反日ハンター

その名のとおり、狙い撃つぜ!

2011年04月

在特会からのお知らせ その61

★ 在特会 ニュース 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

◇ 平成22年度決算報告と承認投票について ◇

 

在特会の平成22年度決算報告(平成22年4月〜平成23年3月迄)がまとまりましたので、会則第二二条に基づきこれを公知し会員による承認投票を実施します。

※ 決算報告の閲覧は公式サイトにログインの上、左側のメインメニューから 会員の皆様へ → 決算報告 平成22年度 へお進みいただき確認してください。

 

合わせて決算報告の承認投票を平成22年4月28日(木)〜平成22年5月5日(木)の1週間の期間で行います。会員(メール会員も含む)の中で『決算報告を承認しない 』 方は以下の投票先メールアドレスへ必要事項を記入のうえ送付してください。承認される方はメールを送らないようにご注意ください。

 

投票先メールアドレス

zaitokutohyo@gmail.com

 

【必要事項】

1.会員番号

2.氏名(登録名)

3.メールアドレス(登録メールアドレス)

4.決算報告を承認しない旨を明確に書くこと

 

※ 投票資格 ※

平成23年5月5日までに会員登録が認証されている者

 

 

★ 副会長コラム 第13回 岩橋未子 副会長 ★

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

高校で習う「今昔物語集」に「大和魂」という言葉が出てくる。

 

今は昔、  今は昔、明法博士にて助教、清原の善澄という者有りけり。道の才は並び無くして、古の博士にも劣らぬ者にてぞ有りける…」

 

要約すると以下のようになる。

 

【むかしむかし、平安時代の中頃に、明法博士の清原善澄という、老官僚がいた。善澄は学問については並びない能力を有しており、世の中で重んじられていた。ある日、善澄の家に強盗が入った。善澄は急いで床下に隠れたので、盗人は善澄がいることを知らず、好きなだけ物を盗り、物を壊し大騒ぎして出て行った。

 

善澄は盗人が出て行った後に門に走り出て、

「やい、お前たち、その顔見たぞ!夜が明けたら警察に言ってお前たちを捕えてやるぞ!」

盗人はこれを聞いて「さあ、戻ってあいつを打ち殺すぞ!」と言って走って戻った。善澄は慌てて床下に戻ろうとするが、頭を縁にぶつけている間に、盗人に頭を打ち割られた。

 

善澄は学識は素晴らしかったが、少しも、大和魂という、実務的な知恵の無かった者である。その後、この幼稚な行いは、このことを聞く人すべての嘲笑の的になったということである。】

 

この物語に出てくる大和魂という言葉は「才」とは分けて考えられている。「才」とは学問等の学識や芸術方面の技能のことである。「大和魂」は、日本人が大切にしてきた実際的、実務的な知恵のことを意味する。生来の賢さとも言える。

今、日本人は「才」ばかりを重要視しているが、この情報過多の時代、求められるのは知識を解釈する力であって、知識の多さではない。

 

思想や知識を咀嚼、消化、化合して日常生活や行動や自分の吐く言葉に結びつけなければ、その知識は何の意味も無いと言える。いや、ヘタに知識があると自信を持つより、「無知の知」の方が僅かに上だとソクラテスも言っている。現代はこのことが忘れられて、知識の多さを競う時代になってしまった。

 

 

★ 今後の活動予定(全国版) ★

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

※ イベント詳細は公式サイトをご覧ください ※

http://www.zaitokukai.info/modules/piCal/index.php

 

◇ 4月29日 ◇

・統一地方選挙の結果を英霊に報告しよう街宣 in 彦根 【滋賀支部】

 

◇ 4月30日 ◇

Saturday Night Special 第61回 〜 埼玉支部より〜

 

◇ 5月2日 ◇

・犯罪推奨ドラマを流す反日の巣窟テレビ朝日の即時解体を! 【東京支部】

 

◇ 5月3日 ◇

・護憲派よ憲法15条と89条を遵守せよ! 街宣 in 大津 【滋賀支部】

 

◇ 5月5日 ◇

・パチンコ禁止デモ@大阪 【大阪支部】

 

◇ 5月7日 ◇

・在特会 全国連続講演会 第三部 & 京都・徳島事件 報告集会 【京都支部】

 

