2004年12月06日

自宅サーバーの面白さ

数年前、まだISDNが全盛だった頃、そしてADSLが普及し始めた頃、何度か自宅サーバーを立てようと試みたことがありました。ダイナミックDNSのサービスを利用したりしましたが結局長続きせずに途中でやめてしまいました。それから何年か経ちインターネット環境は大きく変わりました。100Mbpsの高速回線が自宅に低価格で引けるようになり、固定IPも安価でもらえるようになりました。

これだけ環境が整ったのなら、また挑戦しないわけにはいかない、と思い半年前に自宅サーバーを立てました。自宅サーバーの何が面白いか、といえば制限のないウェブサーバーを構築できることです。ホスティングサービスは無数のごとくあるわけですが、料金に応じて使用できる機能は制限されてしまいます。しかし、自宅サーバーであれば電気代とドメイン料金さえ支払えば自分の力量次第で何でも出来てしまいます。

データセンターにあるわけでもないので24時間365日安定稼動する保障は全くなくセキュリティも自己管理しなければならず、ある意味大変かもしれません。でも、自宅サーバーを立ててから確実にLinuxの知識は増えています。また、ターミナルでコマンドを叩いていると、なんかSF?ってな気分を味わえる気もします。

さて、ドメインを取得しなければウェブサーバーを立てても意味がないでしょう。ただネームサーバーを立てるのはどうも面倒なので(というかBINDがややこしそうで)、いつもVALUE-DOMAIN.COMのサービスを使用しています。.comドメインなら年間990円ですし、ネームサーバーも自由に設定できます。面白いドメインを思いついたら、とりあえず取得してキープしておく、といったことも出来ます。

考えてみると、自宅のサーバーがインターネットという巨大なネットの網の一部を構成するというのは大変感慨深いものがあります。今回はあまり具体的なことに触れませんでしたが、ぜひ自宅サーバーを立ててみることをお勧めします。

自宅サーバー役立ちリンク集。
VALUE-DOMAIN.COM
Fedoraで自宅サーバー構築

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/anthtx/10279232
この記事へのコメント
ボディ喘メイクアップ
Posted by 晒��和仇 at 2011年08月28日 17:43