。
そう、接近戦こそは彼本来のフィールド。
ロングレンジの戦いならともかく、ショートレンジでの戦いなら、転化前の技能が存分に生かし切れる。
追い詰められたワルドは、防戦どころか逆に剣杖にブレイドの呪文を纏わせて、ウルザに接近戦を挑んできた。
こうなってしまっては、いかに長い時を生きてきたとはいえ、所詮はアーティフィクサー。本職の戦士を相手にするのは難しい。
それが自身と同じ、定命の軛から解き放たれたものとあっては尚更に。

続きを読む

マジシャン ザ ルイズ 3章 (52)ウルザの意思

マジシャン ザ ルイズ 3章 (52)ウルザの意思

アルビオンへと潜入を果たしたキュルケ達は曲がりくねった鍾乳洞のような区画を抜け、階層を降りながら中枢へ向かっていた。
途中、動く屍や黒い油にまみれた戦争機械などとも遭遇したが、幸いこの作戦に選ばれた精鋭達の前では敵でなく、これまでのところ大きく被害を受けることもなく進んでいた。
順調すぎて、むしろ案内役のマチルダの方がへばっている始末である。
さて、そうこうして一同は新たなる区画に入った。
その場所はこれまで見てきた光景に比べて格段に人工の匂いが強い、明らかに人の手が入った作りであった。
床には歩くと乾いた音をたてるできた灰色のタイルが敷き詰められ、通路の形は正方形。
そこは、ハルケギニアとは全く違う、異質な文明の遺跡のようにも見えた。
「ここから進んだしばらく先に、アルビオンを浮かせている風石があるはずさ」
今は前から三番目を歩いているマチルダがそう口にすると、全員の注目が彼女に集まった。
「あたし自身はこれ以上先に進んだことは無いけれど、ワルドの奴はそんなふうに言ってたよ……」
堅い面持ちで言うマチルダ。
そう、彼らの目的はアルビオン下層部にある、アルビオンを浮かせている風石の破壊。
その意味するところは、アルビオンの『墜落』である。
彼女がどのようなことを思って自分の故郷を地面に叩きつけようとしているのかは、この場の誰にも分からない。
しかしキュルケは、呟いたマチルダの顔に、郷愁ともの悲しさを見た気がした。
続きを読む

マジシャン ザ ルイズ 3章 (51)冥界の門

マジシャン ザ ルイズ 3章 (51)冥界の門

空に浮かぶアルビオン、対して地に構えるゲルマニア。
アルビオンに玉座があるように、ゲルマニアにも勿論玉座があった。
かつてはこの地を治めていた皇帝が腰を降ろしていたその玉座に、今はフードを目深に被った男が座っている。

男の前には全身を映してあまる大きな鏡が置かれており、そこには戦場の光景が映し出されていた。
それを、ウィンドボナ上空で繰り広げられる空戦の様子を眺めながら、男は嘆息した。
爐覆鵑伴紊ぁ△覆鵑叛伴絖
鏡の中では、あまたの生命が無惨に命を散らしている。
その悲劇的な光景を見ても、男の中には失望以外の感情は浮かんでこなかった。

「人間という生き物は、なんと儚い生き物なのだろうか」
思ったことをそのまま呟く。
すると、彼は自分の内面で燻っていた暗い情念に、ぱっと火が灯るのを感じた。
「いや、人間だけではない……。生命というものはとにかく脆い、脆すぎるのだ! 何故神はこのような不完全なものを生み出したのだろうか!?」
炎は徐々に燃え広がっていく。
最初は弱く、次第に強く。

男の様子は狂乱の様を帯びていき、ついには雄叫びを上げた。
「そうだ! 世界は変わらなくてはならないっ! そう、誰かが変えなくてはならない!」

誰が?
――決まっている。

「この我がだ!」

静寂の中、彼にだけ聞こえる歓声に応える為、男は両手を上げた。
手を上げた拍子に、男が纏っていたローブの紐がちぎれ床に落ちて、中から男の裸体が現れた。
そしてもう一度叫ぶ。
「我が!」

