【キルギス】辺境の温泉地アルティンアラシャンに馬でゆったり赴き、源泉かけ流しを満喫する【ゴロリ(落馬の音)もあるよ!!】前編

 
EPMQ0071


こんにちはぬぇーです。スーパー久しぶりの更新ですね。
ちょっとでも楽しみにしてた人がいたら申し訳ねえです。すみません。

トルクメニスタン2泊はwifiゼロ
イラン12泊の間はwifi微か
アゼルバイジャンでは疲れ果てており
ジョージアで3泊して飲む食べるアニメ三昧で、今やっと文章を打つ気力を取り戻した

そういう次第でございやすね!!


オミト「キルギスで温泉行った話がないままカザフスタンに行っちゃってるよ!!ww」

 

あれっw文章は書いてたのになw

前回のブログあげた次の日(トルクメニスタンに移動する予定だった日)熱出してぶっ倒れたので、多分、ブログあげた日は疲れてたんでしょね。

オミト「トルクメニスタンへの移動をするのが嫌すぎて熱出たんちゃう??」 

体育の授業が嫌でおなかが痛くなる小学生かよ !

まぁ、オミトが調べてるからなんとかなるやろと思ってあんまり調べてなかったことがバレて、ストレスがかかる中必死で調べたりそれと合わせてブログ書いてたりしたのであながち間違いでもないかな。



ということで今回からアルティアラシャン温泉村の話。(ほんま、いつの話やねん…!!早く追いつきたい!!!)


いつも読んでくれてる方、『ポチッとな』してくれてる方々、ありがとうございます!!
Facebook、mixiの「いいね」だと思ってえへへしてます(*´▽`*)
にほんブログ村 世界一周

良かったら押してやってください!



①アルティアラシャンってなぁに??

②カラコルのCBTで乗馬予約

③アニマルマーケットからアルティアラシャンへと出発~



①アルティアラシャンってなぁに??

 

カラコルというイシククル湖の東にある村が、そのあたりのトレッキングの拠点の村

 

そっから16キロほど渓谷沿いに南に行ったところにアルティアラシャンという村がある。

 

ここはなんと温泉郷!!硫黄系の温泉を堪能できるとか。

 

んで、夏ならば更に、アルティンアラシャンから登山して、険しい山を越えた先にアラコル湖というのがあるので、それを見て感動するというのがお決まりらしい。

 

 

 

ただ、9月下旬の時点で、南旅館で会った2人が、雪にまみれた岩場を滑落して服ズッタズタになったとか、猛烈に吹雪いてる中登山する羽目になって危うく本当に凍死しかけたとか、恐ろしすぎる体験談を話してくれていたので、もちろんうちらは挑戦するわけがない。

 

いや、天気次第らしいんやけどね。

 

でも、そもそも登山とかめちゃめちゃ嫌いやからね!!私。

 

アルティンアラシャンからアラコル湖の手前まで馬で行くことで体力を温存し、最後の急な登りだけ自力で雪に埋もれながら(10月頭の段階で背の高いイタリア人の腰まであったらしいけど)なんとか這い上がるっていう手もあるらしいが。

 

 

 

いやー、ハードすぎるでしょww

 

ちなみに10月頭の時点で、アルティアラシャンの宿の人は一応可能と言っていた。

馬って、多少雪積もってても進めるんだな…すげーな…。

 

しかしですよ、

 

ぬぇー的には、

したいのは、温泉に浸かる&馬にちょっと乗る

したくないのは、歩くこと

 

ということで、

 

カラコルから温泉地であるアルティアラシャンまでの約16キロ、約4時間弱を馬でえっちらおっちら登ろうかなっと。

んで二泊くらいして、また帰りも馬で帰る。

 

 

パーフェクッ!!

 

 

 

 

②カラコルのCBTで乗馬予約

 

CBTっていうのは、大学で受けた人もいるであろうコンピューターで受けるテストではないです。

 

Community Based Tourismの略で、地域住民を主体とした観光開発のこと。

地域社会や地域住民の経済向上を目指すと同時に、地域の自然、伝統、文化を守ることも目的としている。

 

らしい。

勿論普通の旅行会社みたいなのもいっぱいあって、そこで頼むこともできるんだけど、CBTに金落とすほうが気分いいかなあって感じ。

 

カラコルのCBTに行って、往復は馬で、向こうでは二泊したいんだけど

って相談すると、初め2人分で10000comと言われる。

 

うーん、相場よりかなり高くね…??

 

オミト「普通の旅行会社より高いよね、なんで?」

 

おっちゃん「責任をちゃんと持ってやってるからね

 

ふーむ?まあそれは正直私らには事が起こってからじゃないと判別できない範囲なんだけど、じゃんくさいのでCBTに頼むことにしたw

 

本当は5時(だったかな、多分)までだったみたいだけど、なんか来客を待ってたらしく偶然開いてたので滑り込んで申し込みできたのよね。

 

おっちゃん残業ありがとう!!

