と、まあ大変長いタイトルになりましたが、これはiphone5sに機種変更後に陥った、最近の着信せずの状況である。

相手から私に電話をかけると接続されず、呼び出し音も聞こえず、タイトル通りのメッセージが流れるらしい。確かに今年の11月末から電話が減少した。iPhone5sの不具合かキャリアの不具合かと安易に見ていた。しかし家族から電話に繋がらないと言われて何故かなと思っていた。これでは、相手は電話を中止してしまうか?緊急なら再度コールすると止めるかほとんどの人は再び掛けてこないだろう。

相手の携帯を借りて目の前にしてテストをすると、確かにすぐに呼び出したが接続できないと言われ、私の方もベルが鳴らない。そして、不在着信履歴も無い。再び、かけ直すと次は繋がるのです。そして前の不在着信コールがPushされて赤字で不在着信表示がされているのだ。

このように書くと、摩訶不思議ですねとなるが、実は気がついていないある現象が隠れていたのだ。画面の右上のバッテリー容量表示の左側に月のマークが出ている。ブルーツース接続アイコンとか表示される場所である。
普段使っていて何故かなと思っていたが気にも留めなかった。
おやすみ

原因はiOS7より機能追加されたコントロールセンタという機能の簡単設定機能である。コントロールセンタは写真に示す様に画面を上にスワイプすることで、カメラ、機内、WiFi on/off、おやすみモード、懐中電灯、カメラなどが簡単に設定できる機能で有る。ちなみに懐中電灯は左下にあるので暗闇でもon/offできるだろう。カメラもしかりである。このなかのおやすみモードを設定すると受信拒否できるのである。またおやすみモードは、3分以内にかけ直すと接続されるという機能で有り、急ぎの用件がある場合は受信可能となる。
コントロールC

このおやすみモードは夜間などは時間設定をして朝まで電話を受けない様にすると言う受信制御機能である。会議中など呼び出し音をならさない方法よりも、受信そのものを受けさせないので確実に受信拒否でき、ユーザビリティ性が高まりコントロールセンタに持ってきたのだろう。
お休み設定

iOS7の新規機能も確かめずに使っている私の問題ではあるが、今回の様に不用意にスワイプしてタップしてしまうということを考えると、機能の変更を伴う場合は、意図した操作かどうかを確認する意味で一度クッションを置いても良い気がする。
Windowsもしかり、ブルーレイ録画装置もしかり、人間もしかり沢山の機能とメモリーがあるとそれらの理解と操作はほとんど不可能になってきた。ほとんど使われない、使っても特定の人しか使わない機能の開発、設計にパワーを使うより、ベーシックな機能を高めて貰いたいと思う。