全裸となった男は、床にたたまれていた装束を持ち上げた。
事前に用意していた、この身に相応しい衣装だ。
それにゆっくりと、勿体つけた様子で身につけていく。

最初に緋色のガウン。
「我が……」
次に美しい宝石がちりばめられた装飾類。
「我が」
次に黄金に輝く王冠。
「我が!」
最後に金色のマント。
「我が変えるっ!!」

まるで一つ身につけていくたびに、新しい自分へと生まれ変わっていくような得も言われぬ感覚に包まれ、男はそれに酔いしれる。

全てを身につけて体を震わせていた男はふと、鏡に映し出された自分の姿に気付き、それを注視した。
目に入ったもの。不要なものを全て排除した、完全体の自分自身。
美しく、純粋で、無垢で、それでいて力強い己の姿。
その理想的な姿を前に、思わず唾を飲む。
「嗚呼……! 完璧過ぎる!」

そう叫ぶと、男は興奮のあまりに両手を広げて周囲を走り回った。
そしてドタバタと全身を使って飽きるまで喜びを表現しきると、今度は鏡に向かって指を突き出し、ヒステリックなまでの大声を上げた。

「準備は整った! 『大鏡』よ。我の尊身を奴らの前に映し出せ!」




続きを読む

マジシャン ザ ルイズ 3章 (50)炎首のハイドラ

マジシャン ザ ルイズ 3章 (50)炎首のハイドラ

先に仕掛けたのはワルド。

魔力的な飽和状態に伴う強烈な発光現象。
放電及び発熱現象をも引き起こし、今や大空洞の内部は昼間のそれよりなお明るい。
いや、あふれ出す光は大空洞だけに止まらない。今やアルビオンそのものが光源となって輝きを放っているのだ。
ハルケギニアから半歩ずれた位相の闇の中、アルビオンは限界まで魔力を漲らせる。

はじける寸前の風船、膨らみ過ぎた魔力が、空間の許容量を遙かに超えて蓄積し、それがあわや暴発するという間際、膨大な力が一点に収縮した。
爆縮。
ワルドの右腕が、マナの塊と化す。
暴れ狂う魔力を拳大の大きさに圧縮させて、ワルドは力を溜めるようにその腕を体ごと振りかぶった。

「灰は灰に……、塵は塵に……、貴様は、虚無に帰れ!」

――投擲。

音速すらも軽く追い越し、神を罰する灼光が放たれた。

ワルドが放った魔法、それ自体は驚くに値しない、ごく有り触れたものだ。
火のメイジならば誰でも知っている、ラインのスペル「ファイアーボール」。
原理の上ではそれと何ら変わるところがない。
ただ一点大きく異なる部分があるとすれば、それはメイジが己の内面を拠り所に求める力を、ワルドは自身のみならず他者にも求めたところにある。
魔力の貯蓄先を自分自身に限定することなく、周囲の空間にまで広げ、アルビオンという大陸すらもマナのプールに利用して、ワルドは世界の創世に匹敵する力を扱って見せたのである。
それだけの力を注がれた「ファイアーボール」。
既にそれは似て非なるものと成っていた。


炎は、何もかもをねじ伏せて目標へ向かう。

空間の跳躍、敵を焼き尽くす火である神速の槍は音の壁をものともせずに、空間すらも貫いて外へ。
次元の断徹、何者も阻むことを許さぬ業火の剣は、アルビオンを隔てている捻れた時空の渦を断ち切って、あるべき次元へ。
神意の体現、偉大なる存在の意志を実現する為に放たれた一条の矢の如き火は、標的めがけて一直線に。

黙示録――天空を覆い尽した巨人の猛槌たる炎は、見上げた人間達の網膜に、終末の光景を焼き付けた。


恐るべき魔力、恐るべき火力。
いかな強力なプレインズウォーカーであっても、それを受けてはひとたまりもない。
いや、その威力はウルザの肉体を砕くに止まらない。
それだけの力が炸裂すれば、トリステインどころか、ハルケギニアに尋常ならざる傷痕を残すこととなるだろう。
明らかな、過ぎたる力。

故に、それが過信に繋がった。


続きを読む
作品別リンク
新着コメント
新着トラックバック
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