 

 

つか、CBTって、土日は営業してない上に5時に閉まっちゃうから使いづらいな…w

公共の施設感があるな…

 

 

ディスカウントしてもらって9000comで契約締結~。

CBTorホテルまでの送迎も付いてる。まあ悪くない。

 

同行してたSさんも2000comで行きだけ一緒に馬で行くことに。

 

 

天気がいい日に馬に乗りたいので、(一応雨具あるけど、景色晴れのほうがいいよね~)

二日後の出発に設定!

 

 

 

 

 

③アニマルマーケットからアルティアラシャンへと出発~

 

すったもんだうんこふんだあったものの、なんとかアニマルマーケットから脱出。

アニマルマーケットの話はこの前うぷしてますね。へぇ。
http://blog.livedoor.jp/anrinrin777/archives/19723894.html

 

タクシーに飛び乗ってCBTのあたりまで行って、ATMを探す。

お金がギリギリなんだよ~。

 

んだけど、OUT OF SURVICEだったり、お金入ってなかったり、カードが反応しなかったりと散々。

 

朝のCBT周囲のATM、使えないの多かった。こええ。

 

CBTのおっちゃんに聞いたところはOKだったのでそこにオミトだけ下ろしに行く。

 

オミトを待ってるうちに9時30分の集合時間。

 

タクシーはすでに来て待機していた。なんと時間通り!!

 

Sさんもぬぇーもオミトも間に合わなかったのにタクシーだけちゃんと来ているという…。キルギスは時間通り文化なのか!?

 

乗ったタクシーは快適だった。

 

 

 

アクスー村の馬が待ってる場所まで移動。平和な景色だね。

 

 道を横切る牛

 
北側を通ると右手にイシククル湖が見えるんですが、車からだとまあイマイチ。
みんな綺麗綺麗言ってますが、私にはよくわからなかった。

着いたよーっておろされると、馬の飼い主っぽい人と2頭の馬!

 

ここで、荷物も馬の背に乗せて、その馬にオミトだけ乗らされる。

もう一頭はガイドの馬かな。

 

約10年ぶりの乗馬。馬の背高いな~!
umaa

 

ちょっと行くともう2頭居て、それはぬぇーとSさんの馬っぽい。

よろしくねー。

 VMAO2079

 

座ると、どくんどくんって血が脈打ってるのを感じる。

 

大きい生き物!生きてる!

 

 

地面は土だったりいしだらけだったりで、足元は良くない。

なので基本ゆっくりゆっくり。

 

馬によっても歩くスピードが違う。

 

ぬぇーののった馬は言うことを聞いてくれるし、なにも言わなくてもまぁまぁ早めのペースで歩いてくれる馬だった。

 

オミトの馬とSさんの馬はあるくのたりぃって感じで、オミトの馬に関しては荷物も積んでるしで大変そうだった。

 オミトの後ろから

あと二人とも優しすぎるのか、急いでってお腹蹴るのに遠慮がある感じ。

 

うっかりするとあれっ後ろに居ない?!ってくらい離れてることがあって、

 

そうするとおっちゃんが馬を駆って急いで様子を見に行く。

その時のおっちゃんカッコイイw

 

犬も一緒にいて、横を様子見ながら歩いてたり、急になにかを追いかけて走って行っちゃったりする。

 

急におじさんが姿を消すことがあるんだけど、そういう時は犬がちゃんと横に一緒にいてくれるのでなんか安心。

 

ってかそもそも急に消えないでほしいんだけどなwおっちゃんw

 

天気はいいはずだったんだけど、山なので急に天候悪くなったり。

 

初めは雨っぽかったんだけど、標高が上がるにつれて、

途中でがちらついたり、あられがバラッバラバラッバラ降り注いできたり。

 

スタート地点は標高1800mくらいで、アルティアラシャンは2500mくらいかな。

 

雪がちらついてるときは幻想的でテンションあがった。

 

 馬上の景色
馬上

道

ヤマを行く


山を馬で登るってのがまずはじめてなので、地べたに張り付かない状態での登山がそもそも怖いんだけど、30度くらい傾斜あるのでは?っていう草原とか石ゴロゴロしてるところとかもがんがん通って、まぁまぁの恐怖も感じた…。

 

 

登りはいいんだけど下るときの恐怖、スゴイ。

 

 

行きは休憩なしの4時間弱で、開けたと思ったら村っぽいのが見えた。

PNVJ7059
 

アルティアラシャンだ!

 

 

平らな草原に降りていくと、馬もうれしいみたいで勝手に走るww

 

怖いww

 

 MXUZ4129

雪も降っとる
 

一軒の宿の前の馬をつなぐ場所まで行って、降りて、終了!!

CLMG5062

 

なかなか疲れたwけど、歩くよりははるかにましだな…。

 

 

草原で走り出したときは「うっわぁーッ」って声上げてしまったけど、基本、止まってほしい時は止まってくれたし、急いでほしい時は急いでくれたし、意思疎通のできる馬だった。

 

景色も自力で歩くより高い所から見れて見晴らしがよくてよかったな。

 

総じて楽しかった!!

 

 

とりあえずこんなもんでいったん切ります。

次は温泉宿2件と、景色!

多分!