◇ 5月8日 ◇

・「あらゆる在日特権を廃止して、震災復興財源を捻出しよう」 街宣 【福岡支部】

 

◇ 5月15日 ◇

・滋賀支部発足1周年記念街宣 in 大津 【滋賀支部】

 

◇ 5月22日 ◇

・第三回 在特会北海道支部セミナー 【北海道支部】

 

◇ 5月28日 ◇

・国民よ、天災と「菅災」に立ち向かえ! 街宣 in 草津 【滋賀支部】

 

◇ 6月4日 ◇

・在特会 全国連続講演会 第四部 〜 日本再生への道 〜 【東京支部】

 

 

★ 北海道支部から お知らせ ★

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

<他団体からのお知らせ>

第10回新しい憲法を創造する講演会

【日時】平成23年5月3日(祝)13:15〜

【場所】札幌市中央区北2条西7丁目 かでる2・7

【講師】西村眞悟先生

【入場料】1000円

【共催】日本を大切に思う道民の会

    日本再生同志の会南北海道支部

【後援】たちあがれ日本

 

第十三回歴史を正しく伝える会

【日時】平成23年5月7日(土)13:30〜

【場所】札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3−14

    厚別区民センター

【講師】柴田さん

【参加費】500円

【主催】特選隊

 

 

★ 在特会から お知らせ ★

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

・在特会では全国各支部および本部(広報局、事務局)の運営スタッフを募集しています。

 

各支部の運営としての参加をご希望の方は

http://www.zaitokukai.info/modules/about/category0002.html

から各支部へ直接メールにて問い合わせください。

 

本部(広報局、事務局)のスタッフとして参加をご希望の方は

http://www.zaitokukai.info/modules/inquirysp/index.php?op=1

から本部へ直接メールにて問い合わせください。

 

 

・在特会は会員の皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。

 

全国に拡大する在特会ですが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある会員の皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。ご寄付の振込先、クレジット決済などの詳細は下記URLよりご確認ください。

 

ご寄付のお願い

http://www.zaitokukai.info/modules/about/zai/endowment.html

在特会からのお知らせ その60

★ 在特会 ニュース 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

◇ 在特会から募金のお願い ◇

 

在特会では3月11日に発生した東日本大震災の被災者のために街頭募金を行っています。この募金はすべて日本赤十字社へ寄付されています。そして、街頭募金とは別個に在特会として東北地方の被災会員を支援するための募金を会員各位にお願いします。集めた支援金は、お見舞金として被災された会員の皆さまへお渡しいたします。

※ この募金のお願いは在特会会員に向けたものです

※ 支援金支給後に余剰金が発生した場合は日本赤十字社に寄付します

※ 支援金募集期間終了後に会計報告を公開します

 

【 支援金募集期間 】

平成23年6月末日まで

 

【 支援対象 】

平成23年3月11日の大地震で被災された東北地方の在特会会員

 

【 振込方法 】

詳細はこちらをご覧ください。

 http://www.zaitokukai.info/modules/news/article.php?storyid=450

 

◇ 活動動画紹介 ◇

 

佐賀県無量寺遠征動画

<ニコニコ動画版>

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14179955

YouTube版>

http://www.youtube.com/watch?v=ojs_oDHG2Hk

    

4月12日南相馬市への支援物資輸送

<ニコニコ動画版>

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14202127

youtube版>

http://www.youtube.com/watch?v=CRvTxHnitKE

PeeVee.TV版>

http://peevee.tv/v/88bp14

 

4月20日 日遊連(パチンコ団体) 前抗議活動

<ニコニコ動画版>

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14217380

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14217507

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14218668

申し入れ音声 http://www.nicovideo.jp/watch/sm14216371

youtube版>

http://www.youtube.com/watch?v=1f1YkH_DeOs

http://www.youtube.com/watch?v=cQ8dGiqafmA

http://www.youtube.com/watch?v=LGRSqgEIRFs

申し入れ音声 http://www.youtube.com/watch?v=0FHo-3g7ABg

 

4.18名護屋城博物館と半旗にしない件で佐賀に抗議する

<ニコニコ動画版>

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14223798

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14224044

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14224272

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14224476

youtube版>

http://www.youtube.com/watch?v=NtLgg1VTbMo

http://www.youtube.com/watch?v=KUBZJwUK5IU

http://www.youtube.com/watch?v=Nxbybx6P-wI

http://www.youtube.com/watch?v=Uqf_kzNsWZU

 

