2chの歴史 西村博之伝1 『あめぞう』の跡目を継ぐ者
http://blog.livedoor.jp/anotokino2ch/archives/28408381.html


2chの歴史 西村博之伝3 宿命の壺
http://blog.livedoor.jp/anotokino2ch/archives/28408682.html


2chの歴史 西村博之伝4 鉄の掟
http://blog.livedoor.jp/anotokino2ch/archives/28408863.html


2chの歴史 西村博之伝5 武闘派路線
http://blog.livedoor.jp/anotokino2ch/archives/28409067.html


 

2000年ゴールデンウィーク最中の5月3日。その事件は起きた。

   ニュース議論板にてこのようなスレッドが。


   >佐賀県佐賀市17歳・・・。
   >1 名前: ネオむぎ茶 投稿日: 2000/05/03(水) 12:18
   >
   >ヒヒヒヒヒ    

   時間に注目。バスジャックされる前。


西鉄バスジャック事件である。


正午過ぎに17歳の少年は西鉄高速バス「わかくす号」に乗り込むと、牛刀を取り出してバスを乗っ取った。午後2時過ぎ、脱出した乗客により事件が警察へ通報された。
ゴールデンウィーク最中に起きたこの事件の経過をマスコミはリアルタイムで中継し、日本中が騒然とする。
マスコミの報道により、乗っ取り犯が未成年であることなどが明らかになるにつれ、当初は「まさか」と思っていた2ちゃんねる住民たちの思いも確信に変わる。


これは犯行予告だ!


2ちゃんねる最大の“祭り”となった。
アクセスと書き込みが集中し、2ちゃんねるは激重になる。
わたしも2ちゃんねるへ問題のスレッドを見に行った。せめて記念カキコでもしようとしたのだが、これが重くて、重くて、なかなかページが開かなかったのをよく覚えている。


5月4日午前5時に警察隊が突入。少年は取り押さえられ、約15時間半にわたったバスジャック事件は解決したが、少年によって3人の乗客が刺され、うち1人が死亡している。


「ネオむぎ茶」・・・もとのハンドルネームを「キャットキラー」といい、2ちゃんねるで多少は名の知られた固定ハン厨房だった。


「少年によってインターネットの掲示板へ犯行予告が書き込まれた!」


このネタに当時のマスコミは飛びついた。


まだまだ知る人ぞ知るマニアックな存在だった2ちゃんねるは「西鉄バスジャック事件の犯行予告が書き込まれた掲示板」として、俄然、世に知られるようになった。常連厨房だった少年の犯行動機の分析のみならず、巨大匿名掲示板という2ちゃんねるの存在自体が注目されるようになった。


そして、2ちゃんねる管理人・西村博之が全国ネットでその姿を世に現す日がやってきた。
ニュースステーションの取材を受けてテレビ出演したのである。


テレビ初登場の西村はどこかの書斎と思しき部屋で取材を受け、悠然と椅子に座わり、赤のワイシャツにネクタイを締めて決めていた。その面立ちは端正といっていいモノだった。
これは西村の計算だったのだろう。普段のだらしない服装・いでたちでテレビに出たら、やはり掲示板の管理人はキモオタだと世間になめられる。だから、あえてオタクっぽくない格好で取材を受けみせた。これにより、世間の西村に対する第一印象が決まる。


こうして、2ちゃんねるの管理人は意外とイケメンだと人々の間で知られるようになった。ただ、難を言えば西村の唇はやや厚ぼったかった。これ以来、2ちゃんねらーたちは西村を「タラコ唇」とひそかに呼ぶようになったという。


取材に対して西村はこう言い放っている。



usowousoto

「うそはうそであると見抜けない人には(掲示板を使うのは)難しい」


この言葉は掲示板世界の本質を表す格言として、後世に残ることになる。


西鉄バスジャック事件とその後の関連取材によって、2ちゃんねるの存在は大きく知られるようになった。この事件を切っ掛けに2ちゃんねるを知るようになったという一般人やマスコミ関係者は多い。


制 覇


西村の野望が大きくその歩を進めた。


だが、この事件の以降、2ちゃんねるでは犯罪予告(「どこそこを襲撃する」「○×を殺す!」の類)をする馬鹿者が後を絶たず、2ちゃんねらーの中から多数の逮捕者を出すことになる。





2chの歴史 西村博之伝7 2ちゃんねるの黒幕
http://blog.livedoor.jp/anotokino2ch/archives/28485062.html