気まぐれな脳細胞

Capricious brain cells

カプリシャスな脳細胞は「遊戯三昧」を目指す

「遊戯三昧」とは禅語
楽しいことをするのではない  
することを楽しむのだ
我を忘れ
仕事も、趣味も、生活も、さらには人生の運不運もすべて遊び心で生きられれば最高だ
今東光和尚によれば「人生とは、冥土までの暇つぶし」 とか
なれば「遊戯三昧」で歩みたい

 脊柱管狭窄症・手術を決断5


はい
本日のお題はタイトル通り


昨年来、僕を悩ませてきた
脊柱管狭窄症・間欠性跛行
昨年の今頃は単なる筋肉痛くらいに思っていた
で、整体には行った
が、改善しない
そして、ついには今年、時に5m,10mで痛くて歩けなくなっちゃった
やばい
で、今年、年明けにはさすがに病院へかけこんだ
最初の整形外科病院で
X線、MRI、CT
脊柱管狭窄症・間欠性跛行と診断された
でもって神経ブロック注射3回
治らない
もう、手術しか手がないのか・・・

しかし、この手術、術後のいい話を聞かない
保険のきく手術は術後侵襲や症状の回復に不安を残すと言う

もうこうなったからには・・・・・・・
で、以前から評判がいい整形外科病院を慎重にネットHPで検討した
そして、最初の病院の医師に評判の病院での診断の相談をした
と、その先生も快く診断記録、X線、MRI、CT画像と共に
セカンドオピニオンとして紹介状を書いてくれた

それを持って、今月、評判の病院の門をくぐった
その結果、手術した方がいいとの診断が下った
ん~~~ん
手術を決断せざるをえない

その病院は首・腰の手術件数、日本一
MRI、CTも最新の器機である
患者さんも日本全国からやってくる
手術は保険の効かない先端医療となる
だからか、通常の手術と異なり2泊3日で退院できる
しかも歩いて帰れるそうだ
予後も非常に良好に推移すると言う

IMG_20180511_123449



といったことで、ここにブログに記録として残す

IMG_20180516_125158


IMG_20180516_125151


IMG_20180511_100936


index_pict0011



ここの院長
テレビにも出ちゃう

IMG_20180511_154842



手術は6月5日である




頭がいい魚


その名も
人工
「コブダイ」

IMG_20180414_202626


IMG_20180414_202633


でもね
頭がでかくて
脳みそイッパイ

泳げね~~~~~~
ってさ

おバカだね。





疲れちゃった


ツーカレ
疲==れ

ワンもない
一気に
ツーかれ
ちゃった

枯れちゃった

ブログもFBもtwitterも
み~~~んな休んじゃった


そーしたら
頭が
空っぽになっちゃった

そいでもって復帰?????
何を書いていいのやら・・・

やばい
文章も浮かんでこん

じゃが
休んでた約1ケ月半
病院が僕を呼んでいた
いやだと言っても
お医者さんに
ひっぱりだこ

僕って人気があるんだな~~~・・・

かかったお医者さん
整形外科医 2名
内科医   2名

かかった理由
脊柱管狭窄・間欠性跛行
心筋梗塞?狭心症?
食道・胃・十二指腸

検査は
腰部X線
脊柱MRI
胸部X線
腹部エコー
胃カメラ
心電図
ホルター心電図
心エコー

治療薬は
血流改善剤
神経改善剤リリカ
食道逆流症のPPI
脳梗塞予防のバイアスピリン
血管拡張剤

治療は
神経ブロック注射2回
プール歩行・・・1回目は痛くて途中でギブアップ


で、
只今の状態
一回目のブロックは全く効かず!
2回目、約3週間後 少し足の痛みが取れた感じ
でも長い距離を歩いていないので良くなっているのか?
やっぱりふくらはぎ、ふともも・・・痛い~~~い
わから=====ん

十二指腸にポリープ・・・生検したが異常なし
胃・・・めちゃきれい
食道・・・異常な~し

心臓・・・めちゃ元気なんだって
でも狭心症の検査をやるなら大きな病院を紹介してあげるって
カテーテル、MRI検査・・・これは入院検査になるんだって
で、様子見決定

しかし
それでも先生
そろそろ大腸内視鏡でもやりましょうかって・・・
もちろん
そんな事を簡単に言ってのけるのは
女医さん
口カメが終わったと思ったら
尻カメ
もう許してちょ―だい

でもそろそろ脳のMRIをやらなくっちゃ

僕くらい病院検査好きは
世の中を見渡してもまずいないかも・・・


そして今月も忙しい
カラオケ居酒屋
長野の昼神温泉・アルカリ単純泉
蓼科・酸性美肌の湯


バリが僕を待っている!
むつみが僕の懐を狙ってる!
慶子ちゃんが僕のワインを狙ってる!