 

★ 副会長コラム 第12回 藤田正論 副会長 ★

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

自分取材「藤田正論」の正体

いまや北海道で最も面倒臭い存在「行動保守」とは何者か

〜第二回 啄木が見た国民性と真理〜

 

学級委員長に立候補する人居ませんか。」続けざまにT中学校国語教師Sが言う。「立候補者が出るまで今日は帰れませんよ。」午後の教室は一段とざわつき始める。直ぐに藤田が手を挙げてくれました。クラスメイトのNが楽しそうに答えてくれた。藤田は責任感と正義感に燃えていたわけではない。一刻も早く図書館に行きたかっただけのことである。この時、石川啄木の生涯を調べる作業に没頭しており学級委員長など眼中に無かった。

 

昨日T市で所用を済まし蜻蛉返りでS市へと戻った。そんな日曜日の昼下がり、少し早めの晩酌をしながら昔を懐かしむ。いつだってそうだ。一介の道徳心は持ち合わせていたが、目的の為なら手段を選ばない傾向があった。生真面目という言葉がとてもよく似合う性格であると自負するが、友人K曰く突発的な行動が多く扱い辛いらしい。余り大きな声では言えないがと断りを入れて、様々なエピソードを話してくれた彼に改めて謝辞を述べる。

 

今思えば平成二十年に当会支部運営・会計を拝命した時には、現在の姿は想像だにして居なかったが、何やら面倒な事になりそうだと直感した。何か事を起こす時は誰にも相談せず全て一人で決めて来た自分が、他者を巻き込む立場になることに抵抗があったからだ。徐々に心境の変化が現れた。運動を大衆化させるには様々な障壁がある。それらを克服するには一人の決断と行動だけでは到底為し得ない事が現実味を持って感じられた。

 

啄木が”我が最近の興味”で電車内の車掌と婦人の会話から日本人の国民性について述べているが、なるほどと思ったものである。この事象は現代日本でも日常的に見ることができる。日露戦争で大胆不敵な行動をとったのも日本人であるし、先の例もまた日本人である。啄木はアイロニカルな興味と結んでいるが、私はそういった国民性を嫌うどころか誇りに思っている。一方で何処か面倒に感じ、物事を単純化し結果を求める傾向にあるのも事実だ。

 

手段を選ばない行動や多くを巻き込む運動、事象の単純化。これらは全て繋がっており、共存しうる概念であることは既に経験として心得ている。原因と結果の因果関係を数式で表現できるなら有り難いが、実社会ではそうもいかない。絶対評価の主義主張が無ければ運動は出来ない。しかしそれでは大衆化はできない。私は何処に向かおうとしているのか。厚岸産の牡蠣に醤油を垂らしぼんやりと眺める。結論はまだ出ない。

 

同じ志を持つ者を巻き込むには、苦手とする組織や群れることも学ばねばならない。何れ必ず信念を通すこととの矛盾が生まれるだろう。その時私は正しい選択を出来るだろうか。今までの如く突発的に手段を選ばず目的に向かう精神は持ちつつ、私とは対局にある啄木の微妙な感性を受け入れ、支配されない強き心を持てるだろうか。「実力は無いけど自信はある。自信があれば実力は後から付いて来る。」不意に中学生時代の口癖を思い出した。

 

季節外れの白い結晶がちらちらと舞い落ちる中、一人徳利を傾ける。ほろ酔い気分で、コラムを書きながらあれこれと考えを巡らして見る。自己の行動原理を認識し将来を予測するのは想像以上に難しい。誰かが言っていた『自分を信じろ』これは真理なのかも知れない。あれこれ悩むのは自分には馴染まないなとパソコンの電源を落とし、千鳥足で近くのコンビニエンスストアへと向かいながら私は思った。コラムのタイトルはどうしようか・・・と。

 

 

★ 今後の活動予定(全国版) ★

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

※ イベント詳細は公式サイトをご覧ください ※

http://www.zaitokukai.info/modules/piCal/index.php

 

◇ 4月22日 ◇

・緊急街宣! 国旗を半旗にしない佐賀県と歴史捏造博物館を許すな! 【佐賀支部】

 

◇ 4月23日 ◇

・桜井誠を囲む会(懇親会) 【北海道支部】

Saturday Night Special 60回 〜 本部より 〜

 

◇ 4月24日 ◇

・在特会 全国連続講演会 第二部 〜 戦後民主主義は何をもたらしたのか? 〜 【北海道支部】

・パチンコ屋は節電をしろ!緊急呼びかけ委員会 第5回署名活動 【東京支部】

 

◇ 4月29日 ◇

・統一地方選挙の結果を英霊に報告しよう街宣 in 彦根 【滋賀支部】

 

◇ 5月3日 ◇

・護憲派よ憲法15条と89条を遵守せよ! 街宣 in 大津 【滋賀支部】

 

◇ 5月15日 ◇

・滋賀支部発足1周年記念街宣 in 大津 【滋賀支部】

 

◇ 5月22日 ◇

・第三回 在特会北海道支部セミナー 【北海道支部】

 

◇ 5月28日 ◇

・国民よ、天災と「菅災」に立ち向かえ! 街宣 in 草津 【滋賀支部】

 

 

★ 在特会から お知らせ ★

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

・在特会では全国各支部および本部(広報局、事務局)の運営スタッフを募集しています。

 

各支部の運営としての参加をご希望の方は

http://www.zaitokukai.info/modules/about/category0002.html

から各支部へ直接メールにて問い合わせください。

 

本部(広報局、事務局)のスタッフとして参加をご希望の方は

http://www.zaitokukai.info/modules/inquirysp/index.php?op=1

から本部へ直接メールにて問い合わせください。

 

 

・在特会は会員の皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。

 

全国に拡大する在特会ですが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある会員の皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。ご寄付の振込先、クレジット決済などの詳細は下記URLよりご確認ください。

 

ご寄付のお願い

http://www.zaitokukai.info/modules/about/zai/endowment.html

「国民よ、天災と「菅災」に立ち向かえ! 街宣 in 草津」開催のお知らせ

【件名】
国民よ、天災と「菅災」に立ち向かえ! 街宣 in  草津


韓国には官吏がもたらす禍という意味の「官災」という言葉がありますが、日本でもついに「官災」、もとい「菅災」が発生してしまいました。
東日本大震災発生時の菅政権の不適切な対応が福島第一原発の原子炉破損の度合いを国際的評価の最悪レベル「7」にまで悪化させてしまったのです。
我々はこの天災と「菅災」を前にうちひしがれるほかないのでしょうか?
冗談ではありません!
国民よ、民主党政権という名の「チーム菅災」から一刻も早く政権を奪還し、災害復旧になお一層奮励努力せよ!
106年前のこの日、前日から続いていた日本海海戦でロシアのバルチック艦隊の残存戦力を降伏させた東郷平八郎提督率いる連合艦隊のように。

【日時】
平成23年5月28日(土) 16:00〜17:00


【場所】
JR草津駅東口2F連絡通路
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&rlz=1T4GWYH_jaJP266JP266&q=%E8%8D%89%E6%B4%A5%E9%A7%85&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wl


【現場責任者】
滋賀支部長 神功正毅


【注意事項】
雨天決行
国旗・旭日旗・Z旗・プラカード持参歓迎
特攻服など現場にそぐわない恰好はご遠慮ください
撮影が入るため、顔を写されたくない方はサングラスなどご持参ください
現場責任者の指示に必ず従ってください


【主催】
在日特権を許さない市民の会 滋賀支部


【問い合わせ】
在特会滋賀支部メールアドレス
zaitokusiga@gmail.com



皆さまの参加をお待ちしています。

在特会からのお知らせ その59

★ 在特会 ニュース 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

◇ 南相馬市への支援物資輸送の報告 ◇

 

平成23年4月12日(火)、在特会各支部の協力で集められた東日本大震災の被災地への支援物資を、桜井千葉支部長ほか有志の皆さまとともに福島県南相馬市へ届けて参りました。福島在住の瀬戸弘幸氏のご協力で同氏の農場を一時集積所として使用させていただくことになり、食糧、水、女性用品、日用雑貨などを買占めにならないように各地の支部で分散して集めて送付することになりました。また、当日は東京においても会員の方のご厚意で、震災前から備蓄されていた非常用物資を一部提供いただことになりました。

 

続きはこちらをご覧下さい。

http://www.zaitokukai.info/modules/wordpress/index.php?p=254

 

◇ 在特会から募金のお願い ◇

 