恐ろしき哉

この浮世

ああ無情



IMG_20180330_164441


IMG_20180330_164906


IMG_20180330_164435


IMG_20180330_165133


IMG_20180330_165217


IMG_20180327_113940


IMG_20180327_113949




ダメよ


ダメよ

何が


じゃあこれを読んでね

IMG_20180103_123231


これらは
シェラトン・ニャチャンの部屋への持ち込み禁止

もちろん食べてもダメよ

それにしてもさ~~~
ドリアンは解かる
どうせ嫌いだし、食べれないもん
ジャックフルーツも理解できないことはないけど・・・
一時期、はまったけど最近は食べないし

だけど
マンゴスチンはええやろ~~~

ほんでもって罰金
VND 4,400,000

え~~~
日本円で22,000円
げ~~~~~~~~~~~~~

恐ろしきフルーツ



シェラトン・ニャチャン


ベトナム紀行
お泊り編

近年リゾート化が進み「癒しのビーチリゾート」のうたい文句も

一度は行ってみたいと思っていたところ
それが
ベトナム・ニャチャン
そんなニャチャンに初上陸


お泊りしたのが
初めてってこともあり街の中心街にある
シェラトン・ニャチャンホテル&スパ
そんなホテルのちょっぴりご紹介

なんてことないんだけどね

では外観から

IMG_20180105_135320



IMG_20180103_161244


ロビー
IMG_20180103_100921


IMG_20180103_101219


お部屋が
IMG_20180103_090011


IMG_20180102_231326


そんなホテルはこんな通りにある

IMG_20180102_224906


そんでもって
ボ~~~~~っと8日間過ごすことにしたのでありました


ボ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







福は内、鬼は外


福は内

IMG_20180203_192852


IMG_20180203_193016



鬼は外

IMG_20180203_193006



IMG_20180203_193018




その後、脊柱管狭窄症・間欠性跛行はどうなったの?


ニャチャン行状記を書かなくっちゃっていつも思ってるんだけどなかなか進まない

そいでもって
今日も、脊柱管狭窄症・間欠性跛行
その後のあれこれ

僕を悩ませていた
脊柱管狭窄症・間欠性跛行
昨日29日、MRI診断の結果が出た
そんでもってDrとお話したよ

で、先生の見立てを伺ったよ
それが、この内容

まずは、プロスタグランディンによる薬物療法
で、3週間観察
で、まだ痛みが取れない場合はコルセット
それでもダメな場合は
神経?ブロック注射
それでもだめなら
手術

このようになった

ほんでもって先生との会話がこれ

僕:この症状は可逆的?それとも不可逆的?
DR:不可逆的
僕:あっちゃ~~~、元には戻らんのか~~~
僕:何でこうなっちゃったの?
DR:加齢
僕:あっちゃ~~~、これも元に戻らん
  ショ~~~~ック
僕:あの~~~気になってることがあるんですが・・・
  僕もネットなどで調べたんですが・・・
  手術による完治例はフィフティフィフティと言われてますが・・・
DR:それは周りの多くのDRは症状の重症度に関わらず手術をしちゃうケースがあるから
   それで、人によって治っているのか、治っていないのかの判断が曖昧になってる。重症度が20,30の人と70,80の人とでは自ずと改善度が異なってくる。
それで、患者さん本人でも分らないケースが多いんだよ。
僕:何となく納得できます。
  手術は難しいですか?
DR:これは簡単な手術ですよ。
僕:ホッ
DR:これは病気じゃないですよ。
僕:これは物理的なものと言うことですね。
DR:そう、物理的なものだね。
   多少、化学的な面もあるけどね。
DR:私はむやみに手術はしないよ。
   腹筋・背筋を鍛えなさいね。
   プールがいいよ。
   私は市民プールで患者さん有志にリハビリ?指導しているよ。
   良かったら君も来ない?
   あなたの住所、電話番号控えるね。
僕:は~~~
僕:あの~~~僕、ダイビングをするんですが・・・
DR:ちょっとビックリ顔で、う~~~ん。それなら泳ぐのは好きだね。
僕:プールで泳ぐのは面白くないので好きじゃないんですが・・・
  僕のような症状の患者さんも来ていますか?
DR:何人も来ているよ。
僕:僕はこの市の市民じゃないんですが・・・
DR:じゃあ最初の500円は払ってリハビリの仕方を学んで、次からは自分の町のプールで続ければいいよ。
   ちなみにプールの職員は関係がないから、この件は職員に言っても分らないからね。
   私がボランティアでやってるだけだから。
   あなたの住所に手紙を送るね。

このイラストはよくできてる
僕の画像に似ている

kyousaku


こんなんを、ず~~~っと続けて話してた

でも、僕はこの先生が気に入った
MRI画像の説明も非常に懇切丁寧だった
患者さんとの会話を大切にしていると感じた
ボランティアでしかも市民プールで治療をしてくれるなんて

僕は先生の経歴が気になった
で、家へ帰り先生の経歴を調べてみた
そうしたら経歴も経験タップリ
大学の教授も歴任していた
で、なんと言っても
趣味が
ワイン、カラオケ、家庭菜園
なんか気が合いそう

こんな先生が世の中にいるなんて・・・
ちょっと嬉しくなった

今度、プール招待を受けたら、リハビリしてそれから先生をワインでも呑みに誘っちゃおうかな

僕:お酒は飲んでも大丈夫ですか?
DR:はい。呑んでもいいよ
僕:ダイビングはしてもいいですか?
DR:ダイビングはそんなに負荷がかからないね。
   いいよ
   今度、カメラを持って来てこの画像を撮っていきなさい。
僕:はい。でも撮ってもどうしていいか・・・

診断が終わって、帰りしな(先生にお礼を言った)

僕:非常に解りやすく、納得できる指導をいただいてありがとうございました。

なんだもん


まだふくらはぎやふとももが痛いんだけど
この先生を信じてみようか

みなさんの参考になれば幸いです



ギャラリー
  •  脊柱管狭窄症・手術を決断
  •  脊柱管狭窄症・手術を決断
  •  脊柱管狭窄症・手術を決断
  •  脊柱管狭窄症・手術を決断
  •  脊柱管狭窄症・手術を決断
  •  脊柱管狭窄症・手術を決断
  • 頭がいい魚
  • 頭がいい魚
  • 疲れちゃった
最新コメント
タグ絞り込み検索