在特会では3月11日に発生した東日本大震災の被災者のために街頭募金を行っています。この募金はすべて日本赤十字社へ寄付されています。そして、街頭募金とは別個に在特会として東北地方の被災会員を支援するための募金を会員各位にお願いします。集めた支援金は、お見舞金として被災された会員の皆さまへお渡しいたします。

※ この募金のお願いは在特会会員に向けたものです

※ 支援金支給後に余剰金が発生した場合は日本赤十字社に寄付します

※ 支援金募集期間終了後に会計報告を公開します

 

【 支援金募集期間 】

平成23年6月末日まで

 

【 支援対象 】

平成23年3月11日の大地震で被災された東北地方の在特会会員

 

【 振込方法 】

詳細はこちらをご覧ください。

 http://www.zaitokukai.info/modules/news/article.php?storyid=450

 

 

★ 副会長コラム 第11回 八木康洋 副会長 ★

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

最近気付いたことであるが、今年は世界化学年だそうだ。何とも、キュリー夫人のノーベル化学賞受賞から100年目にあたるから国連でそう決議したとの事である。化学者を名乗りながら、今年に入って3ヶ月間も気が付かなかった己を恥じている。

 

私はポーランドという国が大好きだ。ポーランドの有名な科学者というと数はそれ程多くないけれども、歴史を大きく変える程の成果があり、正直に言ってすごいと思う。ポーランドの科学者、キュリー夫人に聖コペルニクス、そしてチョクラルスキー博士。中でもチョクラルスキー博士の研究成果はずば抜けている。現在の半導体産業を支えている。

 

シリコンの単結晶はチョクラルスキー博士が見出した製造方法で作られているのである。まさに今日の情報化社会の根本にあるのがチョクラルスキー博士の成果である。そのチョクラルスキー博士の命日が422日で、私は毎年4月の中旬を特別な思いで過ごしている。

 

毎年4月と言えば、420日の珊瑚記念日である。

そして、在特会にとって411日は2年前に蕨市でデモ行進を行った日、今の時期は外国人犯罪を考える良い期間である。今年は417日に奈良市で外国人犯罪の問題を提起するために「日本人の生命と財産をまもった警察官を断固支持する」デモ行進を行う予定である。

 

同じ日に東京では「原発の火を消すな」のデモ行進を行う。東日本大震災で色々と考えさせられる事が多い中、我々は反原発の左翼と対立する声をあげる。これには会員の中にも異論があるだろうが我々は敢行する。既に政府は誰に頼まれた訳でもなく自ら福島第一原発をレベル7の事故に認定してしまった。河野談話の誕生と同じ事が今起こっているのである。これから左翼は政府決定を振りかざして反原発運動を更に拡大するであろう。そして原子力関連の公職に反原発の連中が入り込み、大きな利権構造として日本に根付くであろう。今更左翼と対決しても遅いのかもしれないが、指をくわえて見ていないで何か行動を起こす、それが我々のやり方である。

 

 

★ 今後の活動予定(全国版) ★

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

※ イベント詳細は公式サイトをご覧ください ※

http://www.zaitokukai.info/modules/piCal/index.php

 

◇ 4月16日 ◇

・日本ユニセフ大阪支社前で国連ユニセフへの募金活動 & 募金詐欺に気をつけよう街宣 【大阪支部】

・パチンコ屋は節電をしろ!緊急呼びかけ委員会 第4回署名活動 【東京支部】

Saturday Night Special 59回 【北海道支部】

 

◇ 4月17日 ◇

・第二回 在特会北海道支部セミナー 【北海道支部】

・日本の電力を守ろう! 原発の火を消させないデモ行進!! 【東京支部】

・第9回 日本人の生命と財産をまもった警察官を断固支持する デモ行進 【奈良支部】

 

◇ 4月18日 ◇

・緊急街宣! 佐賀県は東日本の未曾有の震災に知らぬ振りをするのか!? 【佐賀支部】

 

◇ 4月24日 ◇

・在特会 全国連続講演会 第二部 〜 戦後民主主義は何をもたらしたのか? 〜 【北海道支部】

 

◇ 4月29日 ◇

・統一地方選挙の結果を英霊に報告しよう街宣 in 彦根 【滋賀支部】

 

◇ 5月3日 ◇

・護憲派よ憲法15条と89条を遵守せよ! 街宣 in 大津 【滋賀支部】

 

◇ 5月15日 ◇

・滋賀支部発足1周年記念街宣 in 大津 【滋賀支部】

 

◇ 5月22日 ◇

・第三回 在特会北海道支部セミナー 【北海道支部】

 

 

★ 在特会から お知らせ ★

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

・在特会では全国各支部および本部(広報局、事務局)の運営スタッフを募集しています。

 

各支部の運営としての参加をご希望の方は

http://www.zaitokukai.info/modules/about/category0002.html

から各支部へ直接メールにて問い合わせください。

 

本部(広報局、事務局)のスタッフとして参加をご希望の方は

http://www.zaitokukai.info/modules/inquirysp/index.php?op=1

から本部へ直接メールにて問い合わせください。

 

 

・在特会は会員の皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。

 

全国に拡大する在特会ですが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある会員の皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。ご寄付の振込先、クレジット決済などの詳細は下記URLよりご確認ください。

 

ご寄付のお願い

http://www.zaitokukai.info/modules/about/zai/endowment.html

「阪神教育事件」から63年 在日が暴力・強請で得た特権を剥奪せよ!

わしが反日ハンター・神功正毅ぢゃ。
在日韓国・朝鮮人が起こした最大の騒乱事件である「阪神教育事件」発生から今日で63年となる。
ちなみに「阪神教育事件」とはこのような事件ぢゃ。
Wikipedia/阪神教育事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E7%A5%9E%E6%95%99%E8%82%B2%E4%BA%8B%E4%BB%B6
<引用開始>
阪神教育事件(はんしんきょういくじけん)は、1948年(昭和23年)4月14日から4月26日にかけて大阪府と兵庫県で発生した在日朝鮮人と日本共産党による民族教育闘争、逮捕監禁・騒乱事件。阪神教育闘争とも呼ばれる。GHQは、戦後唯一の非常事態宣言を布告した。


事件の発端
当時の民族教育1947年(昭和22年)10月、連合国軍最高司令官総司令部総司令官ダグラス・マッカーサーは、日本政府に対して、「在日朝鮮人を日本の教育基本法、学校教育法に従わせるよう」に指令した。

このころ在日朝鮮人の子供たちは、日本内地の教育により、朝鮮語の読み書きが充分にできなかったため、日本各地で国語講習会が開催され、文字と言葉を知ったものが先生となり、在日朝鮮人の子供たちに朝鮮語を教えた。教材は独自に作成された。国語講習会は在日本朝鮮人連盟(略称は朝連)事務所や工場跡地、地元の小学校校舎などを借りて開かれた。その後、国語講習会は朝鮮人学校に改組され、学校は全国に500数十校、生徒数は6万余人を数えた。

1948年1月24日、文部省学校局長は各都道府県知事に対して、「朝鮮人設立学校の取扱いについて」という通達を出し、朝鮮人学校の閉鎖と生徒の日本人学校への編入を指示した(朝鮮学校閉鎖令)。

同年1月27日、朝連は第13回中央委員会を開催し、朝鮮学校閉鎖令に対し反対を表明した。さらに、「三・一独立運動闘争記念日」に合わせて、民族教育を守る闘争を全国で展開するように訴えた。

大阪府と兵庫県ではこの通達に基づき、朝鮮学校の閉鎖を命じた。阪神地区では、朝連の宋性遒闘争の指導に当たった。在日コリアン・金太一が闘争中に警官に射殺されている。


事件の概要

大阪府

1948年4月23日9時、大阪府大阪城前の大手前公園で、朝鮮人学校弾圧反対人民大会が開催された。集会には、在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人など7000人余が集結した。16人の代表が選出され、大阪府庁舎で、大阪府府知事との交渉を行うことになった。

12時30分、大阪府庁知事室において、副知事(知事は当日不在だった)と朝鮮人代表者16人との交渉が始まった。交渉は合意には至らなかった。

15時、在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人など7000人余の中から、シュプレヒコールが起こった。50人余の青年が、行動隊を編成し、スクラムを組んで、大阪府庁前の阻止線を突破した。

15時30分、行動隊に続いて、在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人など7000人余も、大阪府庁に突入し、3階までの廊下を占拠した。副知事は警察官の誘導により、戦時中に作られていた地下道を通って、脱出した。

17時ごろ、群集は知事室になだれ込んだ。それから、群集はドアや調度品を破壊した。

日本共産党大阪地方委員会に派遣されていた増山太助は、川上貫一衆議院議員とともに、知事室に駆けつけたが、どうにもできなかった。

夜、大阪城周辺の各所で、在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人は、篝火を焚いた。

朝連は、川上貫一を代表として交渉の場を作ろうとしたが、アメリカ軍が到着した。さらに、武装警官も到着した。その後、在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人らは、武装警官隊と乱闘となった。在日朝鮮人1人が死亡し、在日朝鮮人20人が負傷した。警官31人が負傷した。179人が騒擾罪で検挙された。

4月25日、朝連や日本人約300人が、大阪南警察署に押しかけ、逮捕者の釈放を要求した。警官隊は、約300人に向けて威嚇射撃を行い、追い返した。

4月26日、朝連は、大阪東成区や旭区などで、朝鮮人学校弾圧反対人民大会を開催した。

午後、朝鮮人代表者と大阪府知事との間で再度交渉が行われた。

15時40分、別室に待機していた大阪軍政部のクレーグ大佐が、交渉の中止と、大手前公園に集結していた在日朝鮮人2万人の解散を指示した。

在日朝鮮人1600人のデモ隊が、再び大阪府庁に向かった。デモ隊は、武装警官隊の阻止線で、投石を開始した。武装警官隊は、消防車に放水をさせ、デモ隊に突入した。警官隊はデモ隊に向けて拳銃で発砲した。在日朝鮮人金太一が死亡した。

検挙者は軍事裁判にかけられた。日本人9人と在日朝鮮人8人が、重労働4年以下の判決を受けた。

阪神教育闘争の指導者の一人であった朴柱範は、逮捕・投獄され、釈放された直後に死亡した。

事件解決後、大阪市警察局は、アメリカ陸軍第25師団司令部より感謝状が贈呈された。

 
兵庫県
1948年4月10日、兵庫県県知事・岸田幸雄は、朝鮮人学校に対して、封鎖命令を出した。

4月14日、朝連は、兵庫県庁を訪れ、岸田との交渉を要求した。

4月23日、警官隊とMPは、朝鮮人学校灘校と東神戸校を封鎖した。

4月24日、朝鮮人学校灘校と東神戸校の封鎖に抗議する在日朝鮮人や日本人が、兵庫県県庁前に集結した。

9時30分、兵庫県庁知事室で、岸田、神戸市市長・小寺謙吉、検事正ら15人は、朝鮮人学校閉鎖仮処分執行問題と、在日朝鮮人の抗議集会対策を協議した。朝連は兵庫県知事室での密談の情報を入手し、約100人の在日朝鮮人や日本人が兵庫県庁内に突入し、知事応接室を占拠して備品などを破壊した後、壁を打ち破って知事室になだれ込み、岸田幸雄やMPを監禁した。在日朝鮮人や日本人約100人は、電話線を切断して外部との連絡を絶ち、「学校閉鎖令の撤回」「朝鮮人学校閉鎖仮処分の取り消し」「朝鮮人学校存続の承認」「逮捕された朝鮮人の釈放」などを岸田幸雄に要求した。

17時、岸田は、「学校閉鎖令の撤回」「朝鮮人学校閉鎖仮処分の取り消し」「朝鮮人学校存続の承認」「逮捕された朝鮮人の釈放」を誓約した。

22時、岸田、吉川兵庫県副知事、市丸検事正、田辺次席検事、出井兵庫県警察長、古山神戸市警察局長らは、占領軍兵庫県軍政部に集められた。

23時、兵庫県軍政部は「非常事態宣言」を発令した。これによって、全警察官はアメリカ軍憲兵司令官の指揮下に入った。兵庫県庁への乱入者の徹底検挙が命じられ、岸田幸雄が誓約した「学校閉鎖令の撤回」「朝鮮人学校閉鎖仮処分の取り消し」「朝鮮人学校存続の承認」「逮捕された朝鮮人の釈放」などはすべて無効とされた。

4月25日早朝、アメリカ軍憲兵や日本警察官は、兵庫県庁への乱入者を検挙し始めた。

4月28日、非常事態宣言が解除された。

4月25日から4月29日までに、1590人もしくは7295人が検挙された。日本共産党神戸市市議会議員・堀川一知も検挙された。

検挙した者から主だった者を、拘留し、23人を軍事裁判にかけた。日本人は堀川のみで、重労働10年の判決を受けた。在日朝鮮人は、最高重労働15年の判決が出され、刑期終了後は本国に強制送還されることになった。


阪神教育闘争の決着
同年5月5日、朝連教育対策委員長と文部大臣との間で、「教育基本法と学校教育法を遵守する」「私立学校の自主性の範囲の中で朝鮮人独自の教育を認、朝鮮人学校を私立学校として認可する」との覚書が交わされた。
<引用終了>


この事件ほど在日韓国・朝鮮人の気質を露わにしたものは他にはない。
そして、この事件ほど以下に掲げる在日韓国・朝鮮人の取り扱いマニュアルが正しいことを証明するできごとはない。
韓国人必見!! 日本人に反省を迫る中国人!!


中国人から日本人に忠告します。
「韓国人は犬だと思って付き合いなさい」。それが韓国人のためでもあります。 
謝ってはいけません。
筋の通らない理屈を言ったら、100倍制裁をしなさい。
感謝の気持ちは、王が家来に褒美を与える様に接しなさい。
正論や理屈は意味がありません。強制と命令で動かしなさい。
裏切りにたいして、温情は絶対にいけません。
実行できない無理な命令を出して、出来ない事を責め続けなさい。

http://www.youtube.com/watch?v=-O0ht7uTMmc&feature=player_embedded



米軍による韓国兵の扱いマニュアル

1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
2.命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。
4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。
  但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。
6.相手を3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。



併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達

一、朝鮮人には対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心掛けること。
一、朝鮮人には絶対に謝罪してはならない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。
一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い、決して情を移さぬこと。
一、裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖あり。
一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること実に多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える傾向あり、重々注意せよ。
一、朝鮮人は虚言を弄する習癖を持っているので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。
一、朝鮮人と商取引を行う際には、正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。
一、盗癖があるので、金品貴重品は決して管理させてはならない。
一、職務怠慢、手抜きは日常茶飯事であるので、重要な職務は決して任せてはいけない。食品調理、精密機械の製作等は決してやらせぬこと。
一、遵法精神がなく規則軽視、法規無視は日常の事である。些細な法規違反でも見逃さず取り締まること。
一、朝鮮人には日常的に叱責の態度で接すること。勝利感を持つと傲岸不遜となるので決して賞賛せぬこと。
一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。
一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みを抱き後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。危険を感じたる場合、即座に通報すること。
一、朝鮮人と会見する場合、相手方より大人数で臨むこと。武術等の心得ある者を最低二名から数名は随伴すべし。婦女子が単身及び少人数で会見することは、強姦及び秘密の暴露を言い立てての脅迫を受け、隷属化を招く危険があるので絶対に避けること。武術心得あるか、大柄強面にして強気なる男子を必ず複数名随伴同席せしむること。
一、争議に際して、弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については、関係各所への身元照会を行うこと。
一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。子女の独り歩きは厳に戒めて禁ずべし。交渉に先立ち人質を取る習癖あり。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。
一、不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので、関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
一、不当争議に屈せぬ場合、近隣や職場等周辺に誹謗中傷する例多々あり。 隣人と職場に不審者との係争を周知し、流言蜚語により孤立せらるることなきようにせよ。
一、差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。
一、無理の通らぬ場合には器物を破損し暴れ出す習癖があるから、日本人十名で一名の朝鮮人を包囲し制圧せよ。


この「阪神教育事件」を知ってなお
「在日韓国・朝鮮人への差別反対」
「多文化共生」
などとホザく輩は愚か者かさもなくば反日サヨク、在日韓国・朝鮮人の手先である。
そのような輩の意見など聞くな。どうせ大したことは言っていない。

1948年4月10日、兵庫県県知事・岸田幸雄が朝鮮人学校に対して封鎖命令を出した。
62年後の同じ日に「在特会関西総決起集会」が開催された。
反日サヨクならびに在日韓国・朝鮮人よ、我々在特会会員の在日特権廃絶への決意の固さを思い知れ!
国民よ、在日から
暴力・強請で得た特権を剥奪せよ!

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
ギャラリー
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
  • 日本国民の良識の勝利!最高裁、朝鮮学校への補助金支給打ち切りを認める
プロフィール

反日ハンター

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